離婚したくないのに離婚を切り出された方へ|夫婦関係修復に向けたアクションでこれ以上夫婦関係を悪化させないためにしてほしいこと

オーラが変われば恋愛の悩みが解決します。
オーラとはその人を取り巻く一種の霊的なエネルギーのことです。

オーラには性格やあなたの性質、心身の状態などによって複数のカラーがあります。あなたが何色のオーラをまとっているかによって、人格や運勢はもちろん、他の人との相性やうまくいく接し方を診断することができます。

彼とうまくいかないのは、あなたのオーラと彼のオーラがちぐはぐになっているから。

でも大丈夫。オーラは今からでも変えられます。

このオーラ診断では、よくある自分のオーラを知るだけのカルテではなく、彼のオーラと共鳴し引き寄せ合う強力なオーラをまとうための重要なヒントが満載のカルテをお届けします。

オーラが整うと何をやってもダメだった彼との関係が劇的に変わるので、すぐに変化に気づくでしょう。

反対にオーラがちぐはぐなままではどんなに願っても努力しても、あなたは彼のオーラに弾かれてしまいます。

あなたには無駄な努力を重ねてほしくありません。期間限定で初回無料での診断が受けられるので、今から試してみてください。

「夫から離婚を切り出されて落ち込んでいる…。」

「どうしたら離婚回避できるのか方法が知りたい…。」と、悩んでいるアナタへ。

こちらでは、アナタに離婚の意思はないけれど、パートナーに離婚を切り出されてしまった時の、夫婦関係を修復する方法をご紹介しています。

切り出された時にどう行動すべきか、離婚を回避するための方法に、やってはいけないこと、関係修復ができる方法や、夫の気持ちが固まっている時にこれ以上関係を悪化させず円満に離婚する方法などを具体的に説明していきますので、離婚危機を脱したいアナタは、ぜひ参考にしてみてください。

目次

夫に離婚を切り出された!離婚拒否が難しい条件があることは知っておく

自分自身の浮気や不倫などの不貞行為があった場合

嫌ならすぐに切れる
アナタに落ち度があって、配偶者から離婚を言い渡された場合、離婚を拒否することは難しいでしょう。

たとえばアナタに浮気や不倫などの不貞行為があって、配偶者からの信用を失い、離婚の危機に陥ってしまった場合には、圧倒的に相手が有利です。

きっと友達に相談したとしたら、「別れを切り出されても仕方がない」と思われ、弁護士に相談したとしても、「離婚は免れない」と言われてしまう可能性があるでしょう。

結婚している身でありながら、パートナー意外と不貞行為をしてしまうと言うことは、どんな理由があろうとも、相手を裏切る行為に他なりません。

アナタが真摯に謝り、反省し、信用を取り戻す努力をし、パートナーが「もう一度妻と関係をやり直そう」と思わない限りは、離婚を回避できないでしょう。

夫婦生活の破綻

決めつけて追い詰めないで
離婚拒否が難しい事例は、「夫婦生活の破綻」です。パートナーから離婚を切り出されて、アナタがそれを拒否した場合には、夫婦での話し合いが難航してしまいがち。

その場合は、第三者を交えて話し合う、離婚調停をするのが一般的な流れです。

その時に、「夫婦生活が崩壊している」と認められてしまうと、離婚を回避することは難しくなってくるでしょう。

具体的な定義は、「D V」「モラハラ」「長期にわたる別居」「家庭内別居」「セックスレス」などです。

また、お互いに夫婦関係を修復しようとする意思が無い場合にも、破綻とみなされる場合があります。

一つ屋根の下で暮らしていても、夫婦関係が冷めきっていて、一言も言葉を交わさなかったり、顔を合わせることもなかったりする場合には、離婚は避けられないかもしれません。

別居していて、相手の消息が不明

内容に気を付けて
配偶者と長い間別居をしていたり(3年以上)、その間ずっと連絡を取らずに相手がどこで何をしているかも分からなくなってしまっている場合には、離婚を拒否することは難しいでしょう。

調停になった場合には、「夫婦として機能していない」とみなされてしまう可能性が高いからです。

もし、本気で離婚を回避したいと思っているのなら、まずは一生懸命相手の信頼を取り戻そうとする姿勢が大切。

「別れたく無いけど、どこにいるかわからないし…。」「配偶者にウザがられたり、冷たくされるのが怖い…。」などといつでも受け身でいたのでは、パートナーに気持ちは伝わらないでしょう。

別居は長くなればなるほど、関係の修復は難しく、回避は厳しくなってきます。

もし、「頭を冷やしたい」「一人でゆっくり考えたい」などと考える場合には、あらかじめ「○月まで」「◯ヶ月」などと期間を決めておくことが大切です。

極度の精神病で回復の兆しなし

共通の趣味があれば
どちらかが極度の精神病で、回復が見込めない場合には、法律の定めるところにより、離婚できます。

つまりは相手に生活に支障をきたすほどの大きな精神病がある場合には、お互いの同意がなくとも、裁判所で離婚が認められることがあるのです。

それは、精神病の種類や度合いによっても変わってきますが、「これまでの経過」も重要視されます。

離婚が認められる場合は、「精神病を患うパートナーのために、一生懸命サポート、介護、努力をしてきた」場合です。

例えば、「今までパートナーを献身的に世話をしてきた」とか、「何も出来ない妻に代わって仕事に家事に育児の負担を全て背負っていた」など、精神病によって結婚生活が成り立たないと判断される場合には、離婚を回避することはできないでしょう。

DVやモラハラ、ギャンブル、犯罪行為、薬物アルコール依存中毒

無視されてもあきらめないで
D Vやモラハラ、ギャンブル、犯罪行為、薬物アルコール依存中毒など、夫婦関係を継続していくことが難しい理由が明確にある場合、本人たちの意思にはかかわらず、裁判によって離婚が認められます。

「健やかなる時も、病める時も…」は、結婚式で神父さんが言う定番の言葉ですが、皆、一人の人と結婚しようと思う時には、「幸せな家庭を築きたい」「生涯支え合いたい」など、希望を胸に結婚するはずです。

でも、一緒になった配偶者がD Vやモラハラ、ギャンブル依存など…人として最低なことをする場合には、決して「幸せ」とは言えないし、これから先の結婚生活も幸せになれるイメージを持つことはできないでしょう。

法律では、「婚姻を継続し難い重大な事由」がある場合には、離婚判決を下すことができます。

上記で挙げたD Vやモラハラなどはこれに該当しますから、離婚を避けることは難しいでしょう。

性の不一致

会話の機会すらない
パートナーと性の不一致がある場合、裁判にて離婚が成立する場合があります。

性の不一致が原因となって、「結婚生活を継続していくことが難しい」と判断された場合には、お互いの同意がなくても、離婚できてしまうのです。

具体的な「性の不一致」は、「セックスレス(相手には意思があってもそれを拒否する)」「身体的・肉体的なことが原因で性行不能になる」「性的異常(1日に何度も求めてくる、相手が嫌がる行為を強要する)」です。

これらが当てはまる場合には、どんなに相手が離婚を拒否したとしても、法律的に離婚が認められる可能性があるでしょう。

親兄弟からの配偶者への虐待、義父母や義兄弟からの虐待

DVにおびえる女性
本人同士ではなく、アナタの実親がアナタの配偶者へ虐待したり、アナタの義両親や義兄弟からの虐待を受けている場合には、裁判になった場合に離婚が認められます。

「嫁姑問題」という言葉があるように、血の繋がっていない義理の親子は、度々不仲になりがちです。

しかし、どんな理由があろうとも、度を超えた嫌がらせや、いじめは、決してあってはならないこと。

義両親・義兄弟からの虐待によって、精神的・肉体的な苦痛がある場合、そして、それを改善できる見込みがない場合には、たとえ相手がどんなに離婚を拒否したとしても、離婚は成立するでしょう。

離婚したくない!夫から離婚を切り出された時の対応方法

まずは夫の言い分を聞く

突然呼び出すのは…
夫から離婚を切り出されたら…誰だって心中穏やかではいられるはずがないでしょう。

頭の中が真っ白になってしまったり、パニックに陥って取り乱してしまうこともあるかもしれません。

しかし、忘れないでおいて欲しいことは、まずはしっかり「夫の言い分を聞く」ということ。

何の理由もなく離婚する人などいません。

必ず、何かしらの理由があるのです。

最初から相手の言い分も聞かずに「私は絶対に別れないからね!」などと言い張っているばかりではらちがあきません。

まずはしっかり相手の話を聞いて、受け止める。

アナタに原因がある場合には、しっかり反省することが大切です。

人間、そうは簡単に変われません。

でも、強い意志があれば、必ず、変わることができます。

怖いかもしれませんが、ちゃんと相手の話を聞いて、真摯に受け止めましょう。

自分に落ち度がある場合には、「二度としない」誓約書を書く

どんなことでもメモに
アナタに落ち度がある場合、離婚を言い渡されてしまったら「離婚は免れないかも…」と、早々に諦めてしまう人もいるかもしれません。

でも、諦めるのはまだ早いです。

アナタが不利でも、しっかり反省し、夫に真摯に訴えかけ、信用を取り戻すことができたら、修復することができるかもしれないでしょう。

アナタの反省した姿を夫にしっかりと伝えるために、誓約書を書くことは効果的です。

アナタの強い意思を、目に見える形であらわし、そして絶対にその誓約を守ること。

夫婦関係を再構築するためには、「もう二度としない」と言うアナタの強い意思、そして実行が絶対に必要不可欠です。

夫を一方的に責めない

きっともう愛してない
生涯を誓った相手から「別れよう」と言われてしまったら、誰だってショックです。

やるせなく、どうしようもない気持ちになって、相手を責めたくなってしまうこともあるかもしれません。

特に、夫の方に原因がある場合には余計、感情をぶつけてしまいがちです。

例えば、夫が不倫の末、よその女性に本気になってしまったり、夫がアナタに隠れて莫大な借金を作っていたり。

共に支え合っていきたいと思っていた相手から裏切られるようなことをされてしまうと、「どうして…!?」と、許せない気持ちになってしまっても無理はありません。

でも、離婚は突発的なものではなく、色々なものが積み重なって最終的に「そうなる」もの。

キッカケは夫の不倫なり、借金だったりするかもしれませんが、だからと言って100%夫が悪いわけではないのです。

夫を一方的に責めたところで、アナタの気分が晴れるわけでもないでしょうし、何かが変わるわけでもないでしょう。

責めるくらいなら「自分にも至らない点がなかっただろうか」と自分自身と向き合う方が、よっぽど関係修復に繋がります。

「あなたを支える」と言う意思を言葉と態度で伝える

歯止めをかける
長年夫婦をやっていると、多くの人は「言葉や態度で伝える」ことを怠るようになります。

「言わなくても分かるでしょ」と…。

でも、よりより夫婦関係を続けていきたいと思うのなら、それは非常に危険。大事なことほど、しっかり言葉や態度で表さないと、伝わらないものなのです。

毎日一緒にいると、それが当たり前になって、「今更照れ臭い」とか「面倒くさい」などと、相手を思いやる気持ちがだんだん薄れてしまいがち。

でも、だからと言って自分の気持ちを伝える努力をしなければ、当然二人の心の距離は遠ざかっていき、離婚危機にも陥ってしまうでしょう。

離婚を切り出されて、彼の意思をはっきりと聞き受け止めたら、次はアナタの意思をはっきりと伝える番です。

「アナタを支える」という意思を言葉と態度で伝えましょう。

優しさや、思いやりで自分のことを支えてくれ、大切に思ってくれていることが伝われば、夫の気持ちは少しでも変わるかもしれません。

子供の将来について話し合う


アナタたち夫婦に子どもがいるのなら、離婚を切り出された時、一番最初に思い浮かぶのは子どものことかもしれません。

離婚は、子どもにとっても大きな影響を及ぼします。

「両親の離婚」は、子どもにとって最大のストレスであり、場合によってはトラウマを作ってしまう、大きな出来事なのです。

夫とは別れたくない場合であっても、もし離婚した際に、親権はどうするか、養育費はどうするかなど、二人で話し合っておくことは大切でしょう。

現実的に考えることで、見えてくることがたくさんあります。

子どもの幸せを願わない親などいないでしょうから、話し合っていく中で、「やっぱり子どものためにも、もう一度やり直そう」と考えが変わる可能性もあるでしょう。

別居はしない

前向きでいることの大切さ
離婚を切り出されてしまったときに、安易に別居をするのはあまりおススメできません。

なぜなら、別居期間が長くなればなるほど、調停や裁判になったときに「夫婦関係は破綻している」とみなされてしまう可能性が高くなるからです。

ただ、一つ屋根の下に一緒にいることが精神的に辛かったり、話し合いが上手く進まなかったり、一人で静かに落ち着いて考えたい場合には、「期間を決めた別居」をしましょう。

年単位だと、離れている時間が長すぎてしまうゆえ、相手の心もどんどん離れていってしまう可能性があります。

出来るだけ短く、数か月程度におさめられると良いでしょう。

「感情的になって、家を飛び出す」などということは、離婚を避けたいアナタにとってはあまり良いことではありません。

別居を決める時、話し合いをするときには、必ず双方の心が冷静で落ち着いているときにしましょう。

夫の浮気は二度としないことを条件に許す努力を

自分から見つけてみる?
夫の浮気や不倫が発覚して、離婚危機に発展してしまった場合、辛いですよね。

夫を愛していればいるほど、許せない気持ちにもなるでしょう。

それでも離婚したくないのであれば、まずはアナタ自身が夫の浮気を許すことです。

もちろん誰だって、簡単に許すことなどできないでしょう。一度失った信用を取り戻すことも大変です。

でも、許すことが出来ないと、「この先夫婦としてもう一度二人でやっていく」ことに決めたとしても、アナタの苦しみや悲しみはずっと無くなりません。

心をコントロールすることは難しいことですが、アナタも彼を許す努力をしてください。

もちろん、パートナーの努力だって必要です。

「もう二度と過ちを繰り返さない」ことを約束させること。

共にパートナーに歩み寄ることが出来れば、離婚を回避できるかもしれません。

夫婦カウンセリングに通う

相手を導いてあげて
日本ではあまり一般的ではないかもしれませんが、海外では困った時、悩んだときにはカウンセリングに通う人が多いです。

日本でも徐々に普及されつつあり、離婚問題や夫婦関係を専門に扱うカウンセリング機関も、日本各地にあります。

「夫婦関係を修復したい」と考えていても、方法が分からなかったり、自分たちだけでは良い方向に解決できそうにない場合には、二人で夫婦カウンセリングに通ってみるとよいでしょう。

二人だけで話し合いを進めようとすると、どうしても視野はどんどん狭くなっていってしまいます。

第三者を交えることで、二人の間に新しい風が起こり、状況が良い方向に変わっていくことが期待できるでしょう。

義父母と自分の両親など、第三者を交えた話し合い

活発に行動して
前項でも述べましたが、離婚の話し合いを夫婦二人だけで進めようとすると、どんどん視野が狭くなってしまいがちです。

険悪なムードが漂う部屋でひたすら向かい合っていても、良い解決策など思い浮かぶはずがありません。

話し合いが行き詰ってしまっていることを感じる時は、第三者を交えて話し合うと良いでしょう。

話し合いに交わる第三者は、二人が信頼できる人なら誰でも良いですが、一番身近な存在はやはり、両親でしょう。

また離婚は家族にも少なからず影響はあるわけですから、親の意見も聞く機会を設けるのは良いことです。

第三者を交えることで、二人では思いつかなかった解決策や、考えが及ばなかった新たな発見があるかもしれません。

離婚回避の鍵になるでしょう。

話し合いがまとまらない場合には裁判や調停を

人とふれあう
「二人で話し合っていても埒があかない…」「問題を解決できない…」と思うなら、離婚調停の申し立てをするのも一つの手です。

お互いが納得いく形で離婚できるように、調停員を交えて話し合いを進めていく方法です。

調停員はどちらをひいきすることなく、公平に二人を見てくれますから、「調停したせいで離婚するはめになった」などということはありませんのでご安心ください。

離婚調停をしても、お互いの同意には至らなかった場合には、裁判になるかもしれません。

ただ、裁判は精神的にも苦しい思いをする場合が多く、出来たら避けたいですね。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

夫と離婚したくないなら試してほしい5つのこと

「離婚したくない」気持ちを正直に手紙に綴る


どうしても離婚したくないけど、夫が話を聞いてくれなかったり、まともに取り合ってもらえなかったりすると、話し合いは進まず、いつまで経っても問題は解決できませんよね。

そんな時は、正直な思いを手紙にして相手に渡すことで、アナタの気持ちを伝えることができるかもしれません。

相手の目を見て話すことも大切ですが、アナタの気持ちを文字にして、彼の視覚に訴えることで、彼の心にもきっと響くでしょう。

ただ、極端な例ですが「広告の裏や、ルーズリーフを破って殴り書き」などと言うような「やっつけ感」が出てしまう手紙は逆効果です。

自分の字に自信がなくても、一つ一つの字に心を込めて、丁寧に書くこと。

便箋や封筒は「家にたまたまあったもの」ではなく、文房具店に足を運んで、選びましょう。

会話を増やす努力をする

想像していなかった未来
夫との離婚を何とか回避したいと思うなら、日頃から、何気ない会話を増やす努力をしましょう。

夫婦関係が冷え切ってしまっていると、会話も自然と減り、「連絡事項しか話さない」とか「子どもを介してじゃないと会話ができない」などと言う状況に陥りやすいです。

険悪な雰囲気の時には、話しかけることが怖かったり、憂鬱な気持ちになってしまうかもしれませんが、アナタが傷つくことを恐れ、いつまでも意地を張っているばかりでは何も解決されません。

勇気を出して、会話を増やす努力をしましょう。

まずは人と人との最低限の、基本的なコミュニケーションを心がけること。

「おはよう」「おやすみ」「お疲れ様」などという挨拶です。

挨拶がスムーズにできるようになったら、次は雑談。

天気の話やテレビの話などは気軽にしやすいでしょう。

少しずつでも、自然に会話をすることができるようになったら、きっと夫婦の間にも和やかな空気が流れるはずです。

夫婦間のルールを決める


夫と離婚したくない場合には、関係を再構築しようとする上で「夫婦間のルールを決める」ことは効果的です。

まずは相手の意見を聞き、アナタに落ち度がある場合にはしっかりと反省すること。

たとえ相手に落ち度があった場合であっても、100%片方が悪いということはありませんから、アナタ自身も自分を振り返って、「これからもう一度夫婦としてうまくやっていくにはどうしたらいいか」を考えましょう。

ただ、人は簡単には変わることができません。

漠然と考えて、やんわりと話し合いをしただけでは、たとえ夫婦関係を再構築できたとしてもまた同じことでぶつかり、同じことを繰り返してしまう可能性があります。

そうならないためにも、あらかじめしっかりとルールを決めておくのです。

例えば浮気や不倫があった場合には「二度としない」と誓う。

家事や育児をパートナーがしないことが原因となってしまった場合には、細かく分担を決める。

夫婦間のコミュニケーションを増やすために「挨拶は必ずする」など。

ただ、あまりギチギチに決めてしまうと、息苦しくなってしまうのでほどほどにしましょう。

断捨離や模様替えをして家庭の中の環境を変える


離婚危機に直面している夫婦の家は、「どんより」している場合が多いです。

暗く、重く、緊張がピンと張り詰めたような空気が流れています。

また、「部屋の乱れは心の乱れ」と言う言葉があるように、心が荒むとどうしても部屋も散らかり、荒れていく傾向が強いです。

そんな家で暮らすのは互いに息がしづらく、「家にいたくないなぁ…。」「家に帰りたくないなぁ…。」などと思ってしまう場合も少なくないでしょう。

そんな「どんより」した空気を一新するためにも、断捨離や模様替えはとても効果的です。

まずは部屋の片付け。

不要なもの、使っていないものは断捨離しましょう。

最初は抵抗があるかもしれませんが、次々と手放していくのは、気持ちもスッキリしますよ。

そして、家具を新調したり、配置を変えたりして模様替えをすることもおすすめです。

アナタ自身の気分転換にもなりますし、家の中に新しい風が吹いて、相手の気持ちにも変化が起こる可能性もあるでしょう。

イメチェンしたり、身綺麗さを心がける

何も見失わないで
夫との離婚を何としてでも回避したい場合には、自分の外見を見つめ直し、改善できるところがないか考えてみましょう。

どんな男性であっても、妻にはいつでもいつまでも、「綺麗でいてほしい」と思っているものです。

ヨレヨレで毛玉のついたスエットに、髪は何ヶ月も美容室に行っていなくてボサボサ、メイクもせずに毎日すっぴんでいられたら、夫の離婚したい気持ちはさらに増してしまうでしょう。

そうならないために、辛い時こそ、自分自身の外見には気を使い、身綺麗でいることを心がけてください。

夫の好みが分かるようなら、好みに合わせてイメチェンすることも効果的です。

「あれ?妻はこんなに綺麗だったかな?」と思わせることができれば、夫がアナタを見る目も変わり、離婚することを考え直すようになるかもしれません。

夫とは離婚したくないけれど相手の意思が固そう…対応方法は?

経済面、世間体、子どもの将来など…離婚をしたくない理由をまとめる 

最終的な役割は変わらない
夫の離婚意思が固く、離婚されてしまいそうなときは、とりあえず「感情」は一旦心の奥底に沈めましょう。

深呼吸して落ち着いて、理性的に離婚したくない理由を考えることです。

経済面、世間体、子どもの将来など…出来るだけ細かく、具体的に。離婚を切り出す方も、渦中にいる時は感情的になりがちです。

ただただもう結婚生活を続けていくことがイヤになり、「もう離婚する!」と言い張るだけで、理性的な考えを持てていない場合もあるでしょう。

離婚は感情だけですると後々絶対に後悔します。

離婚することで起こる現実的な問題が明確になると、離婚するデメリットもハッキリと目に見えてくるようになりますから、意思を固めた夫も「離婚しない方がいいのかも…」などと、考え直すこともあるかもしれません。

子どもの養育費が継続して夫が支払ってくれるかどうか話し合いを詰める

貯金をスタートしてみよう
夫の離婚意思が固く、それでもなんとしてでも離婚を回避したいと思ったら、お金のことについてはトコトン話し合うべきです。

慰謝料はどうするか、財産分与はどうするか、特に、子どもがいる場合には養育費は月々どのくらい払ってもらえるのか、また、その額は妥当であるか、しっかりと話し合っておきましょう。

離婚した時に、トラブルになりがちなのは、やっぱりお金のことです。

そして何年も先まで続く子どもの養育費は、次第に払われなくなってしまいがち。

別れて生活が別になるということは、それぞれの生活費も増えるわけですから、それだけの経済力がある相手でないと無理でしょう。

「もしお金の問題がクリアにならないようなら、離婚はできない」と、いうことはハッキリ伝えるべきことです。

不貞行為など夫に原因がある場合には、慰謝料の請求を

がっかりしてしまう
夫が不貞行為などをして離婚の原因を作った場合、そしてさらに離婚を言い渡してくる場合には、慰謝料の請求を忘れてはなりません。

相手の女性から、そして夫から、アナタは慰謝料を貰える権利があります。

離婚しないでいることが一番なのは確かでしょうが、どうしても夫の意思が固く離婚する流れになりそうなときには、アナタのキモチが納得できるだけの額を(お金じゃ納得できるわけがないかもしれませんが)きっちりもらえる手立てを講じましょう。

お金で全てを手に入れることはできませんが、お金があれば99%のことは解決することができます。

アナタ一人では、慰謝料を取ることが難しそうなら、友達や家族など信頼できる人に相談したり、弁護士などのプロを頼ったり、決して一人では抱え込まないようにしましょう。

離婚の原因が自分にないか、落ち度がないかもう一度自分を振り返る

自分にできることを考えよう
夫の意思が固く、離婚を回避することが厳しそうな時には、まずは離婚の原因を取り除くことができるかを考えてみましょう。

原因になっていることを解決できれば、また再構築できる可能性はあるからです。

また、離婚は「ちりつも」。

直接的なキッカケは明確になっていても、その陰では「小さな不満」がたくさん積み重なっている場合が多いです。

自分の落ち度がなかったか、もう一度自分自身を、結婚生活を振り返ってみましょう。

例えば、夫の浮気が原因で離婚危機になってしまったとしたら、原因は夫ばかりにあると思いがちです。

しかし、浮気してしまったのはアナタにも少なからず落ち度はあるはずなのです。

家事をやらなかったり、家庭をかえりみず遊び歩いていたり、ましてや自分も浮気など、してはいませんか?

離婚を回避し再構築したかったら、相手に求めるだけではなくて、自分自身も変わらなければ絶対にうまくやっていくことは無理です。

もう一度自分を振り返ってみてください。

専業主婦の場合には今後、経済的に一人で生きていくことができるのか考える

相手を恋しく感じるようになったら
離婚した後で、一番不安なのはやはり経済面だと思います。

女性や子どもの貧困問題が社会問題となっていることからも分かるように、特に子どもがいてシングルマザーになってしまう場合、女手一つで子どもを養いながら、生活費を稼ぐことはとても大変なのです。

今現在、専業主婦である場合には、仕事を探すところから始めなければなりません。

本当に離婚することになった時に困らないように、今のうちから仕事を探しておくことも大切です。

また、夫からの援助や、公的扶助もしっかりと確認しておき、「経済的にひとりで生きていくことができるのか」具体的に考えてみましょう。

もし経済的に不安があるのなら、それはパートナーにしっかり伝えること。

離婚してからでは遅いのです。

相手の意思が固い時には離婚しないことが関係悪化になることも


離婚は基本的に、双方の合意がなければ成立しません。

しかし、相手の意思が固く、どうしても覆らない時には、アナタが「離婚したくない!」と譲らないことで、ますます関係が悪化してしまう可能性があるでしょう。

離婚問題は長引いて泥沼化し、最終的にお互い恨みながら別れたのでは、今後の新しい人生、良いスタートを切ることができません。

相手に迷いがなく、絶対に揺るがないことが分かったら、潔く別れた方が、今後良い関係を築いていく上でも良いこともあるでしょう。

まずはアナタ自身が、「なぜ離婚したくないのか」理由を明確にすること。

そして、その理由をクリアに出来れば、きっと「離婚することは悪いことではない」と思えるかもしれません。

離婚したくないとき離婚を切り出されてやってはいけないこと

自分から別居を切り出す


離婚を切り出されたときに、やってはいけないことは、「自分から別居を切り出す」ことです。

別居は、最終手段です。

喧嘩して、感情的になって「もう出てけよ!」「言われなくても出ていくわよ!」などと言って、そのまま本当に出て行ってしまうことは絶対やめましょう。

調停や裁判になった時に、別居をしていると、「夫婦関係が破綻している」とみなされる場合があるからです。

アナタが本当に別れたくないのなら、別居は奥の手として取っておき、たとえすることになっても必ず期間を決めて、最低限にできるようにしておきましょう。

感情的なまま話し合う

カウンセリングがあれば
離婚を切り出された時に一番やってはいけないことは「感情的なまま話し合う」ことです。

神経が荒立っていると、物事を冷静に捉えることができなくなり、勢いで相手を傷つけることを言ってしまったり、取り返しのつかない決断をしてしまいがちだからです。

また、感情を相手にぶつけても、相手を説得できるはずがありません。

頭に血が上っていると自分で感じる時は、その場での話し合いは中止して、しばらく時間をおきましょう。

「怒り」や「イライラ」などといった感情はそれほど長続きしません。

美味しいものを食べて、眠れば翌日にはスッキリしているでしょう。

話し合いはお互いが冷静になったときにすることです。

相手を責める

怖くて誘えない
離婚を切り出された時に、やってはいけないことは「相手を責める」ことです。

たとえ相手に原因があったのだとしても、「アナタのせいよ!」などと言って責めることはやめましょう。

誰だって、責められるのは精神的に苦痛を感じるものです。

責めてくる相手に対して、「うざいな」「面倒くさいな」と、さらに嫌悪感を抱いてしまいます。

責めたことで、アナタの気持ちはスッキリするかもしれませんが、離婚を回避できるかと言ったら、できないでしょう。

責めたくなってしまう気持ちはわかります。

でも、今はそんな気持ちをグッと抑えて、相手の意見を聞きましょう。

自分の気持ちを受け止めてくれる妻の姿を見れば、夫も「自分が悪かった…」と反省するかもしれません。

1人で抱え込む

受け入れられない
離婚を切り出された時にしてはいけないことは「一人で抱え込む」ことです。

離婚は、そんなに簡単に決断したり、解決できることではありません。

恋人同士だったら、「性格が合わなかった」「あまり好きになれなかった」などと言う、「好き」「嫌い」という感情だけで別れることができると思います。

しかし、夫婦になると子どもや、家族、親戚など多くの人を巻き込み、また影響を与えるため、色々なことを色々な方面から考えなくてはなりません。

そんな大変なことを、アナタ一人で考えて、答えを出すなんて、酷すぎるでしょう。

アナタひとりで抱え込まなくて良いのです。

信頼できる友達や家族、それに弁護士などのプロ。

辛い時は「辛い」と言える相手がいること、「助けて」と言えば助けてくれる相手がいることを忘れてはいけません。

これは、一人で解決することではなく、誰かに頼るべきことなのです。

流されて離婚届にサインする

愛されていない私
離婚を切り出されたときに、してはいけないことは「流されて離婚届にサインをする」ことです。

「ここにサインと判を押してくれ」よくドラマにありがちなセリフですよね。

威圧的に詰め寄られたり、脅迫じみたことをされたりしたら、その場にいてもたってもいられず、早く解放されたくてサインをしてしまいたい気持ちになってしまうことも、あるかもしれません。

でも、本当に自分が納得できていない限りは、絶対に流されてサインをするのはやめましょう。

でないと本当に離婚することになってしまうからです。

離婚届を出されて、「ここにサインして欲しい」と言われたら、一旦はその離婚届けを受け取りましょう。

「しっかり考えてサインしたいから、しばらく預からせて欲しい」と言えば、パートナーも応じてくれるはず。

そうすれば流れで離婚届にサインをしてしまうと言う失態は防げるでしょう。

夫に離婚を切り出されたらまずは落ち着いて行動する

まもなく出会える
夫から離婚を切り出されてしまったら…とてもショックで動揺してしまって当然だと思います。

そんな時こそ、冷静な心が必要ですから、まずは深呼吸して、美味しいものを食べたり、たっぷり眠ったりして、落ち着きを取り戻しましょう。

離婚のキッカケが明確にあったとしても、離婚は、「ちりつも」である場合が多いです。

たとえ相手に原因があったとしても、相手が100%悪いとは言い切れません。

アナタ自身にも落ち度がなかったか、結婚生活、自分自身をもう一度振り返ってみましょう。

離婚の話は、二人が冷静になってから話会うこと。

二人だけでは解決できそうにない場合は、第三者を交えて話し合いましょう。

 

【期間限定・2021年12月5日(日)迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの悩みをなくし幸せへと導きます。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

恋愛の悩み…お金の悩み…仕事の悩み…そして人生の悩み…。このコロナ禍で悩みはつきませんよね…?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「どうすれば幸せになれるか知りたい…。」

「このコロナ禍で漠然とした不安感や辛い気持ちがある…。」

こんな感じならば、【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【言魂鑑定】とは、期間限定で、このコロナ禍だからこその悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします。

結婚、失恋、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生、生きる不安などの悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG