「好きだけど付き合えない」と言う男性心理とその後ちゃんと付き合ってもらえる恋の駆け引きテクニック

  • 2021年3月19日
  • 恋愛
  • 799view
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

片思いの相手に告白したら「好きだけど付き合えない…。」と言われてしまった…。

「好きだけど」ってどういうこと?

諦めるにも諦められないし、前にも進めず後ろにも戻れず、ただただ立ち尽くすしかできないアナタへ。

今回は、「好きだけど付き合えない」と言ってくる男性心理や、事情、告白を断られてしまった時にやってはいけない事や、「好きだけど付き合えない…」と言われたその後にちゃんと付き合ってもらえる恋のかけひきテクニック、そして彼の方から告白させる方法まで完全紹介します!

目次

告白したけど「好きだけど付き合えない」と言われた…その男性心理とは?

本当は好きじゃないけど、事を穏便に済ませたかった


「好きだけど…」と告白を断られたときの男性心理として考えられるのは「本当は好きじゃないけど事を穏便に済ませたかった」です。

「告白を断る」という行為は、少なからず相手を傷つけてしまうことは免れません。

日頃から人の顔色を伺ったり、人から嫌われないように振る舞っているような八方美人的男性は、「傷つけてしまう」という行為が非常に苦痛に感じます。

「告白してくれた相手を傷つけたくないから…」という理由で、「人として好きだよ」という意味合いを込めて「好きだけど…」と言ってしまうのです。

また、告白を断った本当の理由を言いたくなかったり、ヘタな断り方をしてしまって、相手に逆上されるのを恐れている場合にも、「好きだけど…」と言って断ってくることもあるでしょう。

八方美人的男性は、「モテたい」「チヤホヤされたい」願望がとても強く、嫌われたり、敵を作ることを嫌います。

本人は「優しさ」のつもりで「好きだけど付き合えない…」と言っているのでしょう。

しかしみんなに優しく、誰にでも良い顔をしていた結果、後々さまざまな恋愛トラブルになってしまうことも、少なくないのです。

他に彼女や奥さんがいる


「好きだけど…」と断られたときの男性心理には「他に彼女や奥さんがいる」という場合もあります。

他に彼女や奥さんがいる場合、OKしてしまうとそこで「二股」「浮気」もしくは「不倫」が確定してしまうからです。

よっぽどのマメ男で、用心深くて、チャラくてプレイボーイなら二股するくらい大したことないのかもしれません。

しかし、普通の人にしたら二股は大変で、面倒くさいものです。

そして何より不誠実。自分から進んで二股、三股をしようとする男性は少ないでしょう。

しかし、彼女や奥さんのことを大切に想っていても、他の魅力的な女性に目移りしてしまうことはよくあることです。

好きになるつもりがなくても、無意識のうちに惹かれてしまい、目で追うようになってしまい、やがて恋に落ちてしまう。

恋に落ちるということは、自分でコントロールできるものではないのです。

「好きだけど…」と言って断ってくる男性は、理性を持っているものの、自分の気持ちに嘘をつきたくなかった可能性があります。

「好きだけど、(彼女や奥さんがいるから)付き合うことはできない。」という意味なのでしょう。

そこまで気持ちが盛り上がっていないけど、とりあえずキープしておきたい


「好きだけど…」と、アナタの告白を断る男性の心理は「そこまで気持ちは盛り上がっていないけど、とりあえずキープしておきたい」という可能性もあります。

「恋人になる」ということは、少なからずそれぞれのライフスタイルに変化を与えます。

毎日連絡を取り合ったり、休日は毎回デートしたり、恋人の予定に合わせて休みを取るようにしなければならなかったり。

それまで休日などのプライベートの時間は、自由きままに過ごしてきた男性にとっては、それが「きゅうくつ」と感じてしまう場合も少なくないのです。

「恋人になる」ということは楽しいこともあるけれど、それ以上に大変なこともあります。

男性にとっても、「付き合う」ということは一大事なのです。

しかし、「好きだけど…」と断ってくる男性は、アナタに気持ちが全くないわけではないでしょう。

付き合うことは決めきれないけど、アナタのことを「イイな」と思っていて、これから「付き合いたい」と思うくらいに気持ちが盛り上がる可能性もあるということです。

「キープ」と言うと聞こえは悪いですが、考え方によっては「恋人候補」とも言えます。

自分の気持ちが燃え上がったら、告白したいと考えているのかもしれません。

本当は付き合いたいけど、どうしても付き合えない事情がある


「好きだけど…」という言葉を使って断ってくる男性心理には、「本当は付き合いたいけど、どうしても付き合えない事情がある」ということが考えられます。

その「事情」は男性によってさまざまかと思いますが、たとえば「仕事が忙しくて恋愛どころじゃない」とか、「資格取得のための試験が迫っている」とか、「来月から海外への転勤がきまっている」とか、どんなに好きでも、今付き合ったところで上手くいきそうにない場合には、「好きだけど…」と言いながらも断ってくるでしょう。

「好きだけど…」という言葉を使うということは、男性は少なからず「アナタにこれからも自分のことを好きでいて欲しい」という気持を抱いています。

どうしてそう思っているのかというと、今後、アナタと付き合う可能性があると考えているから。

今は仕事や資格取得や、転勤などでバタバタしているかもしれませんが、落ち着いて時間ができたらアナタとデートしたり、ラインをしたり、もっと仲良くなって、自分から告白したいと思っているのでしょう。

好きだけど付き合わない男性ならではの事情

恋愛よりも今やらなければならない大切なことがある


好きだけど恋人にならない男性ならではの事情で、一番ありがちなのが「恋愛よりも今やらなければならない大切なことがある」でしょう。

前項でも述べましたが、仕事の繁忙期だったり、資格取得の試験だったり、転勤や異動だったり。

自分の中に余裕がないと、好きな人と恋人同士になっても彼女と過ごす時間がなかったり、かまってあげられなかったりして、結局上手くいかないことを懸念しているのでしょう。

「付き合う」ということは、ただ口約束を結べば良いだけではありません。

恋人になった後も、より深い絆を深めていくために毎日連絡したり、楽しいデートプランを考えたり、記念日には相手が喜ぶプレゼントを考えたりしなければ、恋人関係を続けていくことはできないのです。

「彼女をおろそかにしてしまうくらいなら、付き合わない方が良い。」

彼は、今はやるべきことを頑張って、自分に余裕が出来たら付き合うことを考えたいのでしょう。

金銭的に余裕がない、遠距離になってしまう、生活リズムが合わない等、幸せにする自信がない

好きだけど付き合おうとしない男性ならではの事情は「自信がない」ということも挙げられます。

金銭的に余裕がなかったり、遠距離に耐えられるかわからなかったり、生活リズムが合わないからデートの時間が作りづらかったり…。

彼は恋人同士になることに何かしらの不安を感じていて、好きな女性を幸せにする自信がないのでしょう。

「好き」という気持ちだけで恋人になれるのは10代まで。

それ以降は、「好き」の気持ちの他に色々なしがらみをクリア出来なければ、付き合うことはできないと考えた方が良いでしょう。

それは恋愛の先に繋がる「結婚」を見据えているからでもあります。

アナタもきっと「結婚」に対する理想があるはず。

「年収が高い人が良い」「公務員など安定した収入の人が良い」「価値観が合う人が良い」「料理が上手な人が良い」など…。

男性だって、「好きになった女性を幸せにしたい」という理想を持っているのです。

しかし、今の自分では彼女を幸せにする自信がない。

「仮に付き合ったところで、不甲斐ない自分を目の当たりにして余計傷つくだけなのではないか…。」と、たとえ好きでも様々な角度から考え、「付き合うべきではない」と、告白を断る場合もあるでしょう。

次に付き合う相手とは結婚したいと思っている


好きだけど恋人になろうとしてくれない男性ならではの事情には、「次に付き合う女性とは結婚したいと思っている」ことも考えられるでしょう。

結婚を真剣に考えている男性にとっては、「付き合う」ということは当然「結婚を前提に」です。

結婚を前提にとなると、誰だって、「性格は合うかな?」「浪費癖はないかな?」「料理は上手かな?」などと、多方面から相手を見ると思います。

どんなに好きでも、結婚して仲良くやっていけそうにない相手とは結婚しても上手く行くわけありません。

「好きだけど…」と余韻を残して断ってくるということは、彼はアナタと付き合って結婚することを真剣に考えた上で、何かしらの不安を抱えているのかもしれないでしょう。

また、不安はないにしても、結婚を真剣に考えている人ほど、付き合うことにも慎重になります。

「好き」という気持ち以外に、相手のことを良く知って、良いところも、悪いところも「全部受け入れられる」「困難を一緒に乗り越えていきたい」と思える人と、付き合いたいと思っているのでしょう。

まだお互いを良く知っていなかったり、考える時間が欲しい場合にも「好きだけど…」と断ってくる場合があります。

「好きだけど付き合えない」と言われた時にやってはいけない事

「好きなのにどうして付き合ってくれないの!」と強引に付き合おうとする


「好きだけど付き合えない」と言われたときにやってはいけない事は、「好きならいいじゃん!」「どうして付き合ってくれないの!?」と強引に付き合おうとすることです。

相手にプレッシャーをかけて、強引に押し通そうとしても、相手は負担に感じるだけ。

恋人になれるどころかどんどん逃げられてしまうでしょう。

「好きだけど…」と言われたとしても、告白を「断られた」ということに変わりはありません。

彼には彼なりの断った理由があるのですから、そこをアナタが強引に自分の気持ちを押し通そうとしたって、彼の気持ちは変わらないでしょう。

まずは彼が「好きだけど…ごめん」と言った気持ちを、色んな角度から考えてみることです。

間違っても「好きだけど…」という言葉を言葉通りに受け取ってはいけません。

いつだってスーパーポジティブに考えることは良いことですが、「彼は私のことが好きなんだから、あともう一押しすればきっと付き合ってくれるはず!」と、いう単純な思考だけで突き進んでしまうと、自滅する危険性は高くなるでしょう。

彼の「だけど…」に続く気持ちを理解できない限りは、どんなに押しても恋人にはなれないことを覚えておきましょう。

「待ってるね」と言って、本当に何もせずただ待っているだけ


「好きだけど…ごめん」と告白を断られてしまった時にやってはいけないことは、「何もせずに待っているだけ」という行為です。

「好きだけど付き合えない」という彼にはきっと何かしらの付き合えない事情があるのでしょう。

それが仕事や勉強や、転勤や、家族の看病だったりと一時的なものだった場合、それが落ち着いたらお付き合いできる可能性はあると考えられます。

「それなら私、彼が落ち着くまで待つわ!」と考える女性もいるでしょう。

彼に「待ってるね!」と伝え、向こうから連絡が来るのをひたすら待つ…。

それはとても健気なことに変わりはありませんが、本当に自分から何の行動も起こさず待っているだけで、恋人になれるかと言ったらその可能性は非常に低いでしょう。

なぜなら、今の段階で彼にとってのアナタの優先順位は低いから。

そんな状態で自分から何もアクションを起こさなければ、仕事や勉強など、他のことに夢中になっている彼にどんどん忘れられてしまう可能性があるからです。

会えない状況の中、一度も連絡もすることなくただひたすらに待っているだけでは、彼がいざ落ち着いたときにお思い出してもらえず、他の女性に行かれてしまい、結局付き合えない、なんて残念なことになってしまうかもしれません。

周囲にペラペラと喋って外堀を固めようとする


「好きだけど、付き合うことはできない…」と断られてしまった時にやってはいけないことは、「周囲にペラペラと喋る」ことです。

確かに恋に破れてしまったとき、友達や家族や同僚など、「誰かに聞いて欲しい」と思うこともあるかもしれません。

そんな時、自分が本当に信頼している相手限定で、悩みや愚痴を聞いてもらうのは良いですが、誰かれかまわずペラペラと喋って、彼を下げるようなことを言いふらしてしまうと、後々彼の耳に入ったりして、立場が悪くなってしまう可能性があるのです。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

また、友達や家族、同僚などに強力してもらって「外堀を固めよう」とするのもNG。確かに周りの人に協力してもらえたら心強いかもしれませんが、第3者を入れてしまうとワチャワチャして話がこじれやすくなってしまうのです。

アナタの友達などが彼に「好きだけど、付き合えないって言ったらしいけど、どういうこと?」などと詰め寄ったりしたら、彼はどのような気持ちになるでしょうか。

大半の男性は「放っておいてくれよ…」と、うんざりするはずです。

親友に悩みを聞いてもらうくらいなら良いですが、周囲に何かしてもらおうとは思わないこと。

叶うものも叶わなくなってしまいます。

毎日しつこくLINEしたり、デートに誘ったりして考える時間を相手に与えない


「好きだけど、ごめん」と言われてしまった時にやってはいけないことは、「毎日しつこくLINEしたり、デートに誘ったりして、考える時間を相手に与えない」ということです。

好きな人から「好きだけど…」と言われたら、たとえ付き合ってはくれなかったとしても、嬉しいですよね。

「彼は私のことが好きなんだから、もっともっとアピールして付き合ってもらいたい!」と考える人もいるかもしれません。

しかし、彼は何か付き合えない事情があるから、アナタの告白を断っています。

断られたあとも隙を与えず彼にグイグイとアプローチしていては、彼も考える時間がありません。

あまりしつこくしてしまうと「面倒くさい…」「ウザい…」と、どんどん離れていかれてしまう可能性があるでしょう。

彼もアナタから告白されて、色々と思うことがあるはず。

ゆっくりと一人で考える時間が欲しいはずです。

フラれてしまった後にちゃんと付き合えるようになるポイントとして大事なことは「距離感」です。

つかず離れずの丁度いい距離感を保つことが、恋人になるための「鍵」と言えます。

まったく連絡しないのも良くありませんが、グイグイ行き過ぎるのも良くありません。

「好きだけど付き合えない」と言われたその後にちゃんと付き合ってもらえる恋の駆け引きテクニック

極力いつも通り、今のままの関係を保っていられるように努力する


「好きだけど付き合うことはできない」と言われてしまった後でもちゃんとつきあってもらえる恋の駆け引きテクニックとして、大事なことは「極力いつも通り、今のままの関係を保つ」ということです。

告白して玉砕したとなれば、恥ずかしくて気まずくなってしまう気持ちもわかります。

しかし、彼と恋人同士になりたかったら、その後も彼と良い関係を築き続けていくことが何より大切なのです。

断られてしまった後も、彼への態度を変えることなく、いつも通り、ナチュラルを心掛けましょう。

アナタから彼に「これからも、今まで通り仲良くしてくれたら嬉しいな」などと伝えておくのも良いですね。

アナタの方から普通に、挨拶したり話しかけたりすれば、きっと彼も安心して、今まで通り接してくれるでしょう。

ここでのポイントですが、「一旦は色恋は封印すること」。

あくまでも「友達として」、彼と楽しい時間を過ごせるように努力することです。

彼にはまだ付き合う気がないのに、ガンガンアプローチされてしまったら、窮屈に感じてしまい、逆効果になりかねません。

もう一度片思いから始めるつもりで、少しずつ距離を縮めて行きましょう。

いい雰囲気になっても最後の一手は絶対に自分からいかない


「好きだけど…」と断られてしまった後にちゃんと付き合ってもらう為の恋の駆け引きテクニックとして有効なのは「いい雰囲気になっても最後の一手は絶対に自分からいかない」ことです。

付き合ってはいないけど両想いだったら、お互い触れたり、キスしたりしたくなってしまうもの。

でも、「好きだから」という気持ちだけですべてを許してしまうと、相手を「わざわざ告白して、彼氏彼女にならなくてもいいや」という気持ちにさせてしまいます。

どんなにいい雰囲気になっても、「ここまで」と自分で線引きをして、それ以上は踏み込ませないようにしましょう。

男性の方からちゃんと告白させるためにも、自分から行動しすぎないようにすること。

男性は本能的に「好きになった女性を追いかけて捕まえたい」と思っています。

女性の方からグイグイ来られてしまうと、追いかけて捕まえる楽しみを奪ってしまうことになり、男性のモチベーションは上がらないのです。

そして何より大切なことは、「セックスはしない」ということ。

「大人なんだから、別に良いのでは」と思うかもしれませんが、出来るならしない方が良い。

付き合えなければ出来ない最後の奥の手を残しておいた方が、彼はアナタと「付き合いたい」と思うはずですから。

彼だけでなく、彼以外の男性とも同じくらい仲良くする


「好きだけど…」と言いつつも付き合ってくれない男性にちゃんと付き合ってもらえるようにするために大切なことは、「アナタ自身の価値を上げる」ということです。

この世はなんでも、「需要と供給」。

人気があるものはお金や時間、労力を使ってでも手に入れたくて、いつでも手に入るものは「必要な時に買えばいいや」と後回しにされます。

男と女の関係もそう。

魅力的で、他の男性たちからも人気がある女性に対しては「他の奴に取られる前に」と、我先に告白して、手に入れようとするでしょう。

そのような「価値の高い女性」になるためには、本命の彼だけでなく、それ以外の男性とも同じくらい仲良くすることが効果的です。

色々な男性からしょっちゅう声がかかるくらいモテモテになって、本命の男性を挑発しましょう。

どうしたらモテモテになれるのか?それは顔やスタイルが良ければいいというものではありません。

大切なのは笑顔と愛嬌です。

誰にでも分け隔てなく、笑顔と愛嬌を振りまいていれば、必ずモテるようになってきます。

本命の男性に「他のオトコに取られたくない」「特別になりたい」と思わせることが出来れば、必ず付き合うことが出来るでしょう。

見返りを求めない「フリ」をして、彼に恩を売りまくる


「好きだけど…」と言ったくせに付き合ってくれない男性と恋人になるための駆け引きテクニックは「恩を売りまくる」ということです。

もちろん「恋人になりたい」という見返りを求めているに決まっていますが、彼には気づかれないようにすることが大事。

イメージ的には「無償の愛」で、彼の力になってあげるのです。

たとえば、彼が困っていたら助けてあげたり、仕事が山積みで大変そうであれば手伝ってあげたり。

彼が求めていないことまでする必要はありませんが、彼が何かしてほしそうな場合には、いつでも快くそれを引き受けて、優しくしてあげましょう。

人間は、誰かに何かをしてもらうと、「自分もお返ししなくては」という気持ちになります。

それを「返報性の法則」と言いますが、その心理を利用して、彼を「こんなに親切にしてもらっているのだから、彼女の気持ちにこたえなきゃ」という気持ちにさせるのです。

ポイントは、「なにかして欲しいからじゃなくて、ただアナタが好きだからだよ」という態度を全面に出すこと。

相手が見返りも求めずに優しくしてくれたら、彼はその気持ちが嬉しく、「自分も相手を喜ばせたい」と思うようになります。

きっと付き合えるようになるでしょう。

告白は彼からさせよう!ちゃんと付き合える関係になる為の彼から告白させる方法

1に笑顔、2に笑顔、3、4に笑顔、5に涙


彼から告白してもらうために大切なのは、「笑顔と涙のバランス」です。

「涙は女の武器」であることは確か。

ここぞという時には、女優になったつもりで涙を流して、男性の心を奪っていきましょう。

でも、しょっちゅう泣いていたのでは、涙の価値はどんどん下がってしまいます。

たくさんの笑顔の中に少しだけ涙、が、男性の心を大きく揺さぶるでしょう。

普段はどんなときも笑顔でいることが、涙をもっと引き立てます。

「ここぞ!」というタイミングを見極めて、泣きましょう。

男性は、「ハッ」として、アナタのことが愛おしくなり、抱きしめたくなり、付き合いたくなるのです。

この時にいうセリフとしては、「付き合って欲しいよ~(エーン)」では、ちょっとインパクトに欠けます。

「付き合おう」と相手に言わせるためには「好きだよ…(メソメソ)」でいきましょう。

涙目でそんなことを言われたら、誰だって心を鷲掴みにされて、思わず告白したくなるはずです。

「これで最後にするから」と、彼に想いを伝える


「好きだけど…」と一度は断られてしまった彼から告白してもらう為には、「これで最後にするから」ともう一度想いを伝えてみるのも有効です。

彼がどういう意図をもって「好きだけど付き合えない」と言ってきたのかにもよりますが、「仕事が立て込んでいて…」とか「資格の試験がもうすぐなんだ…」などと、具体的な理由を言ってこない場合には、きっと彼の心に迷いがあるのでしょう。

もしかしたらアナタの最後の一押しで、付き合いたい気持ちになってくれるかもしれません。

一番のポイントは「最後にするね」とハッキリと言うこと。

「私はアナタと付き合いたいと思っているけど、アナタを苦しめたくないからこれで最後にするね」「もう私からは好きだとか、付き合いたいとか言うのは辞めるね」と言うことで、彼は「もうこれで最後なんだ…本当にこれでいいのか?」と自分に再度問いかけるようになるでしょう。

私たち人間は買い物でも、「ラスト1点!」とか「最終価格!」などというワードに弱いです。

「これが最後のチャンスなんだ」と思ったら「やっぱり欲しいかも!」という気持ちになりやすいのです。

核心的なことをされたら、「私たちってどういうカンケイ?」と聞く


彼からハッキリと告白してもらうための方法は、しっかりと場を見極めた上での「私たちってどういうカンケイ?」と聞くことです。

彼があなたに触ろうとしたり、キスやハグ、セックスをしようとしてきたときがチャンス。

すかさず「私たちってどういう関係?」と聞きましょう。

二人で何気ない話をしているときや、ラインなど、何でもない時に聞いてしまうと、彼にはぐらかされてしまう可能性は高いですが、キスやハグ、セックスの「おあずけ状態」でいるときには、彼はアナタに触れたくてたまらなくて、「もう告白しよう!」という気持ちになることもあるのです。

「私達ってどういうカンケイ?」と訊いた時に彼が「一番の理解者」「俺の大切な存在」などと、彼女以外のワードを出してきたら、アナタは「恋人以外とはこういう行為をしない」とハッキリ伝えましょう。

彼と恋人同士になりたいのなら、時にはキッパリと拒否することも大切です。

「キスやハグやセックスは、恋人同士がするものだ」と言う事を、彼にもハッキリ、わからせることです。

おあずけされた彼は、アナタのことをしっかり考えるようになり、「ハッキリさせよう」と、きっと思うはずです。

付き合ってないけど彼氏みたいな友達以上恋人未満の男性心理や対処法。告白なしは本命じゃない?二人の関係を進展させる方法も完全紹介!

「好きだけど付き合えない…」と言う彼の事情を探って、告白されるように仕向けよう


「好きだけど…」というワードを使って告白を断ってくる男性は、何らかの事情を抱えているでしょう。

仕事が大事な時期だったり、資格の試験が迫っていたり、転勤、異動、親の介護など…恋愛よりも優先すべきことがあるとき、どんなに相手の女性のことが好きでも、断ってくる場合が多いです。

大人になればなるほど、「好き」という気持ちだけでは付き合えなくなってくるのも事実。

結婚や将来のことを真剣に考えていればなおさら、性格や価値観、金銭感覚や家庭環境など、考慮すべきことが増えて行って、告白に踏み切れない場合もあるでしょう。

そんな彼にちゃんと付き合ってもらいたかったら、彼の方から「告白したい」と思わせるように仕向けることです。

大切なのは最後の一手は、アナタからいかないこと。

彼がキスやハグをしてこようとしたら、そこで「おあずけ」し、「私たちって、どういう関係?付き合っていない人とはそういうことしない」とキッパリ言う勇気が、恋人への道に繋がっています。

【期間限定・2021年6月20日(日曜)迄】不倫や復縁などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁や不倫などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG