妻に愛情がない夫の行動をチェック!冷たい夫の男性心理と対処方法と覚悟を決めたいときにすべきこと

オーラが変われば恋愛の悩みが解決します。
オーラとはその人を取り巻く一種の霊的なエネルギーのことです。

オーラには性格やあなたの性質、心身の状態などによって複数のカラーがあります。あなたが何色のオーラをまとっているかによって、人格や運勢はもちろん、他の人との相性やうまくいく接し方を診断することができます。

彼とうまくいかないのは、あなたのオーラと彼のオーラがちぐはぐになっているから。

でも大丈夫。オーラは今からでも変えられます。

このオーラ診断では、よくある自分のオーラを知るだけのカルテではなく、彼のオーラと共鳴し引き寄せ合う強力なオーラをまとうための重要なヒントが満載のカルテをお届けします。

オーラが整うと何をやってもダメだった彼との関係が劇的に変わるので、すぐに変化に気づくでしょう。

反対にオーラがちぐはぐなままではどんなに願っても努力しても、あなたは彼のオーラに弾かれてしまいます。

あなたには無駄な努力を重ねてほしくありません。期間限定で初回無料での診断が受けられるので、今から試してみてください。

「最近夫の様子がおかしい」「昔よりも冷たい…私にもう興味なくなってる?」夫からの愛情を感じられなくなり、不安になってしまっているアナタへ。

妻に愛情がない夫の行動って実は、パターンがあります。

今回は、妻に愛情がない夫がとる行動パターンや心理、旦那に対する対処法や離婚を視野に入れた行動の仕方について詳しく解説しています。

「夫婦関係を良くしたいけど、方法がわからない…」と言うアナタはぜひ、参考にしてみてくださいね。

目次

もしかしてこれって冷めてる?妻に愛情のない夫がとる行動パターン

夫婦の会話がほぼない、話しかけても返事がない

カウンセリングがあれば
妻に愛情のない夫がとる行動として、「会話がない」ことは分かりやすいパターンでしょう。

話しかけてこない。

こちらから話しかけても上の空で返事が曖昧。

言葉を交わしても連絡事項のみだったり、子どもを介してしか会話出来ない場合には、夫はアナタに対する愛情を失っている可能性があります。

特に、何気ない雑談も楽しく出来ない場合は要注意。

一緒にニュースを見ていて、「明日は雨降りそうなんだ」とか、「この事件怖いね」などと言い合ったり、「そういえば昨日〇〇さんに会ってね…」などと近況報告したり、特別話さなくてもいいような、何気ない会話をした時に、面倒くさそうにされたり、「くだらないことで話しかけてくるなよ」などと疎まれたりしてしまう場合、彼は何らかの理由で冷めている可能性が高いです。

何年もプレゼントなし

彼との将来がきえさった
「結婚した当初は毎年プレゼントをくれていたのに、最近は何もくれない…。」

誕生日やクリスマス、結婚記念日などに、もう何年もプレゼントをもらえていない場合、それは夫が冷めているからこその行動である可能性があります。

長年連れ添っていれば、だんだん記念日を忘れがちになったり、お祝いするのが億劫になってくるのは、仕方がないことかもしれません。

でも、妻のことを愛していて、「妻の喜ぶ顔が見たい」と思っている夫は、記念日の度に、とまではいかなくとも、時にはプレゼントを用意してくれるでしょう。

また、アナタの方もプレゼントを渡していないのなら、もらえなくても仕方がないかもしれませんが、アナタは毎回渡しているのに、夫からはもらえない場合にはその可能性が高いです。

他にも「プレゼント欲しいな〜」などとアピールしているのにもかかわらず無視されてしまう場合も、残念ながら愛情を持っている夫の行動とは言えないでしょう。

SEXレス

ダメンズばっかり
妻に冷めている夫は、ほぼ100%の割合でセックスレスです。

日本の夫婦のセックスレスの割合は高く、50代の夫婦では7割以上にのぼると言われています。

結婚した当初はラブラブで、毎日のようにセックスをしていたかもしれません。

しかし、子どもが生まれたり、仕事が忙しかったり、日々の生活に追われるようになってしまうと、どの夫婦も自然とセックスは後回しにしがちになってしまうのです。

もちろんセックスがなくても仲良くやっている夫婦はいるでしょう。

それでも良好な夫婦関係でいるためには、セックスが非常に大切なのは確かです。

「前はしていたのに、今では全く誘われなくなった…。」

「誘っても断られるようになってしまった…。」

「セックスどころかキスやハグなどのスキンシップもない…。」

特にアナタが望んでいるにも関わらず、相手に拒否されてしまう場合には、冷めている可能性が極めて高いと言えます。

同じ空間にいてもスマホばかり見ている


妻に冷めている夫の行動パターンとして、「スマホばかり見ている」ことも挙げられます。

例えば、一緒に食事をしている時、出かけている時、リビングでくつろいでいる時など、アナタと会話をするわけでもなく、スマホの画面に夢中になっている場合には、目の前のアナタよりもスマホに魅力を感じている証拠です。

特に、アナタが「スマホばかり見ていないでよ」などと言っても聞く耳を持たない場合は、残念ながらアナタのことを「どうでもいい」と思っている可能性が高いでしょう。

きっとみんなそうでしょうが、愛情を失ってしまった相手には、「どう思われようが別にどうでもいい」と言う感情になるはず。

怒られても、不満がられても、直そうとすることなく、スマホを見続けるでしょう。

イベントごとに対してやる気がない、面倒な態度


妻に冷めた夫の行動の一つに、「イベントごとに対してやる気がない」ことも挙げられます。

誕生日やクリスマス、結婚記念日など、家族のお祝い事に対して関心がなくなり、忘れたふりをしてスルーしようとしたり、あるいは本当に忘れていたり、面倒くさそうな態度を取ることが多いでしょう。

特に、子どもが絡まないイベントごと…例えばアナタの誕生日だったり、結婚記念日などをスルーされてしまう場合には可能性が高いです。

イベントは、確かにお金もかかるし、忙しい時にプランを考えるのは大変かもしれません。

しかし、愛する気持ちがあれば、「妻の喜ぶ顔が見たい」と、億劫なことも頑張れるはずです。

アナタが「どうする?」などと色々提案してもやる気がなく、「面倒くせえな」「どうでもいいよ」などと言われてしまう場合には、残念ながらパートナーは冷めている可能性が高いです。

髪型やメイクを変えても気が付かない


妻に冷めた夫の行動には、「髪型やメイクを変えても気が付かない」ことも考えられるでしょう。

妻に関心がないと、毎日顔を合わせていても「じっくり見る」と言うことがありません。

そのため、ちょっとした変化にも気が付かないのです。

もしくは気づいたとしても、あえて口に出して本人に伝えようとはしません。

冷めてしまっている時は、「なんとかして関係を良くしていかなきゃ」と言う気持ちより「もうどうでもいいや」と言う気持ちの方が勝ってしまっているので、妻を喜ばせようとするセリフなど出てこないのです。

また、良い変化ではなく、悪い変化ばかり指摘してくる場合にも、パートナーは冷めている可能性があります。

例えば、「最近太った?」とか「シミ増えたんじゃない?」とか。

冷めてしまっていると、悪いところしか見えなくなってしまうからです。

そしてそれをアナタに何の遠慮もなく伝えてくると言うことは、アナタに対する思いやりも全くないと言うことなのです。

呼ぶ時は「おい」「おまえ」など、名前で呼んでくれない


アナタのことを名前だったり、愛着のこもった呼び方で読んでくれない場合には、夫は冷めている可能性があります。

結婚生活が長くなればなるほど、「あらたまって名前で呼ぶのは恥ずかしい」と、妻のことを名前で呼べなくなってくる男性は少なくありません。

子どもができたりすると、「お父さん・お母さん」「パパ・ママ」などと、新婚の頃とは違った呼び名で呼ぶようになることもあるでしょう。

名前を呼ばれなくなっても、呼び名が変わっても、アナタに愛されている実感があれば、別に問題はありません。

でも、「おい」とか「お前」とか、あまり敬意や愛情を感じられない呼び方で呼ばれることがある場合には、彼の気持ちは冷めている可能性が高いでしょう。

それに、そもそも男性は、愛情がなくなると、名前を呼ばなくなる生き物なのです。

突然外泊することがある


以前はそんなことなかったのに、突然外泊することが増えた場合には、パートナーはアナタに冷めている可能性があります。

もしかしたら、浮気している可能性も考えられますね。

「仕事が忙しくなったから」などと、仕事を理由に言い訳されたとしても、それが一度だけでなく何度も続くようなら疑った方がいいでしょう。

また、外泊する理由を伝えてこなかったり、アナタに何も言わず朝帰りしたりする場合には、「アナタと離婚することになっても構わない」と考えている可能性があります。

メールやラインをしてもレスがない、既読未読スルーは当たり前


妻に冷めた夫の行動として、「ラインやメールのレスがない」ことも挙げられます。

普段、他愛のない内容のメールやlineをすることもなければ、たとえ必要な連絡事項であったとしても既読スルーあるいは未読スルーしたりすることがしばしばある場合、残念ながらパートナーはアナタに対する関心を失っているでしょう。

「どうでもいい相手」だと思っているので、連絡を返さないことに何の罪悪感も申し訳なさも感じません。

それどころか、連絡がきたことさえ、次の瞬間には忘れていることが多いでしょう。

結婚記念日を忘れている


男性は基本的に、女性に比べたら記念日に疎いです。

女性は「付き合った記念日」「初めてキスした記念日」などと記念日を多く作りたがる傾向がありますが、男性は内心、「面倒くさいな…」と思ってる場合も少なくありません。

「結婚記念日」と言う夫婦にとって大事な1日も、結婚生活が長くなるにつれて忘れてしまうことも、時にはあるでしょう。

でも、妻のことを愛している場合には、当日忘れてしまっていたとしたら、気づいたときに何かしらのフォローを入れるはず。

例えば妻から「昨日結婚記念日だったんだよ」などと指摘されたら、「ごめん!忘れてた!」などと正直に謝ってきたり、翌日にケーキやプレゼントを買ってきてくれたりするでしょう。

結婚記念日を忘れていて、さらには指摘したにも関わらず、何のフォローもしてくれない場合には、冷めている可能性が高いです。

生活費を入れてくれなかったり、最低限のお金しか渡してくれない


妻に冷めている夫の行動として「生活費を入れてくれない」ことも挙げられます。

特に、急にお金を出すことを渋ったり、何かと理由をつけて最低限の生活費しか入れてくれなくなった場合には可能性が高いです。

そしてこの場合、何か別のことにお金を使っているからこその行動であると、疑った方がいいかもしれません。

例えば、浮気をしていて他の女に使っているとか。

結婚生活でストレスが溜まり、ギャンブルにハマっているとか。

何かお金を出したくない理由があるのかもしれません。

たとえそうじゃなくても、人間は愛情のなくなった相手にお金を出すことが、「何となく嫌だ」と感じてしまう生き物なのです。

自分の時間を優先する


妻に冷めている夫は、自分の時間を優先する傾向があります。

家庭をかえりみることなく、いつでも自分優先。

平日は仕事のことしか考えておらず、休みの日には家族サービスすることなく、自分のしたいことをしたいようにするのです。

例えば子どもがいたりすれば、休みの日には「どこか出かけようか?」などと話が出ることだってあるでしょう。

にも関わらず、提案することもなければ、先に自分で予定を入れてきてしまって、全く家族のことを考えてくれていない場合には、家庭のことを「どうでもいい」と考えている可能性があります。

愛していたら、「次の休みはどうやって過ごそう?」「どこに行こう?」と家族との時間を優先して考えるはずですから。

家事全く手伝わない


妻に冷めている夫は、家事を全く手伝いません。

女性も社会に出て活躍するこのご時世、もう家事は女性だけの仕事ではありません。

男性だって育休が取れる時代に変わってきていますし、共同生活をしているのなら家事だって担うべきなのです。

にも関わらず「仕事だけしていればいい」と言うかのように、家事や育児に全く協力的じゃない場合には、パートナーはアナタに冷めていることが考えられます。

ただ、男性は家のことに鈍感です。「言われないと気づかない」場合も少なくありません。

ですから、アナタが「〇〇して欲しい」と行った時にしてくれるようであれば、冷めているとは限らないでしょう。

しかし、アナタが何度も家事をして欲しいと伝えているにも関わらず、一切手伝おうとしない場合は、残念ながら冷めている可能性が高いです。

子育ての関心が低い


子どものことは全部妻任せ…。

育児に消極的で、子どもと関わろうとしなかったり、行事ごとにも何かにつけて不参加だったり…子育ての関心が低い夫は、妻に冷めている可能性があるでしょう。

子育てにおいて、負担が大きくなりがちなのはやっぱり母親です。

妻のことを愛している夫は、育児に奮闘する妻の姿を見て、「大変そうだな」「俺も力にならないと」などと言う気になるでしょう。

しかし、妻に冷めていて関心を持っていない夫は、育児で大変そうにしている妻の姿など目に入らないのです。

そして育児は、妻との共同作業でもありますから、好きじゃない相手と一緒にいたくない場合にも、必然的に育児に非協力的になってしまいます。

自分の子どもでもあるのですから、子どもが可愛くない父親はいないでしょうが、妻との仲が良くないと、どうしても関わりが薄くなってしまうのです。

妻の体調が悪い時でも思いやりの言葉がない、家事を迫る


愛するパートナーが具合悪そうにしていたら、誰だって心配になるでしょう。

アナタが体調を悪そうにしているにも関わらず、「大丈夫?」などと心配してくれる様子もなければ「俺が今日は食事作るよ」などと家事を手伝ってくれることもない場合には、残念ながらパートナーはアナタに対する愛情を失っている可能性があります。

その上、「ご飯まだ?」「なんでお風呂沸かしてないの?」などと、体調を気遣うことなく家事を迫ってくる場合には、確信的です。

愛情があったら、そんな非情なこと言えるはずがありませんから。

妻に愛情がない?男性が妻に対して愛情が冷める時

浮気や不倫…ほかに好きな人が出来た


夫が妻に対して愛情が冷める時ランキングに、必ず上位にランクインしているものは「浮気や不倫」でしょう。

妻以外の女性に夢中になってしまっているとき、男性は妻への愛情が薄れてしまいがちになります。

まず、妻を愛していて夢中だったら、他の女性へ目がいくこともありませんから、浮気や不倫をされてしまった時点で、それが遊びだろうが本気だろうが関係なく、アナタへの気持ちは冷めていると言えるでしょう。

そして、浮気・不倫相手との関係が深くなればなるほど、妻への態度は冷たくなります。男性は、基本的に単純で不器用な生き物。

ホストでもない限り、二人の女性に同じ態度で振る舞うことができないのです。

所帯じみた妻のことを女性として見れなくなった


男性が妻に対して冷めるときに、「女として見れなくなった」ことも挙げられます。

付き合っていた時は、デートの前日には念入りにお風呂に入って、お洋服を決めて、当日は早起きしてメイクして…彼に「可愛い」って言ってもらえるように頑張っていたと思います。

でも、結婚して家族になると、毎日毎日朝起きてから寝るまで、フルメイクの完璧でいることなんて、無理でしょう。

本来家は落ち着ける、素の自分でいられる場所であるはずですから、気の抜けた姿をパートナーに見せてしまうこともあって当然です。

しかし、相手のいる前で平気でオナラをしたり、裸で部屋の中をウロウロしたり、毎日スッピンに毛玉だらけのスウェットで過ごしたり…女を捨てすぎてしまっていると、さすがに男性も妻のことを女として見ることができなくなってしまうでしょう。

女としての魅力を感じなくなった時、夫は妻に冷めるのです。

妻と自分の母親の折りが合わず、自分の母親の肩を持ちたくなった時


男性が妻に冷める瞬間に、「自分の母親をかばいたくなった時」も挙げられるでしょう。

男性は基本的に、マザコンです。

例えば妻と自分の母親が喧嘩になった時、多くの男性は、母親をかばいたくなるのです。

嫁姑問題は、永遠の問題でしょう。

距離が近ければ不満を感じることも多く、つい夫に愚痴りたくなってしまうこともあるかもしれません。

しかし、男性は、自分のお母さんのことを悪く言われて、いい気分にはならないでしょう。

最悪の場合、自分のお母さんのことを悪く言う嫁に嫌悪感を抱き、冷めてしまうこともあるのです。

妊娠・出産・子育てと母親に変わっていく妻についていけない


結婚すると、どの夫婦も「子ども」について一度は考えるでしょう。

子どもを作っても、産むことのない男性は、子どもが生まれてからも父親の実感がなく、すぐには父親になりきれない場合も少なくありません。

そして、実際に十月十日、お腹の中で我が子をあたためて、お腹を痛めて出産する妻との気持ちにズレが生じて、「母親に変わっていく妻についていけない」男性もいるのです。

子どもが生まれ、特に手のかかるうちは、ほとんどの女性は夫より子ども優先で動くようになります。

男性は、それを「仕方がない」と表面上では理解を示しつつも、実は内心は「面白くない」「自分を一番に考えてほしい」などと思っている場合も少なくないのです。

そんな風に、母親になっていく女性の変化についていけない男性は、冷めてしまう場合もあるでしょう。

妻がよその旦那と比べる


妻に対して愛情が冷める瞬間に「よその旦那と比べられる」ことも挙げられるでしょう。

結婚して、子どもが生まれ、マイホームを建て…一つの家族を作って生きていく中で、友達やご近所さんと家族ぐるみのお付き合いをすることも増えてくるでしょう。

また、女同士でのランチやママ友との井戸端会議などで、友達の家事情、旦那事情を耳にすることもあるでしょう。

そんな中で、自分の旦那とよそのうちの旦那を比べてしまうことも、時にはあるかもしれません。

比べてしまうこと、よその旦那を「あのうちはいいなぁ…」と、心の中で思うだけにしておけば何の問題もないのですが、それを実際に旦那に言ってしまうと、気を悪くして当然です。

1度きりならまだ許せるにしても、ことあるごとによその旦那と比べられてしまっていたら、さすがに冷めるでしょう。

周りの家の話を聞いて、「うちの旦那にも変わって欲しい」と思って、つい口に出してしまう気持ちもわかります。

でも、男性はプライドが高くデリケート。

些細なことでも気持ちがプツンと切れてしまうことがあるのです。

束縛と干渉にうんざり


妻からの束縛や干渉があまりにひどいと、夫は冷めてしまうでしょう。

夫婦とはいえ、それぞれ一人の人間です。

何かと行動を監視されたり、疑われたり、制限されたりすると、誰だって窮屈になって、逃げたくなってしまうでしょう。

例えば、「飲み会に行く」と言えば「また?この前行ったばかりじゃない!断ってよ!」などと文句を言われたり、帰りが遅いと、「今どこ?まさか浮気なんてしてないでしょうね?」などと疑われたり。

相手のことを尊重する気持ちがなく、自分の感情だけで、あーだこーだと言われてしまうと、男性は妻のことがだんだん疎ましくなってしまうでしょう。

気持ちも冷めてしまって当然かもしれません。

妻が家事をしない


夫が冷める瞬間に、「妻が家事をしない」ことも挙げられます。

家事は妻だけの仕事ではありません。

でも、パートだったり、専業主婦だったりして夫よりも働く時間が少ない場合には、その分妻が家事を多くするのが自然でしょう。

夫がフルタイムで働き、妻は夫より家事をする時間があるはずなのに怠って
いたり、夫が休みの日は家事をするのにも関わらず妻はやらなかったりする場合には、男性は妻に冷めてしまう可能性があります。

外で朝から晩まで働く男性は、家に帰ったら「ホッと落ち着きたい」「安心して休みたい」と思っているでしょう。

でも、妻が家事をしないために、いつでも床にものが散らばってグチャグチャだったり、お風呂やトイレがカビだらけだったり、ご飯も出来合いのものばかりで栄養バランスが悪かったりすると、帰りたくも無くなってしまいます。

全部が完璧でなくてもいいですが、心も体も健康でいられる家族生活が営めない場合には、愛情も冷めてしまうでしょう。

感情的な妻にいつも八つ当たりされる


夫が妻に冷める瞬間に、「八つ当たりされる」ことも挙げられます。

女性は男性に比べ、感情で動く生き物です。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

何かあるとすぐ感情的になってしまい、時にはヒステリーを起こしてしまうこともあるでしょう。

外で嫌なことがあると態度に出てしまって、夫に八つ当たりしてしまうこともあるかもしれません。

寝食を共にしている夫婦ですから、当然友達や同僚なんかよりずっと距離が近く、何でも言い合える仲かもしれませんが、親しき中にも礼儀あり。

夫婦だからと言って、言いたい放題、相手の気持ちを考えずに思ったことを全て口に出したり、愚痴の吐け口にしてしまっていると、当然相手だって嫌気がさします。

愛情だって冷めてしまうでしょう。

妻に愛情がない夫への対処方法

身綺麗になるように気を配る


愛情が無くなってしまった夫にもう一度愛してもらうためにはまず、全身鏡の前に立って、アナタの外見をチェックしてみてください。

結婚当初のラブラブだった時期と比べて、どうですか?

子どもが生まれたり、日々の生活に追われたりして、自分の外見がおざなりになってはいませんか?

結婚当初に比べて体重が激増してしまっていたり、顔のシミやシワが目立つようになっていたり、髪の毛がプリンのパサパサだったり、メイクもしばらくしてないような場合には、外見のアップデートをはかりましょう。

「妻にはいつまでも綺麗でいてほしい」そう思わない男性はいません。

忙しい毎日かもしれませんが、スキンケアを丁寧にする。

野菜たっぷりのヘルシーご飯を作る。

新しい服を買う。

2ヶ月に一度は美容室へ行くなど、自分にお金と時間を使いましょう。

夫に「あれ?最近綺麗になった?」と思わせることができればこっちのもんです。

きっと愛情も戻ってくるでしょう。

相手感情をぶつけたくなったら、一旦は飲み込む


夫婦関係を修復したいと思ったら、発する言葉には十分気をつけてください。

距離が近い相手だと、つい思ったことを何でも発してしまいがち。

でも、「親しき中にも礼儀あり」です。

感情的になって暴言を吐いたり、愚痴を言ったり、物事をストレートに言いすぎてしまうと、誰だって良い気にはなりません。

だんだん気持ちが冷めてきてしまっても、仕方がないでしょう。

相手につい感情をぶつけたくなってしまった時、八つ当たりしてしまいたくなった時は、深呼吸して、その気持ちを一旦飲み込むように心がけましょう。

「逆の立場だったら自分はどう思うか?」考えてみることで、衝動的な発言をためらうことができるかもしれません。

もとの仲良しな二人に戻りたいのなら、なるべく楽しい、ポジティブな言葉をたくさん使うようにしましょう。

感謝やねぎらいの言葉を伝える


冷めた夫の気持ちを取り戻したいのなら、感謝やねぎらいの言葉、相手を思いやる言葉をできるだけたくさん、伝えるようにしましょう。

例えば「働いてお金を稼ぐのは当たり前」「休みの日は家族サービスをするのが当たり前」などと考えてしまっていると、夫に対する感謝の気持ちは出てきません。

でも「当たり前」だと思っていることは、アナタの思い込みなのです。

パートナーは、口には出さないけれど、アナタの知らないところで仕事で悩んだり、苦しんだり、疲れているけど家族のために、休みの日には遊びに連れて行ってくれているのかもしれません。

そんなパートナーがしてくれる当たり前ではないことに気づき、ほんの些細なことであっても感謝やねぎらいの言葉をかけることで、パートナーも「家族のために頑張らなきゃな」とか、「感謝してもらえて嬉しい」などと感じるのです。

優しさと思いやりに溢れた言葉をかけられて、嬉しくない人はいません。

まずはアナタの方から、一生懸命彼に伝えましょう。

寂しさや不安な気持ちは、正直に伝える


「夫の心が離れて行ってしまっているようで不安…」「冷たくされて寂しい…」など、アナタが夫の気持ちが冷めていることに、不安や寂しさを感じているのなら、その気持ちは正直にパートナーに伝えると良いでしょう。

伝えないと、伝わらないことって、たくさんあります。

アナタは「冷められた」と思っていても、夫は単に仕事が忙しくなっただけで別に冷めているわけではないかもしれませんし、アナタが「冷められた」と思って自分も素っ気ない態度をとってしまっていたら、夫も「妻に冷められた」と思って余計に関係がギクシャクしてしまう可能性もあるでしょう。

冷静になって、正直な気持ちを伝えれば、思い違いをしていたことや、誤解していたことが解けるかもしれませんし、相手の気持ちが分かって、お互いに歩み寄れることもできるかもしれません。

少し勇気がいることかもしれませんが、思い切って伝えて見ることで、きっと前に進むことができるでしょう。

共通の話題を持つ


夫に冷められてしまった時には、夫と触れ合う時間、話をする時間を出来るだけたくさん持てるようにすると良いでしょう。

例えば、子どもがいれば子ども関係の行事や習い事などをシェアするのでもいいですし、彼が夢中になっているゲームなんかがあったとしたら、「私も初めてみたんだけど…」などと言って、一緒にやってみると良いかもしれません。

共通の話題を持てば、自然と会話も増えますし、心の距離もきっと近づいてくるはずです。

詮索しすぎないようにしながら原因を聞いてみる

「最近夫が冷めてる気がする…」と思う場合には、パートナーにさりげなく、原因を聞いてみることで何かしらのヒントが得られるかもしれません。

ただ、問い詰めるようにキツイ口調で迫ったり、詮索しすぎたりしてしまうと、相手の心はもっと離れて行ってしまう危険性があります。

あくまでもさりげなく、深刻になりすぎないように、聞いてみましょう。

冗談っぽく、「もう私に飽きちゃったかな!?」などと明るく聞いてみれば、相手もそれほど深刻にならずに、本音を話してくれるかもしれません。

妻に愛情がない行動を旦那に取られた時にすべきこと

相手の機嫌を伺いすぎない


妻に愛情がない行動を旦那に取られた時…ショックでどうしていいか分からず、相手の下手に出たり、顔色を伺ったりしてしまう人も少なくないと思います。

でも、その行動が相手を刺激し、さらに冷められてしまうこともあるので注意が必要です。

「私何か悪いことしたかな…」「どうしよう…」そんな、オドオドと怯えたような態度を取ってしまうと、まさにその態度が旦那の気に障ることもあるからです。

「もしかしたら離婚を切り出されるかもしれない…」「夫に捨てられたら生きていけない…」そんな不安から、夫の機嫌を伺いすぎてしまうこともあるでしょう。

でも、男性はすがりつかれると逃げたくなる生き物なのです。

そんな時に堂々と過ごすことができる女性こそが、夫からもう一度愛してもらえる女性なのでしょう。

自分の役割や家事分担は果たす


夫からの愛情が無くなってしまった時にすべきことは、「自分の役割や家事分担」です。

「面倒くさいから」「疲れてるから」などと、自分の役割をサボってはいませんか?

自分のやるべきこともやらずに、夫から愛され続けたいという思いは、ただのワガママです。

彼の気持ちを取り戻したいと思ったら、まずは自分のことをしっかりやりましょう。

だらしのない生活は、見ている人に不快感を与えます。

いくら「家だから」と言っても、お酒を飲みながらテレビや電気付けっぱなしで寝たり、日中もスッピンのボサボサ、くたびれたパジャマで過ごしていたりする姿を見ていたら、冷められてしまっても無理はないでしょう。

家でも規則ただしい生活を心がけ、一生懸命働くこと。

妻としての役割、そして子どもがいるなら母親としての役割をきちんと果たしましょう。

家のために一生懸命頑張る妻の姿を見たら、きっとパートナーの心も変わってくるはずです。

離婚も視野に入れて、経済的な自立を目指しておく


夫の愛情が冷めたことがキッカケとなり、離婚に発展してしまう場合も少なくありません。

そんないざと言うときのためにも、経済的な自立をしておくことは大切です。

離婚すると、経済的には女性がかなり不利になります。

子どもがいるとなると余計に、お金の心配が絶えないでしょう。

それに、お金の余裕は心の余裕につながります。

たとえ離婚を回避できたとしても、自分の自由になるお金はある程度持っていたほうが、今後のためにも良いでしょう。

今は、色々な働き方ができる時代です。

子どもが小さくて、会社勤めは厳しいとしても、在宅でできる仕事や、自分の趣味・特技を仕事にできる場合もあります。

色々な仕事を探して、経済的に自立できる方法をいくつか考えておきましょう。

趣味や推し活で心を癒し、旦那への依存から脱却する


夫が冷める原因の一つに、「依存・束縛・干渉」があります。

夫に頼りすぎ、甘えすぎ、依存しすぎてしまい、夫に「重い…」「面倒くさい…」と思われ冷められるパターンです。

もしアナタが、旦那に依存しすぎていると感じるのなら、まずは依存から脱却できるように頑張りましょう。

「夫がすべて」「夫がいなければ何も出来ない」という状態から脱却するために、別のことに熱中することは一つの手です。

趣味がある人は、夫のことを考えている時間は趣味の時間にするとか、夫以外にアイドルとか、アニメのキャラクターなどで「ステキ」と思える人を探し、「推し活」をすれば、愛情も分散されて、夫への負担が減るでしょう。

個人的におススメなのは、韓流ドラマです。

一つ一つが長くて見ごたえがありますし、俳優さんもカッコよくて、胸キュンします。

「夫が全て」から、「夫がいなくても大丈夫」になることができれば、二人の関係もきっと良い方向に向かっていくでしょう。

相手が冷たくするからと言って浮気に走らない


夫に冷められた時に、絶対にしてはいけないことは「浮気」です。

冷められて、冷たい態度を取られたことに腹を立てて、「寂しくさせたから悪い」「やられたら、やり返す」などという気持ちになってしまうのもわかりますが、浮気にだけは走らないようにしましょう。

バレなければ大丈夫かもしれませんが、バレたら終わり。

夫には完全に冷められて、修復の余地も無くなってしまうでしょう。

また、アナタの浮気が発覚したことがキッカケとなって離婚問題に発展してしまったとしたら、圧倒的にアナタが不利になってしまいます。

冷められてしまっている時期こそ、誠実に過ごし、夫から信頼を失われないように充分注意して行動しましょう。

将来的に離婚に切り出された時のために法律や財産分与の予備知識を知っておく


夫に冷められた後にやってくること…それは離婚問題です。

夫婦関係が冷え切って、パートナーが、「もう夫婦としてやっていくことはできない」と思ったとき、離婚を切り出されることもあるでしょう。

突然「離婚してくれ」などと言われたら、誰だってショックで頭の中が真っ白になってしまうはず。

その後の対応も上手く出来ず、最終的に自分の納得のいかない形で終わってしまうことにも繋がりかねません。

そうならないためにも、万が一、離婚を切り出されたときのために、法律や財産分与の予備知識を勉強しておきましょう。

ネットにはたくさんの情報が分かりやすくのっているし、弁護士の無料相談に問い合わせて見ても良いかもしれません。

身近に実際に離婚をした人がいる場合には、話を聞いてみれば、きっと参考になるでしょう。

いざと言うときに動揺してアタフタしないためにも、備えておくことはとても大切です。

離婚するメリットデメリットも考える


夫に冷められてしまって修復不可能…「もうダメかもしれない…」と感じる場合には、離婚するメリットデメリットを具体的に考えてみると、アナタの気持ちにも変化が訪れるかもしれません。

「離婚することになったらどうしよう…」と、ただただ漠然と考えているだけでは、不安は大きくなるばかりです。

考えを整理するためにも、ノートに書き出したりして、メリットとデメリットをまとめましょう。

離婚は一見、ネガティブなものと捉えられがちですが、マイナスなことばかりではありません。

アナタが今精神的に追い詰められて、人生を楽しめていないのであれば、離婚して夫から解放された方が、アナタらしく、楽しい人生を歩めることもあるのです。

子どものこと、お金のこと、世間体など…もちろんデメリットもありますが、それを考えてもアナタに取ってメリットの方が大きければ、離婚を選んでも良いでしょう。

具体的に考えることで、漠然とした不安や恐怖はなくなります。

ぜひやってみてください。

相手が居心地の良い環境を作るよう努力する


夫に冷められてしまった時にすべきことは、「夫にとってこの家は居心地が良いか?」もう一度自分の家の様子をもう一度思い返してみることです。

今の家は、夫が仕事から疲れて帰ってきた時に、ホッと安心できる家でしょうか?

物が多くいつでも散らかっていたり、水回りの掃除が出来ておらず不潔だったり、暗かったり、寒かったり、不機嫌でピリピリとしたムードが張り詰めている家だとしたら、安心など出来ませんよね。

夫が早く帰りたくなる家を作るように努力しましょう。

まず、家が散らかっていたり汚れていたりするのなら、掃除から始めること。

綺麗になったら、「寛ぎアイテム」「癒しアイテム」を部屋に取り入れるのも良いでしょう。

例えば、ゆったり座れるソファを新調するとか、間接照明を置いてみるとか。予算的に厳しそうなら、良い香りがするアロマディフューザーや、キャンドル、入浴剤などもオススメです。

そして何より、アナタがいつも明るく朗らかでいること。

妻が太陽のように明るい笑顔でいてくれたら、家も自然と明るくなります。

夫にとって、居心地の良い家にきっとなるでしょう。

アナタ自身が笑顔で機嫌よく過ごす


夫に冷められた行動を取られたら、悲しいし辛いですよね。

どうしていいか分からず、落ち込んで、どんより不機嫌オーラを放ってしまうこともあるでしょう。

でも、どんなに落ち込んでいても、不機嫌でいても、夫の心が戻ってくるわけではありません。

それどころかその態度が彼を余計に刺激して、もっと険悪になってしまう可能性もあるのです。

前項でも述べましたが、夫婦関係を修復したかったら、夫にとって、居心地の良い家づくりをすること。

その中で一番大切なのは、妻がいつも笑顔で機嫌よく過ごしていることなのです。

明るくて、楽しい気持ちは伝染します。

どんなに辛くても、悲しくても、できるだけ笑顔をたやさず、機嫌よく過ごすことで、夫の気持ちも穏やかにさせることができるでしょう。

夫の愛情は本当に無くなってしまったの?家族愛になっていないか確認する


夫からの愛情が感じられず、「冷められた…」と思うとき、それは真実なのか、本当に愛情が無くなってしまったのかをもう一度よくよく考えてみましょう。

愛のカタチは変わっていくもの。結婚して家族になって、子どもができると、恋愛の愛から、家族の愛に変化していくのです。

形は変わっても、アナタへの愛情が失われていないのであれば、夫婦として、家族として、これから先も仲良くやっていくことができるでしょう。

例えば、以前のようにキスやセックスが無くなってしまったのだとしても、何気なく優しい言葉をかけてくれたり、家事を手伝ってくれたりする場合には、夫の愛情は家族愛に変わった可能性があります。

妻に愛情がない夫の行動が見られるなら離婚も視野に入れた証拠固めも

レシートやチケットなど、物的証拠を抑えておく


妻に愛情が無くなった夫は、時に浮気に走る可能性もあります。

もしくは浮気して、外の女性に夢中になってしまったあまり、妻への愛情が無くなってしまった場合もあるでしょう。

「最近家に帰る時間が遅い…」「私に隠れて何かしている気がする…」などと、夫の行動が怪しい様子なら、いざ離婚協議に発展した場合に不利にならないように、証拠を抑えておきましょう。

例えば、2人で行ったと思われるレシートとか、スーツのジャケットに入っていたチケットとか。

カバンの中のポケットにコンドームを潜めてあったり…浮気をしている男性には、見つけようと思ったらスマホ以外でも何かしらのボロが出ているはずです。

見つけた場合には写真におさめて、いざというときのために隠し持っていましょう。

モラハラな言動があるならメモや日記で記録をつけておく


妻に対して愛情がなくなると、男性は妻に対して思いやりのない言動をしがちです。

中には、「モラハラ」だと考えられるようなヒドイことを言ったり、したりする夫もいるでしょう。

アナタが「モラハラだ」と思うような言動を夫がしてくる場合には、忘れないようにメモや日記で記録をつけておくことです。

愛情が無くなったからと言って、妻を貶めたり蔑んだりする発言をしたり、生活費を渡さなかったり、行動を制限してきたりすることは、許されない行為ですし、離婚が認められる大きな理由にもなります。

出来たらボイスレコーダーなどで録音できていればベストですが、記録をつけておくだけでも有力な証拠になるでしょう。

自分に落ち度があるなら改善する努力を見せる


冷められた態度を取られた時に、原因がアナタにあるのなら、改善する努力を見せることで、関係が改善されるかもしれません。

例えば、アナタの浮気がバレてしまったのなら、浮気相手との関係を断ち「もう二度としない」ことを誓う。

アナタが夫に内緒でカードを使い込み、借金をしてしまったなら、一生懸命働いて、返す努力をする。

アナタが家事や育児を怠り家の中がぐちゃぐちゃだったりする場合には、片付けや料理を精一杯やる。

アナタが「もう一度夫婦としてやり直したい」と思い、精一杯改善する努力を見せれば、夫もアナタのことを見直し、考えを改めるかもしれません。

一度失われた信用を取り戻すのは、そう簡単なことではないでしょう。

でも、一生懸命な気持ちが伝われば、少しずつでも、相手の気持ちも動いてくるはずです。

冷静に、話し合いの機会を申し出る


冷めた態度を取られてしまったら、お互い冷静な状態の時に、話し合いの機会を申し出ましょう。

ケンカをしている最中だったり、どちらかでも精神が不安定の時に話し合いをしてしまうと、感情的になってしまいやすいです。

たとえ激しく喧嘩をしてしまったとしても、一晩眠れば気持ちはだいぶ落ち着いてくるものですから、冷静になった時を見計らって、話し合いをするようしましょう。

特に、なぜ夫の愛情が冷めてしまったのか分からない場合には、絶対に話し合いをすべきです。

言葉にしないと伝わらないことはたくさんあります。

理由が明確になれば、改善策を見出すこともできるようになるでしょう。

経済的な自立の準備を始める


夫に冷められて、離婚に発展する夫婦は少なくありません。

もしそうなってしまった時にアタフタしないように、今のうちから経済的な自立の準備を始めておきましょう。

節約するのはもちろんのこと、仕事を始めたり副業をしたりして収入を増やすことも一つの手です。

シングルになることで、もらえる手当て等についても調べておくと良いですね。

特に子どものいる場合、働きながら子育てするのはとても大変です。夫からの慰謝料、養育費、住む家はどうするか…なども、具体的に考えておきましょう。

妻に愛情がない夫にはこちらからの歩み寄りと離婚の覚悟も決めて


夫からの愛情が感じられなくなった場合には、まずアナタ自身の行動を振り返り、冷められてしまう原因をつきとめましょう。

もしアナタに落ち度があり、夫との夫婦関係を修復したい場合には、まずはアナタが行動を改め、夫からの信用を取り戻せるよう努力すること。

そうではなく、夫が浮気したり、モラハラをしてくる場合には、離婚に発展してしまう可能性もあります。

そうなったときにアタフタしないためにも、あらかじめ離婚についての情報を集めて、覚悟を決めておきましょう。

「離婚」することに、漠然とした不安を抱えている場合には、一つ一つ具体的に考えることで、考えを整理することができます。

離婚はマイナスなイメージが強いですが、メリットだってあるのです。

アナタが後悔しない選択ができるよう、しっかり考えましょう。

 

【期間限定・2021年12月5日(日)迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの悩みをなくし幸せへと導きます。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

恋愛の悩み…お金の悩み…仕事の悩み…そして人生の悩み…。このコロナ禍で悩みはつきませんよね…?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「どうすれば幸せになれるか知りたい…。」

「このコロナ禍で漠然とした不安感や辛い気持ちがある…。」

こんな感じならば、【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【言魂鑑定】とは、期間限定で、このコロナ禍だからこその悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします。

結婚、失恋、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生、生きる不安などの悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG