不倫をする男性の特徴と心理!既婚男性の浮気率や浮気する可能性の高い職業や年齢、不倫男が考えている事や浮気中に感じる罪悪感など徹底分析!

  • 2020年3月3日
  • 不倫
  • 1347view
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットをもとにお伝えいたしますね。

「男は浮気するいきもの」なんて皆言うけど、本当にそうなの?

生涯妻だけを愛するなんてありえない?

不倫をする既婚男性の特徴や心理が知りたいあなたへ。

今回は、既婚男性の浮気率の高い職業や年齢、不倫をする既婚男性の特徴や心理、不倫相手には言わないけれど考えていることや、既婚男性が不倫中に感じる罪悪感などを徹底分析し、ご紹介します。

目次

既婚男性の浮気率って?浮気率の高い職業や年齢は?

仕事でも立場があり、経済的に余裕がある50代


既婚男性の浮気率が最も高い年齢とも言える50代。

なぜかと言うと、理由はたくさんありますが、まず第一に「お金がある」から。

50代は、社会人としての経験やスキルも豊富にあり、責任のある仕事を持っている場合が多いです。

「課長」「部長」「支店長」などの肩書きのある立場であったり、自分で会社を起こし「社長」になっている場合もあるでしょう。

そんな、社会で活躍する50代の既婚男性は収入も多く、社会人人生で一番稼いでいる年代とも言えます。

家庭を持っている男性は可処分所得が少ないですから、どうしても若い年代だと、自分が自由に使えるお金が無いのです。

浮気をしてもホテル代割り勘だったりする場合、女性に不満に思われがちですし、「金の切れ目が縁の切れ目」と言う言葉通り、お金がないと不倫を続けるのは難しい。

どんなに彼女のことが好きでも、いずれ愛想を尽かされてしまうでしょう。

そもそも女性は、お金がない人と不倫をしようだなんてまず思いません。

家のローンや子供の学費を払っても、自分の自由になるお金がある50代は、不倫デートで高級レストランやシティホテルなど、若い女性が一人では行かれないようなところに連れて行ってくれるでしょう。

自分の知らない世界を教えてくれる50代既婚男性に、女性も夢中になってしまうのです。

働き盛りでフットワークが軽く、性欲が強い40代


働き盛りでフットワークが軽く、また性欲も強い40代の既婚男性は、浮気率が高いと言えます。

社会人としての経験を積み、「中堅」と呼ばれ、仕事も楽しくなってくる年代。

「こんなことをしてみたい」「もっとこうなりたい」などの好奇心や向上心も湧いて、意欲的な年齢です。

そんな、様々なことにおいてチャレンジ精神旺盛な40代既婚男性は、性欲も旺盛。ドキドキするような毎日を、体が自然と欲してしまうのです。

20代、30代の既婚男性は、まだ人生の経験値が少なく、浮気や不倫を器用に出来ず、すぐにバレてしまったり、お金が続かずあっという間に終わってしまったりする場合が多いでしょう。

しかし40代は、培ってきた人生経験により「手の抜きどころ」や「ずる賢さ」などを覚え、浮気や不倫を器用にこなすことができます。

家庭を大切にしつつ、外では他の女性とSEXをして気分転換する。

家庭と婚外恋愛のバランスをうまく取り、誰にもバレずに続けていける知恵を持っているのです。

また、場数を多く踏んでいるため、女性の扱い方にも慣れていて、口が上手く、女性を口説き落とすテクニックも身につけている場合が多い。

そんな40代既婚男性に言い寄られて、不倫関係になってしまう女性は少なくないでしょう。

肩書きだけでモテてしまう「医者」「弁護士」「一流企業」


「医者」「弁護士」「一流企業」などのいわゆる「エリート」と呼ばれる既婚男性は、浮気率が高いです。

なぜなら、その肩書きだけで女性からモテてしまうから。

やはり「高学歴」は強いです。

何より、「高学歴=高収入」と言うイメージに結び付きますし、自分にないもの(=学力)を持っている男性は魅力的に見えます。

また、そんな彼と付き合うことで、「エリートと付き合っている」と言う肩書きを得た女性自身も、周りと比べ優越感を持ったり、自信がついたりするのです。

そんなエリート既婚男性は、何もしなくても女性の方からチヤホヤされてしまうため、誘惑が他の男性より多く、結婚していても浮気してしまう確率が高いでしょう。

また、医者や弁護士、または一流企業に勤めている既婚男性は、「仕事が忙しい」といったイメージが強いです。

そのため妻は、夫の帰りが遅くても「仕事が忙しいのね」と、浮気を疑うことがありません。

本当は仕事ではなく不倫相手と過ごしていたとしても、妻にバレにくいのです。

そんなメリットを利用して、エリート男性は不倫を楽しんでいる場合があります。

飲食店やアパレル、美容関係など女性と出会う機会が多い職業


飲食店や女性もののアパレル、美容関係、など女性と出会う機会が多い職場に勤めている既婚男性は、浮気率が高いと言えます。

同じ職場で働く仲間として、お客さんとして、女性の数、女性と触れ合う機会が多ければ多いほど、浮気してしまう可能性が上がるものです。

男しかいない職場と違って、これといって意識していなくても視界に入ってしまうことが多いため、何かちょっとしたキッカケで不倫に発展してしまうこともあるでしょう。

例えば、同じ空間で仕事をしている最中に他愛のない雑談をしたり、タイミングが重なって一緒にランチをとったり。

まだ同僚だったり部下だったりすれば、上手く断ったり避けたりすることも可能でしょう。

しかし相手が女性のお客さんだった場合、女性の方が立場的には上になりますから既婚男性が断りづらい状況になってしまいます。

既婚男性的には気が進まなくても、気付いたら不倫関係になっていた、という場合も少なくないのです。

不倫をする男性の特徴

服装や体型、髪型など自分の外見に気を使っている


不倫をする男性は、服装や体型、髪型など自分の外見に気を使っている場合が多いでしょう。

そう言った男性は小ざっぱりとして清潔感があり、女性から見て高感度も高いため、不倫関係になりやすいと言えます。

外見に気を使う男性は「周りからどう見られているか」をとても気にしていて、特に女性から「モテたい」「チヤホヤされたい」という気持ちを持っています。

既婚男性は、はじめから「よし!不倫をしよう!」などと意気込んで不倫を始める訳ではありません。

既婚男性の「モテたい」「女性たちにキャーキャー言われたい」気持ちから、不倫は始まるのです。

これは男性にも女性にも言えることですが、たとえ結婚して操を守ることを誓ったとしても、幾つになっても「男でいたい」「女でいたい」という気持ちを持っているもの。

結婚すると、「男と女」というよりはどうしても「空気」になってしまいますから、外に気持ちが向いてしまう既婚者は少なくないのです。

イケメンで、何をしなくてもモテてしまう


不倫をする男性の特徴は、やはり「イケメン」で何をしなくてもモテてしまう男でしょう。

元々「美形」と呼ばれる、顔の作りがいい男性はもちろん、「雰囲気イケメン」と呼ばれる既婚男性も、不倫をする確率が高いと言えます。

この場合、自分から「婚外恋愛をしよう」と思い立って行動しなくても、女性の方から言い寄られてしまうのです。

そして、モテる男性は過去の様々な恋愛経験を積んでいるので、女性の扱いも上手いのが特徴。

言い寄ってきた女性をさらに夢中にさせて、本気にさせてしまうのです。

恋愛をゲームのように楽しんでいるところもあり、近づいてきた女性をからかってもてあそんだり、その気がないのに思わせぶりな態度をとって、悪く言えば「暇つぶし」をしています。

既婚男性はそれほど本気ではなくても、女性のほうが本気になってしまうパターンが多いでしょう。

常に刺激を求めるチャラ男


好奇心旺盛だったり、新しいことに挑戦するのが好きだったり、ギャンブルが好きだったりと、「常に刺激を求めるチャラ男」は、不倫しやすいタイプだと言えます。

結婚は、人生を「安定」させるためのもの。

しかし、人間と言う生き物は、たった一人の女性と一緒になり平穏な毎日を送ることに満足していても、それがずーっと長く続いていると、どうしても飽きてしまうものなのです。

不倫は結婚とは真逆で、ドキドキわくわくスリル満点。

不倫をすると、ジェットコースターに乗っているような毎日を送ることができるしょう。

特に、胸がドキドキするような刺激を常に欲している男性は、一人の女性で満足できるはずがありません。

妻以外の他の女性に興味があるのはもちろんのこと、決して誰にも見つかってはならない禁断の恋をこっそりするスリルも楽しんで、「退屈な毎日から抜け出したい」と思っているのです。

女慣れしていない真面目な男


見た目もマジメで、女性慣れしていない既婚男性も、不倫しやすいと言えるでしょう。

なぜかと言うと、そういった真面目な男性は、結婚する以前もほとんど女遊びをしてこなかったはず。

女性と遊ぶ楽しさを知らずにここまで来てしまったため、不倫の蜜の味を一度知ってしまうと、その強烈さにドハマりしてしまうのです。

結婚している男性は、独身の男性にはない落ち着きや余裕があるように見えますし、「誰かのもの」「もう売れてしまった」という事実があるため、女性の目に魅力的に映ります。

独身の頃は全然モテなかったという男性も、結婚してから垢抜け、モテだすこともあるのです。

また、不倫には中毒性があります。

初めて不倫をしてしまった真面目な男性は、「一度だけで終わりにしよう」「もうしない」と思うでしょう。

しかし、快楽を知ってしまった彼は、また刺激が欲しくなり、何度も何度も不倫を繰り返してしまうようになるのです。

寂しがり屋で、孤独に弱い男性


寂しがり屋で孤独に弱い男性は、不倫しやすいと言えます。

特に、結婚して年月が経ち、妻から相手にされなかったり、「空気」のように扱われたりして、日頃から寂しい気持ちを抱えている男性は、人肌に飢えています。

子供も小さいうちは「パパ大好き!」などと懐いてくることもあるでしょうが、大きくなるにつれ、特に女の子の場合は「パパ、きもい」「くさい」などと避けられがちになり、寂しい思いを抱える既婚男性も少なくないでしょう。

家庭でぞんざいな扱いを受けている既婚男性は孤独を感じ、寂しい気持ちを癒してくれる相手を外に探しにいってしまうのです。

不倫をする既婚者の男性心理

日常がつまらない。「ドキドキするような刺激が欲しい」と思っている


不倫をする既婚男性は、「日常がつまらない」「ドキドキするような刺激が欲しい」と思っている場合が多いです。

前項でも述べましたが、結婚は何よりも平穏無事が理想です。

毎日家族が健康で、ささやかな幸せを見つけることができればそれで良いはず。

しかし、人間は欲深い生き物。

平穏に慣れてしまうと、どうしても脳が、体が、刺激を求めてしまうものなのです。

家族仲がよく、夫婦で安定した関係を築けているのに、既婚男性が不倫してしまうのは、この人間の本能があるからだと言えるでしょう。

男性はそもそも、「たくさんの種をばらまき子孫を残したい」という本能が体にインプットされています。

それを理性で抑えられるか、そうでないかはその人によりますが、多くの男性は結婚していても「他の女性に関心を持ってしまう」「ドキドキするような刺激を欲してしまう」気持ちを持っているのです。

妻との仲が険悪またはセックスレスで、結婚生活に不満を抱いている


不倫をする既婚男性は、結婚生活に不満を抱いている場合が多いです。

妻と性格が合わず喧嘩ばかりだったり、妻にセックスを誘っても相手にしてくれなかったり…。

結婚生活があまり上手く行っていない場合、既婚男性は妻にないものを、外の女性に求めがちです。

特に、セックスは本能的なものですから、妻が応じてくれない場合オナニーでは我慢できず、妻以外にセックスできる女性を探しに行ってしまうと言えます。

不倫と妻との「セックスレス」は大きく密接していて、婚外恋愛をする男性は大抵の場合、妻とセックスレスなことが多いでしょう。

また、本来であれば身も心も休まる場所である家庭がいつもピリピリして居心地が悪ければ、自然と「家に帰りたくない」と思うようになってしまいます。

「今日は飲んで帰ろうかな」「誰かを誘って夕飯食べよう」などと理由をつけて早く帰らないようにしているうちに、不倫の道へ走ってしまう場合もあるでしょう。

そんなつもりはなかったのに、妻以外の女性に本気で恋してしまった


不倫をしようと思っていたわけではなくても、既婚男性が妻以外の女性に本気で恋をしてしまうことがあります。

恋はしようと思ってするものではなくて、気付いた時には落ちているもの。

それは結婚していようがしていまいが関係なく、誰にもどうすることもできないのです。

もちろん世の中には、不倫・浮気をしない男性もわずかながら存在します。

それは、恋に落ちてしまった彼自身が理性で気持ちをコントロールできるか、女性の方が振り向いてくれないかのどちらかの場合のみ。

あとの男性は、自分の欲望に負けて恋した女性と不倫関係になってしまうでしょう。

しかし、誰もがはじめから「不倫をしたい」と思って始めるわけではありません。

「自分には妻がいる」という自覚があるはずですし、いくら可愛いからといってどんどん距離を詰めていくわけではないでしょう。

結婚成就には3つの「ing(フィーリング・タイミング・ハプニング)」が必要だと言われているように、不倫にもフィーリング・タイミング・ハプニングはあります。

それらが重なり合った時、人は恋に落ちてしまうのです。

性欲が抑えきれない。とにかくSEXがしたい


不倫をする既婚男性の心理には、「性欲」が大きく関係しています。

性欲が人よりも強かったり、SEX依存症の男性は、「とにかくSEXがしたい」一心で、不倫をしてしまうでしょう。

不倫が始まる時、既婚男性が「支えてくれる人が欲しい」などといった精神的なものを求めて始まる場合などほとんどありません。

多くが「SEXしたい」「性欲を満たしたい」といった下心から始まる不倫です。

性欲がなければ、既婚男性はまず不倫をしないでしょう。前項でも述べましたが、特に妻にSEXをしてもらえなかったり、もっとたくさんしたいのに断られてばかりだったりする場合、既婚男性の性欲は溜まる一方です。

また、毎日ステーキを食べていたら、たまにはお茶漬けが食べたくなるように、妻と定期的にSEXをしていても飽きてしまう場合もあります。

「ちょっと違う女も食べたい」「いつもと違ったSEXがしたい」と、よそ見をしてしまい、不倫をしてしまう男性も少なくないでしょう。

不倫男が不倫相手には言わないけど考えている事

「本気になられ過ぎても困るから適度に距離を取ろう…」


不倫男が不倫相手には言わないけれど考えている事は「本気になられ過ぎても困るから適度に距離を取ろう…」ということです。

既婚男性は、彼女に「好き」と言ってもらえて尽くしてもらえるのは嬉しいけれど、あまりにも好きになられ過ぎてしまうと、「奥さんと離婚して」「私と一緒になって」などと、無理な要求をされるようになって困るから。

それを実際口に出すと、二人の関係に亀裂が入ることに違いないので、決して口には出す事はないですが、あまり本気になられ過ぎないように「適度な距離を取ろう」と思っているのです。

そのため、彼女に対して「俺じゃ君のことを幸せにしてあげられないから、いい人ができたら言ってね」「俺のこと、好きになりすぎないでね」などと、日頃から予防線を張ろうとしてくるでしょう。

また、「これ以上踏み込んでこられないように」と、家族のことをあまり話そうとしなかったり、彼女に「会いたい」と言われても毎回応じてあげなかったり、ほどほどな距離感で「疑似恋愛」を楽しもうとしているのです。

「SEXは気持ちいいけど、この子とは結婚できないかな…」


不倫男は、あえて不倫相手には言わないけれど「SEXは気持ちいいけど、この子とは結婚できないかな…」と考えている場合があるでしょう。

婚外恋愛をする既婚男性は、無意識のうちに自分の奥さんと彼女を比べてしまっていることが多いです。

妻との夫婦関係が上手く行っていない場合は特に「妻と別れて彼女と再婚できるだろうか」と、頭の中で考えるでしょう。

もちろん、不倫相手の女性に本気で惚れてしまっている場合、「彼女と結婚したら、幸せな家庭を築けるだろうな…」と想像する既婚男性もいます。

しかし、その逆で、「仮に妻と別れたとしても、この子とは結婚できないな…」と思っている場合もあるのです。

例えば一人暮らしの部屋がものすごく汚かったり、妻との関係を執拗に聞いてきたり、ヤキモチを妬いたりと行動が幼かったり、ふとした時の価値観の違いを感じたりなど、不倫相手の彼女の「生活感」を垣間見た時に既婚男性は「あれ、ちょっと違うな」と考えます。

しかし、タダでSEXができる相手は貴重。

「本気にはなれないけど、SEXができるならまぁいいか」などと、これからも関係を続けていくのです。

「意外と金かかるなこの女…」


不倫男が不倫相手には言わないけれど考えていることは「意外と金かかるなこの女…」などといった、金銭的なことです。

既婚男性が不倫をする時、決して口にはしませんが、「いかに、お金をかけずにSEXができるか」考えている場合が実に多い。

それが不倫男の「不倫のモットー」と言っても過言ではありません。

もちろん、本気で好きになってしまった女性に対しては違います。

彼女の喜ぶ顔が見たくて高級なレストランに連れて行ってくれたり、誕生日や記念日には高価なプレゼントを贈ったりも苦ではありません。

しかし、遊びの不倫相手に対しては極力お金を使いたくないのです。

遊びの不倫相手の誕生日や記念日にも、なるべく安価なもので済ませたいと思っていますが、さすがに口には出せません。

そんな時、彼女が意外と高いものを要求してきた場合、「なんだよ、意外と金かかるな…」とつい不満に思ってしまうのです。

「なんだよ生理かよ、セックスできないじゃん」


不倫男の考えていることは、ほとんどがセックスのことだと言ってもいいでしょう。

不倫相手の彼女とのデートの時に、彼女から「今日、生理なんだ…」と打ち明けられた場合、口には出しませんが「なんだよ生理かよ、セックスできないじゃん」と考えていることが多いです。

もちろん彼女のことを本気で愛して、将来は一緒になりたいと考えている既婚男性はそんなことは思わず、「じゃあ今日はゆっくり映画でも見よっか」「外にゴハン食べに行く?」などと、セックスができなくても彼女との時間を楽しもうとするでしょう。

しかし、あからさまに嫌そうな表情をしたり、そのあとの態度が急に冷たくなったり、「じゃあまた日をあらためようか」などと言われてしまう場合は、「君は体目的だよ」と思われている証拠です。

「なんだ生理かよ、セックスできないじゃん」「セックスできない代わりに口でしてもらうか」などと、残念ですが思われてしまっているでしょう。

「コロナが怖いから、別に会わなくてもいいな」


不倫男は遊びの不倫相手に会おうとするとき、極力最低限のリスクに抑えようとします。

例えば、現在日本でも感染が拡大し、猛威をふるっている新型コロナウイルス。

現時点では特効薬もなく、今後の拡大も懸念されています。

そんな最中に彼女が「ちょっと風邪気味なんだけど、あなたに会いたいから会えないかな?」などと誘ってきたとします。

コロナではないかもしれませんが、コロナの可能性もありそうな彼女に会うのは、とてもリスクが高いこと。

そんなとき、不倫男は自分のリスクと天秤にかけ、口には出さなくても「コロナだったら怖いから、別に会わなくてもいいな」と考えるでしょう。

直接的に「リスクを追ってまで会いたくない」とは言いませんが、「ごめん、しばらく仕事が忙しくなりそうなんだ」などと、何かしらの理由をつけて断ってくるはずです。

既婚男性が不倫中に感じる罪悪感

妻に対して「裏切ってしまっている…」


既婚男性が不倫中に感じる罪悪感で一番大きいものは、やはり妻に対してでしょう。

生涯共にすることを誓った相手を裏切っているわけですから、罪悪感の大小はあっても、不倫をするほとんどの既婚男性が感じているはずです。

特に、妻に優しくしてもらった時。

「今日残業で遅くなるから」と妻に嘘をつき、不倫相手とセックスをして帰ってきたら、「お仕事お疲れ様!夕ご飯食べてね!」などと、手紙を添えた夕飯が置いてあったり、「仕事へ行くから」と嘘をついて不倫相手に会いにいくのに、妻が車で送ってくれたりした時に、「本当は不倫相手と会っていたのに…」と申し訳ない気持ちになり、既婚男性は罪悪感に苛まれるのです。

不倫相手に対して「寂しい思いをさせてしまっている…」


既婚男性は、不倫相手に対しても罪悪感を感じている場合が多いです。

家庭と仕事で多忙を極める既婚男性は、自分が自由になる時間が少なく、不倫相手と会う時間もとても限られているでしょう。

休みの日は家族サービスで、連絡すら取れなかったり、会えるのは平日の夜だけで、お泊まりなんてもってのほかだったり。

バイバイする時は、彼女は口には出せなくても、「奥さんの元へ帰っていくんだ…」と、切ない想いでいっぱいでしょう。

そんな彼女の表情や仕草を見て、既婚男性も「寂しい想いをさせてしまっているな…」と、罪悪感を感じるのです。

また、不倫相手に対する罪悪感は、自分が妻と離婚しない限り解消されません。

しかし、離婚は時間もお金も膨大にかかります。

子供がいればなおのこと、自分一人の問題ではありませんし、どうしようもできないことに「申し訳ないな…」と感じているのです。

子供に対して「こんなどうしようもない父親でごめん…」


既婚男性は、子供に対しても罪悪感を感じます。

例えば、子供の運動会や参観日などの行事があったのに、それをすっぽかして不倫相手に会いに行ってしまったり、子供と「今日は早く帰るから一緒に夕飯食べようね!」と約束していたのに、「ごめん!残業になっちゃった!」と行って不倫相手に会いに行ってしまったりした場合、家に帰って子供の寝顔を見たりしているうちに「こんなどうしようもない父親でごめん…」と、罪悪感でいっぱいになるのです。

不倫相手のことを本気で好きになってしまい、真剣に離婚を考えている場合も、子供に対しては罪悪感を抱えるでしょう。

子供に罪はありませんし、夫婦仲が悪いことが、子供にとっては一番のストレスなのです。

離婚をして片親になってしまうことで、悲しい思いをすることもあるかもしれません。

妻の事は嫌いでも、自分の血を分けた子供のことを嫌いな親はまずいません。

その分、既婚男性の感じる罪悪感も相当なものだと言えるでしょう。

妻にも不倫相手にも「嘘をつき、いい男を演じるのが辛い」


既婚男性は結局のところ、妻にも不倫相手にも罪悪感を感じているでしょう。

不倫をする既婚男性は「妻を裏切っている」という気持ちから妻に優しく接し、「不倫相手に寂しい想いをさせてしまっている」気持ちから、不倫相手にも優しくします。

結局、両方に嘘をつきいい男を演じているのです。

どちらにもいい顔をして、いい男を演じていると「自分は何をやっているんだ…」と、虚しくなる瞬間があります。

妻と不倫相手、「どちらとも上手くやっていきたい」「どちらも傷つけたくない」という気持ちから、不倫相手はいい男を演じているのかもしれませんが、それは「偽りの優しさ」であることを本人が一番よくわかっているのです。

結局どちらも裏切っている…。

こんなことをいつまでも続けていていいのか…。

理性と欲望の狭間で、既婚男性は人知れず罪悪感を抱えているのです。

不倫をする男性の特徴や心理を知って、「男を見る目」を養おう


不倫をする既婚男性は、結局のところ「肉欲が全て」です。

「セックスをしたいから」という理由で、モテようと外見を気にしたり、妻以外の女性に近寄ったりするでしょう。

だからと言って、全てが遊びかと言ったらそういうわけではなく、不倫相手のことを本気で愛してしまう場合も中にはあります。

特に、妻との関係が上手く行っていなかったり、彼女が魅力的すぎて、本気になり過ぎてしまったりする場合は、真剣に離婚も考えるのです。

不倫相手を真剣に愛しているからこそ、子供や妻や、不倫相手に罪悪感を感じ、既婚男性は人知れず悩んでいるかもしれません。

彼の考えていることがわかれば、自分がどう動けばもっと愛してもらえるか、一緒にいられるかのヒントを得られるかもしれません。

「遊び」と思われている場合は、まず本気にさせるために頑張ればいいのです。

【期間限定・6月7日(日曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG