離婚はしたくない

夫婦関係を修復するときにやってはいけないこと!修復不可能なケースと関係回復のポイントを見極めて離婚回避を

オーラが変われば恋愛の悩みが解決します。
オーラとはその人を取り巻く一種の霊的なエネルギーのことです。

オーラには性格やあなたの性質、心身の状態などによって複数のカラーがあります。あなたが何色のオーラをまとっているかによって、人格や運勢はもちろん、他の人との相性やうまくいく接し方を診断することができます。

彼とうまくいかないのは、あなたのオーラと彼のオーラがちぐはぐになっているから。

でも大丈夫。オーラは今からでも変えられます。

このオーラ診断では、よくある自分のオーラを知るだけのカルテではなく、彼のオーラと共鳴し引き寄せ合う強力なオーラをまとうための重要なヒントが満載のカルテをお届けします。

オーラが整うと何をやってもダメだった彼との関係が劇的に変わるので、すぐに変化に気づくでしょう。

反対にオーラがちぐはぐなままではどんなに願っても努力しても、あなたは彼のオーラに弾かれてしまいます。

あなたには無駄な努力を重ねてほしくありません。期間限定で初回無料での診断が受けられるので、今から試してみてください。

気づけばいつの間にか冷え切った関係に…。

結婚したばかりの頃は、ラブラブで毎日仲睦まじく過ごしていたのに、ふっと気づいたら夫婦関係が冷え切ってしまっていると感じている人は少なくないのではないでしょうか。

何か、二人の関係に亀裂を生じさせるような出来事があったのであればまだしも、時間の経過とともに徐々に冷めていく関係に関しては抗し難く、自分ではどうしようもないと諦めてしまっている人もいるのではないかと思います。

もちろん、冷え切ってしまった夫婦関係が元に戻らないケースもあることでしょう。

しかし、あなた自身の努力によってもう一度関係を温め直すことができる可能性があるのもまた事実です。

今回は、離婚したくない、または離婚したいと思っている、どちらのタイプの方にも参考になるように、夫婦関係を修復したい時にやってはいけないこと、関係を修復するためにやったほうがいいことについて紹介していきます。

関係がまだ元に戻せる夫婦と、残念ながら関係修復がすでに難しくなってしまっている夫婦の特徴についても紹介していますので、ぜひ参考にして役立てていただければと思います。

目次

夫婦関係の修復がすでに難しいパターン

長い期間不仲状態であることを放置していた

ずっと放置してた

気づいた時にはもう不仲状態で、結婚している期間の半分以上はもうそのような関係が続いている…という場合には、残念ながら夫婦関係の修復はかなり難しいと言えるところまで悪化してしまっている可能性が高いでしょう。

気づいた時には…ということは、不仲状態であることに気づけなかったとも考えることができます。

その間、相手も同じように二人の関係が冷え切ってしまっていること、仲が悪いと言える状態であることに気づいていなかったのでしょうか?

もしかしたら、相手はあなたが気づくよりももっと前から不仲状態であることに危機感を感じていたのかもしれません。

何かしらのアクションを起こして関係を改善しようとしたのをあなたがスルーしてしまったという可能性も、ゼロではないでしょう。

そのような状態のまま、関係の改善を試みず、放置してしまった場合にはいつしか相手の気持ちも冷めてしまって、不仲状態を何とかしようという気持ちもなくなり、改善は難しい状態になってしまっているかもしれないのです。

お互いに気持ちが離れてしまっているのはもちろん、どちらか片方でも改善しようという意思がない場合は、関係の修復は難しいでしょう。

DVが原因となっている場合

DVにおびえる女性

DVが原因で関係が不和となってしまっている場合も、修復は難しいと言えます。

DVは、時としてカウンセリングが必要な場合もあるくらい、ちょっとやそっと意識しただけではなくすことができない問題でしょう。

この場合は、暴力を振るわれている側、DVを受けている側の気持ちが相手から離れてしまっているとか、もしくはDVを受けている側の親族や友達が離れることを促しているという状態になっているのであれば、余計に関係の修復は難しくなります。

もちろん、DVをしている側が自分の非を認めて、暴力をなくす努力をしていないことには、まず関係を本当の意味で修復し、仲睦まじい夫婦像を取り戻すことはできないと考えた方がいいでしょう。

相手がいくら暴力を振るった後に優しくなって謝ってきたとしても、結局同じことの繰り返しになるのは目に見えています。

一時の優しさをもらっただけで相手を許しても、結果的に暴力を振るわれている側にとって本当の意味で幸せになれることはないのです。

虚言癖がひどい相手との関係修復は難しい

虚言壁があると…

話を盛る程度であればまだしも、虚言癖を持っている結婚相手との関係修復は難しいでしょう。

平気で嘘をつくこともありますから、騙されることもあり、相手に対する信頼を一切失ってしまうことになります。

相手を信用できないというのは、夫婦生活において致命的な問題だと言えます。

お互いに信頼関係が成り立っているからこそ、円満な夫婦関係を築くことができるということを忘れないでください。

嘘をついたり、ありもしないことを平気で吹聴したりするような結婚相手と信頼関係を築くことは難しいので、この状態が続くのであれば夫婦関係の修復はできないと考えたほうが良いでしょう。

浮気や不倫などの不貞行為が原因で不仲になっている場合

浮気が原因

どちらか片方が浮気をしたことがバレた、という場合、実際にはされた側が許すかどうか…というところにかかっていると感じる人は多いと思います。

しかし実際にはそれだけで関係の修復につながるわけではありません。

そもそも、浮気や不倫をした側が、どれだけ浮気や不倫の相手に対して本気かというところも大きな壁となって立ちはだかることになります。

もし、浮気や不倫をしている側が、その相手に対して本気になってしまっているのであれば、配偶者に対して気持ちが戻ることはないでしょう。

もともと、不仲が原因で不倫に走ったという既婚者の場合には自分に癒しを与えてくれて、ドキドキした感情を与えてくれる不倫相手に対して本気になってしまう可能性は決して低くありません。

離婚したいと思っても不倫がバレている状態では、不倫をしている側から離婚を求めることはできませんから、相手が離婚に応じてくれなければどんなに配偶者に気持ちがなくても離婚することができないという場合もあるでしょう。

また、子供がいるから離婚ができない…と我慢しているケースもあるかもしれません。

配偶者に対して気持ちがない状態で離婚ができないという状況が続けば、その期間が続くほどに配偶者に対する鬱陶しいと感じる思いや、嫌悪感が増していくのも事実です。

そして不倫された側も一度は許すと言っても相手のことを信用できなくなり、何か疑わしいことがあれば、相手がシロだったとしても疑ってかかってしまうこともあるはず。

結果的にギスギスした関係を修復することはとても難しく、お互いに自分にとって最高の相手が配偶者であるという感情に完全に切り替えられない限りは、関係を元に戻すのは不可能なのです。

生活費を入れない・借金まみれ…お金の深刻な問題がある場合

お金に苦労する生活

夫が仕事で稼いできたお金を家に入れてくれないことで、まるで貧困状態のようになってしまうとか、夫婦のいずれかが借金ばかりして常に家計が火の車だなどといった、金銭的に深刻な問題を抱えている夫婦が、その状態のまま夫婦関係を不仲状態から改善していこうとしても、難しいと言えるでしょう。

金の切れ目は縁の切れ目とはよく言ったもので、お金にゆとりがない生活を送っていると、どうしても気持ちがギスギスしてしまいます。

そして、お金がない苦しい生活を強いられていることを相手のせいにしてしまうのです。

当然、夫がお金を入れてくれないとか、妻の浪費が激しく、消費者金融などから借金して家計が回らなくなってしまっているなどといった問題があからさまに分かっている場合には、責任を相手に押し付けざるを得なくなりますが、そのようなわかりやすい原因がない場合には余計に厄介です。

お金がないこと、生活が苦しいことを、相手のせいにしあって、衝突することもあるので、なかなか関係を修復することができません。

この状態のまま関係の修復はまず無理なので、まずはお金の問題をクリアにしなければ、いつまでもこのままになってしまうことでしょう。

意外に重要な問題…性の不一致が原因の場合

性の不一致は離婚事由になる

結婚すれば、お互いに夫としか、妻としか身体の関係を持つことはなくなります。

もし、夫や妻以外と身体の関係を持つことがあればそれは不貞行為とされ、離婚の原因となったり、慰謝料を請求されることになったりと、厄介な問題に発展してしまうことになるでしょう。

とはいえ、配偶者とのセックスが苦痛である、または物足りないなどと感じている夫婦は決して少なくありません。

中にはお互いに飽きてしまったとか、相手を異性として見られなくなってしまって、セックスをしたいと思えなくなってしまったというケースもあると思います。

そのような状況だと、段々と心の距離が離れていくこともあるのです。

身体だけで繋がっているわけではありません。

しかし、夫婦にとって、セックスというのは一つのお互いの心を繋ぎ止めるコミュニケーションにもなっているのです。

これが、相手としたいと思えなくなってしまうのであれば、今後一緒にいてもしたいと思えないままである可能性が高く、お互いに身体の相性が良くないなどと思っている場合には、離婚の理由になる可能性も十分にあります。

セックスが全てではありませんが、この問題が原因となって夫婦関係の修復ができなくなってしまうケースがあることも頭に入れておくと良いでしょう。

どうしても理解できない、受け入れられない性格の不一致を感じている場合

性格が合わない

お互いに育ってきた環境が違うわけですから、物事に対する考え方、持っている価値観というものにズレが生じるのは仕方ないことです。

いくら仲の良いカップル、夫婦といっても、やはり何から何まで全て考え方も価値観も一緒ということはほぼゼロに等しいでしょう。

問題は、その二人の間の“ズレ”を、あなたや配偶者がどう感じるか…というところなのです。

自分とは違う一つの考え方として、参考にできる程度なのであれば問題はありませんし、関係の修復だって十分に可能でしょう。

しかし、相手の考えを一切受け入れることができないとか、相手の考えや意見に嫌悪感を抱いてしまうという場合には、関係の修復は難しいかもしれません。

お互いを理解し合えないとなると、どうしても相手に対して否定的な意見を抱いてしまうことになります。

そうなれば相手の思っていること、相手の意見に対していちいち反感を抱くようになってしまうこともあります。

そうなると、相手に対して友好的な感情を抱けなくなってしまうことになるので、関係の修復が難しくなってしまうのです。

完全に拒絶してしまっている状態

会話の機会すらない

相手のことを、またはお互いに拒絶し合っているような関係では、夫婦関係の修復は不可能だと言えるでしょう。

相手と話し合いをすること自体から逃げてしまうという行動に出ると、どうしても夫婦関係の修復は難しくなってしまいます。

いくら夫婦とはいえ、元はといえば他人ですから、何もかも察してもらえる、言葉にしなくても理解しあえるという考えは間違いです。

ちゃんと冷静な状態で話し合いをしなければお互いが相手に対してどう思っているのか、何を考えているのかなんていうのはわからないものなのです。

喧嘩をして熱くなるのは仕方ないことですが、相手に対して暴言を吐いたり、大声で怒鳴って相手を萎縮させてしまうようなことがあったり、何かを引き合いに出してまるで脅迫まがいの脅しをかけたりするような関係では修復は望めないでしょう。

本人にはその気はなくても、冷静に話し合いができないというのは、相手を拒絶していると受け取られても仕方ないことです。

落ち着いて相手と向き合って、静かなトーンで、相手の話をちゃんと聞く姿勢を持って会話ができない夫婦の関係修復は見込めないと思ってください。

生理的な嫌悪感を抱いてしまう

どうしても受け付けない

相手に対して、生理的に受け付けないと思ってしまったら、関係修復は難しいと言えるでしょう。

身体が触れ合うこと自体がもう拒絶してしまっている状態、肩を叩かれるだけでも無理…などと、相手のことを生理的に受け付けなくなってしまっている状態から、また仲睦まじい夫婦関係に戻るということはかなり難しいのです。

そこからまた相手のことを好きになるというのは、なかなか難しいことですし、相手も一度徹底的に嫌われているという認識を持っている場合は、それがひっくり返ったとしても、なかなか相手を信頼できません。

一度生理的に無理だとなってしまった場合は、関係の修復は難しいでしょう。

夫婦関係をきっかけさえあれば修復できる夫婦のポイント

お互いが夫婦関係を修復したいと思っている

ベクトルは同じ

もし今現在、夫婦関係が冷え切ってしまっている状態だったとしても、今の時点でお互いに関係を修復したい、仲直りして、再びラブラブな夫婦になりたいと思っているのであれば、まだチャンスはあります。

どちらか片方でも修復をしたいという気持ちがないとこれは成り立ちません。

反対に、二人が夫婦関係の修復に向けて同じ気持ちを持っているのであれば、十分に関係を取り戻せるチャンスはあると言えるのです。

関係を修復したいと思っているのであれば、それぞれ相手に歩み寄ろうとする気持ちは少なからず持っていることと思います。

その気持ちがあれば、あとは二人でゆっくりと向き合って話し合う時間を作れば良いだけです。

修復したい気持ちがあれば、冷静に落ち着いて、相手の話もちゃんと尊重して聞こうとする姿勢が取れるはずですから、比較的簡単に関係の修復はできることでしょう。

カウンセリングや第三者を交えれば話せる

カウンセリングがあれば

夫婦関係の修復のためにカウンセリングを受けに行くという夫婦は決して少なくありません。

カウンセラーを前にそれぞれ聞かれたことを相手の前で素直に答える…という機会は
カウンセリングを受けることのメリットでもあると言えるでしょう。

二人で話しているだけでは何から話せばいいのか分からないとか、相手に何を聞けばいいのか、どこまで正直に自分の気持ちを吐露すれば良いのかが分からないと、言葉を選んでしまうこともあるかもしれませんが、カウンセラーはその辺りも考慮しつつ、上手にそれぞれに質問を振って本音を引き出してくれますので、安心して任せることができます。

こういったカウンセリングを積極的に受けている夫婦であったり、または二人だと険悪な雰囲気が漂ってしまったり、全く口を聞かないという状況でも、友達や両親、兄弟姉妹などといった第三者がいる場所であれば普通に会話ができるという夫婦なのであれば、まだまだ関係修復する余地があると言えるでしょう。

この場合には、まずは誰かに間に入ってもらう形で、二人の会話する機会を増やしていけば良いのです。

その中で相手に対する気持ちを正直に伝えれば良いでしょう。

関係を修復したいと思っているのであれば、二人ではどうしようもない時に、信頼できる、そして二人がありのままの姿を見せられる人の力を借りて、そのきっかけを作ってみれば良いと思いますよ。

どんなに冷め切っていても「離婚したい」や「別れたい」のキーワードが出ていない

別れたいとは言わない

関係が冷めきっている…と感じていても、お互いに言い合いになった時に、どちらからも離婚したいという気持ちや別れたい、もう無理などのワードが飛び出していない状態なのであれば、まだ関係修復が不可能な状態にはなっていません。

これが、どちらかから離婚や別れるなどのキーワードが出てしまっているようであれば、それぞれの心の向いている方向は違ってきてしまっているといえますので、修復が難しくなってしまうと言えますが、喧嘩のちょっとした拍子などでも、そういったキーワードが出てこないのであれば、離婚したいとか別れたいなどとはまだ思っていない証拠になります。

取り返しがつかない状況になることだけは避けたいという気持ちがあるからこそ、ふとした瞬間、咄嗟の勢いでも、そういったキーワードを出すことがないのです。

そんな夫婦であれば、きっかけさえあればちゃんと関係を修復していくことは十分にできるでしょう。

挨拶程度の会話は日常的にある

普通に会話はできる

「おはよう」や「いってきます」と「いってらっしゃい」、「おかえりなさい」や「おやすみなさい」などといった、必要最低限の挨拶程度の日常会話があるかどうかという点でも、その夫婦の関係が修復ができるかできないかという切り分けができるポイントになるものです。

お互いに顔を合わせても完全にスルーで、まるでお互いが見えていないかのような状況を継続している夫婦では関係の修復は見込めませんが、最低限でも挨拶だけでも交わすのであれば、まだまだ見込みはあります。

自分の中で相手の存在をちゃんと認めている状態であり、挨拶をすれば挨拶が返ってくる、相手から挨拶が飛んでくるようであれば、まだまだお互いにとってお互いが必要な関係なのだと考えることができるのです。

それ以上にもっと会話があるなら、修復はもっと簡単であると言えるでしょう。

挨拶だけだったとしても、もっと会話のきっかけを増やそうとするだけでも、関係をいい方向へと向けていくことができるようになりますよ。

別居をしていないのは重要なポイント

一緒に住んではいる

相手のことが嫌になった、好きではなくなった、気持ちが冷めきってしまった、疎ましく思った…そんな感情を抱くのと同時に、別居をスタートさせてしまっていると、なかなか関係の修復は難しくなってしまいます。

反対に、同じような感情を抱き始めていたとしても、別居していないという事実は、別居しているケースと比較するとよっぽど、関係の修復はしやすくなるものです。

何だかんだ言いながらも、相手が同じ家の中にいる状況から逃げ出さずにお互いに一つ屋根の下にいるわけですから、まだまだ改善の余地はあると前向きに捉えてみると良いのではないでしょうか。

もちろん、金銭的な問題であったり、子供がいるという理由などで別居が好ましくないから我慢している…などというケースもあるでしょうし、その場合には修復が可能と言い切れるわけではありませんが、別居している状態よりも、別居していない状態の方が関係修復の見込みは大きいと言えます。

夫婦関係を修復したいときにやってはいけないこと

自分の両親と夫の話し合いは夫が責められることになる

ストレスしかない

 

もし、奥さんが自分と旦那さんの関係修復を求める一環として自分の両親に旦那さんを説得してもらおうとか、自分の両親に旦那さんを説教してもらおうなどと考えているのであれば、これは絶対にNGな行動なので、すぐに計画を中止してください。

あなたが何歳になったとしても、両親からすればあなたは可愛い娘なのです。

可愛い娘が悲しい思いをしている、辛い思いをしていることに憤りを感じるのは両親の性というもの。

当然、自分の可愛い娘に悲しい思いをさせている、辛い思いをさせている娘婿に対して苛立ちや怒りを覚えることでしょう。

そんな状態で、あなたの両親と旦那さんが一緒に話し合いをしたところで、旦那さんが袋叩きにあってしまうのは簡単に想像がつくのではないかと思います。

旦那さんからすれば一方的に責められている感覚になり、夫婦関係の修復についてじっくり落ち着いて考えるどころではなくなってしまうでしょう。

喧嘩両成敗を忘れてはダメ!妻が夫の悪いところを責め立てる

相手を責めるだけじゃダメ

夫婦仲が悪くなってしまったことは、それぞれに原因があり、責任があります。

それこそ、旦那が不倫をして妻にバレたとしても、ではそもそも、不倫に走ってしまった理由は…と遡っていけば、奥さんにも理由があるなんてことだって十分にありえる話なのです。

それを忘れて、関係が冷え切ってしまった理由は全て相手にあると決めつけて、一方的に妻が旦那を責めるという構図が出来上がってしまうのは、避けたいところだと言えるでしょう。

喧嘩両成敗といったところです。

妻にも責任があるし、旦那にも責任がある。

自分の非を認めて、悪いところは改善しなければならないと理解した上で、相手に対して非を責めるようにしなければなりません。

どちらか片方が100%悪いということはあまりないものです。

どんなに腹が立っていることがあったとしても、一方的に相手のことを責めるだけというのは避けてくださいね。

会話が感情的になるとまともな話し合いができなくなる

冷静でいられないとダメ

せっかく二人でじっくりと話す時間を作ることができたのに、泣いたり、喚いたり、怒ったりと、感情に任せて話し合いをすると収集がつかなくなり、まともに話し合いをすることができなくなってしまうのでNGです。

本当に夫婦関係を修復させたいと思っているのであれば、無感情で…とは言いませんが、泣いたり喚いたり、怒ったりと感情を爆発させるのではなく、あくまで冷静になって、相手の話を聞こう、自分の思っていることを上手に分かりやすく伝えようと考えながら、話し合いの場に臨まなければなりません。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

関係が冷めきってしまっているのであれば、とにかく自分たちの思っていることをちゃんと100%出し切って伝え合うことは不可欠となります。

それができなければ、関係修復への道は拓かれません。

それを忘れないようにして、あくまで冷静に、話し合いをするようにしてください。

ほっとして泣いたり、悔しくて泣いたりするのも我慢できなくなってしまう場合もあるかもしれませんが、できるだけ平静でいることを意識するようにしましょう。

「携帯を見た」「探偵をつけた」などは絶対言わないこと

どんなに証拠をつかんでいても

相手が浮気や不倫をしているとか、その疑惑があるという場合には、相手の悪いところを突っつきたくなる気持ちは分かりますし、それと同時に離婚はしたくない、相手に戻って来て欲しいと思っているのであれば、相手に対して立場が強いのはこちらであることを示したい気持ちが前に出てしまう気持ちも分かります。

そのため、こっちには証拠があるんだからと言わんばかりに、携帯を見て写メを撮ってあるんだとか、探偵を雇ってあなたを調査したなんていう発言をしたくなってしまうこともあるでしょう。

もしあなたが相手と離婚したいと思っているのであればその方法は間違いではありません。

のらりくらりと誤魔化されて、そのまま逃げられてしまうことがないように慰謝料をもらう、財産分与で不利にならないようにするとか、親権を必ず取るといった目的のためには、それくらいしないといけないでしょう。

しかし、あなたが離婚を考えていないのであれば、あなたのこういった発言は、相手にとってあなたを愛する気持ちを冷めさせてしまう言葉にしかならない場合があります。

自分は信頼されていない、愛されていないのかもしれないなどといった不安を与える言葉でもありますし、同時に、あなたが女性で相手が男性であった場合には、マウントを取られたというプライドを傷つけられた、貶められたような気持ちになってしまうこともあるのです。

もし実際に携帯を見て証拠を押さえていたとしても、探偵をつけて調査をしてもらっていたのだとしても、関係を修復しようと思っているのであればそれは秘密にしておくべきだと言えるでしょう。

相手の悪いところのチェックをすると関係修復への意欲が消える

あらさがしはやめて

夫婦関係の修復を望んでいるのであれば、これ以上相手の悪いところを見つけようと粗探しのようなことをするのはやめておきましょう。

今のあなたは、一度でも相手に対する気持ちが冷めてしまっている状態だったり、相手に愛されていないと感じて、気持ちがささくれてしまっている状態だと思います。

そんな状態で、相手の粗探しを始めて嫌なところを見つけ出し、心の中で箇条書きにして書き出すようなことをしてしまうと、今度はあなたの気持ちが相手から離れていってしまうことになるのです。

せっかく関係を修復しようという気持ちを持っているのに、その一方であなたが相手の悪いところを探してしまうのは、自分で自分の首を絞めているようなもの。

悪いところではなくていいところを見つけてあげられるくらいの器の大きさがあると良いのではないかと思います。

頭を冷やすために…と別居するのは取り返しがつかない事態になる可能性も

自宅で一緒にいないのは

別居という選択をしたくなる瞬間もあると思います。

一緒にいればイライラしてしまい、どうしても相手と冷静に話し合うことができないので、それなら一度完全に離れて、別々のところで生活すれば頭が冷えて、冷静になれるのではないか…?と考えるからです。

しかしこれも実際には考えもので、必ずしも別居が功を奏すと決まっているわけではありません。

むしろ、別居してしまったことで、関係の修復が絶望的になってしまうケースだってあるのです。

それぞれが抱えている事情はまさに十人十色。

別居を持ちかけられて、ラッキーと思う妻や夫がいる可能性だってあります。

実は相手に冷めている理由は、不倫をしていてその相手に夢中になっているからかもしれませんし、別居している間にさっさと仕事を見つけるなど生活基盤を作って、離婚への準備を進められてしまう可能性だってあるわけです。

状況を全て把握できていて、そんなことにはならないと断言できるのであれば、別居してお互いに頭を冷やすという選択もNGとまでは言いませんが、そうでないのなら、別居という選択はしないにこしたことはありません。

直接の話し合いをいきなり持ちかけるのはNG

突然呼び出すのは…

夫婦関係修復のために、二人で話し合いをすることはもちろん必要です。

必ずいつかは行わなければならないことでもあります。

でもそれは、あなたが夫婦関係を修復したい、修復しようと思ってすぐに取るべき行動ではないということは覚えておきましょう。

直接の話し合いを突然相手に求めても、相手に警戒されるだけで、相手がちゃんと本音で向き合ってくれる保証はどこにもありません。

まずは、少しずつ相手に歩み寄っている姿勢を見せることです。

挨拶をしてみる、他愛ない話題を振って会話の糸口を探ってみるなど、ちょっとずつ接点を持っていくようにしましょう。

しばらく口を聞いていなかった配偶者にいきなり「話をしよう」と言われても、相手だって自分の意見がまとまらないでしょうし、猜疑心しかないのでまともな話し合いができない可能性が大きいのです。

ちょっとずつあなたが歩み寄りを見せることで、相手もそろそろ話し合いをしないといけないかな…と考えたり、自分たちの関係について見つめ直す時間を作るようになります。

自分が折れるべきところで折れないのは関係をより悪化させる

謝れないのはダメダメ

もし相手と話し合いの時間を持つことができたとしたら、自分の非はちゃんと認めて、謝ることも必要です。

自分が折れるべきところで折れず、その割には自分を棚に上げて相手のことばかり責めている…そんな状態では相手に愛想を尽かされてしまいます。

もちろんそれはあなただけでなく相手にも同じことが言えますが、まだまだ相手はそこまで大人になりきれていないかもしれません。

もしかすると、相手はあなたの非をつつきまわして、自分の非は認めず、自分は悪くないという態度を取ってくる可能性もある…その程度は覚悟を決めておきましょう。

あまりにも、相手がその態度を崩さないようであれば、その時にはあなたも本当にこのまま夫婦関係の修復のために努力を続けるべきか、考えなおす必要がありますが、まずはあなたが大人になって、相手に対して広い心を持って、下手にでて接してみると良いのではないでしょうか。

あなたが丸い態度で、自分の非を認めて、ちゃんと謝ることを心がければ、その態度に相手も心を柔らかくして、同じように打ち解けてくれるかもしれません。

しつこいと相手が引いてしまう!気持ちを相手に頻繁に伝え続ける

何度でも伝える

あなたが今思っていること、感じていることを、頻繁に配偶者に対して伝え続ける
というのもあまりお勧めできません。

あなたが思っていることを正直に相手に伝えるというのは大切なことではありますが、電話やメール、LINEなどを通して頻繁にあなたの気持ちを相手に伝えるという行為は、あなたからすれば歩み寄りだと思っているかもしれませんが、相手からすれば押し付けがましい行為としか受け取れなくなってしまうのです。

関係を修復したいと思っているのであれば、それを一度伝えれば十分です。

何度も何度も、関係を改善したい、仲の良かった頃に戻りたいとしつこく伝え続けるのは、最終目標としている夫婦関係の修復とは程遠い場所へ二人を連れて行ってしまうことになりますよ。

夫婦関係を修復していくポイント|家族がきっかけになることも

自分が改善できるポイントを探してみる

私が変われるところは

夫婦関係を修復していくためには、まずあなたから変わることが一番手っ取り早く、簡単にできることです。

もちろん人が変わるというのはとても難しいことですし、そう簡単に変わることはできないのも事実でしょう。

しかし、本当にあなたが夫婦関係を修復したいと思っているのであれば、まずは自分が変わらないといけないところを見つけて、変わる努力をしてください。

自分にできることは何かを見つけることが、夫婦関係修復の第一歩だと考えましょう。

相手に期待しないこと

相手に期待はしないように

自分が悪いところを見つけて変わろうと努力したり、相手との関係を修復しようと考えたりしているからといって、相手も同じような気持ちを同じ強さで抱いていると考えてしまうのはNGです。

人はみんなそれぞれ思っていることが違います。

一言で好きと言っても、度合いは違いますし、意味合いも違ってくるはずなのです。

だからこそあなたは、関係を修復しようと動き出しているとしても、相手に過度な期待を抱くことはやめておきましょう。

自分がこれだけやっているんだから、相手も同じようにしてくれるだろうという考えは、多かれ少なかれあなたをがっかりさせることになります。

そのような無駄な期待は抱かず、まずは自分にできることから黙々と始めていけば良いのです。

素直に謝れる心の強さを持つ

謝れるように

自分の悪いところを見つけようとしても、なかなか見つけることができない場合だってあると思います。

そんな中で、相手から悪いところを指摘されてハッと気付かされることだって十分にあり得るでしょう。

思ってもいなかった、気づくことができなかった部分を指摘された場合に、動揺して反論してしまったり、言い訳をしてしまったりすることもあるのではないでしょうか。

しかし、言い訳をする前に、反論をする前に、ましてや相手のことを指摘し返す前に、まず素直に謝れる心の強さを持つようにしましょう。

悪いことを認めて謝るというのはカッコ悪いことではありません。

誰にでもできるものではないのです。

それができているあなたは尊い人だと思ってもバチは当たらないでしょう。

言い返す前に、まずは“ごめんなさい”の一言が自然と口から出てくる、そんな人になれるといいですね。

改善のゴールを決め、関係修復までの期間を明確にする

日にちを決める

上手に夫婦関係を修復していくためには、だらだらと話し合いを続けるのは賢い方法とはいえません。

関係修復に動き出して、いつまでにその話し合いを終わらせるか、いつまでに関係を修復させるというゴールを迎えるかということを最初に決めてしまうといいでしょう。

お尻が決まっていると、それまでに何とかしなければならないという適度なプレッシャーがかかりますので、無駄な動きをしなくなります。

短い期間でテキパキと話し合いの時間を作ろうとするので、相手を上手に急かすこともできるのです。

そのうち…とかいつか…などと考えていると、あっという間に時間が過ぎ、関係が冷え切っている期間が長くなり、取り返しがつかない状態になってしまいますよ。

自分たちで締め切りを作るのも、夫婦関係の修復におけるコツなのです。

結婚記念日や誕生日などのイベントをきっかけにする

記念日を大切にして

夫婦にとっての記念日を関係修復のきっかけにしてみるのも良いと思います。

あなたと相手が関係を修復させるために動き出したいと思っているといっても、そのきっかけを見つけることができず、歩み寄るタイミングを計りかねている…というケースもあるのではないでしょうか。

それであれば、多少の勇気は必要となるかもしれませんが、二人にとっての記念日を上手に活用してみるという手がおすすめです。

結婚記念日を祝うのに、ちょっと特別なお店のディナーに誘うとか、二人で旅行に行ってみないか提案してみるなど、いつもとは違うイベントにしてみると良いと思います。

あまりにも関係が冷え切っていて、口も聞かないなんていう状態ではなかなかこれに相手を乗せるのは難しいかもしれませんが、日常会話程度であればする…というのであれば、見込みはありますよ。

子どもの将来の話を関係修復のきっかけにする

子供をきっかけに

もしあなたたち夫婦に子供がいるのであれば“子は鎹(かすがい)”を作戦にしても良いのではないでしょうか。

子供の将来の話を関係修復のきっかけにしてみるのがおすすめです。

子供が将来どんな人と結婚するのかな…と持ち出して、相手を持ち上げてみるのも良いのではないかと思います。

“あなたみたいな人とちゃんと出会えるかな?”と言われれば、相手も悪い気はしないはずです。

そんな会話をきっかけに、素直にありがとうやごめんねを伝えてみると、関係修復への糸口を掴めるでしょう。

良き妻として夫婦関係を修復したい時にすべきこと

夫や夫の両親への電話の対応に気をつける

電話での話し方に注意

夫婦関係を修復するには、あなたが良い妻でいることが大切です。

そのためにはまず、夫や夫の両親、兄弟姉妹に対する対応をちゃんとするよう心がけましょう。

適当な態度を見せたり、冷たい態度を見せてしまうと、良き妻というイメージは無くなってしまいます。

あなたの両親があなたの味方をしてくれるように、夫の両親は夫の味方だと決めつけて、夫が自分に冷たい態度をとってくることに対してまるで八つ当たりするかのように夫の家族にあなたが冷たい態度をとる…というのは筋道が違うでしょう。

関係を修復したいのであれば、夫にも、夫の家族にも、優しく丁寧に接することです。

特に顔が見えない電話での対応に関しては、声色、言葉遣いなどで相手に勘違いされてしまう場合だってあるのですから十分に意識して対応するようにしましょう。

所作を美しく…決して態度を行動に出すことがないようにする

美しくふるまう

所作を美しくすることにも意識を傾けてみると良いのではないでしょうか。

夫があなたに対して気持ちが冷めてしまっている状態だと、あなたが立てるちょっとした物音にもいらっとしてしまっていることがあります。

あなたが水道の蛇口を捻り、一気にたくさんの水が流れ出る際の音、ドアを乱雑に閉めた時の“バタン!”という大きな音、階段を上り下りする音。

時にはあなたが夫に苛立っている気持ちが、そういった態度に出てしまうことだってあるかもしれません。

そういった態度はしっかり相手に伝わっているものです。

だからこそ、態度で相手に嫌な思いをさせないよう、苛立ちを覚えさせないように心がけることが大切です。

静かに、静かに生活しなければならないというわけではありませんし、音を出してはいけないわけではありませんが、苛立ちが態度に出ないように気をつけるようにしましょう。

相手の気持ちを推し量ることが大事

相手の気持ちを考えて

自分が相手に対して嫌な気持ちを抱いていて、離れたいと思ったり、一方的に相手に対して嫌悪感を抱いたり。

人間ですから自分が一番、自分の感情を最優先にさせてしまうことはもちろん、仕方ないことでもあります。

しかし、夫婦関係を修復させたいと思っているのであれば、自分の感情よりも相手の気持ちを推し量ることに注力してみるのはいかがでしょうか?

自分が別れたいと思っているけれど、自分がいなくなったら相手はどう思うのだろう?

私が自分の今思っていることを伝えたら相手はどう感じるだろうか?

自分の気持ちよりも前に…が難しいのであれば、自分の感情を考えたのと同時に相手の気持ちも推し量ることができるよう、心がけてみてください。

相手の立場に立って考えてあげることで、自然と相手に気持ちを寄せることができ、広い心を持って接することができるようになってきます。

労わりやねぎらいの言葉・かまってあげる時間も大事

優しさを見せて

ありがとうやお疲れ様、大丈夫?という労りや労いの言葉をかけてあげることも、夫婦関係の修復には大切なポイントとなります。

男性は、普段社会に出てたくさんのプレッシャーの中、プライドを守りながら戦っています。

本当の自分を周囲に見せることなく、いわば鎧を纏った姿で外で仕事をしてくるわけです。

本当の姿に戻ることができるはずの家でも、奥さんとの関係が冷え切っていて、仕事をどんなに頑張ってきても、奥さんから労いもないということになると、やはり寂しい気持ちになってしまうでしょう。

本当は奥さんに優しくしてほしい、かまってほしいと思っている男性だって少なくないはずなのです。

しかし、関係が冷めてしまっていると感じていたり、奥さんに愛されていないと感じていたり、子供がいて子供に手一杯の奥さんに遠慮していたりすると、どうしても素直に甘えたり、かまってほしいと言えなくなってしまいます。

そんな夫の気持ちを奥さんであるあなたが察してあげることで夫婦関係を修復できるようになるかもしれません。

相手に対して相手のを労い、労り、心配する言葉をかけてあげたり、仕事がどうか、身体は休まっているか、何か食べたいものはないかなど、かまってあげる言葉をかけてみるのも良いと思います。

突然あれこれ声をかけてしまうとそれはそれで不自然だと感じられてしまうかもしれないので、一番かけやすい言葉、一番聞きやすい質問で、挑戦してみてくださいね。

自分からルールや制約を作る

ルールで安心を与える

もし、夫婦仲が悪くなってしまった原因があなた自身にあるのであれば、自分で自分を律するルールや制約を作るようにしましょう。

あなたの不倫が原因で夫婦仲がぎくしゃくしているのであれば、そしてあなたは夫婦関係を破綻させてしまったことに対して強く反省しているのであれば、自分の生活がある程度制限されてしまうことも仕方ないと考えなければいけない部分は少なからず存在します。

自分で相手を安心させられるような、相手に疑われなくて済むようないルールを作り、しっかり守っている姿を相手にアピールしましょう。

そうすれば、相手も徐々にあなたへの信頼を取り戻していってくれるはずです。

会話の質と量を増やすことに徹する

どんなことでも会話して

全く会話がなければ相手が何を考えているかなんて、夫婦でも理解しあうことはできません。

夫婦といっても元々は他人。

運命の相手とは言え、やはり生まれも育ちも違う他人なのです。

ですから、言葉をかわしてお互いの考えていること、感じていることを知るのはとても大切なことだと言えます。

だからこそ、あなたは夫婦関係を修復することに努力する良き妻として、夫婦の会話の質と量を増やすことに徹してみましょう。

まずはお互いに声を掛け合う回数を増やすことからスタートさせてみましょう。

挨拶すらしていないのであればまずは挨拶を。

多少の会話はするけれど当たり障りないものばかりだったのであれば、少し踏み込んだ話を。

相手が自分に興味を持ってくれていると感じるのは、気持ちの悪いことではありません。

まだ気持ちが冷めていないのであれば、むしろ嬉しいと感じることもあるでしょう。

あなたから歩み寄って、会話の質と量を増やすことで自然と冷え切って凍ってしまっていた夫婦関係が溶けて動き出すようになるはずです。

夫婦関係は互いの歩み寄りで修復できることもある!まずは出来る事を自分から

きっと改善できる

夫婦関係を修復するのは、お互いの歩み寄りが何よりも重要なポイントになります。

とはいえ、まだまだ今の冷え切った関係では、相手が何を考えているのかがわからない状態で、お互いに探り合っているような状態かもしれません。

修復したいと思えるほど、まだ配偶者のことを愛しているのであれば、まずはこれを読んだあなたから歩み寄ってみましょう。

無理なくでかまいません。

不自然にならなくてもいいのです。

あなたにできる範囲で、ごく自然な形で、相手に歩み寄って、まだ相手に対して自分が愛情を持っていること、興味を持っていること、仲良くしたいと思っている気持ちを表現してみると良いでしょう。

相手もあなたと同じ気持ちならきっかけさえあなたが作ればあっという間に昔のラブラブだった頃に戻ることができるはずです。

 

【期間限定・2021年12月5日(日)迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの悩みをなくし幸せへと導きます。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

恋愛の悩み…お金の悩み…仕事の悩み…そして人生の悩み…。このコロナ禍で悩みはつきませんよね…?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「どうすれば幸せになれるか知りたい…。」

「このコロナ禍で漠然とした不安感や辛い気持ちがある…。」

こんな感じならば、【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【言魂鑑定】とは、期間限定で、このコロナ禍だからこその悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします。

結婚、失恋、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生、生きる不安などの悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

離婚はしたくない
最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG