オーラがピンク色の人の性格や意味|使命は「自然に相手の心を開かせる」で前世は「愛にあふれたシスター」

今オーラが変われば2022年下半期に悩みが解決します。
オーラとはその人を取り巻く一種の霊的なエネルギーのことです。

オーラには性格やあなたの性質、心身の状態などによって複数のカラーがあります。あなたが何色のオーラをまとっているかによって、人格や運勢はもちろん、他の人との相性やうまくいく接し方を診断することができます。

人生がうまくいかないのは、あなたのオーラがちぐはぐになっているから。

でも大丈夫。オーラは今から変えられます。

このオーラ診断では、よくある自分のオーラを知るだけのカルテではなく、オーラと共鳴し引き寄せ合う強力なオーラをまとうための重要なヒントが満載のカルテをお届けします。

オーラが整うと何をやってもダメだった人生が劇的に変わるので、2022年下半期を幸せに過ごす事だって実現可能です。

反対にオーラがちぐはぐなままではどんなに願っても努力しても、あなたの幸せはオーラに弾かれてしまいます。

あなたには無駄な努力を重ねてほしくありません。期間限定で初回無料での診断が受けられるので、今から試してみてください。

ピンク色のオーラを纏っている人は、一体どんな人?と気になりませんか?

ピンクというのは女性にとってはとても魅力的な色という印象が強かったり、女性らしい色だと感じるかもしれません。

そんなピンクのオーラを纏っている女性は、さぞかし女性らしい女性なのだろうと思ってしまうのではないかと思いますが、ピンクのオーラを纏っている男性だっているわけですから、では一体どんな人なのだろうと気になってしまいますよね。

今回は、ピンクのオーラを纏っている人の性格や、その人の前世、そしてピンクのオーラを纏っている人が与えられた使命であったり、適職、天職について紹介していきたいと思います。

目次

オーラがピンク色の意味は「常に多くの幸せを宿している」

幸せを宿す色

ピンクのオーラが意味しているのは、“多くの幸せ”です。

つまり、ピンクのオーラを纏っている人は常にたくさんの幸せを宿しているのだということができます。

オーラに幸せが引き寄せられていくというよりは、その人がたくさんの幸せに感謝し、更なる幸せを引き寄せ、その結果発するオーラ色がピンクになっていくというイメージの方が近いかもしれません。

もちろん、一度発されたオーラの色がピンクであれば、そこから幸せが生み出されていくことも十分可能性としてはありますが、そもそも“幸せな人”であったり、“幸せを生み出して周囲をも幸せにすることができる人”でなければ、ピンクのオーラを発することはないのです。

今現在のその人が幸せであること、また小さな幸せで満足し、感謝することができること、自分だけでなく自分の周りにいる人も幸せにしてあげたいと、“幸せのお裾分け”をしたい気持ちが強いこと、こういった条件が積み重なった結果、ピンク色のオーラを発するようになるのだというふうに解釈しておくといいでしょう。

オーラがピンク色の人の使命は「人々を愛情で満たし自然に相手の心を開かせていく」

たくさんの愛情の詰まった色

オーラがピンク色の人に与えられた使命は、周囲の人の心を開かせるところにあります。

人々を自分が持てる限りの愛情で癒し、満たしてあげることで、心を閉ざしてしまった人に対して根気強く接することができるのは、ピンク色のオーラを持っている人の一種の特技と言えるものです。

どんなに頑なに心を閉ざしている人でも、ピンク色のオーラを纏っている人と長く接するうちに、自然と明るい前向きな気持ちになり、それと同時に深く温かい愛情で包まれているような気持ちになり、だんだんと自分の本当の姿を見せてくれるようになります。

言い方は悪いですが、語彙力がなくても、人の立場に立って物事を考えることを苦手としていても、これはピンクのオーラが発するパワーでどうにでもなってしまうようです。

一緒にいて、言葉少なに時間を過ごしているだけでも、なぜか心地よく、安心した気持ちになることができる、そんな不思議な雰囲気を発しているのが、ピンク色のオーラを持っている人の特徴であり、ピンク色のオーラを持っている人と一緒にいることで些細な幸せにも喜べる、そんな人間になれてしまう不思議な力も持っています。

この、ピンク色のオーラを持っている人だからこそ、自然と周囲に振りまくことができる“幸せのお裾分けができる力”と“自然と心を開かせる力”こそが、ピンク色のオーラを発している人に与えられた特殊な能力であり、これによって周りにいる人を幸せな気持ちにしていくことが使命なのだと考えてください。

オーラがピンク色の人の前世は「愛にあふれたシスター」

愛情を持ったシスター

オーラがピンク色の人の前世は、たくさんの愛情に溢れたシスターといったところです。

基本的に、白色が混じっている色のオーラを纏っている人は、神職に就いていた人が多いとも言われています。

ピンクも、赤に白色が混じっているので、前世は神様に仕える仕事をしていたと言えるでしょう。

では巫女さんでも良いのでは?と思いますが、巫女さんだと完全に神様のみに仕えているイメージで、人々に愛情をたっぷり振り撒いているイメージはあまりないのではないかと思います。

それであれば、神様に仕えながらも、人々に優しく接し、愛情を振り撒き、周囲に笑顔を増やしていくことができるシスターの方が、イメージとしてはしっくりくるのではないでしょうか。

アメリカでは孤児院などをシスターが運営していることもあり、そのように人と人が触れ合う場所にいて、多くの人を笑顔にし、寂しさや孤独、不幸と無縁な日々を与えていた人…ピンクのオーラを纏っている人はそのような前世を持っているのだと考えてください。

前世の頃から、たくさんの愛情と幸せを自分の中にストックし、そしてそのたっぷりの幸せを惜しみなく周囲の人に分け与え、幸せの輪を広げていった人であるからこそ、現世でもそのオーラから前世の自らの行いや、使命を引き継ぎ、人々に愛情と幸せを与え、そして一緒にいることで相手に心を開かせて、自然と幸せな未来へと導いていくことができるのです。

愛情に溢れている人であればあったほど、現世で発しているオーラの色も、はっきりと“何色”とは言い表せない、美しく優しいピンクになると言われています。

オーラがピンク色の人生で苦労する事は「時に厳しく…ができず時にはおせっかいだと思われる」

厳しくするのが苦手

オーラがピンク色の人はとにかく優しい性格をしています。

この優しさというのは、人を相手に発する場合には時として非常に難しい場合があります。

何でもかんでも許すことが優しさなのかと言えばそうではない場合もありますし、相手が求めてきたことを全て受け入れるのが優しさにはならない場合だってあるでしょう。

時には、厳しく突き放すことが相手への愛情の伝え方になる場合もありますし、厳しい言葉を伝えることが相手への愛情となることもあるのです。

しかし、ピンク色のオーラを持っている人は、それができません。

相手が困っていれば手を差し伸べずにはいられませんし、相手に助けてほしいと言われれば、それも断るなんて選択肢は元々頭にないくらいでしょう。

本当であればそれは自分にお願いせず、相手が自らやった方がいいと思っても、なぜかそれを断ることができないのはピンク色のオーラを持っている人の悪い癖だということもできます。

時に厳しくができないことから、会社などでは周囲から甘い人だと思われてしまうこともありますし、ずる賢い考えをしている人からすれば利用しやすい人だとうまく使われてしまうこともあるかもしれません。

それでも、長く一緒にいることで、ピンク色のオーラを持っている人から強く影響を受けることになり、利用しようという考えなども徐々に消えていくようにはなります

また、もう一つ、損をして人生を生きにくくさせてしまうことがあるとすれば、おせっかいな性格を挙げることもできるでしょう。

困っている人を見れば助けずにはいられない、どう助けていいかもわからないうちから手を出してしまって、余計なお世話になってしまうなんてこともあるかもしれません。

相手からすれば迷惑…とまではいきませんが、なぜかいつもあれこれと世話を焼いてくるお節介な人…なんて印象を持たれてしまう可能性はあります。

また、お母さんみたいな人というイメージが強くなってしまって、時にはピンク色のオーラの持ち主は恋愛対象として相手を見ていても、相手からは恋愛対象には見えないなんてすれ違いが起こってしまうなんてこともあるでしょう。

相手のためを思って、手を出してあげるのはとても良いことではありますが、それが本当に相手のためになるかどうか、突き放した方が相手のためになること、それによって一瞬は相手が困ることになるとしても、将来的には糧になることがある場合についてじっくり考えて、断る、突き放すことも覚えておくと、もう少し苦労しなくなるはずです。

お節介だと思われてしまうことについても、毎回毎回助け船を出すのではなく相手が求めてくるまではじっと堪えておくことも覚えると良いかもしれませんね。

オーラがピンク色は珍しい?

比較的珍しい色

ピンク色のオーラが珍しいかどうかといえば、“珍しい”部類に入るでしょう。

人間はどうしても自分が一番、自分さえ良ければいいという考えを捨て切ることはできないものです。

大切な人が幸せであってくれればいいという気持ちがあるとしても、その前提にはやはり“自分が幸せであること”がきてしまうのは、仕方ないのではないかと思います。

そんな人が大多数を占めるわけですから、ピンク色のオーラを持っていて、自分よりも周囲の人の幸せを第一に考えて行動したり、人を幸せにすることに全身全霊をかけているなんていう人はなかなかいないわけです。

だからこそ、ピンク色のオーラを持っている人は珍しいといえます。

ピンク色のオーラを持っている人は無償の愛情を相手に授けることに喜びを感じるところもあり、これもやはりなかなか世の中にはいないタイプの人間だと判断することができます。

ピンクのオーラと言っても、白味をまるで感じないビビッドピンクもあれば、パステルカラーの優しい薄ピンク、透明感のあるピンクなどといった色味が出るなど、オーラの色味にはたくさんの違いがありますが、どの色味であったとしてもやはり愛情深く幸せに満ち溢れている性格であることに違いはないようです。

ピンクのオーラを纏っていると診断された場合には、自分は珍しい色のオーラを発していると自信を持ってください。

選ばれた人間だ…と天狗になるのは少し良くないですが、自分にしかできないことがあるという自負を持つことは、あなたがより周囲の人を幸せにできるいいきっかけになるはずです。

オーラがピンク色の人の特徴や性格は「ふんわりとした温かいポジティブさ」

ふんわりした花のよう

ポジティブだけれど、ガツガツはしていないおっとりした印象を受けるのが、ピンク色のオーラを持っている人の性格の特徴だといえます。

一緒にいたり、会話を交わしていると、決して控えめではないし、前向きで常に前進しているような前向きさを感じるのに、どこか時間がゆっくりと流れているようなおっとりした感じがある…そんな不思議な性格をしているので、初対面では掴みにくい性格をしていると思われてしまうこともあるかもしれません。

ただ、そのおっとり、ふんわりした温かい前向きさは、相手を決して急かすことがないので、相手もあなたと一緒にいてもじっくりと考えることができ、のんびりと答えを出すことができるので、一緒にいて居心地がいいと思ってもらえるはずです。

愛情に溢れているので人に優しいのは当たり前のこと。

人を幸せにする前に常に自分が幸せであることが前提となるので、小さな幸せに喜ぶことができて、それを人と上手に共有することができるのも、ピンク色のオーラを纏っているあなたの特技とも言えるポイントです。

そばにいる人に独特の時間の流れを味合わせてあげることができるのは、このオーラを纏っている人ならではの力であり、これに引き寄せられてあなたに魅力を感じる人が増えていくのでしょう。

あなた自身は特別にこういう人になろうなどと考えているわけではないでしょうし、こういう人になろうと考える必要もありません。

持って生まれた性格と、ピンク色のオーラの影響でふんわりした雰囲気が出ているのですから、持ち前のその性格を大切にしてください。

オーラがピンク色の人の恋愛観は「駆け引きが苦手でとにかくまっすぐに純粋」

 

どんな恋愛をする?

オーラがピンク色の人は、とにかく恋愛における駆け引きが苦手です。

あれこれ計算づくしで相手に接することが元々苦手なので、恋愛においても駆け引きができず、常に真っ直ぐ、ありのままで、その時々の自分の直感に従って対応してしまいます。

これが吉と出るか凶と出るかはまさに相手次第、相手との相性次第となってしまうのですが、恋愛における駆け引きが苦手だという同じ相手と一緒であれば、この恋愛はとてもうまくいき、付き合いは長くなるでしょうし、結婚まで進むことも十分に考えられるでしょう。

恋愛に対して純粋な気持ちを持っているので、浮気の心配もないですし、むしろ人によっては少し潔癖になってしまう場合もあるかもしれません。

好きな人以外には呼び止められる際に肩を叩かれるのも嫌…なんて、思ってしまうこともあるでしょう。

それだけ純粋に真摯に相手を想うので、その気持ちもちゃんと相手に伝わります。

愛されている実感、大切にされている実感を相手に与えることができるので、恋愛における満足感を与えることができるのです。

ただし、気をつけないといけない場合もあります。

とにかく純粋なピンク色のオーラを持っている人だからこそ、恋愛関係になるふりをしてあなたを利用しようと近づいてくる人に気付けない欠点があるからです。

純粋に、真っ直ぐに相手と向き合ってしまうからこそ、そういう悪い人が近づいてきても相手を疑ったり警戒したりする気持ちがかなり弱いので、つけ込まれて利用され、深く傷つく結果になる可能性が他のオーラの色を持っている人と比べて圧倒的に強いところについては、気をつけないといけません。

その点だけ、前もって意識しておけば変な人に引っかかってしまうことはありませんし、気をつけようという自制心が働くのでリスクを下げることができるはずです。

オーラがピンク色の人の適職・天職は「正義の味方」

正義の味方になれる

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

ピンク色のオーラを持っている人であれば、適職・天職となる仕事は、一言でまとめるなら正義の味方でしょう。

弱い人を守ってあげる仕事に就くと、仕事にやりがいを感じるというあなた自身の満足にもつながりますし、正当な評価を得ることができて、認められ、仕事の内容に応じた収入を得ることも、地位を得ることもできるようになります。

とはいえ、ピンク色のオーラを持っている人は、あまり自分のお金であったり地位であったりにこだわることがないので、まずはあなた自身が満足できる仕事を目指してみるのが一番良いと思います。

弱い人を守る仕事なのであれば、まずは看護師などが適職となるでしょう。

病気や怪我で苦しんでいる人の世話をすることで、あなた自身の心も満たされますし、何よりあなたがそばで看病してあげること、励ましたり勇気づける言葉をかけてあげることは、他の色のオーラを持っている人とはまた違う独特なパワーを相手に与えることができるのです。

もしピンク色のオーラを持っている人が、看護師になれば、患者さんはその言葉や態度に安心させられ、入院生活に大きな不安を抱くことがなくなることもあるでしょう。

また、保育士にも向いているといえます。

小さな子供は、まだまだ大人がそばにいて見守ってあげないといけませんが、ピンク色のオーラを持っている人は、子供を見守る際にも愛情に溢れた視線を向けるので、子供も安心して頼ることができるのです。

一緒に遊んでもらっている際にも、心地よい楽しい時間を過ごすことができるので、ピンク色のオーラを持っている人が担任の先生になってくれるなんてことがあれば、保育園や幼稚園に行くのが楽しくなること間違いなしでしょう。

弱い立場にいる人を守るという仕事は、看護師や保育士だけではありません。

それ以外にも様々な職業で、弱い人を守ることができる仕事があります。

元々人を放っておけないタイプですから、こういった仕事に就けば、時にはお節介と言われることもあるかもしれませんし、手を出しすぎだと怒られることもあるかもしれませんが、それでも、相手からは深い感謝を得ることができるはずです。

人のお世話をする仕事を選んでみるようにすると天職と出会うことができるはずです。

オーラがピンク色の人の運気は「自分を大切にすることでアップ」

自分を大切に

ピンクのオーラをもっている人は、自分自身を大切にしてあげることで運気を高めることができます。

人のことばかりを普段から気にして、自分のことは適当になってしまうことも多いピンク色のオーラの持ち主ですから、気付けば身体がボロボロ、心がボロボロなんていうことになってしまうのもよくあることなのです。

そのため、そうなってしまわないように定期的に時間を作って、身体と心のケアを行なってあげるようにしましょう。

どちらかといえば、心はおっとりとマイペースで過ごすことができているので、身体のケアに重点を置いてあげると良いと思います。

特に、リンパの流れを整えてあげるリンパマッサージなどを行なってあげるようにすると、リンパの流れが良くなるのと一緒に運気がアップしていくようになるのです。

人に気を使い、優しさを振り撒き、あれこれと世話を焼いて面倒をみるのが得意な割には、自分のケアを行うことはあまり得意ではないのが、ピンク色のオーラをもっている人の特徴でもあります。

だからこそ、自分で定期的に自身のケアを行う時間を作り、自分の身体が常に健康でいられるように気遣う必要があるというわけです。

マッサージ以外にも、ゆっくり眠る時間を作るとか、何もしないでのんびりくつろぐ時間を作ることも有効ですが、その際には、人のことはあまり考えないことが一番。

何も余計なことを考えないで過ごしてみてくださいね。

オーラがピンク色の人のオーラの浄化方法

浄化するピンク

オーラがピンク色の人が、自らのオーラを浄化する場合に有効な方法としては、初心を忘れないようにして毎日を過ごすことが一番です。

ピンク色のオーラをもっているからといって、黙っていても人に優しくできる、人を守ることができると何も考えず、行動していると徐々にオーラは濁りを見せるようになります。

これは、その人が自らのオーラの色を知った上で、安心しきってしまっていることで起こることです。

自分のオーラがピンクであることを知ったのであれば、その色をちゃんとキープできるように、ピンクのオーラを持っている自分に与えられた使命を常に意識することです。

人に愛情を与えて、人に安らぎを与え、そして、人に心を開かせてあげること。

それを常に意識しながら過ごすようにしましょう。

もちろん、四六時中そうしていなければいけないわけではありません。

時には人を忘れ自分を大切にすることに一生懸命になる必要がありますが、そんな時でも自分がすべきことについては忘れることがないようにしてください。

人を愛すること、人のためにできることをすること…それを忘れないことが、一番ピンク色のオーラを輝かせ、その輝きをずっと維持することができる方法となりますので、覚えておきましょう。

オーラがピンク色の人が理想の自分になれる補色は「グリーン」

あこがれる色は

ピンク色のオーラを持っている人は、グリーン色が補色となります。

そしてやはり、補色のオーラがもっている性格や特徴に憧れる部分が多くあると言っても良いでしょう。

緑色のオーラをもっている人に憧れるところは、ピンクのオーラをもっている人であれば少なからずあるはずです。

特に、人に癒しを与えるという共通点を持っているとしても、緑のオーラをもっている人は、ピンク色のオーラをもっている人と違い、広い視野を持ち、多少冷静でドライな面を持ち合わせています。

ピンクが暖色なのに比べ緑は寒色に分類されるわけですから、その点で多少熱感の差が出るといったところなのでしょう。

だからこそ、ピンクのオーラをもっている人はその癒しながらも冷静さをもっている、緑色のオーラをもっている人の性格に憧れるのです。

特に、お節介だと怒られたり、煙たがられたりしてしまったことのある人は余計に緑色のオーラを持っている人の性格に憧れてしまいます。

それは決して悪いことではありませんが、ピンクのオーラをもっている人が緑色のオーラをもっている人の真似をしようとするだけではなかなかうまくいきません。

ピンクのオーラをもっている人のイメージでいえば、少し頑固で、冷たい人間にならないと、緑色のオーラをもっている人に近づくことは出来ないでしょう。

緑色のオーラをもっている人が冷たい人間だというわけではないのですが面倒見たがりな部分があるピンク色のオーラをもっている人にとっては、人を放っておくことができないので、それができてしまう人=冷たい人…と感じてしまうかもしれません。

でも、あなたが憧れているのであれば、少し自分がなかなか慣れない、ちょっと敬遠してしまうような人に近づこうとする努力も必要なのではないでしょうか。

愛情に溢れ、人に優しすぎる所があるピンク色のオーラをもっている人であれば、あなた自身が少し冷たい人間かも…と思うような人物像を目指しても、まだまだ十分すぎるくらい優しい人のままでいられますから、心配する必要はありませんよ。

オーラがピンク色の人と相性が良いのはオーラが「赤・白・オレンジ」の人

相性のいい色は

オーラがピンクの人は、赤色や白色、そしてオレンジ色のオーラの人と相性が良いと言われています。

白色は、元々ピンクに多少入っている色ですし、その点でいえば赤色も同じです。

赤と白も全く違う特徴を兼ね備えているわけですが、それでもやはり、それぞれの色が混じってできたピンク色のオーラと多少共通している点ももっています。

だからこそ、他人のような気持ちにならず、打ち解けるのも早く、お互いが考えていることを理解しあうこともできますし、相手の考えに賛同してあげるのも、比較的難しいことではないはずです。

オレンジ色のオーラの人とは、人に勇気を与えたり、人を救ってあげるという共通の使命を持っているところで共鳴し合える関係を築くことができると言われています。

実際に、オレンジ色のオーラの人といると、救いを求める人たちが近づいてきて、なぜか2人でいると大人気…なんてことがあるかもしれません。

これは、2人がもっているオーラに惹きつけられて、助けてほしい、力になってほしいと願い人たちが近づいてくるからだと考えることができるのです。

助けを求めている人や、救ってほしいと思っている人からすれば、ピンク色のオーラを持っている人の愛情に包まれ、そしてオレンジ色のオーラから前を向く勇気をもらう…ピンクとオレンジそれぞれのオーラを持っている人が2人で一緒にいれば、救ってもらう側からすれば、まさに希望の光となるコンビになることでしょう。

オーラがピンク色の人と相性が悪いのはオーラが「青・紺色」の人

愛情あふれる色味

オーラがピンク色の人は、とても優しく、愛情に溢れている人なのですが、それでもやっぱり少し、相性が悪いという人もいます。

それは、青色や紺色のオーラを持っている人です。

ピンク色のオーラを持っている愛情に溢れているあなたからすれば、常に冷静沈着で、公正な判断ができる青色や紺色のオーラを持っている人に対して“冷たい人”という印象をどうしても拭い切れないのでしょう。

ピンク色のオーラを持っている人自身、本当はちゃんとわかっているのです。

自分が思っているような冷たい人間ではないこと、本来であれば自分も彼らから学ぶことがあるはずだということなど、理解はできているのですが、それでもどうしても、自分はああはなりたくないという強い気持ちを抱いてしまうため、分かり合えないと思い込んでしまいます。

青色のオーラを持っている人からしても、ピンク色のオーラを持っている人は、どうしても、甘すぎるように見えてしまうことがあるので、やはり自分とは理解し合えないと思ってしまうところがあるようです。

どうしても仕方ない、大きな性格の違いとしかいえないわけですが、こういった根本的な性格の違いで、すれ違ってしまうことがあります。

決して犬猿の中ではないですから、一対一で一緒に過ごす分には何も問題はありませんが、そこに誰か1人が入ってきたとなると、その人への接し方であったり、その人への考え方であったりといった部分で気持ちがずれてしまい、衝突する可能性が出てきてしまうのです。

ピンク色のオーラを持っている人としての対処法としては、必ず相手から学べる部分があるので、それを取り入れた方が良いということを認識した上で、相手をじっくり観察してみましょう。

そうすることで、相手を批判的な目で見ることがなくなるはずです。

オーラがピンク色の芸能人

ピンクのエッセンスを持つ

オーラがピンク色の芸能人は、例えば女優さんでは深田恭子さん、石田ゆり子さん、吉岡里帆さんなどが挙げられます。

また、石原さとみさんも、ピンク色のオーラを持っていると言われています。

どの方も比較的おっとりしているとか、もしくは、ふんわりした優しい雰囲気を纏っている、そんなイメージがあるのではないでしょうか?

愛情に溢れていて、幸せを周囲に振りまくことができる、そんな人物像であるピンク色のオーラを持っている人…そんなイメージにピッタリな人ばかりではないかと思います。

男性芸能人でも、菅田将暉さんや、斎藤工さん、中村倫也さんなどが挙げられ、やはり独特の雰囲気の中におっとりとした優しい印象を抱く、柔らかい表情や物腰が特徴的な人ばかりという印象が強いのではないでしょうか。

芸能人ですから、普段テレビで見るイメージでしか人物像はわからないものの、比較的表裏のなさそうな、優しい雰囲気を持っている人ばかりという感想を持つ人は多いはずです。

これらの芸能人の名前を見て、それぞれのテレビを見ていて抱くイメージとピンク色のオーラを持っている人の特徴を照らし合わせてみると、一層、ピンク色のオーラを持っている人の性格、特徴がより一層わかりやすくなると思います。

人に愛と幸せを振りまき、温かくおっとりとした人柄で好かれるピンク色のオーラの持ち主

ふんわりしたピンク

優しく、常に愛に溢れて人のためになることをすすんでする…そんなピンク色のオーラを持っている人は、一緒に過ごす人、あなたのそばにいてくれる人を幸せにする力を持っています。

ただ、自分のことを二の次に回してしまうことも多いので、自分を大切にすることも忘れないようにしましょう。

人が幸せでもあなた自身も幸せな気持ちで過ごすことができないと、今度は周囲にもあなたがのオーラの翳りが伝わってしまい、せっかく幸せにした周りの人まで、辛い思いをすることになってしまうかもしれません。

せっかく周りを幸せにしてあげたのであれば、今度はあなたも幸せになる必要があります。

温かくおっとりとした性格で、面倒見が良いので、人に頼られることもありますし、一緒にいることでとても穏やかな気持ちになることができるので、常に人に囲まれて過ごす人気者にもなりますが、だからこそ人のことばかりに気を回しすぎて自分のことがおざなりになってしまうのです。

ピンクのオーラはとても温かいものですが、とても繊細なものでもあります。

常に小さな幸せに囲まれて楽しんで生きることを心がけて、自分のストレスに敏感になり、ハッピーな毎日を過ごすことを心がけるようにしてくださいね。

そうすれば、ピンクのオーラは毎日美しく輝き、あなたとあなたの周りに次から次へと幸せを呼び込んでくれることは間違いないでしょう。

   

【期間限定・2022年12月11日(日)迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの悩みをなくし幸せへと導きます。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

恋愛の悩み…お金の悩み…仕事の悩み…そして人生の悩み…。このコロナ禍で悩みはつきませんよね…?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「どうすれば幸せになれるか知りたい…。」

「このコロナ禍で漠然とした不安感や辛い気持ちがある…。」

こんな感じならば、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【2022年スピリチュアル鑑定】とは、期間限定で、このコロナ禍だからこその悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

結婚、失恋、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生、生きる不安などの悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG