夫婦の夜のルールってどうしてる?いつまでも夫婦がラブラブでいるために夫婦のセックスを真剣に考えてみよう

  • 2022年1月7日
  • 恋愛
  • 63view
今オーラが変われば今年2022年に恋愛の悩みが解決します。
オーラとはその人を取り巻く一種の霊的なエネルギーのことです。

オーラには性格やあなたの性質、心身の状態などによって複数のカラーがあります。あなたが何色のオーラをまとっているかによって、人格や運勢はもちろん、他の人との相性やうまくいく接し方を診断することができます。

彼とうまくいかないのは、あなたのオーラと彼のオーラがちぐはぐになっているから。

でも大丈夫。オーラは今から変えられます。

このオーラ診断では、よくある自分のオーラを知るだけのカルテではなく、彼のオーラと共鳴し引き寄せ合う強力なオーラをまとうための重要なヒントが満載のカルテをお届けします。

オーラが整うと何をやってもダメだった彼との関係が劇的に変わるので、ついにはじまった今年2022年を2人で幸せに過ごす事だって実現可能です。

反対にオーラがちぐはぐなままではどんなに願っても努力しても、あなたは彼のオーラに弾かれてしまいます。

あなたには無駄な努力を重ねてほしくありません。期間限定で初回無料での診断が受けられるので、今から試してみてください。

「最近夫としばらくしていない…。」

「セックスレスになってしまったけど、解消法が分からない…。」

夫婦生活について悩んでいるアナタへ。

こちらでは、いつまでもラブラブな夫婦でいるために、「なんでレスになってしまうのか」という疑問から、夜のルールについて真剣に考えました。

「夫婦の夜のルールを作りたい」「セックスレスにならないためにはどうしたらいいの?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

夫婦の夜のルールの前に…セックスレスになってしまう夫婦の特徴

セックスが義務となってしまう

罪悪感があって…
セックスレスになってしまう夫婦の特徴として、「セックスが義務になってしまっている」ことが挙げられます。

特に危険なのは、妊活中です。

夫婦になれば「子どもが欲しい」という気持ちが芽生えることは当然のこと。

自然に愛し合って、自然に授かることが出来ればベストですが、実際にはそうは行かない夫婦も少なくありません。

子どもがなかなか出来ないと、婦人科に通ったり、排卵検査薬を使ったりして、妊娠しやすい日を狙って、セックス(タイミング)をするようになる。

そうなると、どうしても「今日しなければならない」というが義務感が芽生えてしまうのです。

本来なら、セックスは「愛し合いたい」「スキンシップをとりたい」「性欲を満たしたい」などという気持ちからするものなはずなのに、「排卵日だからしなければならない」「夫婦だからしなければならない」「セックスレスになるのが怖いからしなければならない」などという義務感からのセックスが当たり前になってしまうと、セックスレスになってしまう危険性は高いです。

相手の気持ちを考えられない一方的なセックス

気持ちが重たい
セックスレスになってしまう夫婦の特徴として、「一方的なセックス」も挙げられます。

相手の気持ちを考えずに、自分の欲望のままにセックスを迫ってしまうことで、結果的にセックスレスになってしまうことはよくあることでしょう。

夫婦だからと言って、いつでも同じようにパートナーとセックスしたいわけではありません。

仕事で疲れていたり、悩み事があってそれどころじゃなかったり。

何となくそんな気分になれなかったりすることって、誰にでもあるはずです。

しかし、「夫婦なんだから」などという自分本意な考え方で、セックスを強要してしまうようなことがあった場合、相手はパートナーに嫌悪感を抱いても無理はないでしょう。

「したい」と思うどころか、「したくない」という気持ちがどんどん増して、最終的に、セックスレスに陥ってしまう可能性が高いです。

相手の「したい」と自分の気持ちに温度差がある

どのくらい長いこと一緒にいる?
セックスレスになってしまう夫婦の特徴には、「気持ちの温度差がある」ことも挙げられます。

相手はめちゃくちゃ「したい」と思っているのに、自分は全然したいと思えない。夫婦になって、何年も一緒にいるようになれば、恋愛をしてた頃のトキメキや、「キスしたい」「エッチしたい」などという感情も薄れてくるのはごく当たり前のことかもしれません。

例えばこんな気持ちになるのが、夫婦揃ってなら良いですが(良くないかもしれませんが)、片方がめっちゃ冷めていて、片方がまだまだ熱い場合には、お互いの気持ちが合致せず、どちらかが不満を抱えるようになってしまうでしょう。

特に「したくない方」が「したい方」に合わせてしている場合、セックスに対する温度差が開いている時間が長くなればなるほど、最初は我慢できていたとしてもやがて限界が来ます。

そして、「もうしない!」と、啖呵を切った時が、セックスレスの始まりと言えるでしょう。

育児や仕事で疲れていてセックスする気持ちになれない

もともと連絡不精かも
セックスレスになってしまう夫婦の特徴として、「育児や仕事で疲れていてセックスする気持ちになれない」ということも挙げられます。

結婚生活は、毎日本当にめまぐるしいです。

イチャイチャラブラブだけしていられるなら良いですが、働いて生活費を稼がねばなりませんし、子どもがいたら子育てするのが親のつとめ。

ご近所付き合いや地域の仕事、残業、飲み会、子どもの習い事の送迎、ママ友とのランチなど…1日の終わりには、心身ともにくたくたに疲れ切ってしまう人も少なくありません。

子どもも寝静まり、やっと夫婦2人きりの時間が取れる頃には、疲れ果てて「セックスより睡眠を優先したい」と、セックスする気持ちになれない場合もあるでしょう。

セックスで愛情を確かめ合い、スキンシップをとるのは、夫婦円満のためにも大事なことなのは確かです。

しかし、毎日が忙しい夫婦は、セックスを後回しにしてしまいがち。

そんなセックス後回しの日々の先には、セックスレスが待っているのです。

夫婦の夜のルールが必要と考えてしまうセックスレスになる夫婦の心理や本音

【男女というよりも家族】お互いにとって存在が当たり前になりすぎる 

彼のリードに身を任せて
セックスレスになる夫婦の心理として、「男女の関係よりも家族になってしまう」ことが挙げられます。

結婚は、恋愛の延長線上にあるものかもしれませんが、人間は、どうしたって「慣れる」もの。

結婚するときはどんなに好きで、どんなにラブラブだったとしても、3年、5年、10年と、時間を重ね、年齢を重ねていくうちに、男女の間に生まれる「トキメキ」や「ドキドキ」などという胸の高鳴りは失われてくのです。

子どもが生まれたりすると特に、夫婦の関係は変化しやすいです。

「男女」としてみるよりは「家族」としてみてしまう。

お互いにとって存在が当たり前になりすぎると、家族の絆は深くなるかもしれませんが、「セックスをしたい」という気持ちが薄れていってしまうのです。

毎回のセックスがマンネリ化しすぎてつまらない

性欲が抑えられない
セックスレスになる夫婦の本音には、「毎回のセックスがマンネリ化しすぎてつまらない」ということもあるでしょう。

同じ相手と、同じ場所で、同じシチュエーションでセックスをし続けていたら、そりゃあ、飽きます。

これは人間の「性(さが)」とも言えるので、仕方がないことなのかもしれません。

そう考えると、セックスレスは、どの夫婦にも起こり得ること。

「うちは定期的にしているから大丈夫」などと他人事でいるのは危険です。

例えば、子どもたちが寝たあと、寝室のベッドでセックスをしている夫婦がいたとします。

着ているパジャマを下だけ脱いで、前戯もそこそこに、挿入してフィニッシュ。

はじめはそれで良かったとしても、毎回同じだと、どうしてもマンネリ化して、だんだん「つまらない」と感じるようになってくるのです。

そしてそんな、つまらないセックスをすることも、誘うことも、どちらからともなく少なくなって来ます。

行き着く先は、セックスレスでしょう。

一方的だったり義務的だったりして、愛を感じない

セックスに持ち込む
セックスレスになる夫婦の本音には、「愛を感じない」ということもあるでしょう。

自分本意で相手の気持ちを考えない、一方的なセックスや、「〇〇日は排卵日だから、よろしくね!」などと、自分の意思は関係ナシの義務的なセックスばかりしていると、セックスレスに陥りやすいです。

このようなセックスに共通して言えることは、「愛を感じることができない」ということ。

一方的だったり、義務的なセックスは、誘われた方の気持ちは尊重されません。

「今日はそんな気分じゃない」と思っていたとしても、強引に、セックスに持ち込まれたとしたら、愛を感じるでしょうか?

多くの人は愛を感じられないと思います。

お互いが「エッチしたい」「スキンシップをとりたい」と思ってはじめて、セックスで愛を感じることができるのです。

「夫婦だからして当たり前だから」とか、「子どもが欲しいから仕方なく」などという気持ちで、仕方なくセックスをしている場合には、自分の意思が入っていない分、愛を感じられず、セックスレスになってしまうのでしょう。

気持ちが盛り上がらない、萎える

男だからリードする
セックスレスになってしまう夫婦の心理に、「気持ちが盛り上がらない」「萎える」ということも挙げられるでしょう。

前項でも述べましたが、長年一緒に夫婦でいると、どうしても「慣れる」し「飽きる」ものです。

一つ屋根の下で、毎日同じパジャマを着て、同じベッドで寝ていると、「セックスしたい」という気持ちは次第に無くなってくるのです。

セックスするためには、「ムラムラする気持ち」「性欲」が必要不可欠。

でも、長年一緒にいて、空気のような存在になり、すっぴんも、ボサボサの頭も、なんならゲップやオナラも知っているような相手には、次第に「性欲」は沸き起こりにくくなって来ます。

「レスは良くない」と頭では思っていても、気持ちが盛り上がらず、萎えてしまい、セックスレスになってしまうのです。

断られて傷ついた経験がトラウマになってしまっている

どこか違うと感じる
セックスレスになってしまう夫婦の心理には、「断られて傷ついた経験がトラウマになってしまっている」ことも挙げられるでしょう。

例えば、自分が意を決して、勇気を出して誘ったのに、相手から拒否されてしまったら、自分自身が否定されたような気持ちになって、傷ついてしまう人も少なくありません。

特にセックスはとてもデリケートな問題。断った方は大したことじゃないと思っていたとしても、断られた方はショックが大きいです。

「また断られたら悲しい…」「だったら誘わなくていいや」という気持ちから、誘うのをやめてしまうこともあるでしょう。

夫婦の夜のルールを決めるなら考えておきたいこと

回数や日にち、「記念日にする」などと決めると重荷になることも

相手に不満が募る
セックスレスにならないために、2人で夜のルールを決めておくことは確かに効果はあるでしょう。

しかし、「週に○回」とか、「毎週日曜日に」とか、「記念日には必ず」などとあまりにも細かく決めてしまうと、精神的に重荷になる可能性がありますので注意が必要です。

特に完璧主義の人にとっては、「週に3回って決めたのに今週はまだ1回しかできていない。

何がなんでもエッチしなきゃ!」などと強迫観念に駆られて、次第に苦しくなってしまう可能性があります。

夜のルールを決めるときは「絶対にこうしなければいけない」などという厳密なルールを決めるのではなく、「できるだけ、こうしようね」などとふんわり、ざっくり決める程度にとどめておいた方が良いでしょう。

二人きりのデートの延長から流れでホテルに行くデートプランもおすすめ

何か辛いと感じる
夜のルールを決めたい2人にオススメなのは、「2人きりのデートの延長から流れでホテルに行く」というプランです。

デートは、夫婦関係を良好に保つためにもとても大切なこと。

例えば休日に、夫婦2人で出かけられる日があったら、子どもを両親に預け、2人でディナーにいかれる日があったら、デートの終わりにはホテルに行くことを習慣にしてしまいましょう。

ホテルに行くことが習慣になれば、セックスも習慣になり、またいつもと違った空間が新鮮味を与えてくれて、マンネリも防いでくれます。

特に女性は「自分からセックスを誘うのは恥ずかしい…」と思う人も少なくないでしょう。

そんな女性も、デートだったら、誘いやすいのではないでしょうか。

「シャングリラホテルでゆっくりホテルステイしたいな!アフタヌーンティーもしたい!」

などと、ラブホテルではないホテルに誘えば、自然な流れでセックスレスも解消できるはずです。

マッサージや軽いスキンシップから始める

一緒にいると元気になれる
セックスレスになりたくない夫婦、セックスレスを解消したい夫婦は、まずは軽いスキンシップから始めるのが良いでしょう。

例えばセックスすることはハードルが高くても、マッサージし合ったり、キスやハグなどのスキンシップをとるくらいなら、それほど気負うことなくできるはず。

少しずつでも良いので、物理的な距離を縮めていくようにしましょう。

相手の体に触れること、キスやハグが当たり前にできるようになったら、次のステップへ進みます。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

例えばキスをするときに舌を入れてみるとか、抱き合ったときに相手の大事なところを触ってみるとか。

何ヶ月、何年、と、しない期間が長ければ長くなるほど、セックスしにくくなってしまうものです。

でも、一度セックスすると、その後はグッと、セックスのハードルは下がります。

まずは、一回のセックスをゴールに設定して、少しずつ距離を縮めていきましょう。

体位を変えたり大人のおもちゃを使って、マンネリ化を防ぐ冒険を!


夜のルールを決めたい夫婦にぜひ考えて欲しいことは、「マンネリ化を防ぐ冒険」です。

なぜならセックスレスになってしまう一番の原因は「マンネリ」だからです。

同じ場所で、同じシチュエーションで、同じ体位で…毎回毎回同じようなセックスしかしていないと、誰だって、どうしたって、飽きます。

飽きて、つまらなく感じるようになってしまうと、次第に「したい」という気持ちは失われてしまうのです。

そうならないための方法を考えましょう。

例えば、いつもは家だけど、ホテルに行ってみる。

ベッド以外の場所でしてみる。

いつもは正常位だけど今日は自分が上に乗ってみる。

大人のおもちゃを使ったり、一緒にアダルトビデオを見たりしてみる。

マンネリ化を防ぐことができれば、レスになることは、まずありません。

まずは自分たちの今の現状を把握し、どうしたらマンネリを防ぐことができるかを、考えて見ましょう。

夫婦の夜のルールを決めるなら定義は決めないこと

【回数や頻度は人それぞれ】1か月レス=セックスレスの定義に振り回されない


ネットで検索すると、「1ヶ月セックスをしない夫婦はレスだ」などと定義されているのを、アナタも見かけたことがあるかもしれません。

そして、それを見て焦った人も少なくないでしょう。

でも、回数や頻度は人それぞれ。

アナタたち夫婦がお互いに「心地よい」と思える回数と頻度でセックス出来ていたら、それはセックスレスなんかじゃありません。

ですから、定義を見て焦って、振り回されて、「最低でも1ヶ月に1回以上はエッチしなくちゃ!」などと考えるのは辞めましょう。

ただ、エッチをしない時間が長くなればなるほど、なんとなく恥ずかしくなったり、照れくさくなったり、面倒くさくなってしまって、エッチをしにくい状況になってしまうのは確かです。

ですから、定義は一つの目安として、いちおう頭の中に入れておくと良いでしょう。

どんなに忙しくても、疲れていても、「夫とスキンシップを取りたい」「ずっと夫婦円満でいたい」という気持ちが少しでもあるのなら、その気持ちを優先させる日が、1ヶ月の中に1日くらいはきっとあってもよいはずです。

固定概念を持ったり、他の夫婦の回数を比べない


気の置けない友達同士で集まったりすると、ときには夫婦生活の話になることもあるでしょう。

そんなときに友達が、「うちは週に3回かな」とか、「月に1度は必ずするようにしてるよ」とか言っていたとしたら、アナタ自身がセックスレスの場合、焦ってしまっても無理はありません。

でも、夫婦のカタチはそれぞれだし、人と比べるものではないのです。

「円満な夫婦は月に1度以上セックスしなければならない」などと固定観念を持ったり、「〇〇ちゃんのうちは週に○回してるから、うちもそれくらいしなきゃ」とか、周りと比べることはやめましょう。

焦りは、禁物。焦って相手の気持ちも雰囲気も考えずただ「ヤる」ことだけを考えて、セックスを強要してしまったりすると、余計に夫婦の間に溝ができ、セックスレスになってしまう可能性もあるのです。

また、ネットの声や、リア友の声も、その夫婦が本当にセックスしているかどうかまではわかりません。

セックスをしているところを誰かに見せるわけではないですからね。

「うちは1日おきにしてるよ」などと口では言っていても、それは単なる見栄で、人知れずセックスレスに悩んでいるかもしれません。

他の夫婦とアナタの夫婦は違います。

周りの声に振り回されずに、目の前の夫に集中しましょう。

夫婦が楽しめる事なら何でもOK!細かくルールを決めない


セックスレスになることを恐れて、「夜のルールを決めたい…」と思うことは悪いことではありません。

でも、細かく厳密にルールを作ってしまうと、それに縛られて、次第に苦しくなってしまう危険性もあります。

ですから、ルールを決めるときは、「週に○回は絶対!」とか、「〇〇しなければならない」などという細かい、厳密なルールを決めることだけはやめましょう。

夫婦が楽しく、仲良く、スキンシップが取れるなら、それだけで円満。

挿入することが2人に取ってハードルが高いのなら、ハグをするだけ、裸で抱き合うだけでも良いのです。

決してお互いにとって無理のないように、「夫婦が楽しめること」を前提に、ほどほどにルールを決めるようにしましょう。

たまに、「セックスレスになるからひとりエッチはしないで欲しい」などと考える人もいるかもしれませんが、男性にとって、オナニーとセックスは全くの別物。

オナニーを禁止したからと言って、セックスレスが解消されるわけではありません。

夫婦がお互いに無理せず、ありのままで、楽しく過ごせるセックスの習慣を、目指していきましょう。

断られても次回を楽しみにしようと前向きに考えて


「勇気を出して誘ったのに断られた…。」

「セックスを断られて恥ずかしい…。」

女性から、夫婦生活を誘うことは、とても勇気のいることだと思います。

意を決して誘ったのに、「疲れてるから」「今日はそんな気分じゃないから」などと言って断られてしまったら、本当にショックが大きいですよね。

恥ずかしくて、屈辱で、「穴があったら入りたい」と落ち込んでしまう女性も少なくないでしょう。

断られるということはそれくらいに、辛いことです。

特に女性は、相手から否定されたり、拒否されたりすると、「わたしという人間を否定された」と考えてしまいがち。

ただセックスという行為を拒否されただけなのに、「わたしのこともう好きじゃないんだ…。」とか「私なんていらない存在なんだ…。」などと考えて落ち込み、とてもじゃないけど、「また次誘おう!」という気持ちになんてなれないのです。

でも、そこで深く落ち込み、アナタが勇気を出すことをやめてしまったら、今後も夫婦関係が改善されることはないかもしれません。

男性は、セックスを断る時、そこまで深く考えていません。

アナタの存在が嫌なのではなく、本当に仕事が忙しすぎて疲れ果てていたり、もしかしたら今日はもうひとりでオナニーしてしまったので、射精できる自信がないのかもしれません。

断られてしまったら、ショックな気持ちはとてもよく分かりますが、そんな時は落ち込んで心を閉ざすのではなく、できるだけ明るく、「じゃあまた今度しようね!」と前向きな気持ちを伝えましょう。

そうすると、次彼の方からも誘いやすくなって、セックスレスも解消されるはずです。

夫婦の夜のルールをもっと楽しくラブラブ夫婦になる秘訣

日常の中でエロスを出す


もっと楽しくラブラブな夫婦になる秘訣として、日常の中でエロスを出すことは、非常に効果的です。

長くラブラブでいるためには、「女性らしさ」を忘れてはいけません。

家の中は、心からリラックス出来、素でいられる場所だとは思いますが、いつでもボロボロのスエット、髪はボサボサの一つ結び、スッピンで、おならやゲップもお構いなしにしているようだと、やがて、夫から女として見てもらえなくなります。

当然ですが、女として見れない人に「エッチしたい」という感情は沸き起こらないでしょう。

ですから、今一度自分の家の中での身だしなみを振り返り、女性らしく、ときにエロスを感じさせるような格好を意識することが大切です。

例えば、部屋着をジャージからネグリジェに変えて見るとか、下着を綿からレースに変えてみるとか、良い香りのするボディークリームを塗るとか。

思わず男性が「おおっ」と興奮してしまうような、格好を普段からすると、そこからセックスに発展しやすいでしょう。

ときには演技をして、ギャップ萌えを夫婦で楽しんで


夫婦の夜の生活を、もっと楽しくラブラブにしたいのなら、ときには演技をすることも効果的でしょう。

例えば、A Vを見ながら、セクシー女優さんになりきって、いつもより大胆になってみたり、コスプレをしてイメージプレイを楽しんでみたり。

男女の関係には、「ギャップ」は非常に大きな効果があります。

2人きりでエッチをするときには、普段の日常の時とは違った一面を見せることで、彼はアナタにギャップを感じ、きっとますますアナタに夢中になるでしょう。

また、「感じているふり」「イってるふり」も、非常に効果的です。

男性は、女性が気持ちよくなっている姿をみると、承認欲求が満たされ、自分も興奮し、気持ちよくなるもの。

黙って、横たわって、マグロのようになっている女より、断然反応してくれる女性に、「尽くしたい」「もう一度したい」と思うのです。

本当に声が出てしまうほど、よがってしまうほど気持ち良いなら演技する必要ありませんが、そうでない場合も、アナタが少し演技をすれば、男性も嬉しくなって、アナタをもっと気持ちよくさせようと、頑張ってくれるでしょう。

日常の会話やコミュニケーションだってセックスの導入には必要不可欠


夫婦の夜の生活を、もっと楽しくラブラブな時間にしたいと思ったら、普段の会話やコミュニケーションもとっても大切です。

普段、喧嘩ばかりして険悪なムードだったり、会話をほとんどしないような夫婦が、セックスの時だけラブラブに熱く燃え上がるわけがありません。

普段から仲良しで、会話もたくさんして、ちゃんとコミュニケーション取れている2人でいることができれば、自然の流れですんなりと、セックスできるようになるでしょう。

夫婦関係をよくするために、一番大切なのは「思いやり」です。

いつでも、どんな時でも、相手に対する「思いやり」の気持ちを持っていれば、それは相手の心に伝わり、嬉しく優しい気持ちになって、相手からも思いやりが返ってきます。

お互いに思い合い、優しくできることができる夫婦は、当然夜の生活だって、お互いに愛を伝える、特別で、ラブラブで、素敵な時間になるでしょう。

忙しい日常の中にいると、どうしても心に余裕が無くなって、パートナーに冷たくしたり、きつく当たってしまいがちになるかもしれません。

しかし、そんなときこそ、優しく、仲良くコミュニケーションを取る努力をすることで、良い夫婦関係が築け、セックスレスも解消されるでしょう。

二人きりの時間を大切にすることが大事


夫婦生活をもっと楽しく、ラブラブにしたかったら、2人きりでいられる時間を大切にしましょう。

特に子どもがいたりすると、どうしても夫婦2人の時間は無くなってしまうもの。

そんなときこそ、例えば子どもを両親やシッターに預けるとか、子どもの学校がある日に2人で有給をとるとか、意識的に、2人きりの時間を作るようにしましょう。

夫婦になって何年も経つと、改まってデートする機会も少なくなって来ると思います。

でも、1ヶ月に1度でも、3ヶ月に一度でも、付き合っていた頃みたいにオシャレして、映画を見たり、レストランで食事を楽しんだりする時間が取れると、お互い向き合ってしっかり話もできるし、お互いがお互いを愛おしく、大切に思えるようになるでしょう。

「セックスレスを解消したい」と思っているアナタは、ただ単にセックスが出来れば良いわけではないはず。

きっと夫婦関係をよりよくしたいと思っているはずです。

2人の時間を大切にする夫婦なら、セックスレスには決してならないでしょう。

夫婦の夜のルールは簡単なようで難しい!重要なのはお互いを思う気持ち


セックスレスになるのが怖くて、あるいはレスを解消したくて、夫婦で夜のルールを決めたい気持ちは分かります。

でも、周りと比べて焦ったり、ギチギチなルールを決めてしまうのはナンセンス。

「レスの定義は1ヶ月だから」などと、周りの声を気にしてしまうと、それが達成出来なかったときに、余計に自分の首を閉めることになります。

重要なのは、お互いを思う気持ち。

お互いが心地よく、楽しくいられることが何よりも大切です。

セックスレスにならない夫婦は、普段の夫婦関係もとても仲良しで、良好。

ただ単にセックスをゴールに設定するのではなく、日頃の生活の中でお互いを思いやれる、仲良しな夫婦になれるように、会話やコミュニケーション、2人きりの時間を、大切にしましょう。

 

【期間限定・2022年1月30日(日)迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの悩みをなくし幸せへと導きます。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

恋愛の悩み…お金の悩み…仕事の悩み…そして人生の悩み…。このコロナ禍で悩みはつきませんよね…?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「どうすれば幸せになれるか知りたい…。」

「このコロナ禍で漠然とした不安感や辛い気持ちがある…。」

こんな感じならば、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【2022年スピリチュアル鑑定】とは、期間限定で、このコロナ禍だからこその悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

結婚、失恋、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生、生きる不安などの悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG