離婚したくない場合の奥の手|相手にどう伝える?離婚を回避するための作戦と計画

オーラが変われば恋愛の悩みが解決します。
オーラとはその人を取り巻く一種の霊的なエネルギーのことです。

オーラには性格やあなたの性質、心身の状態などによって複数のカラーがあります。あなたが何色のオーラをまとっているかによって、人格や運勢はもちろん、他の人との相性やうまくいく接し方を診断することができます。

彼とうまくいかないのは、あなたのオーラと彼のオーラがちぐはぐになっているから。

でも大丈夫。オーラは今からでも変えられます。

このオーラ診断では、よくある自分のオーラを知るだけのカルテではなく、彼のオーラと共鳴し引き寄せ合う強力なオーラをまとうための重要なヒントが満載のカルテをお届けします。

オーラが整うと何をやってもダメだった彼との関係が劇的に変わるので、すぐに変化に気づくでしょう。

反対にオーラがちぐはぐなままではどんなに願っても努力しても、あなたは彼のオーラに弾かれてしまいます。

あなたには無駄な努力を重ねてほしくありません。期間限定で初回無料での診断が受けられるので、今から試してみてください。

「夫婦仲が上手く行っていない…。」

パートナーから離婚を迫られているけれど、離婚はしたくなくて、どうしたら良いのか悩んでいるアナタへ。

こちらでは、離婚したくない場合の奥の手を詳しくご紹介しています。

相手が離婚を申し出てきた時や、勝手に離婚届を出されそうな時、調停になりそうな時、喧嘩ばかりの夫婦関係から改善できる方法と別居のメリットデメリットについても徹底定期にご紹介します。

夫婦関係が上手く行かなくて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

旦那さんに離婚されそうなら対策と作戦を立てて実行する

離婚は双方の同意がないと成立しない!勝手に離婚届けを出されてしまった場合には不受理申出を!


離婚は、どちらか一方がしたいと思っても、もう一方が了承しない限り成立しません。

つまり、夫が別れたくても、妻が同意しなければ離婚できないということ。

アナタが納得して離婚届に判を押さない限り、絶対に別れることは出来ないのです。

しかし、実際離婚は紙切れ1枚でできることですから、たとえどちらかが同意していないとしても、離婚届けにすべての記入が間違いなくしてあれば、そのまま役所で受理されてしまいます。

アナタは別れたくないのに、パートナーが勝手に記入して、勝手に役所に提出してしまって離婚が成立してしまうなんて、こんなに辛いことはないですよね。

そこで覚えておいて欲しいことは、「不受理申出」制度です。

これは「離婚届けを受理しないでください」という申出で、申請しておけば、たとえ相手が勝手に離婚届けを出してしまったとしても、アナタが申出を取り下げるまで無期限で、離婚届けは受理されなくなります。

勝手に出されてしまった、もしくは出されてしまう可能性がある場合には、最悪の事態になってしまう前に、あらかじめ不受理申出を出しておきましょう。

原因が自分にある場合には、真摯に謝り、話し合って許してもらう

喧嘩が増えていく
いまや3組に1組が離婚する時代ですが、原因は夫婦によっても様々でしょう。

性格の不一致、浮気、ギャンブル、DV…。

離婚に踏み切ろうと思った時には、何か決定的な理由があるはずです。

もし、その原因がアナタにあるようであれば、どうにかやり直す術はないか、よくよく考えてみましょう。

何よりも一番大切なのは、「やり直したい」という真摯なキモチです。

例えば浮気をしてしまったとか、パートナーに内緒で多額の借金を作ってしまったとか、人として悪いことをしてしまったのであれば、きちんと反省し、謝ること。

性格や価値観が合わないとか、セックスレスだとか、双方が歩み寄る必要がある理由の場合には、真摯に話し合い、直せることはないか、二人で考えてみましょう。

離婚危機に陥ってしまう二人は、話し合いの場すらまともに持てないことが少なくありません。

話し合えるのであれば、きちんと話し合いましょう。

原因が相手にある場合にあるけど、離婚しないメリットが大きいなら多少は目をつぶる

誰にも言えない
原因がアナタではなく、パートナーにある場合…。

許せない気持ちがあるでしょう。

それでも子どものことや、経済的理由や、世間体だったり、まだパートナーのことを愛していて、離婚しないメリットのほうが大きい場合には、アナタが目をつぶることで夫婦関係を継続できるのかどうかを考えてみましょう。

離婚することで、生活はガラッと変わります。離婚するメリットはたくさんありますが、それと同じくらい、デメリットもあるのです。

特に子どもがいる場合には、子どもに寂しい思いをさせたり、トラウマを植え付けて心身の成長に影響を及ぼしてしまう可能性もありますし、経済的にも子育てをしながら女手一つで働くのはとても厳しい。

離婚して、「旦那と離れられた」という精神的ストレスからは解放されるかもしれませんが、今度はまた違った新たな悩みが生まれてしまう可能性もあります。

離婚しないメリットが大きいのなら、なんとかして、もう一度やり直すことはできないか、目をつぶることはできないか、自分の心と向き合ってみましょう。

周囲に迷惑がかかることを伝える

背中を押してくれる
離婚は、結婚の10倍大変だと言われています。

その理由の一つには、「二人だけの問題ではないから」ということが挙げられるでしょう。

二人で駆け落ちをして、異国の地で、誰とも関わりを持たず、子どももいないのであれば話は別かもしれませんが、一般的には結婚すればお互いの両親や親戚とも家族になります。

「別れたい」となっても、周囲の反対や、説得など横やりが入り、簡単には離婚することはできないでしょう。

それに、誰だって自分の親を悲しませたいとは思わないはず。

もしアナタが夫婦関係を再構築したいと思っているのなら、離婚は周囲を巻き込み、少なからず悲しませたり、迷惑をかけたりしてしまうことを、パートナーにも伝えておきましょう。

「二人だけの問題ではない」ということをハッキリ知らしめておけば、パートナーも一方からではなく、色々な方向から考えるようになるかもしれません。

子どものことや将来について具体的に話し合う

大事なのは中身
配偶者から「離婚したい」と切り出されたら、ショックで何も考えられないかもしれません。

でも、感情的になって、ヒステリーを起こすだけでは、何も変わらないのです。

本当に離婚するか・しないかは一旦隅に寄せておき、まずは落ち着いて、子どものことや将来のことについて、想像しながら具体的に話し合いましょう。

相手も感情的になっていることが多いので、将来のことまで考えが及んでいないはずです。

例えば、離婚後、子どもとの関わりはどうするのか、養育費はいくらなのか、住む家はどうするのか、一つずつ具体的に話し合うことで、お互いに冷静な気持ちを取り戻していきましょう。

離婚した場合の生活と、しなかった場合の生活の両方を比べながら想像し話し合うと、それぞれのメリット、デメリットが浮き彫りになります。

夫婦としての、家族としての未来を少しでも想像することができるのならば、離婚を踏みとどまるキッカケになるかもしれません。

お金の話はあやふやにせずしっかりと話し合い、場合によっては第三者も交えて明確にしておく

タイミングを見計らって
離婚後に、一番揉める原因となるのが「お金」のことです。

何よりもまず、お金のことは、あやふやにせずしっかり話し合っておきましょう。

基本的には、夫婦で築き上げた財産は折半です。

マイホームなどのローンがある場合には、家を売るのか、どちらかが今後も住んで払い続けるのか、また借金がある場合には、返済はどうするのか、そして養育費についても、一つ一つ決めていく必要があります。

二人の間で、「養育費は月いくら」「養育費の代わりにローンを払うから、今まで通りこの家に住んでもらう」とか、決めたとしても、離婚後に支払いが滞ったり、しっかり支払われなかったりすることはよくあることです。

そうなって後々困ってしまうのを避けるためにも、しっかり文書で残しておくとか、弁護士などの第三者を交えて明確にしておきましょう。

関係修復のために、2〜3ヶ月の冷却期間を設ける

やっぱり好き
離婚を迫られているけど、夫婦関係を再構築したいと思っているのなら、関係を修復するために、2〜3ヶ月距離を置いて、冷却期間を設けることは一つの手です。

もし、実家に帰ることができたり、ホテル暮らしなどして家を出ることが可能であれば、期間を決めて別居をするのが一番でしょう。

厳しいようなら、食事や寝室を分けたりして、なるべく接する機会を減らすようにしてください。離婚は、相当なエネルギーを要すること。

別れる・別れないで揉めている時は、お互い冷静でなんていられるはずがなく、物事を客観的に考えることなどできません。

同じ屋根の下で生活を共にしていると、感情的になってぶつかることも多く、どんどん険悪な仲になってしまう可能性も高いのです。

離れて過ごすことで、お互い、気持ちが冷静になってきます。

今のふたりの状況を客観的に見つめ直すことができるようになり、「もう一度やり直してみようか」と、再構築の方向に話がすすむこともあるでしょう。

離婚したくない場合の奥の手でやってはいけないこと

相手の気持ちを受け入れない・言い分を聞き入れようとしない

まずは一人で考える
離婚したくないからと言って、逆効果なのは「パートナーの気持ちを受け入れない・言い分を聞き入れようとしない」ことです。

「別れたい」と言うからには、何かしらの必ず理由があります。

再構築したいと思っているのなら、まずは相手の気持ちをしっかり聞いて、受け入れることが必要不可欠なのです。

「別れたい」と言われて、相手の気持ちを受け入れられない、言い分なんて聞きたくない、と思う気持ちもわかります。

しかし、ただずっと避けているだけでは、心と心の距離はどんどん離れて言って、「もう何を言っても無駄だ」と、修復の余地がなくなってしまうでしょう。

どうして別れたいのか、まずは言い分をしっかり聞いて、受け入れること。

そこから、やり直すにはどうしたらいいか、考えていけば良いのです。

相手の悪いところを問い詰める

二人の世界に入り込んでもいい
夫婦関係を修復したいのなら、配偶者の悪いところを問い詰めることだけは絶対にしてはなりません。

確かに原因が相手にあるのなら、怒ったり、問い詰めたりしたくなって当然ですが、問い詰めれば問い詰めるほど、パートナーのアナタへの嫌悪感は大きくなり、ますます「別れたい」と思うようになってしまうのです。

再構築したかったら、アナタの中の怒りには一旦蓋をして、問い詰めたくなってしまう気持ちを、ぐっと飲み込みましょう。

彼には彼の言い分があるでしょうから、まずは相手の出方を見て、それから対策を考えていけば良いのです。

離婚危機に陥っているとはいえども、一度は「一生一緒にいたい」と、誓った間柄でもあるのです。

アナタに情だって持っているはず。アナタが彼のことを決して責めたりしなければ、彼はいずれ「俺が悪かった」と気づくでしょう。

絶対に離婚したくないからと言って、話し合いを避ける

強い信念を持った女性
アナタが離婚したくない場合、「離婚についての話し合いなんてしたくない」と思って当然かもしれません。

でも、話し合うことを避け、いつまでも逃げていたところで、夫婦関係が修復されるわけではありません。

辛いかもしれませんが、パートナーから離婚を切り出されたときは、しっかり向き合って、話し合いをする必要があります。

それぞれの気持ちは、伝えなければ伝わりません。

離婚を回避したいのなら、相手の気持ちもしっかり受け入れることが必要なのです。

いつまでも逃げていて、心の距離が開きすぎてしまうと、話し合いたくても、話し合えないくらいに冷え切った関係になってしまう危険性もあります。

パートナーが話し合いの場を持とうとしてくるなら、アナタもそれに答えましょう。

勝手に家を出て別居

今よりもっといい関係に
離婚を回避したい場合にしてはいけないことは、「勝手に家を出て別居」です。

話し合いもせず、相手の言い分も聞いていないのに、「怖いから」などという理由で、向き合おうとせず、逃げてしまうことは、ハッキリ言って何の解決にもなりません。

逆にパートナーの気持ちはどんどん離れていってしまう可能性があるでしょう。

逆の立場に立って考えてみてください。

離婚を切り出したのは自分の方だったとしても、相手が何も言わずに出ていってしまったら、嫌なキモチになりますよね。

相手のキモチが分からなくなり、問題を先延ばしにするだけで、前にも後ろにも進めなくなってしまいます。

家を出てしばらく距離を置きたい時、冷静に一人で考える時間が欲しい時には、必ずパートナーにその旨を伝えてからにしましょう。

でないと余計にこじれてしまいます。

感情的に話す

自分の役割を理解して
パートナーと別れたくない場合に、絶対にやってはいけないことは「感情的に話す」ことです。

突然離婚を切り出されたら、誰だって平常心じゃいられないし、ショックで取り乱してしまう気持ちもわかります。

でも、感情的になっている最中での話し合いほど、マイナスなものはありません。

感情的になると、視野が極端に狭くなり、客観的に考えることが出来なくなります。

知能指数も下がり、まるで欲しいものを買ってもらえなくて駄々をこねる子どものように、「何を言っても無駄」と、パートナーから諦められてしまうでしょう。

そうなると、ちゃんと話し合う場を持つことが出来ず、心ばかり離れてしまって、もう修復不可能になってしまうこともあるのです。

どうしても感情を抑えきれそうにないときは、自分からその場を離れ、時間と距離を置くようにして、心が落ち着いてくるのを待ちましょう。

しつこくメールやLINEを送る


配偶者と絶対に別れたくないとき…なんとかして彼のキモチを繋ぎとめようと考える人は少なくないでしょう。

でも、そんなとき、しつこくメールやlineをすることは、ハッキリ言って逆効果です。

彼のキモチが離れて行ってしまうのが怖くて、必死に連絡を取りたくなってしまう気持ちも、アナタ自身が離婚に納得いかない気持ちも、言いたいことがあり過ぎて、抑えきれない気持ちも分かりますが、相手からしたら、ただただ、うざいだけ。

特に深夜の鬼電、鬼ラインは、恐怖でしかありません。

そんなことをして、彼のキモチを繋ぎとめられると思いますか?

冷静に考えれば、分かることだと思います。

どうしても彼に連絡したい衝動に駆られてしまう時は、どこか別のところにぶつけると良いでしょう。

例えば、Twitterの裏アカウントとか、携帯のメモスペースとか、自分宛てのlineなど。そうすれば、送った後に後悔することもなくなるでしょう。

「自分は悪くない」と変わる努力をしない


配偶者と離婚したくない場合にしてはいけないことは、「自分のことを棚に上げる」ことです。

離婚は二人の問題。

もちろん「どちらが悪いのか」比重は同じではないにしても、片方が100%悪いわけではありません。

例えば、「夫が不倫していた」場合には、夫が悪いです。

しかし、8:2でも、9:1でも、彼だけが100%悪いわけではありません。

きっとアナタにだって、「夫婦の営みを拒んだ」とか、「思いやりの言葉をかけなかった」とか、10%でも1%でも、いけないところはあったはずなのです。

(DVやギャンブル、薬などは話は別。問答無用で別れるべきです。)

離婚を回避したかったら、「自分は悪くない」という思考を取り払うこと。

もう一度自分自身と向き合って、今までの夫婦生活を振り返ってみましょう。

浮気や不倫にしても、性格の不一致にしても、彼と今後再構築していくためには、アナタ自身も変わる努力が必要なのです。

いつもケンカばかり…離婚したくない場合には相手の立場を考える

相手は自分とは違う人間であることを理解し、受け入れる


夫婦は、家族と言っても他人です。

育った環境も違えば、性格も違う。

自分とは全く違う、別の生き物なのです。

ですから、考え方や価値観が違って当然。

離婚をなんとしてでも避けたい場合には、パートナーを「自分とは違う人間だ」と理解することが大切なのです。

一緒にいる時間が長い分、パートナーに自分の価値観を押し付けてしまうことは、よくあることかもしれません。

自分の思い通りにならなかったり、自分の思考にはないことをされたりすると、イライラしてしまう。

最終的にはいつも喧嘩になって、気付いたときにはもう、後戻りできないくらいの険悪な仲になってしまっていることは少なくないのです。

自分を変えることだって難しいのに、相手を変えることなどできません。

上手くやっていくには、パートナーをまるっと受け入れる、それしかないのです。

けんかをしている時でも挨拶や返事など、最低限のコミュニケーションをとる


「ケンカをすると何日も引きずってしまう…。」「何日も口をきかない状態が続いてますます険悪ムードになってしまう…。」などという夫婦は少なくないでしょう。

でも、仲直りの仕方、タイミングがつかめず、喧嘩を長引かせてしまうと、二人の仲はますます悪くなって修復不可能になってしまう場合もあります。

ケンカをしても、早い段階で仲直りできるように心がけましょう。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

それでも何日も長引いてしまうときは、せめて挨拶や返事など、最低限のコミュニケーションだけは、とるようにしましょう。

ケンカをしている最中は「口もききたくない」とか、「どう接したらいいか分からない」と思うかもしれません。

でも、時間が経てば経つほど、溝は深くなり、仲直りもしづらくなってしまうのは確かです。

挨拶や返事をすれば、喧嘩をしていても、アナタの誠意は相手に伝わります。

仲直りのキッカケも、掴めるかもしれないでしょう。

文章で自分の気持ちを伝える


夫と離婚したくない場合には、何よりもまず「別れたくない」と言う自分の意志を伝えることが非常に大切です。

生涯を共にしたいと結婚した人から、別れを切り出されるということは、とても辛いこと。

でも、「向き合いたくない」「これ以上傷つきたくない」と言って、話し合いの場からずっと逃げていても何も変わりません。

まずは話し合いの場を持ち、アナタの正直な気持ちをパートナーに伝えましょう。

相手の顔を見るとつい感情的になってしまう人や、自分の気持ちを伝えることが苦手な人は、文章で気持ちを伝えることがおすすめです。

一人で落ち着いて考えれば、言葉もまとまりますし、後で「あんなこと言わなければ良かった」と後悔することも防げるでしょう。

面と向かって伝える自信がない人はLineやメールや手紙にして送っても良いですが、できたら彼の前で書いてきた文章を読み上げるようにできたら良いですね。

記念日以外でもちょっとした小さなプレゼントを


夫に切り出された離婚を回避したいと思ったら、常日頃からの「思いやり」はとても大切です。

アナタの「思いやり」を伝えるための一つの手段として、記念日以外でもちょっとした小さなプレゼントを渡しましょう。

例えば、夫の私物が長年使用してきたためにくたびれているのを見つけたら、新しいものを買って渡したり、出先で夫の好きそうなものを見つけたら、買って帰ったり。

日常の中で、ふとした瞬間に、「あ、そうだこれ、〇〇行った時に見つけたんだけど」などと言って、ちょっとした小さなプレゼントを渡すと、相手は予想していなかったことに驚き、そして嬉しくなるのです。

「俺のことを考えていてくれるんだな」「一緒にいないときでも、俺のために時間とお金を使ってくれているんだな」と、妻に対する気持ちが良い方に変わってくるでしょう。

また、人間は、何かしてもらうと「お返ししなきゃ」と言う、心理学で言う「返報性の原理」が働きます。

妻に良くしてもらっていることを実感すれば、「自分も妻を大切にしなければ」と思うようになるのです。

スキンシップは大事!ハグだけでも自分からして!


夫婦にとって、スキンシップは大事です。

セックスレスは、離婚理由にもなります。

離婚したくなければ、アナタの方から積極的にスキンシップを取るように心がけましょう。

どうしても、日々の生活に終われていると、パートナーとスキンシップを取ることを後回しにしてしまいがち。

それに、長い間一緒にい過ぎると、なんとなく恥ずかしくなったり、「今更そんなことしなくても」などと言う気持ちになって、ますますスキンシップを取らなくなってしまう夫婦は少なくありません。

しかし、そうなってしまうと、相手のことが分からなくなり、パートナーとの距離が遠く感じ、いつの間にか心の距離まで離れて言ってしまうのです。

離婚危機に陥っている夫婦が、いきなりセックスレスを解消しようとするのはハードルが高いです。

夫婦関係を修復したいと思ったら、まずは軽いスキンシップから始めていきましょう。

例えばボディタッチをしたり、ハグしたり。

手を繋いだりするだけでも、相手の肌に触れることで、伝わる感情があるのです。

きっと、心の距離が近づいてくるでしょう。

相手の好きな手料理をふるまう


「男は胃袋で掴む」と言う言葉を、アナタもきっと聞いたことがあると思います。

より良い夫婦関係を築いていくには、毎日一緒に食べる食事はとても大切です。

毎日の食事は妻が担当するものだと決まっているわけではありませんが、アナタは夫のために、栄養バランスや、彩や、味を考えて食事を作っていますか?

「料理には自信がないから…」などと言って、毎日外食や、テイクアウトや、お惣菜に頼る食生活を送っているのなら、料理にチャレンジしてみましょう。

相手の好きな手料理を振る舞って、胃袋をわし掴みにするのです。

料理の腕に自信がなくても、プロの味にはならなくても、一生懸命作ってくれた手料理が嬉しくない男はいません。

「俺のために頑張って作ってくれたんだな…」と感じれば、アナタに対するキモチも変わってくるでしょう。

けんかになる理由を冷静に考える

あまり実感はないかも
「ケンカになる理由はいつも同じ」と言う、カップルや夫婦は少なくありません。

アナタたちが何かにつけてすぐに喧嘩になってしまう夫婦だとしたら、ケンカになる理由を冷静に考えて、パターン化していないか分析してみてください。

きっと発端は、いつも同じ理由である場合が多いでしょう。

「性格が合わないから」という一言で片付けてしまえば終わりですが、どんな話題になった時にぶつかってしまうのか、どんなことをされた時にイライラしてしまうのか、具体的に分析すると、見えてくることが必ずあります。

そしてそれによって浮き出てきた問題を解決することで、離婚を防げる可能性もあるのです。

けんかの原因を冷静に話し合う

二人を引き寄せる
言葉を交わせばすぐに喧嘩になってしまう夫婦は、「もう離婚は避けられないのかも…」と思うかもしれません。

でも、喧嘩すること自体は悪いことではないのです。

大切なのは、その時々にしっかり話し合い反省し、改善する努力をし、仲直りできるかどうかです。

「怒り」の感情には、持続性がありません。

その瞬間は猛烈に怒ってしまったとしても、ずっと怒りM A Xと言うわけではなく、必ず皆、すぐあとでおさまってきます。

ケンカをしている最中には、何を言っても無駄なところがありますから話し合いをすることなど不可能でしょうが、お互いに少し冷静になってきたところを狙えば、話し合いも可能なはず。

熱が下がってきたところで、話し合いの場を設け、冷静に話し合いましょう。

気持ちが落ち着いている時に話し合えば、自分の至らなさにも気づき、素直に謝ることも、できるかもしれません。

離婚調停になってしまった!どうしても離婚したくないならすべきこと

自分の意思を文章化して、調停員に伝える準備をしておく

どんなことでもメモに
夫婦間で話し合いの場を設けることができなかったり、自分たちだけでは、離婚の話をスムーズに進められない場合、離婚調停を依頼することが多いでしょう。

調停になると、今後は調停委員を挟み、話し合いを進めていくかたちになります。

アナタがどうしても別れたくないと思うなら、ただ単に「したくない!」の一点張りでは埒があきません。

調停の前には「なぜしたくないのか」「自分はどう思っているのか」「今後関係を再構築していくためにはどうしたらいいのか」などを明確にし、文章化して、調停員に伝える準備をしておきましょう。

調停では、必ず聞かれる5つの質問があります。

「ふたりの出会い、結婚した経緯は?」「なぜ離婚を決意したのですか?」「関係が修復できる可能性はありますか?」「現在の現状は?」「財産分与・慰謝料・親権・養育費などについての考え方は?」です。

それらを聞かれた時にも、自分の意思をしっかり伝えられるように、事前にしっかり考えておきましょう。

離婚を切り出されてどう感じ、どう過ごしているか…自分と向き合う 

一緒なら大丈夫
どうしても別れたくない時にすべきことは、自分と向き合うことです。

離婚を切り出されて、ショックには変わりないでしょうが、どう感じ、そして切り出された後の過ごし方はどうか…。

自分自身と向き合い、自分の心と会話をしてみましょう。

もう一度やり直すことを受け入れてもらうためには、アナタの誠実さを相手にわかってもらう必要があります。

切り出された後の過ごし方で改善の余地も感じられなければ、パートナーの意思も変わりません。

ですから、「どうせ私なんて」と自暴自棄になるのではなく、希望を持って、向き合うこと。

そして、ただ彼に縋り付くのではなく、自分自身の生活をちゃんとして、自立すること。

切り出された後も、前向きに、希望を持って関係修復を望むアナタの姿は、きっと彼の心にも刺さります。

離婚回避の切り札になるかもしれません。

大切なのは自分の主張より、関係が改善される根拠を探すこと

まずはチェイサーが行動して
どうしても別れたくない場合、つい前のめりになって自分の意見ばかり主張しがちになってしまうでしょう。

でも、大切なのは、今後やり直せる見込みがあることを相手にもわかってもらうことです。

「別れたくない!」と言うことは簡単ですが、もしやり直すとなったら、これからも生活は続いていくわけですから、具体的に関係が改善される根拠がないと、相手だってやり直す気にはとてもなれないでしょう。

離婚にまで発展した原因が明確になっている場合には、まずは原因を取り除く努力、そして今後同じことでぶつからないための具体案、関係が改善される根拠を示すのです。

「もしかしたら、もう一度やり直せるかもしれない」とパートナーが感じれば、きっと離婚を考え直すでしょう。

浮気・浪費などアナタに理由があるなら「二度としない」ことを文書化

努力は怠らないで
アナタに原因があって離婚を切り出されてしまっているのなら、まずは彼の信用を取り戻さなければなりません。

ただ、失われてしまった信用を一度に取り返すことは不可能です。

少しずつ少しずつ、これから長い年月をかけて「もう一度信用を取り戻す努力をする」ことをしっかりと彼に伝えましょう。

信用を取り戻すための手段の一つとして、誓約書を書くことは効果的です。

「2度としない」ことを文書にして、アナタの覚悟を伝えること。

アナタが、「もう一度アナタと夫婦としてやり直して、仲良くやっていきたい」と言う誠意を伝えることが、大切なのです。

離婚したくないけれど…別居するメリットデメリット

別居は短めに!長引くと夫婦生活の破綻ととられることも

導きを受けて
「一緒にいてもぶつかるばかりだし、少し離れた方がいいのかも…。」「しばらく一人になって考えたい…。」パートナーから別れを切り出されてしまったら、離れて暮らすことを考える夫婦も少なくないでしょう。

お互い冷静になるために、別居を選択することは悪いことではありませんが、離れたまま何ヶ月も何年も経つようなことはないように気をつけてください。

なぜなら、別居は離婚する際、法的に関わるからです。

法律では、夫婦の間に「婚姻を継続し難い事由」が認められる場合、つまりは、「結婚が破綻している」ことが証明されると、離婚を求めることができるのです。

そして別居は、夫婦関係が終わっているか判断する際に大きな判断材料となるのです。

明確にどれくらいかは決まってはいませんが、あまりに長い間別居してしまっていると、破綻しているととられてしまう可能性があります。

どちらかが家を出る場合には、◯月◯日までとか3ヶ月間などと、あらかじめ期限を決めておきましょう。

【メリット】冷静になって今後の事が考えられる

一人で抱え込まないで
別居のメリットとして挙げられることは、「冷静になって今後のことが考えられる」です。

やっぱり、一つ屋根の下で毎日顔を合わせていたら、接する機会も増えます。

その度にぶつかったり、けんかになってしまっていると、お互い感情的になってしまって、関係はますます悪化してしまうでしょう。

「ゆっくり一人で考えたい」と思っても、一緒に暮らしていたら、そんな時間も場所もありません。

結局じっくり考えられないまま、時間に流されてしまうのです。

どちらかが家を出れば、物理的に相手と接する時間は減ります。

一人の時間も増え、冷静になって、今後のことが考えられるようになるでしょう。

一人になって冷静に考えられるようになると、頭に血が上っていた時には思い浮かばなかったことが見えてくるようになります。

アナタの考えも、変わってくるかもしれません。

【メリット】相手の良さを思い出す

違いを見つけてみよう
別居するメリットには、「相手の良さを思い出す」ことも挙げられます。

前項で「冷静に今後のことが考えられるようになる」と述べましたが、冷静になることで、渦中にいたときは気づけなかったことに気づけるようになるのです。

離婚騒動で、バチバチにぶつかり合っていると、お互い相手のことがどんどん嫌になってしまって当然。

いつの間にか嫌なところばかりしか見えなくなってしまうでしょう。

でも、少し距離をおいて冷静になれば、相手の良いところもきっと思い出すことができるはずです。

それはアナタにも、パートナーにも同じことが言えるでしょう。

【メリット】作戦や計画を立てられる

穏やかな時間を楽しんで
別居するメリットとして、「作戦や計画を立てられる」ことも挙げられます。

突然「離婚したい」「ここに判を押してくれ」などと言われたら、誰だってパニックになりますよね。

相手のペースで話し合い、調停などと進められてしまったら、アナタの気持ちを整理する時間もなく、しっかり伝えることもできないでしょう。

別居して、一人でじっくり考える時間が持てれば、今後話し合いや調停になった時の作戦や計画も立てられるでしょう。

【デメリット】気持ちが離れる

お互いに見習うことも大切
別居することは、メリットもあればデメリットもあります。

大きなデメリットとして、「気持ちが離れてしまう」ことが挙げられるでしょう。

特に期間を決めず、何年も離れて暮らしているとなると、配偶者のことを考えたり、離婚について考える時間は減り、関心もだんだん薄れて、何もかもがどうでも良くなってしまうのです。

別居してまだ日が浅い場合には、寂しくなったり、相手の存在の大きさに気付いたりして、「やっぱりやり直したい」などと思う人も少なくないでしょう。

その段階で、別居を解消しておくべき。

その時期を過ぎて、別居後の生活に慣れてしまうと、「もう離婚でいいじゃん」という考えに及んでしまいがちなのです。

【デメリット】相手の生活が見えないので、好き勝手されてしまう可能性も

自分をセーブするのも大事
別居のデメリットとして、「相手の生活が見えない」ことも挙げられます。

離れている期間、彼がどんな生活をしているかはアナタには見えてきません。

アナタとの今後を真剣に考えて、真面目に生活しているのなら良いですが、そうとも限らないでしょう。

監視の目がなくなったことをいいことに、浮気したり、生活態度が堕落したりする可能性もあるのです。

離れて暮らすことで彼が「寂しい」「やっぱり戻ってきて欲しい」と感じてくれれば良いですが、逆に「解放された!」「好き放題できる」などと思われて好き勝手な行動を取られてしまったら、意味がありません。

例えば彼が浮気をして離婚の話が出たのなら、別居したら浮気相手の女のところにいかれてしまう可能性があります。

別居を決める際には、彼の性格や今の現状を考慮して、慎重に決めましょう。

離婚したくないときには相手の要望を聞き入れるのがカギ!

穏やかで平和な日々
一生一緒にいる仲ですから、どの夫婦にも、問題や危機はあります。

それでも離婚を切り出されたら、ショックでどうしたらいいのか分からず戸惑ってしまうでしょう。

離婚は双方の同意がないと成立しません。

アナタがしたくない場合には、勝手に離婚されるようなことはありませんから、まずは安心しましょう。

話し合いができず調停に進むことになった場合は、自分の考えを明確にし、文章にまとめておくと良いでしょう。

「絶対イヤ!」と相手の話を一切聞こうとしない態度はよくありません。

まずはしっかり相手の言い分も聞いて、受け止めましょう。

「やり直したい」と言う気持ちを真摯に伝えていけば、パートナーの考えも変わるかもしれません。

 

【期間限定・2021年12月5日(日)迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの悩みをなくし幸せへと導きます。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

恋愛の悩み…お金の悩み…仕事の悩み…そして人生の悩み…。このコロナ禍で悩みはつきませんよね…?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「どうすれば幸せになれるか知りたい…。」

「このコロナ禍で漠然とした不安感や辛い気持ちがある…。」

こんな感じならば、【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【言魂鑑定】とは、期間限定で、このコロナ禍だからこその悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします。

結婚、失恋、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生、生きる不安などの悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG