彼氏が冷たい時の対処法!そっけなくなる理由や冷たくなる時期、冷たい時の状況別の対処法まで完全紹介!

  • 2020年12月17日
  • 恋愛
  • 1223view
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「彼氏からラインの返事が来ない…。」

「デートに誘っても理由を付けて断られる…。」

「付き合っているはずなのに、遠い存在に感じる…。」

最近なんだか彼氏の態度が素っ気なく感じ、悩んでいませんか?

今回は、「彼氏が冷たい…素っ気ない」と女性が感じる瞬間や、冷たくする男性心理、彼氏が冷たくなる、素っ気なくなる理由や、冷たくなりやすい時期、冷たい時の状況別の対処法を徹底的にご紹介します。

彼氏の本心を探って、きっと解決に導きます。

目次

彼氏が冷たい…そっけないと女性が感じる瞬間【冷たさを感じたあるある】

ラインを送っても既読スルー・未読スルー・反応が薄い


「彼氏が冷たい…素っ気ない…」と女性が感じる瞬間は、ラインを送った時の反応が悪い時ではないでしょうか。

恋人同士である二人にとって、ラインはとても重要なツールです。

親密な関係を続けていくには、会っていない時間も連絡を取り合うことは欠かせませんし、大切に考えているカップルは少なくないでしょう。

特に女性の多くは、「彼氏とは毎日連絡を取り合いたい」と思っているのです。

毎日のラインが習慣化しているカップルの方が、より相手のちょっとした変化にも気づきやすいでしょう。

たとえば、いつも「おはよう」「お疲れ様」「おやすみ」などと一日の間でもしょっちゅうラインが来ていたのに、今は一日一回くらいしか来ない…。

以前まではラインを送れば大体1時間以内くらいで返信が来ていたのに、最近は半日くらい放置されることも増えた…。

前はすぐに既読がついたのに、今は既読すらつくのが遅い…。

ラインやメールは相手と顔を合わせない分、ダイレクトに態度に出てしまいやすいものでもあります。

気持ちが落ちている時には文字を打つのも億劫になってしまうし、好きじゃない人への返信は自然と遅くなる。

無意識のうちに、気持ちがラインの態度に表れてしまうのです。

話をしても上の空だったり、聞こうとしてくれない


彼氏の冷たさを感じる瞬間あるあるに、「話をしても上の空だったり、聞こうとしてくれない」ということが挙げられます。

男性は基本、興味があることにしか耳を傾けられない生き物です。

話の内容自体は全然興味のないことだとしても、彼女に興味があって好きな場合は、真剣に話を聞こうとしたり、熱心に質問したりもするでしょう。

しかしその場合、彼女への気持ちが冷めてしまったり、どうでも良くなってしまった瞬間に、全く話を聞こうとしてくれなくなるのです。

彼女への気持ちが無くなってしまったとしても、自分の趣味の話や、得意分野の話だったら、まだ話すことができるでしょう。

相手の話を聞くとしても、相槌くらいなら打てます。

しかし、出来なくなってしまうのは「質問」。

相手に興味がないので、話を聞いていても何の疑問も湧いて来なければ、話を広げようとする気も起きません。

ただ「ふーん。」で、話が終わってしまうのです。

今までは愚痴でもなんでも一生懸命聞いてくれていたのに、話をしても上の空だったり、前に話したことを覚えていなかったり、全然聞こうとしてくれない場合、女性は「彼氏が冷たい…」と感じざるを得ないでしょう。

キスやハグなど、スキンシップが少ない


女性が、彼氏が冷たいことに気づく瞬間は、キスやハグなどのスキンシップが少ない時も挙げられるでしょう。

以前までは会うたびにキスをして、セックスをする時以外でもハグをしたり、手を繋いだり、スキンシップをたくさんとっていたのが、気付いたらキスやハグの回数が減っていた…。

前はどんなにくっついても足りないくらいイチャイチャしていたのに、今はセックスする時以外は触れようとして来ない…。

スキンシップは愛情表現の一つでもありますから、それが極端に減ったり、無くなったりすると、女性は「最近何だか素っ気ないな…」と感じるでしょう。

人間、口ではいくらでも嘘をつくことができますが、態度では嘘を隠しきれません。

気持ちは必ず態度として表に出てきて、大なり小なり、相手に伝わってしまうものなのです。

好きなら無意識のうちに近づいてしまうし、触れてしまうし、キスしたくなってしまう。

しかしそうでないなら、無意識のうちに遠ざかってしまうし、触れたいとも、キスしたいとも思わない。

セックスだけするなら、性欲さえあればできるかもしれません。

しかし、セックス以外のスキンシップは、最大限愛情を示すものですから、気持ちがないのにできるわけがないのです。

ひたすらテンションが低い。笑ってくれない。


女性が「彼氏が冷たい…素っ気ない」と感じる瞬間は、彼のテンションがひたすら低かったり、笑ってくれない時ではないでしょうか。

人間には多かれ少なかれ気分の波がありますから、時には元気がない日だってあるでしょう。

しかし、相手がずーっとぶすっとしていたり、笑ってくれなかったりすると、女性は「何だか最近冷たいな…」と悲しくなるのです。

恋人の元気がなかったり、テンションが低かったりしたら、たいていの女性は彼を元気付けようと頑張るでしょう。

「最近元気ないね」「何かあったの?私で良ければ話聞くよ」「もしかして私が何か気に触るようなことしちゃった?」などと、あらゆることを想定して、彼氏を気遣うはず。

そこで、彼氏が「実は仕事で嫌なことがあって…」とか「友達とケンカしちゃって…」などと理由を打ち明けてくれれば、女性も安心し、「冷たい…」と感じることはありません。

しかし、こちらが気遣いの言葉をかけた時に、「別に…」「何もないよ」などと理由を教えてもらえない時に、彼女は突き放された感じがして、「冷たい…」「素っ気ない…」という気持ちになってしまうのです。

彼女に冷たくする男性心理

別れるための伏線を張っている


彼女に冷たくする男性心理として、やっぱり第一に挙げられるのは「好きじゃなくなった」「気持ちが冷めた」「別れたい」という気持ちでしょう。

人間の気持ちというものは、多かれ少なかれ態度に表れてしまうもの、と前項でも述べました。

無意識のうちに冷たい態度をとってしまっている場合もありますが、別れるための伏線を張ろうと思って、意図的に冷たく接している場合もあるでしょう。

恋人とスムーズに別れるためには、昨日までラブラブで今日いきなり別れ話をするより、少しずつ素っ気ない態度を出して相手に気づかせ、心の準備をさせておいてから別れ話をした方が、相手を納得させやすいです。

また、自分のメンタル的にも、いきなり別れ話をするよりも少しずつ態度に出していった方がストレスが大きくないですし、自分自身の心の準備もできる。

別れ話は、振る側にとっても、気まずいし、憂鬱だし、とうてい気乗りするものではありません。

冷たい態度を取った方が断然ラクなのです。

彼女に不満があって遠回しに気づかせたいと思っている


彼女に冷たくする男性心理として、「彼女に不満がある」気持ちを持っていることも考えられます。

「何かしらの不満があるけれど、直接言うのは憚れる…。」「不満を正直に伝えて、関係が壊れるのが怖い…」などと思っている男性は、態度で遠回しにアピールして気づかせようと思っているのでしょう。

面と向かっては言いづらい不満ならなおさら。

彼自身、ハッキリ言えない自分に嫌気がさしつつも、どうすることもできず、八つ当たりのような感じで彼女に冷たく接してしまう場合も少なくないでしょう。

たとえば、アナタが元カレと友達として良い関係を築いていたとします。

元彼にはもう何の感情もないし、やましいこともない。

本当に「ただの良い友達」だとアナタは感じていて、それを彼氏にも伝えていたとしても、彼氏はアナタと同じ感情を100%抱いて安心するわけではありません。

彼氏は、本当は「元彼と連絡とったり遊んだりして欲しくない」と思っていたとしても、それを直接彼女に伝えたところで「小さい男」と思われてしまったら心外。

複雑な心境を抱えて、ハッキリとアナタに不満を伝えられない場合、彼は冷たく接してしまうのかもしれません。

他に気になる女性ができて、その女性に情熱を注いでいる


彼女に冷たくする男性心理として、「他に好きな女性ができた」ことも考えられます。

新たな気になる存在の女性に優しくしたり、積極的にアプローチしたりするので忙しく、アナタへの態度がなおざりになってしまっているのかもしれません。

時間は有限です。

以前まではアナタとデートしたり、ラインや電話をするのに使っていた時間を、今は新しい女性のために使っているのでしょう。

たとえば他に気になる女性ができたとしても、アナタのことも大切で失いたくない場合には、彼は「二股」を選択することもあります。

その場合には絶対にバレないように神経を使ったり、少なからず罪悪感を感じているために、逆にアナタに優しく接することが多いでしょう。

それにより、彼に女の影を感じた時に、彼氏の態度が優しいのか冷たいのかで彼の本気度を図ることも可能です。

アナタに冷たい態度を取ってくる場合、彼はほぼ100%の確率で、別の女性に本気で夢中になっていると言えます。

新しい女性にのめり込んで、アナタの存在を忘れてしまっているのか、「もう別れたい」と思っているからわざと嫌われるような態度を取っているのか、そのどちらかに違いないでしょう。

正直言って、好きかどうかわからない…


彼女に冷たくする男性心理として、「彼女のことが好きかどうかわからない…」という気持ちを持っていることも考えられます。

どんな恋人同士だって、いつ何時も、四六時中幸せというわけではありません。

忙しくて気持ちに余裕がなかったり、生理で体調が悪かったり、自分のコンディションが悪ければ相手を思いやることなんて出来ませんし、赤の他人同士で、育った環境も違うのですから、全ての価値観が同じだなんてあり得ません。

相思相愛でお付き合いが始まったのだとしても、時にはぶつかったり喧嘩をすることだってあるでしょう。

お付き合いが長くなれば、当然マンネリもします。

そんな、二人の仲が険悪ムードにある時、ふと考えてしまうのです。

「俺は本当に彼女のことが好きなのだろうか…」と。

そして喧嘩やマンネリが長引けば長引くほど、「本当に好きなのか…」と考える機会は多くなります。

自分の気持ちに疑問や迷いを抱いている状態では、以前のように「好きだよ」「愛してるよ」などというセリフを口にしたり、キスやハグをしたりなど愛情表現をできるはずがありません。

自然と冷たい態度になってしまうのです。

彼氏が冷たくなる、そっけなくなる理由

マンネリを感じて、すべてがどうでも良くなっている


彼氏が冷たく、素っ気なくなる理由の一つに「マンネリを感じて、全てがどうでもよくなっている」ことが挙げられます。

倦怠期は、どのカップルにも訪れるごくごく当たり前なことです。

しかし、マンネリを感じた時に解消する努力をせず、深刻化させてしまうと、最悪の場合破局にまで発展してしまうほど、取り返しがつかないところまで気持ちが冷めてしまう危険性があります。

お付き合いが長くなってくると、だんだん相手に気を使わなくなったり、だらしない姿を見せることに抵抗が無くなってきたりしてしまうのは仕方がないことかもしれません。

ありのままでいられる関係はラクでしょうが、「親しき仲にも礼儀あり」ということを忘れてしまうと、二人の間に亀裂が入ってしまうことは避けられないでしょう。

彼女からの優しさや、思いやりを感じられず、スッピンのボサボサ頭で、寝っ転がりながらポテチを食べている姿を目の当たりにするのが日常になってしまったら、彼はたとえマンネリを感じていても解消しようとせず、「もうどうでも良いや…」と感じ、冷たく接してしまうのも無理はないでしょう。

あまりにも相手からグイグイ来られて、引いてしまう


彼氏が冷たく、素っ気なくなる理由に「あまりにも相手からグイグイ来られて、引いてしまう」ということも挙げられます。

人間は不思議なもので、「逃げられると追いかけたくなり、追われると逃げたくなる」生き物。

相手からこの上なく愛されていることを実感したり、自分が持っている気持ちよりも大きな気持ちを向けられていることに気づくと、安心して「じゃあ自分からは追いかけなくても良いだろう」と、引いてしまうのです。

相手の気持ちがあまりにも大きくて重かったりするとなおさら、「あまり深入りすると、後々面倒くさいことになるかもしれない…」「そんなに好き好き言われると、逆に冷める…」などとさらに引き気味になり、次第に彼女への態度も冷たく、素っ気なくなってしまうのです。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

それに、狩りをして獲物を捕まえる狩猟本能が備わっている男性は、どちらかというと「好きになった女性を追いかけて、捕まえたい」と思っています。

自分の方から女性を口説いて、落として、恋人同士になってからも自分のペースで彼女に愛情表現していきたいと思っているのに、彼女の気持ちが想像以上に大きくなってしまい、まさに「お皿に乗ったごちそうがドンと目の前に置かれている状態」では、追いかけたり、愛情表現する気が起きないのです。

「自分のことを大切にしてもらえていない」と感じて拗ねている


彼氏が冷たく、素っ気なくなる理由に、「拗ねている」ことも考えられます。

たとえば彼女の仕事が忙しくて全然会う時間がない時や、自分は彼女との時間を一番に考えているのに、彼女は友達付き合いも大事にしていて自分は寂しい気持ちを抱えている時、「自分は彼女からあまり大切にされていない」「自分なんていなくてもいいんだ」などといじけて、男性はわざと冷たい態度を取って、彼女に無言のアピールをすることがあるのです。

「大切にされていないと感じるなら、面と向かって言えばいいじゃない」と思うかもしれませんが、そんな女々しいこと、男のプライドが許しません。

恥ずかしくて面と向かって言えないからこそ、態度で表す手段しかないのです。

男性は「目には目を、歯には歯を」の手法で、アナタに自分と同じ気持ちを抱いて欲しいと思っています。

彼女にも「自分のことを大切にしてもらえなくて、寂しい」という気持ちを感じてもらい、「もっと彼を大切にしよう」と気づいて欲しいと思っているのです。

彼氏が冷たくなりやすい時期

倦怠期と同じタイミングで冷たくなることが多い


彼氏が冷たくなりやすい時期は、倦怠期とリンクしていることが多いです。

一般的に倦怠期は、3ヶ月刻みで訪れると言われています。

新鮮味がなくなり、相手と一緒にいることが当たり前になって、気持ちが緩んでくる時期。

そんな倦怠期に、彼氏も冷たくなりやすいのです。

お付き合いが長くなってくると、誰もが相手を大切にしようとする気持ちや思いやりが減り、逆に相手に甘えたい気持ちや自分のワガママが増えていきます。

相手のことが好きで、相手からも好かれたいと思っている時は、優しくしたり、愛情表現をしたりして良い関係を築こうとするでしょうが、一緒にいることが当たり前で、さらに「自分からは離れていかないだろう」という安心感もあると、どうしても相手に対する扱いが雑になっていきがちです。

本人的には決して意図として冷たくしているつもりがなくても、冷たく接しているように感じ取られてしまうこともあるのです。

自分の気持ちより彼女の気持ちの方が大きいと感じるとき


彼氏が冷たくなりやすい時期として、「自分の気持ちよりも彼女の気持ちの方が大きいと感じるとき」もあるでしょう。

男性には狩猟本能があって、好きな女性を追いかけて捕まえたい願望がある、と前項でも述べました。

「好きになった女性を落とすまでが楽しい」と思っている男性も少なくありません。

好意を寄せる女性に振り向いてもらえるように積極的にデートに誘ったり、ラインをしたり、プレゼントを送ったり、あらゆる手段でアプローチをするでしょう。

恋人同士になっても、自分の気持ちの方が大きいと、「本当に俺のこと好きかな?」「まさか他の男と浮気してないだろうな」などと不安になり、彼女の気持ちを繋ぎ止めておくために、一生懸命愛情表現したり、楽しいデートプランを練ったり、美味しいお店をリサーチしたりします。

しかし、彼女を落としたらそれで満足してしまったり、相手の「好き」が自分の「好き」より大きくなって、存在が重たく感じてしまったりすると、自分から行く必要が無くなってしまい、狩猟本能が掻き立てられることなど全くありません。

次第に「彼女のために一生懸命尽くしたい」という気持ちが減少して、無意識のうちにも彼女に冷たく接してしまうのです。

新しい環境になった時や仕事やイベントなどが立て込んでいる時


彼氏が冷たくなりやすい時期として、「忙しい時期」も挙げられます。

たとえば仕事が繁忙期で残業続きの時や、仕事以外でも有志のイベントなどで立て込んでいたりして心の余裕がない時などは、男性は必然的に冷たくなってしまうのです。

なぜかというと、それは男性の脳の作りに関係しています。

男性は基本的に目の前のこと一つにしか集中できない、「シングルタスク脳」。

目の前の一つのことに必死になっていると、その他周りのものが見えなくなって、たとえそんなつもりなかったとしても、結果的におろそかになってしまうのです。

職場の転勤や異動などで新しい環境になって、不慣れな生活を送っていたり、仕事が猛烈に忙しく、毎日がいっぱいっぱいだったりする場合、とてもじゃないけど彼女のことを考えている余裕などありません。

いつもしている挨拶メールを怠ったり、休みの日は「疲れたから寝ていたい…」と思ったり。

決して彼女のことが嫌いになったから、とか愛情が冷めたとか、そういうわけじゃ無くても、いっぱいいっぱいで余裕がないあまりに、冷たくなってしまうのです。

付き合い当初…落としたことで満足してしまったり、付き合ってみたけど、「思ってたのと違う」と気づいた時


彼氏が冷たくなりやすい時期として、意外なことに「付き合い当初」も挙げられます。

普通、付き合い始めた時期が一番ラブラブで、気持ちも盛り上がっていて、毎日楽しいはず!と思いますよね。

確かに女性はそうかもしれません。

しかし男性は実は、そうとは限らないのです。

もともと狩猟本能が備わっている男性は、「女性を落とすまでが楽しい」と考えている傾向があると、前項でも述べました。

好きな女性を振り向かせるまでは、一生懸命あらゆる手段を使ってアプローチしますが、いざ女性を落とし、自分のものになったと思った途端、気持ちが冷めてしまうことは男性にとってよくあることなのです。

セックスもそう。

多くの女性が「やり捨てされた…」と悲しみの声が止まないのは、男性が落としたことで満足してしまい、次に続ける気が無くなってしまうからです。

それゆえ、付き合い当初の一番盛り上がっているべき時期なのに、彼女に冷たくなってしまい、女性が「まだ付き合い始めたばかりなのに、なんか冷たい…」と感じてしまうのでしょう。

また、男性は基本的に女性に幻想を抱いています。

それがあまりに現実とかけ離れていることを目の当たりにした場合、彼はショックを受け「なんか、思ってたのと違う…」と気づくのです。

自分の理想と現実の差が大きければ大きいほど、気持ちは一気に急降下し、結果的に彼女に冷たく接してしまうのです。

彼氏が冷たい時の状況別の対処法

【lineが冷たい時】返事がないから、と追撃ラインを送るのは逆効果!


彼氏からのラインが冷たい時の対処法として、絶対に注意しなければならないことが一つだけあります。

それは、「追撃ラインをしない」ということ。

なんとなく、彼氏からのラインが素っ気ないと感じるとき…。

以前よりも回数が格段に減ったと感じるとき…。

ラインを送っても何時間も放置されて返信が来ないとき…。

当然寂しいし、悲しいし、「どうして」と思うでしょう。

「もしかしたら返信を忘れているだけかも」「かまって欲しい」「私のこと好きじゃないのかなぁ…」などと、思うことは色々あるでしょうが、ここで気持ちを荒げてはなりません。

勢いだったり、気軽な気持ちで追撃ラインを送ってしまうと、それが致命傷になってしまう可能性もあるのです。

「スタンプだったら可愛いし、相手の心も和んでくれるかも」と、「チラッ」などというスタンプを送る女性も少なくないですが、これも非常にキケン。

相手の神経を逆撫でして、「うざい…」「面倒くさい…」と思われてしまうこともあるでしょう。

ラインが冷たいのは悲しいですが、そんな時もアナタは極力、いつも通りに過ごすこと。

「最近冷たいけどどうして?」などと聞きたくなるかもしれませんが、お互いの顔が見えないラインでは、深刻な話をしても気持ちがうまく伝わらない可能性もあります。

「話があるんだけど、会える日ないかな?」などといって、ラインでは話さないようにしましょう。

大事なのは、相手がどうでもアナタのペースを守ること。

返信が冷たくても、既読スルーでも、「おはようラインは毎日送る」とアナタが決めたのなら、それは送り続けましょう。

【会ってる時に冷たい時】気づかないフリをして、自分だけは精一杯楽しく過ごす


彼氏が会っている時に冷たい時の対処法として効果的なのは「自分だけは精一杯楽しく過ごす」ということ。

大好きな彼氏が素っ気なかったり、冷たいのは確かにとても悲しいことですが、アナタまでどんよりしたり、深刻な表情でいては、二人の間に流れる空気はさらに険悪になってしまいます。

冷たくされている状況が何日も何週間も続くようであれば、話し合いが必要になってきますが、まずは気づかないフリをして、アナタだけは精一杯彼との時間を楽しむようにしましょう。

できるだけ明るくて、楽しくて、彼の興味を引くような会話をしたり、行ったことのない場所へ誘ってみたり。

「楽しい!」「嬉しい!」「大好き!」などといった自分の気持ちをアピールすることも忘れてはいけません。

彼は「こんなにも自分と一緒にいる時間を楽しんでくれてるんだなぁ…」「俺は愛されてるんだなぁ…」と実感し、嬉しくなって、アナタに対する感情が少しずつ変化してくることもあるでしょう。

人は親切にしてもらえると、「恩返ししたい」という気持ちになるものです。

(これを「返報性の法則」と言います)「冷たくされたから私も冷たくする!」のではなく、アナタはいつも通りデートを楽しんで、思いやりの気持ちを持って接すること。

きっと彼の気持ちや行動も変わってくるはずです。

【付き合い立てなのに冷たい時】自分の直近の言動を振り返り、接し方を変えてみる


付き合いたてなのに彼氏は冷たい時の対処法は、まずは自分の言動を振り返ってみることです。

付き合いたてなのに冷たいということは、彼が「釣った魚にエサはやらないタイプ」か、「女性に幻想を抱きすぎているタイプ」である可能性があります。

女を落としたらそれで満足してしまう男性には、過剰すぎる愛情は逆効果ですし、女性に幻想を抱きすぎているタイプの男性には、距離を縮めすぎるのは逆効果。

もしアナタが彼に対して「好き」「大好き!」と言い過ぎていたり、「素の自分をさらけ出し過ぎている」と自覚があるのなら、彼はそれが逆効果として働いてしまうタイプの男性なのかもしれません。

アナタが冷静に、客観的になって自分の行動や、彼の反応などを振り返ってみれば、「ちょっとやり過ぎだったかも」とか「もう少しこうした方がいいのかも」ということが見えてきます。

そして次は、彼に対する接し方を変えてみるのです。たとえば、毎日ラインでも会っている時でも「好き好き言い過ぎているな」と思ったら、言うのをやめてみる。

彼にスッピンやスッポンポンの姿を見せても平気でいたとしたなら、恥じらいを持ってみる。

アナタが接し方を変えることで、彼のアナタに対する接し方も必ず変わってくるはずです。

不倫相手が冷たい…急に素っ気なくなったり会ってくれなくなった時の男性心理や対処法

彼氏が冷たくなるのは、単に嫌いになったからではない。気持ちを察して、アナタも変わろう。


大好きな彼氏が冷たくなったら、「嫌われちゃったかな…」と悲しくなってしまいますよね。

しかし、実際は単に嫌いになったから冷たくしているわけではない場合も少なくありません。

まずは客観的に自分自身の行動を振り返り、彼の反応をみながら、接し方を変えてみましょう。

ずっと冷たい態度が続くようなら話し合いが必要ですが、アナタの気持ちに心を動かされ、彼の接し方も変わってくることもあります。

どのカップルにもマンネリは避けられませんが、どんな時も優しさと思いやりを忘れないで。

彼が「こんなに自分は大切に思われているんだ」と気づけば、きっと彼も優しい気持ちを返してくれるはずです。

【期間限定・2021年6月20日(日曜)迄】不倫や復縁などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁や不倫などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG