倦怠期かも?と思ったら二人で乗り越えるための解決方法と倦怠期チェックで二人の愛情を確かめて

  • 2022年1月26日
  • 恋愛
  • 180view
今オーラが変われば2022年下半期に悩みが解決します。
オーラとはその人を取り巻く一種の霊的なエネルギーのことです。

オーラには性格やあなたの性質、心身の状態などによって複数のカラーがあります。あなたが何色のオーラをまとっているかによって、人格や運勢はもちろん、他の人との相性やうまくいく接し方を診断することができます。

人生がうまくいかないのは、あなたのオーラがちぐはぐになっているから。

でも大丈夫。オーラは今から変えられます。

このオーラ診断では、よくある自分のオーラを知るだけのカルテではなく、オーラと共鳴し引き寄せ合う強力なオーラをまとうための重要なヒントが満載のカルテをお届けします。

オーラが整うと何をやってもダメだった人生が劇的に変わるので、2022年下半期を幸せに過ごす事だって実現可能です。

反対にオーラがちぐはぐなままではどんなに願っても努力しても、あなたの幸せはオーラに弾かれてしまいます。

あなたには無駄な努力を重ねてほしくありません。期間限定で初回無料での診断が受けられるので、今から試してみてください。

「最近彼といてもドキドキしない…」「お互い空気みたいな存在になってる…」「不満が多くケンカが増えた…」などと感じてしまうことがあったら、もしかしたら倦怠期かもしれません!

こちらでは、倦怠期を2人で乗り越えるための解決方法をご紹介します。

これからも恋人と一緒に人生を歩んでいきたい気持ちがあるのなら、絆を深めるためにも倦怠期を乗り越えなければなりません。

恋人とは末長くラブラブでいたいと思うひとは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

倦怠期って何を指す?倦怠期の意味

ある程度付き合って相手にドキドキしなくなる時期

すべてを失う
倦怠期とは何を指すかというと、具体的には「ある程度付き合って相手にドキドキしなくなる時期」のことをいいます。

人間は、良くも悪くも「慣れる」生き物。そして「飽きる」生き物です。

たとえ出会った当初はときめいて、付き合った直後はラブラブだった相手だとしても、一緒にいる時間が長くなればなるほど、「ドキドキ」や「ときめき」は無くなっていくものでしょう。

これはどんなに絶世の美女でも、「この人こそが運命の人」と思えるような相手だったとしても当てはまることです。

例えば誰もが羨むキレイな女優さんと結婚した人でも、不倫のニュースが流れたりしますよね。

「慣れる」「飽きる」ことは、人間の性でもあり、誰も避けることはできません。

慣れてくると、飽きてくると、次第に恋人に対してドキドキしなくなり、それを世間では「倦怠期」と呼びます。

付き合って3か月を過ぎるとなりやすい

会話を楽しむ
「ある程度付き合いが長くなって、相手にドキドキしなくなる時期を倦怠期と呼ぶ」と前項でも述べました。

実は、「マンネリ化」には、パターンがあることをご存知でしょうか。

巷では、倦怠期は「3ヶ月ごとにやってくる」と言われています。

そして、カップルが一番はじめに感じる倦怠期は、大体付き合ってから3ヶ月後くらいでしょう。

片想いしているとき、そして両想いになり、付き合えた頃は、「毎日がバラ色」と言っても過言ではないくらい、ときめきに溢れた日々でしょう。

会えることが何よりも楽しみで、会えない時間のLINEも楽しい。

2人一緒なら、どんなことをしても楽しく、ドキドキ、キュンキュンする。最初の頃は、どんなカップルもそうでしょう。

しかし、「ドキドキ」や「キュンキュン」という感情には、それほど持続性がありません。

付き合い始めた当初がピークだとしたら、それはだんだんと落ち着いていき、3ヶ月を過ぎる頃にはすっかりと慣れてしまうのです。

会っていても、LINEをしていても以前のように気持ちが高揚せず、恋人との日々は「当たり前の日常」に変わります。

その延長線上に、倦怠期はあるのです。

倦怠期がいつまで続くかはカップル次第

どんな未来が待ってる?
人間は誰でも「慣れる」「飽きる」ものであり、倦怠期はどのカップルにも起こり得ることなのは確かです。

しかし、これには個人差があり、倦怠期がほとんどないカップルがいるのも事実。

倦怠期があること、またそれがいつまで続くかは、「カップル次第」とも言えるでしょう。

例えば、恋愛経験が豊富で、マンネリについて理解している人は、「マンネリしないための努力」をしようとします。

いつもとは違うデートプランを提案したり、いつもとは違った食事をしてみたり。

相手に飽きられないように、ファッションやメイクを日々研究してアップデートしたり、一緒に寛いでいる時でも決して、おならやゲップをしないようにしたりも気をつけるでしょう。

また、恋愛において「追いかける側」の人は、相手の気持ちを掴むために一生懸命なので、追いかけている間はマンネリを感じることがありません。

お付き合いが長くなると、「ときめき」よりも「安心感」の方が大きくなるのは皆同じです。

それは悪いことではありませんが、安心しきって相手から好かれる努力をしなかったり、あまりにも素を見せすぎてしまっていると、それはマンネリを招くでしょう。

倦怠期には浮気や別れも起きやすい

取り返しがつかない
「浮気」や「別れ」がどんな時に起きやすいかと言うと、それは「倦怠期」に起こることが多いです。

ラブラブ絶頂期で、「2人一緒なら何をしていても楽しい!」「彼となら高級ディナーじゃなくても、吉野家の牛丼でも美味しい!」などと思える頃には、浮気心も芽生えなければ、「別れたい」などという思考にはまずなりませんから。

相手に対して「ドキドキ」「ときめき」といった感情がなくなり、倦怠期を感じている時にこそ、ふと魔がさしてしまったり、「本当は好きじゃないのかも…」などと言う感情になりやすいのです。

倦怠期は、恋人に対して「慣れている」「飽きている」状態を言います。

そんな時に、例えば周りに目新しいもの(新たな異性の登場)があったりすると、どうしてもそっちに魅力を感じてしまうし、マンネリ化した関係を続けていると、誰だって「自分は何をしているんだろう…」「時間を無駄にしているんじゃないか」などと不安にもなってくるでしょう。

倦怠期の先に何があるかと言うと、残念ながら、「浮気」や「別れ」だと言えます。

倦怠期になる理由はコレ!

一緒にいるのが当たり前

二人の関係は…
倦怠期になる理由の一つとして、「一緒にいるのが当たり前になってしまった」ことが挙げられます。

これは逆に言うと、倦怠期に陥らないようにするためには、あまり一緒にいすぎない方が良い、ということです。

ですからこの例で言うと、倦怠期になりたくないカップルは、「同棲しないほうが良い」とも言えますね。

ただ同棲は同棲でメリットもたくさんありますから、一概に「良くない」とは言えませんが、「倦怠期になりたくない」と言う面から考えるなら、同棲はしないほうが良いかもしれません。

どんなに大好きな相手でも、ドキドキする相手でも、一緒にいる時間が長くなればなるほど、それが「当たり前」になります。

そして「当たり前」は、週に1度会っているカップルよりも、毎日会っているカップル。

毎日会っているカップルよりも一緒に暮らしているカップルの方が、早い時期にそうなりやすいです。

当たり前になってしまうと、相手の存在に感謝したり、一緒にいられることに幸せを感じたりすることが次第にできなくなってしまうでしょう。

そうして2人はやがて「倦怠期」にたどり着いてしまうのです。

マンネリ化したデート

興味を持っているから
倦怠期になってしまう理由には、「マンネリ化したデート」も挙げられるでしょう。付き合った当初は、何もかもが新鮮です。

2人で色んなところにお出かけして、たくさんの思い出を作ろうとするでしょう。

しかし、一通り行き尽くして、関係が落ち着いてくると、デートはワンパターン化してきます。

「次はどこに行こう」などとデートスポットを探したり、レジャースポットのチケットを取ったり、レストランの予約をしたりするのは手間がかかりますからね。

慣れてくると、「いつものお店でいいよね」とか、「今日は家でゆっくりしようよ」などと、だんだん手間や時間をかけなくなってくるのです。

「付き合い始めの頃は、映画に行ったり、遊園地に行ったり、色々なデートをしていたのに、気づけば毎週おうちデートで、食事はいつも近所の居酒屋。」「夕方くらいに会っていつもの場所で食事して、その後ホテルに行ってバイバイ。」などと、ワンパターンなデートを繰り返していると、誰だって、どうしたって、飽きます。

倦怠期になってしまっても無理はないでしょう。

「結婚」や「子ども」についてなど、人生における価値観の違い

浮気を隠したい
倦怠期になってしまう理由には、「人生における価値観の違い」も挙げられます。

例えば「結婚を視野に入れているか」とか、「将来もし結婚したら、子どもは欲しいのか」「ゆくゆくの仕事はどうするのか」「どこに住みたいか」など、これから先に訪れる「人生の転機」とも言える大きな出来事に対して、価値観が違いすぎてしまう場合には、マンネリ化に陥ってしまう可能性もあるでしょう。

人によって価値観が違うのは当然のことですし、自分の価値観を押し付けることは「良いこと」とは言えません。

しかし、自分が思い描く未来と、恋人が思い描く未来があまりにもかけ離れてしまっていると、どうしてもそこで「冷めて」しまうのです。

例えば、自分は結婚したくて焦っているのに、相手から「俺にはまだやりたいことがあるから結婚は考えられない」などと言われてしまったら、ショックなのは当然。

さらには次第に「未来が見えないのに、このまま付き合っていてもしょうがないんじゃないか…。」などと思ってしまうようになるのです。

人間は目標があると、そこに向かって頑張っていけるもの。

しかし、2人の見ている未来が違いすぎている場合には、どこに向かって関係を進めて行ったら良いのか分からなくなり、すれ違うようになり、倦怠期も訪れるのです。

もしかしたら倦怠期かもチェック

会話が減った

どこか違うと感じる
「もしかしたら倦怠期かも…」と不安になるようなことがあったら、「会話」に注目してみてください。

特に、以前と比べて「会話が減った」と感じるのなら要注意。

なぜならマンネリ化してしまうカップルは、共通して「会話が少ない」からです。

たとえ会話が少なくなったとしても、深い話をしている、目を見て気持ちを伝え合っているのならあまり気にしなくて良いかもしれません。

しかし、内面的な話をするわけでもなく、愛情を伝え合うわけでもなく、さらには他愛のない話さえもあまりしなくなってしまった場合には注意が必要です。

お付き合いが長くなってくると、一緒に過ごす時間が多いと、お互い「空気」のような存在になってくるのは仕方がないことなのかもしれません。

同じ空間にいながらそれぞれが違うことをしていたり、「相手の考えていることが言わなくてもわかる」という雰囲気はある意味居心地が良いのかもしれません。

しかし、「会話」は大事な大事なコミュニケーションの一つです。

どんなに「お互いがお互いを理解している」と自信を持っていたとしたって、相手も同じように感じているとは限りませんし、何より本当に大切なことは言葉にしないと伝わりません。

もしかしたら、会話が減ったと言うことは、「相手に伝える努力をしなくなった」「伝わらなくても別に良いと思っている」からなのかもしれません。

そんな気持ちになってしまうと言うことは、倦怠期の始まりとも言えるでしょう。

相手の目が気にならない


「倦怠期かもしれない」と思ったら、まずは自分の胸に手を当てて、アナタ自身の気持ちを振り返ってみましょう。

相手の目が気にならなくなっていたら、それは倦怠期である可能性が高いです。

人は誰だって、好きな人の前では「自分史上最高の自分」でいたいはずです。

例えば、彼氏に「可愛い」と言って欲しいからファッションにも気を使うし、もっと愛して欲しいから、自分磨きも頑張れる。

彼氏の前でおならやゲップをするなんて、もってのほかでしょう。

相手の目が気にならなくなるということは、言い換えれば「好かれなくても別に構わない」と思っているということ。

どう思われようがどうでもいいと思っているから、気にならなくなるのです。

それは、明らかにアナタの中の恋人を想う気持ちが減少しているサインであり、関係がマンネリ化しているサインでもあるでしょう。

会う時もおしゃれしなくなった

昼間に合う約束をして
「もしかして倦怠期?」と思ったら、アナタが恋人に会う時の服装やメイクを振り返ってみましょう。

以前に比べてオシャレしなくなったと感じたら、それはマンネリのサインです。

片想いをしている時、付き合い始めた頃を思い出してください。

きっとデートの約束をしている前日から、入念に準備をしていたのではありませんか?

お風呂で体を丁寧に洗って、ボディークリーム塗って、毛の処理をして…髪の毛はトリートメントし、顔にはパック、着ていくお洋服も女性らしいアイテムを選んだり、わざわざ新調することもあったかもしれません。

今のアナタが、以前のようにオシャレすることを「頑張れない」とか、「面倒くさいから適当な格好でいいや」などと思ってしまう場合には、残念ながら、マンネリしている可能性が高いです。

「オシャレをしない」「頑張らない」ということは、言い換えれば、「恋人にどう思われてもいい」と思ってしまっているということ。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

それは「好き」の気持ちが少なくなっている表れであり、倦怠期のサインでもあるのです。

イライラする事が増えた

囲い込んでしまう?
恋人に対して、「イライラすることが増えた」と感じることがあるのなら、それは倦怠期のサインである可能性があります。

「イライラすることが増えた」ということは、「相手の嫌なとこばかりが目に付くようになってしまった」ということ。

それはアナタの恋人に対するキモチが減少しているときに、起こり得ることです。

そして、キモチが減少しているときは、倦怠期にも陥りやすく、最悪の場合別れに発展する可能性もあるでしょう。

完璧な人間などこの世にはいません。

ですから、誰だって、嫌なところを探そうと思えばいくらでも探せるものなのです。

相手を思う気持ち、好きなキモチを持っていれば、嫌なところも全部、ひっくるめて「好き」と思えるでしょう。

しかし、好きなキモチがなくなってしまうと、嫌なところばかり目につくようになり、その都度イライラしてしまうようになるのです。

ケンカが増えたor逆にケンカもしなくなった

決めつけて追い詰めないで
恋人とのケンカが増えたり、もしくは逆にケンカもしなくなってしまった場合には、倦怠期に陥ってしまっている可能性が高いです。

ケンカが多いことももちろん問題ですが、どちらかというと、ケンカもしなくなってしまう方がキケンでしょう。

なぜなら、「ケンカをする」のは、相手にまだ期待する気持ちを持っていて、関係を諦めたくないから。

一方で、「ケンカをしない」のは、もう全部諦めていて、「どうでもいい」と思ってしまっている表れだからです。

ケンカをするにはエネルギーが要ります。

何も期待していない、もう関係を諦めている恋人に対しては、ケンカをするエネルギーさえ、湧いてこないでしょう。

「ケンカが増えた」は黄色信号、「ケンカすらしなくなった」は赤信号。今すぐ関係を見直す必要があります。

倦怠期になる本当の理由

積もり積もった不満が爆発する

無視されてもあきらめないで
人間は、「慣れる」「飽きる」生き物であると前項でも述べました。

「倦怠期は、3か月ごとに訪れる」とも。

しかし、中にはほとんどマンネリしないカップルがいるのも事実です。

そう考えると、どんなに「人間の性だ」といえども、倦怠期になってしまうカップルには、別の「本当の原因」があると言えます。

その一つは、ずばり「積もり積もった不満が爆発する」です。

付き合い始めてだいたい3か月くらい経つと、その人の「人となり」は見えてきます。

付き合い始めの頃は良く知らなかった本性が見えて不満を感じたり、付き合いが長くなるにつれて、相手の接し方が適当になり不満を感じたり…とにかく、お互いに「思いやりの心」を持っていなければ、付き合いが長くなればなるほど、不満は増えていくものでしょう。

そして、その積もり積もった不満は、いつか爆発します。

感情をあらわにして激怒する人もいれば、恋人に対する気持ちがサーっと引いてしまう人もいるでしょう。

「もうどうでもいいや」などと感じてしまう気持ちが、倦怠期を招くのです。

「慣れ」からときめきが薄れる

内容に気を付けて
倦怠期になる本当の理由として、「慣れからときめきが薄れる」ことも挙げられます。

これは、どんなカップルでも、避けられないことなのかもしれません。

前項でも述べましたが、「慣れ」は「人間の性」ですから。

関係が長くなればなるほど、慣れます。

そして慣れれば慣れるほど、ときめきは薄くなっていきます。

結婚すればなおさらでしょう。

中には「結婚して15年経つけど、いまだに主人にときめいてる」などとTwitterなどで呟いている女性がいますが、それはよっぽど普段、パートナーと関わりが薄いか、あるいは理想か、自分に思い込ませているか、どちらかです。

毎日同じ屋根の下で顔を合わせ、コミュニケーションを取っていたら、「ときめき」なんて感情はどこかに行ってしまうのが普通ですから。

ただ、この「慣れ」と言う感情には個人差があります。

また、「慣れ」は「安心」や「安定」につながっている、必ずしも絶対に悪いものでもありません。

「慣れ」と上手に付き合える人は、後戻りできないような倦怠期に陥って、悩むことなどないでしょう。

恋愛感情よりも「情」や「安心感」で付き合っているのかもと思い始める

責めることはしないで
倦怠期のカップルによくありがちなのは、「情」や「安心感」で付き合いをなんとなく続けてしまっていること。

つまりは、「好き」の気持ちはもうない、ということです。

気持ちが完全に冷めてしまっていても、「別れを切り出すのが億劫…。」とか、「今別れても他に誰かいるわけじゃないし…。」とか、「ずっと一緒にいたから情があるし…。」とか。

惰性でなんとなく、付き合い続けてしまっていると、気持ちが燃え上がるわけでもなく、マンネリを感じてしまうのです。

「別れる」という行為は、とてもエネルギーが必要です。

「別れよう」「うん」って簡単に別れることができたら良いですが、言い合いになったり、泣かれたり、とにかく憂鬱でしかないでしょう。

「気持ちはないけど、別れる理由もこれと言ってない…」という場合には、ずるずると関係を続けてしまい、そしてもちろん、マンネリになってしまいます。

倦怠期を乗り越えるための解決策

1か月ほど会わない・連絡もしない期間を取ってみる

相手の都合のいい時間に合わせて
倦怠期を乗り越えるために必要なのは、「距離」です。

人間関係は、「距離感」が非常に大切。

これはカップルにおいても言えることです。

特にカップルは、距離感がとても近くなる関係。

距離が近ければ近いほど、慣れるのも飽きるのも早く、倦怠期に陥りやすいでしょう。

人間、慣れるとどうしても、相手に気を遣わなくなったり、思ったことを全部口にしてしまったり、「思いやり」の気持ちを失いがちになってしまいます。

とにかく対応が、雑になってしまうんですよね。

そうなると、当然相手は良い気持ちにはならないし、相手の気持ちも、冷めてしまうのです。

「親しき仲にも礼儀あり。」どんなに何でも言い合える仲でも、素を見せられる相手だとしても、この言葉は絶対に忘れないようにしてくださいね。

倦怠期になってしまうカップルの多くは、距離感がとても近い傾向にあります。

同棲していたり、毎日のように会っていたり、会えない日は必ず電話していたり…。

そんな自覚がある人は、意識して恋人と距離を取ってみましょう。

ただ、むやみやたらに距離をとりすぎてしまうと、お互いの気持ちが完全に冷めてしまって、最悪別れることになってしまう危険もあります。

距離を取る前には2人で話し合って、期間を決めてからにしましょう。

できたら1ヶ月ほど、会わない・連絡も取り合わない期間を取ってみてください。

倦怠期の渦中にいる時は、見えなかったこと、気づかなかったことも、離れてみて初めて気付けることもあります。

相手の存在の大きさ、「好き」という感情…離れてどう感じるかは、実際に離れてみないとわかりません。

今の関係を改善させたいと思うのであれば、ぜひ実践してみてください。

「ありがとう」「ごめんね」の基本的な挨拶は意識する

突然呼び出すのは…
前項でも述べましたが、倦怠期にならないための必要な努力は「親しき仲にも礼儀あり」です。

まずは恋人に対する、アナタの今までの態度を振り返ってみてください。

何かをしてもらった時に「ありがとう」、悪いことをしてしまったなと思ったら「ごめんね」と、ちゃんと言えていますか?

面倒くさいからと言って、「おはよう」「おやすみ」「お疲れ様」「いってらっしゃい」などの基本的な挨拶を怠ってはいませんか?

また、「気を遣わずに何でも言い合える仲だから」と、相手を傷つけるようなことを言ったり、雑な扱いをしてはいませんか?

恋人に対する「思いやり」の気持ちを失ってしまっていると、倦怠期になりやすいです。

距離が近く、相手のことを知り尽くしていて、思ったことを何でも言える関係は、どうしても「甘え」の気持ちが出てしまいやすいからです。

「言わなくても分かってくれてる」「わがままも許してくれる」と、思って、何でも好き放題振る舞っていると、された方は誰だって、嫌な気持ちになります。

どんなに距離が近くても、どんなに相手のことを知り尽くしていたとしても、相手に何でも言って良いわけではありません。

これから先も、ずっと恋人と仲良くいたいのなら、まずは基本的なコミュニケーションから見直しましょう。

二人で過ごす時間やデートは新しいことにチャレンジを

普通に会話はできる
倦怠期を乗り越えたいと思うのなら、二人で過ごす時間は、積極的に新しいことにチャレンジしてみましょう。

例えば、家でのデートが多いカップルなら、外に出かけてみる。

いつも同じお店で食事をしているのなら、違うお店をリサーチしてみる。

新しいことを始める時って、ワクワクするし、ドキドキもしますよね。

それを2人で一緒にすることが出来たら、2人の間にまた違った風が吹き、マンネリも解消されるでしょう。

まずはアナタの興味あることからで良いので、やってみたいこと、挑戦してみたいことを見つけたら、恋人を誘ってみましょう。

特にオススメなのは、「スリルがあるもの」です。

例えばジェットコースターとか、お化け屋敷とか。

バンジージャンプやスカイダイビング、アスレチックや、川下りなども良いですね。

「吊り橋効果」と言う言葉を、ご存知でしょうか。

吊り橋効果とは、吊り橋の上など、不安や恐怖を感じ「ドキドキ」としてしまう気持ちが、一緒にいる異性への気持ちと混同して、勘違いしてしまう、という心理です。

スリルのあることを一緒にすることで、互いに心拍数が上がり「ドキドキ」すると、目の前にいる恋人に対しても「ドキドキ」し、忘れていた相手への「ときめき」を思い出すかもしれません。

自分磨きで自分にも新鮮さを

寂しい毎日
倦怠期を乗り越えたいと思うなら、自分磨きをして自分をアップデートすることを忘れてはなりません。

お付き合いが長くなってくると、どうしても身だしなみが適当になってしまいがち。

付き合った当初は、デートの前日から一生懸命洋服を選んだり、メイクやヘアセットも時間をかけて丁寧にやっていたとしても、それが習慣ではない人にとっては、とっても大変なこと。

そのモチベーションを付き合ってもずっと、保っていられるわけではないでしょう。

付き合ってから、1年、2年…と時が経過するにつれて、服もメイクも適当になり、時には毛の処理も忘れてしまう、なんてこともあるかもしれません。

でも、やっぱり誰だって「恋人にはいつまでも綺麗でいてほしい」と思っているのは確かです。

まずは今のアナタの現状を見直して、「怠っているな」と思うところがあったら、そこから直していきましょう。

また、アナタ自身が「もっと素敵な自分になりたい」と向上心を持つことはとても大切。

その気持ちさえ持っていれば、この先もどんどん綺麗になりますよ。

今の状態をキープすることも良いことですが、マンネリを解消したいと思うなら、時にはイメチェンしてみるのも良いでしょう。

恋人も新鮮な気持ちになって、少なくなっていた「好き」の気持ちがまた燃え上がるはずです。

倦怠期はお互いの大切さや程よい距離間を見つけるチャンス

私達だけのサイン
お付き合いをしていれば、倦怠期は避けられないことかもしれません。人間は、「慣れる」し、「飽きる」生き物ですから。

でも、倦怠期を乗り越えて、倦怠期とうまく折り合いをつけながら、仲良く過ごしているカップルはたくさんいます!

倦怠期にならないために、または乗り越えるために何より大切なのは、「親しき仲にも礼儀あり」「思いやり」です。

慣れてくると、ついつい相手に対する態度がデカくなり、適当になり、思いやりのある行動が取れなくなってしまうもの。

もし、「倦怠期かな?」と感じることがあったら、まずは自分自身、相手に対して、雑な態度を取っていなかったか、心ない言動をしていなかったか、日頃の言動を振り返ってみましょう。

どんなに距離が近くても、何でも言い合える仲だとしても、日々の愛情表現や挨拶など、基本的なコミュニケーションを怠ってはいけません。

関係が長くなってきたからこそ、お互いが心地よくいられる距離感を探したり、時には意識的に距離を取って、大切さに気づける努力をしましょう。

   

【期間限定・2022年7月10日(日)迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの悩みをなくし幸せへと導きます。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

恋愛の悩み…お金の悩み…仕事の悩み…そして人生の悩み…。このコロナ禍で悩みはつきませんよね…?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「どうすれば幸せになれるか知りたい…。」

「このコロナ禍で漠然とした不安感や辛い気持ちがある…。」

こんな感じならば、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【2022年スピリチュアル鑑定】とは、期間限定で、このコロナ禍だからこその悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

結婚、失恋、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生、生きる不安などの悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG