離婚してでも一緒になりたい女の特徴と既婚男性が離婚を決意した時の兆候や行動

  • 2019年11月28日
  • 不倫
  • 94view

お互い結婚している身であるのに、彼のことを本気で好きになってしまった…。

全てを捨てて、彼と一緒になりたい…。

現在の配偶者と離婚して、真剣に愛している既婚者の彼との再婚を望むあなたへ。

今回は、配偶者と決別して彼と再婚したい時に知っておいてほしいメリット・デメリットや、離婚してでも一緒になりたい女性の特徴、既婚男性が離婚を決意した時の行動や、なかなか決意してくれない彼に離婚を決意させる方法など、離婚してでも一緒になりたい女のすべてを徹底的にご紹介します。

目次

既婚者の本気の恋…パートナーと離婚して彼と一緒になりたい時に知ってほしいメリット・デメリット

【メリット】一度きりの人生が今よりずっと輝く


パートナーと離婚して、彼と一緒になりたい時に知っておいて欲しいメリットは、何よりも「かけがえのない人生が今よりずっと輝く」ということです。

人生は誰もが一度きり。

「あの時こうしておけば良かった」と思うことがあっても、同じ日は二度とやっては来ません。

もうそこに愛がないパートナーと惰性の人生を送るより、婚外恋愛をしている彼と一緒になるため離婚への一歩を踏み出した方が、最終的に幸せになれるかは別として、悔いのない人生を送ることができるでしょう。

「後悔先に立たず」という言葉があるように、後々自分が後悔しないように、思い切って決断することは必ずしも悪いことではありません。

自分の人生ですから、自分がしたいと思うことをした方が、毎日は輝くのです。

【メリット】時間を気にせず毎日会えるようになる


配偶者と決別して、人目を憚る恋をしている彼と一緒になりたい時に知っておいてほしいメリットは「時間を気にせず毎日会えるようになる」ということです。

今までは、それぞれ家庭を持つ身ですので、お互い自由になれる時間が少なく、デートの時間も限られていたのではないでしょうか。

人目に付く場所ではもちろん会えないでしょうし、出来ることも限られていたと思います。

しかし、配偶者と離婚して彼と一緒になることが出来れば、毎日彼の顔を見ることができますし、人目を気にせず色々なところに出かけることも出来るようになるのです。

大好きな人と毎日会えること以上の幸せはないと言っても過言ではありません。

【デメリット】パートナーと離婚しても彼と一緒になれる保証はない


パートナーと別れて、道ならぬ恋をしている彼と一緒になりたい時に知っておいて欲しいデメリットの一つは「パートナーと離婚しても彼と一緒になれる保証はない」ということです。

離婚は、あなたと彼だけの問題ではありません。

それぞれの配偶者にも気持ちや意思がありますから、こちらが「別れたい」と申し立てても向こうが拒否すれば、法的にも別れることは不可能です。

仮にあなたの方は夫と離婚できたとして、彼が奥さんと離婚できなかったら、あなたは彼の離婚するのを待つ身になってしまいます。

立場的には圧倒的に不利ですし、いつするかわからない相手の離婚を待つのは、精神的にもとても辛いことです。

そうなると、あなたも「こんなことなら旦那と別れなければ良かった」と後悔するかもしれませんし、彼に「いつ奥さんと離婚してくれるの?」とまくし立ててしまうかもしれません。

二人とも離婚し、再婚出来る可能性は、限りなく奇跡に近い確率だということを覚えておいてください。

【デメリット】必ずしも幸せになれるとは限らない


配偶者と離婚して、不倫をしている彼と一緒になりたい時に覚えておいてほしいことは「必ずしも幸せになれるとは限らない」ということです。

もちろん誰もが幸せになりたいから離婚を選ぶのでしょうし、無事に配偶者と離婚でき、彼と一緒になることが出来たら、それは幸せなことでしょう。

しかし、W不倫の末の再婚には、様々なリスクが付きまといます。

例えば慰謝料や養育費の支払いのため、自分たちの生活が困窮したり、世間からある事ない事ウワサされ、肩身の狭い思いをしたり…。

あるいは子どもが新しい父親or母親と馴染めず、非行に走ってしまったり…。

どれも陥ってしまったら、簡単に解決できる問題ではなく、それぞれが強い覚悟を持っていないと、あっという間に心をえぐられ、最悪二人の関係までもが破綻してしまう可能性もあるのです。

そうなると幸せとはかけ離れてしまい、「前の旦那と離婚しなければ良かった…」などと後悔してしまうこともあるでしょう。

離婚してでも一緒になりたい女の特徴って?男が妻や家庭を捨て離婚してでも迎えにいきたい女性とは?

配偶者より優しい


結婚している男性が家族を捨ててでも一緒になりたいと思う女性の特徴は、まずなんと言っても「配偶者よりも優しい女性」でしょう。

不倫をする既婚男性は、優しさに飢えています。

結婚して家族になってしまうと、大抵の場合日々の生活に追われ、お互いを思いやる気持ちがだんだんと薄れていってしまうのが普通です。

お互いが空気のような「いて当たり前」という存在になり、さらに子供ができたりするとますます夫の優先順位は低くなります。

既婚男性は、日頃から奥さんにないがしろにされたり、あまり大切にされていないのかもしれません。

そんな優しさに飢えた彼は、配偶者以外の女性に優しくされることがあると、ホロリときてしまうのです。

そして配偶者と彼女を無意識のうちに比較してしまい「彼女が奥さんだったら幸せだろうな…」と妄想するのです。

一緒に居て心が安らぐ


一緒にいて心が安らぐ女性のことを、結婚している彼は「配偶者と離婚してでも一緒になりたい」と思うでしょう。

一緒にいて「居心地の良い女性」は、彼は日頃から何かにつけて「彼女と再婚したら、きっと幸せな家庭が築けるだろうな…」「毎日一緒に居ることが出来たら楽しいだろうな…」と想像を膨らませているのです。

特に、今の家庭が険悪であったり、パートナーに気を使いすぎて自分の家なのに居心地が悪かったりなど、家庭に不満を抱えている場合は、婚外恋愛をしている彼女との時間がより幸せに感じ「配偶者と離婚して、彼女と一緒になりたい」と思うのでしょう。

無条件に愛してくれる


人目を憚る恋をしている彼女が無条件に愛情を注いでくれる場合、結婚している彼は「配偶者と離婚して、彼女と再婚したい」と思うのです。

例えば、配偶者がいる身であることを受け入れ、決して責めたり離婚を要求したりすることなく、ただそばにいてくれたり、見返りを求めずに「無償の愛」で包み込んでくれる彼女の存在に、彼は「愛される喜び」を感じるでしょう。

「どんなあなたも好きだよ」「あなたはあなたのままでいいよ」などと、ありのままの自分を受け入れてくれて、認めてくれる存在がいると、人は自分に自信を持て、毎日を強く生きていくことができます。

そんな風に、無条件で愛してくれる女性と、既婚男性は「家族を捨ててでも迎えにいきたい」と思うのです。

見た目も中身も美しい


人目を憚る恋をしている家庭を持つ男性が「家族を捨ててでも迎えにいきたい」と思う女性は「見た目も中身も美しい女性」です。

「美しい」の基準は、生まれつきの目鼻立ちが整っているとか、背が高くスタイルが良いとか、生まれ持った遺伝子によって決まるものではありません。

「美しい」は自分で作るものだということを覚えておいてください。

例えば、せっかく生まれ持った美貌があるのに、自分を磨く努力をせずにダラダラと好きなものを好きなだけ食べ続ければ当然体系はおデブになりますし、身だしなみに気を使わない女性はいくら元が良くても、「なんか残念なんだよな」と思われてしまうでしょう。

「美しい」かどうかは、清潔感、姿勢、所作で決まります。

常に「美しくなりたい」という思いを強く持ち、前向きに努力しつづける女性は、男性にとっても魅力的に映ります。

そして「こんな素敵な女性と生涯を共にしたい」と思うのです。

妻よりも家庭的


婚外恋愛をしている結婚している彼が、彼女に対して「配偶者と離婚してでも一緒になりたい」と思うときは、彼女の配偶者よりも家庭的な一面を見たときでしょう。

例えば、デートの時に何気なく彼女がお弁当を作ってきてくれたり、スーツの裾がほつれてしまったときなどに、サッと彼女のカバンの中から裁縫セットが出てきたりすると、既婚者の彼は「彼女と結婚したら、俺のことを一生懸命支えてくれそうだな」などと、彼女と再婚した後の暮らしを意識するようになります。

そして、無意識のうちに自分の妻と比べて、今の環境にガッカリするのです。

彼の奥さんが「できた女房」であれば、まず既婚男性は浮気に走ることはないはずですから、彼は何らかの不満を妻に対して抱えているはず。

そんな時に彼女の家庭的な一面をみてしまうと、彼の「家庭を捨ててしまおうか」という気持ちはさらに拍車がかかるのです。

程よく自立している


道ならぬ恋をしている結婚している彼が、配偶者や家族を捨ててでも一緒になりたいと思う女性は「自立している女性」でしょう。

しっかりと地に足をつけて仕事をし、規則正しい生活を送る、心身共に健康で自立した女性は既婚男性の目から見ても魅力的で、「もし彼女と再婚したら…」と一緒になった時のイメージをしやすいです。

精神的にも肉体的にも、そして経済的にも自立した女性となら、もしお互いがパートナーと離婚し、目の前に様々な問題が起こったとしても二人で一緒になるために「力を合わせてどんな問題でも解決していける」と、彼は想像することができるでしょう。

しかし、何もかもパーフェクトで、全く隙がない女性に関してだけは、「俺がいなくても一人で生きていけそう…」と引かれてしまう可能性があります。

時にはおっちょこちょいな部分が垣間見えるような、「程よく」自立をしている女性が、既婚男性が一番「かわいいな」「ずっと一緒にいたい」などと感じる女性の姿なのです。

逆に彼がいないと何もできない、依存度が高くナヨナヨした女性のことは、既婚男性はどうしても「重い」と感じてしまうでしょう。

既婚男性が離婚を決意しそうな時の兆候。彼の態度や言葉がこんなふうに変わってきたら奥さんや家庭を捨て離婚を覚悟し始めている前兆です

妻とのやりとりを具体的に話してくる


道ならぬ恋をしている家庭を持つ彼が、妻との具体的なやりとりをあなたに話してくるようになったら、彼は家庭を捨てる覚悟をし始めている前兆だと言えるでしょう。

例えば、「昨日妻と離婚についての話し合いをした」「(○○で、○○だから)嫁とはもう上手くいかないと思う」などと、夫婦関係が上手く行っていないことを話してくる場合、彼はあなたに話すことで「もし俺が離婚したら、一緒になってくれる可能性はあるのか」ということを探っています。

「自分だけ離婚して、一人になるのは寂しい」という考えを持つ既婚男性は多く、いくら妻に愛はないといっても、闇雲に離婚する男性は少ないと言えます。

しかし、妻以外の女性を本気で愛してしまった場合「あなたの返答次第では離婚を本気で決意したい」と思っているのです。

離婚を決意するということはとても大変な勇気がいります。

彼は離婚を決意する最後の一押しを、彼女にしてほしい、「背中を押してほしい」と思っているのかもしれません。

あなたとの未来の話をしてくる


婚外恋愛をしている既婚者の彼が、あなたとの未来についての話を頻繁にしてくるようになったら、彼は妻との離婚を決意し始めている前兆だと言えるでしょう。

なぜなら、妻と離婚する気がない男性は絶対に自分から、二人の未来の話をしたりしないからです。

婚外恋愛をしている二人にとって「未来の話」は重く、リスクが高いと言えます。

その気もないのに、遊びの関係の相手にしてしまうと、相手に本気にされて後々面倒くさいことになってしまう可能性が大いにあるのです。

特に彼が「将来は二人でこんな家に住みたいね」「一緒に暮らしたら、エッチは週に2~3回したいな」などと、具体的に二人の未来予想図を話してくる場合、彼は真剣にあなたのことを愛しているでしょう。

妻よりもあなたと生涯を共にしたいという思いが強く、妻との離婚を真剣に考え始めているはずです。

「君と一緒になりたい」と真剣な眼差しで言われる


人目を憚る恋をしている家庭を持つ彼が、真剣なまなざしで「君と一緒になりたい」などというセリフを言ってきた場合、彼は奥さんとの離婚を本気で決意し始めていると言えます。

まず、そんなセリフは遊びの不倫相手には言えませんし、たとえあなたのことを本気で愛していたとしても、妻と離婚する気がない場合には、絶対に言わないでしょう。

自分が離婚する気もないのに彼女にその気になられたら、それこそ面倒くさいことになり、最悪揉めに揉めて修羅場になってしまう可能性も無きにしもあらず、です。

ですから結婚している彼は一時の感情では決して「一緒になりたい」などというセリフは口にしないでしょうし、妻との決別を意識し始めてきたからこそ、あなたに言ってくるセリフであると言えるでしょう。

あなたと同じ気持ちであることを確認して、離婚への一歩を踏み出す気でいるはずです。

あなたの家庭事情を聞いてくる


婚外恋愛をしている彼が、あなたの家庭の事情をアレコレ聞いてくる場合、彼は奥さんとの離婚を覚悟し始めている前兆だと言えるでしょう。

彼は、あなたと夫の関係や、家族の仲が上手く行っているのかどうかを聞くことで、彼女が旦那と離婚する可能性があるかどうかを探っています。

最初は「最近旦那とはどうなの?」とか「子供は元気?」などと当り障りのない質問を投げかけてきますが、あなたの返答が「それがこないだ喧嘩して…」などと、家族関係があまり上手くいっていない内容だったりすると、ここぞとばかりに突っ込んだ質問をしてくるようになるでしょう。

「そっかそっか、大変だね。仲直りできたの?」と、あくまで「俺は君の家庭のことに口出ししないよ」というスタンスをアピールしてくるかもしれませんが、内心はそんなことは微塵も思っておらず、あなたがパートナーと離婚の道へ進むことを望んでいるのです。

彼女がパートナーと決別することが、彼が離婚を決意するトリガーになるかもしれません。

既婚男性が離婚を決意した時の行動。既婚男性が本気になったら態度ではなく行動に表れます。

妻と別居を始める


道ならぬ恋をしている家庭を持つ彼が、妻との別居を始めた場合、彼は本気で離婚を決意したと言えるでしょう。

理由はどうであれ、別居をするということは確実に離婚の一歩手前です。

「別居をする」ということは、大変な労力を伴います。

まず住む家を探し、引っ越しの準備をし、家具や家電を揃え…。

例えば奥さんと喧嘩をしたからという理由で、一時の感情で別居まで発展することはまず考えられません。

少しずつ少しずつ、蓄積された不満が爆発していよいよもう駄目だ、となったとき、人は別居を考えるのです。

しばらく離れて暮らすことでお互いが冷静になり、気持ちが戻る可能性もあるにはあるかもしれませんが、ここまで来てしまうと彼が妻とよりを戻す可能性は極めて低いでしょう。

はっきり言って、彼は離婚まで秒読みです。

自分の収入や貯蓄額をあなたに教えてくる


人目を憚る恋をしている結婚している彼が、あなたに自分の収入や貯蓄額を教えてくる場合、彼は本気で妻との離婚を考えているかもしれません。

特に、口頭だけでなく、自分の通帳や給料明細などを包み隠さず見せてくることがあったら、彼はあなたに自分の収入や貯蓄額を見せることで信頼を得て、「自分と一緒になることを考えてほしい」と、真剣に思っているでしょう。

しかし世の中には、ただ「俺はこんなに稼いでるんだぜ?かっこいいだろ?」と自慢して、「すごーい!」と言われたいだけの既婚男性も存在しますので、注意が必要です。

彼が自慢したいだけなのか、遠回しに「一緒になりたい」と言っているのか判断が難しいときは、あなたの方からわざと「すごい。奥さんは幸せだね」と言ってみてください。

妻との離婚を真剣に考えている男性は「妻のために稼いでいるわけではない」「これなら慰謝料や養育費にとられても君と暮らしていけるだろ?」などと、あなたの言ったセリフに対して必ず否定してくるはずです。

家に帰ろうとしない


ヒミツの関係にある、結婚している彼が「家に帰りたくないな」「まだ大丈夫だから」「今日はホテルに泊まろうかな」などと家に帰ろうとしなくなったり、家庭を省みない行動をとるようになったとき、彼は本気で妻との決別を覚悟したのかもしれません。

遊びの不倫で、妻と別れる気など微塵も考えていない既婚男性は、何よりも家庭を第一優先で行動します。

人目に付く場所でのデートを避けたり、携帯の履歴を消すようにあなたにも言ってきたり、浮気がバレないように細心の注意を払うはずなのです。

それに、夫婦関係が上手く行っている家庭であれば、夫が家に帰って来なかったりすると奥さんは間違いなく「どうしたんだろう?」と不審に思いますから、夫婦間が円満な既婚男性は、絶対に家に帰らないなんてことはありません。

それなのに、家に帰ろうとしないということは、彼は家族のことを大切に思っていない証拠です。

もしかしたら彼は「どうせ女房とは別れるんだから、今さら気を遣ったってしょうがないだろう」と思っているのかもしれません。

結婚指輪をいつの間にかしていない


婚外恋愛をしている、既婚者の彼の薬指からいつの間にか結婚指輪が消えた時、彼は本気で奥さんと別れることを決意したのかもしれません。

これは、普段から結婚指輪をしていない男性の場合は対象外ですが、いつも結婚指輪をしている彼が、ある日突然しなくなったということは、彼の心境、または環境に変化があった証拠でしょう。

不倫をする既婚男性は、結婚指輪は「ずっとしているタイプ」「ずっとしていないタイプ」の2タイプがほとんどです。

「彼女に会う時だけ外す」「家に帰るときに付ける」というタイプの既婚男性は、指輪を不本意に無くしてしまったり、ボロが出やすいためほとんどいないと言えるでしょう。

ですから、急に指輪をしなくなったのは「あなたに気を遣って」ということはあまり考えられません。

そんな時一番考えられるのは、「奥さんと離婚を決意するほどの険悪」です。

結婚指輪は「結婚」の象徴ですから、それを外したということは、「結婚を辞めたい」という彼の意思が表れているのかもしれません。

離婚し迎えに来てほしいけど、なかなか決意してくれない彼に離婚を決意させる方法

決してあなたの方からは離婚を急かさないようにする


婚外恋愛をしている彼に、パートナーと離婚して迎えに来て欲しいけど、なかなか決意してくれないときは、気持ちばかり焦ってしまうかもしれません。

しかしそんな時に大切なのは、決してあなたの方からは離婚を急かさないようにすることです。

「離婚の話はどこまで進んでいるの?」「早く離婚してよ」などと彼にプレッシャーをかけるようなセリフは絶対に慎んでください。

ますます、彼の離婚とあなたの再婚の話は遠のいてしまうと言っても過言ではありません。

それにあなたが必要以上に彼の離婚話に関与してしまうと、万が一彼の奥さんにバレてしまった時などに、慰謝料を請求されたり、奥さんが離婚を拒否したりして、最悪の事態になってしまう可能性もあるのです。

あくまでも、「あなたのことだもの、私は何も言わないわ」というスタンスを貫き、決断させるのは彼に任せましょう。

「あなたが別れないなら、それはそれでしょうがないわ。その時は残念だけど、私達が別れましょう」と言えるくらいの余裕を持てるとなお良いです。

それくらいの距離感で、あなたが沈黙していれば、彼も「俺が別れなければ彼女は俺の元から去っていってしまう」と焦り、離婚を決意するようになるかもしれません。

二人の未来予想図を一緒に妄想する


人目を憚る恋をしている彼が、なかなか離婚を決意してくれず、彼に離婚を決意して欲しかったら、二人の未来予想図を一緒に楽しく妄想してみましょう。

例えば「私たちが結婚したら、毎年結婚記念日は思い出のレストランに食事に行こうね」「一年に一度は旅行に行こう」などと、話していてワクワクするような妄想話を彼に投げかけてみるのです。

離婚のことを考えるとなると、面倒くさいことも多く、ハッキリ言って誰だって気が進まないし、なるべく考えたくないし、後回しにしたいと思うもの。

しかし、「彼女と再婚したらこんなに楽しい未来が待っているんだ!」「離婚の話し合いは辛く苦しいけど、それを乗り越えれば幸せになれるんだ!」と彼が感じれば、奥さんとの離婚もきっと前向きに考えるようになるでしょう。

自分が決意表明する


婚外恋愛をしている彼に、奥さんとの離婚を決意して欲しいのになかなか離婚を決意してくれず、ヤキモキした気持ちになってしまう時は、あなたの方から彼に「決意表明する」という手段も有効だと言えます。

彼に向かって「私は旦那(または彼氏)と別れようと思っている」と目を見てはっきりと伝えるのです。

この時に一つだけ気を付けてほしいのは、「私は旦那(または彼氏)と別れようと思っているから、あなたも別れて欲しい」とは、言わないようにすること。

あくまで自分が決めたことについてのみ彼に伝えるようにし、「私は別れるけど、あなたにも別れて欲しいと思っているわけではないよ」「あなたはあなたの考えがあると思うし、私がどうこう言うことではないから」と、彼が奥さんと別れても別れなくても、自分は旦那と別れるということを明確に示しておきましょう。

そうすることで、彼は変なプレッシャーに押しつぶされることなく、自分の意見を押し付けない控えめで奥ゆかしい彼女のことをますます「魅力的な女性だな」と思うようになるのです。

そして自ら「妻とは別れて彼女と再婚したい」と決意するはずです。

アメとムチ作戦。時には冷たい態度をとるのも効果的


なかなか奥さんと離婚をする決意をしてくれない、ヒミツの関係にある既婚者の彼に、離婚の決意をしてほしいときは、アメとムチ作戦も効果があるでしょう。

基本的には、アメ。

日頃から彼の離婚の問題には口をはさまず、彼にプレッシャーをかけず、「待ち」の姿勢を崩さぬようにします。

しかし、そんな彼女に甘え切って、「君と一緒になりたいよ」などとはいうものの、いつまで経っても離婚の決意をしない男性に対しては、時にムチを使いましょう。

「○○くん、口では私と一緒になりたいとか言うけど、本当は離婚する気なんてないんでしょ?もういいよ」などと彼を冷たく突き放すことで、彼を「彼女に捨てられてしまうかもしれない」と焦らすことができるでしょう。

彼女に振られるかもしれないという窮地に立たされることで、彼は彼女の大切さに改めて気づき、「やっぱり手放したくない」と思った時に、「妻とは別れよう」と、決別を決意するのです。

彼が望む女性像に近づける努力をする


なかなか離婚を決意してくれない婚外恋愛をしている彼に、離婚を決意させたかったら、あなた自身が、彼の望む女性像に近づける努力をすることも大切です。

彼に「妻と離婚して彼女と再婚したい」と思わせるためには、相手をコントロールし変えようとしても、それには限界があります。

彼に「欲しい」と思ってもらえるくらいあなたが魅力的になる方が、実は簡単かもしれません。

まず、身なりを整え、美の追求をすることが大事ですが、そのほかに、「彼はどういう女性が好きなのか」「彼は何を言われたら嬉しいのか」など、彼の理想の女性像を把握し、それに近づけるように日々研究を重ねましょう。

彼への理解を深めることが、彼の望む女性像に近づける第一歩です。

まずは「離婚してでも一緒になりたい」と思ってもらえる女になること。離婚を乗り越えた二人にしか感じることの出来ない幸せは、きっとあるはず。


人目を憚る恋をしている相手と一緒になるということは、そう簡単ではありません。

「好き」の気持ちがあれば上手くいくというものでもなく、様々な問題が絡み合う離婚の話は、誰でも「なるべく避けて通りたい」と思うもの。

それでもどうしても彼と「一緒になりたい」と思うのであれば、まずは彼に「君が欲しい」と言ってもらえる女を目指すこと。

彼を離婚させようとコントロールしようとするのではなく、あくまで彼に「選んでもらえる女性になること」が、彼が離婚を決意させる「鍵」となるはずです。

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG