W不倫相手と再婚するには?旦那と別れて再婚する方法と離婚したのに振られた…と後悔する前に知ってほしい浮気相手と一緒になる為の完全不倫再婚マニュアル

  • 2020年9月3日
  • 不倫
  • 244view
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

絶賛ダブル不倫中…。

気持ちは完全にW不倫相手の彼…。

旦那にもう何の感情もない…。

旦那と別れてダブル不倫相手と一緒になりたいと思っているアナタ、ちょっと待って!

旦那と円満に別れ、W不倫相手と円満に再婚するのは、そう甘いことではありません。

よくよく考えて、入念な事前準備をすることが大切です。

今回は、再婚禁止期間の意味や再婚禁止期間でも結婚できる例外や、お互いの子どもはどうなるのか、離婚したのに振られた…と後悔する前に知っておいて欲しい、浮気相手と一緒になる為の不倫相手の彼から離婚してもらうテクニック、旦那と離婚する場合に最低限やっておくべき離婚の準備や、離婚を嫌がる旦那と別れる為の対処法など、浮気相手と一緒になる為の完全マニュアルをご紹介します。

目次

旦那と離婚してW不倫相手と再婚したい…。旦那と離婚したらすぐに再婚できるの?【再婚禁止期間の意味や再婚禁止期間でも結婚できる例外】

女性の場合、基本的に旦那と離婚してすぐには再婚できない!


たとえ旦那との離婚が成立したとしても、女性の場合W不倫相手とすぐには再婚できません。

以前は6ヶ月という期間を設けられていましたが、平成28年に改正され、現在は原則として女性は前婚の解消から100日を「再婚禁止期間」とされています。

これは、前夫と別れた後すぐにW不倫相手と再婚し、子どもができてしまった時に、「子どもの父親は前夫なのか、再婚相手なのかどっちなんだ」という類の揉め事を防ぐために法律で決められているからです。

民法772条には、このように記されています。

「妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する(民法772条1項)」

「婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取り消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する(民法772条2項)」

つまり、離婚後すぐにW不倫相手と再婚できた場合、前夫と離婚後300日以内かつ、ダブル不倫相手と再婚後200日以降の100日の間に生まれた子どもは、前夫、再婚相手双方から父親の推定を受けることになり、法律上重複してしまうのです。

このような状況に陥ってしまった場合、一番困るのは生まれてくる子どもです。

実際には再婚相手との子どもなのに、離婚後300日以内に生まれてしまった子どもは前夫との子どもとみなされ、再婚相手の子どもとして出生届を出しても受理してもらえません。

そのため結果的に無国籍者になってしまうケースも少なくなく、学校に通えなかったり、就職できなかったりと子ども自身が困難を背負うことになってしまうのです。

婚姻関係解消時に妊娠していなければ、すぐに再婚することが可能


女性は原則として婚姻関係解消後100日は再婚することができない、と前項で述べました。

しかし、この法律には例外が認められています。

それは、「以前の旦那との婚姻解消時に妊娠していないとき」「別れる前に妊娠、離婚後に出産したとき」です。

法的には「妻が婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定する」となっていますから、前の結婚のときに孕っていないことが証明できれば、再婚後に子どもができたら「今現在の夫の子」ということになります。

そして離婚前に妊娠した子供は、前の旦那の子とみなされるので、いずれも父親が誰なのかが明確にわかるからです。

また、子宮を全摘出していて妊娠することが不可能な場合や、女性が高齢者の場合、旦那が失踪して3年が経過している場合にも、100日を待たずして再婚することが可能です。

医師の診断書をはじめとする必要書類の届出が必要になりますが、どうしてもすぐにダブル不倫相手と入籍したい場合には、妊娠の問題をクリアにさえできれば、すぐに入籍も不可能ではないでしょう。

すぐに再婚したい場合には「事実婚」という選択もある


旦那との破局が成立した後、「100日も待てない!」「今すぐに一緒になりたい!」と強く望む場合、再婚はできませんが、絶対に一緒に暮らしていけないわけではありません。

「事実婚」という選択があることを知っておきましょう。

事実婚とは、結婚の意志を持つ二人が共同で生活をしているが、入籍の届出をしていないことを言います。

結婚とほぼ同等の権利や義務が認められ、パートナーの社会保険の扶養に入れたり、生活費の請求、仮に別れることになった場合でも慰謝料の請求が可能となったりするのです。

すぐにダブル不倫相手と生活を始めたい場合には、一旦は「事実婚」という形をとり、その後入籍の届出をするという方法が、一番シンプルでやっかいな手続きを取らずに済むでしょう。

しかしながら、この場合にも「再婚禁止期間」の、妊娠・出産の決まり事は同じです。

別れた後300日以内に生まれた子どもは自動的に前夫の子としてみなされてしまうので注意してください。

子どもは授かりものですし、出産にはリミットもあります。

「そんなに待っていられない!」「すぐにでも子作りをしたい!」というカップルもいるでしょう。

そんな時は、面倒かもしれませんが、前項で述べた「例外」が認められるよう、手続きを取りましょう。

旦那と離婚後、不倫相手と再婚する場合、お互いの子供はどうなる?戸籍は?

子どもの戸籍は手続きをしなければ従来のまま


旦那と別れた後、W不倫相手と再婚することになった場合、お互いの子どもはどうなるのでしょうか。

子どもの戸籍は、手続きをしない限り自動的に移動することはありません。

夫の戸籍に妻が入り、子どもが生まれ皆で同じ姓を名乗える。

夫が婿養子となって妻の戸籍に入る場合もあるでしょうが、日本の家族の多くは、「娘さんを、僕に下さい!」という決まり文句があるように、「女性が嫁に行く」形をとっていることが多いでしょう。

そんな二人が離婚するとなると、夫の戸籍に入っていた妻は、夫の戸籍から抜けることになります。

話し合いの末、子どもの親権は妻が持つことになったとしても、子どもの戸籍が自動的に妻に移動するわけではありません。

つまり、何もしなければ子どもは前夫の戸籍に残ったままになってしまうのです。

旦那と離婚した後、W不倫相手と再婚した場合にも、妻の戸籍は新しい旦那のもとに入りますが、子どもはそのままです。

たとえ子どもを連れて再婚相手と一緒に暮らすことになっても、です。

一方で、W不倫相手の男性側の子どもは、何らかの手続きを取らない限りは、親権を持っている・持っていない関係なく男性の戸籍に入っています。

実の子どもですから、扶養義務や相続の権利など、当然持っているのです。

子どもの戸籍を再婚相手の戸籍に入れたとしても親子関係にはならない


前の旦那との間にいる子どもを連れてW不倫相手と再婚しようとする時、子どもの戸籍は自動的に移動しない、と前項でも述べました。

W不倫相手と晴れて入籍し、妻の戸籍が移動しても、その子どもの戸籍はそのままで、何もしなければ子どもの苗字も前夫のまま変わらないのです。

W不倫相手と、連れ子と皆で同じ姓を名乗り新しい家族となるためには、子どもの戸籍も移動させる「入籍届」というものが必要になります。

子どもの苗字を変更させるためには「子の氏の変更許可申請」が必要で、この2つの手続きを行うことで、連れ子も無事、再婚相手の戸籍に入り、同じ苗字になることができるのです。

しかしこれは、単なる「戸籍に入った」というだけで、W不倫相手とアナタの子どもは親子関係にはなりません。

「配偶者の子」という扱いになり、養育義務や相続の権利などが発生することはないのです。

親子関係になるには、これとは別に、「養子縁組」の手続きも必要だということを覚えておいてください。

実の子どもと同じ扱いにするには「養子縁組」の手続きが必要


子どもを連れて、W不倫相手と再婚しようとする時に考えるべきことは、「子どもを彼の養子にするか・しないか」ということです。

W不倫相手の戸籍に入り、苗字を一緒にするだけなら「入籍届」を出せば可能。

しかし、親子関係はそれだけではありません。

扶養する義務、相続の権利、また子どもにおいても、再婚相手が年老いた時に面倒を見る義務も、それぞれ発生します。

再婚相手の連れ子を実の子どもと同じ扱いにするには「養子縁組」の手続きが必要になってくるのです。

養子縁組は「養父」「養子」の関係となり、実の子どもと同じように扶養義務や相続権利が発生する「普通養子縁組」と、子どもと実の親との親子関係が消滅し、より養親と養子の結びつきを深く固いものとする「特別養子縁組」の2種類があります。

ただ、「特別養子縁組」の方は色々と細かい規定が定められており、普通養子縁組と比べて認められることが難しいです。

子連れ再婚の場合には、一般的に普通養子縁組を選ぶ夫婦が多いと言われています。

不倫相手よりも先に離婚しちゃダメ!離婚したのに振られた…と後悔する前に知ってほしい浮気相手と一緒になる為の不倫相手の彼から先に離婚してもらうテクニック

口では何とでも言える!本当に別れる意志があるかどうかは態度・行動で見極める!


私だけ決別したのに振られた…と後悔する前に知っておいて欲しい、不倫相手の彼から先に離婚してもらうテクニックとして大切なことは相手の言葉に騙されないということです。

女と比べ、男は案外臆病な生き物です。

「妻とは別れる」と言ったものの、「変化するのが怖い…」「家族を傷つけたくない…」「周りになんと言われるか…」などと、のちに怖気付き結局踏みとどまる、なんてことが少なくありません。

中には、別れる気などさらさらないのに、その場の雰囲気を盛り上げるためや、相手の気持ちを掴むために「妻とは別れる」と軽々しく口にして、結局別れずに逃げてしまうズルイ男も存在します。

W不倫相手と再婚したいと思ったら、自分が別れることで必死になってしまいがちですが、絶対に相手が裏切るかもしれないということを念頭に置いて、忘れないようにしましょう。

ハッキリ言って、W不倫関係を続けた方が簡単です。

ちょっとやそっとの気持ちじゃ男性は動きません。

彼に本当に離婚の意志があるかどうかは、言葉よりも態度や行動で見極めましょう。

本当に別れの意思を持っている場合、ただ単に「別れるから…」というのではなく、具体的な話をしてくるようになるはず。

「俺は話を進めようとしてるけど、妻が話に応じてくれない…」などと言ってくる場合は、本当に話を進めているのか怪しいところです。

アナタだけ先に離婚して、後戻りできなくなってしまわないよう、十分注意しましょう。

自分の進捗情報をオーバー気味に言って、後戻りできなくさせる


先に自分だけ離婚してしまい、後になってダブル不倫相手から逃げられてしまわないようにするためには、時には嘘をついたり、話を大げさにすることも必要です。

夫とも別れ、ダブル不倫相手からも振られて自分だけ一人になってしまわないように、彼に自分の進捗情報を伝える時には、オーバー気味に言うようにしましょう。

例えば、本当は離婚の話をまだ夫にしていないのに、「昨日旦那と別れることを話し合ったよ。」「順調に話が進んでる。性格の不一致で円満に別れられそう」などと、彼には伝えるようにします。

彼女の家の離婚話が着々と進んでいることを間に受けた彼は、「もう後戻りできない。

俺も早く話を進めなければ…」と、きっと焦るでしょう。

人は誰だって、嫌なこと・面倒なことは後回しにしがちです。

離婚の話は、たとえ意志があったとしても、パートナーに言い出しづらく、なかなか言えない場合もあるでしょう。

そんな時、彼女がどんどん先に進んでいる姿を見ると、急かされると同時に彼のスイッチも切り替わり「彼女と一緒になるために頑張ろう」と、いう気持ちになるのです。

彼を指図するのはN G!自分で決断させるように仕向ける!


浮気相手の彼の方から先に離婚してもらうテクニックとして気をつけなければならないことは「彼を指図しない」ということです。

相手の夫婦に別れて欲しくてヤキモキして、アドバイスやら文句やらを言いたくなってしまう気持ちはわかります。

だからと言って、アナタが横から口出ししてしまったら、彼も良い気持ちにはならないでしょう。

側からは見えない、夫婦にしかわからないことがあるのです。

センシティブな問題だからこそ、こちらが口出ししたところで何も変わりませんし、お互いモヤモヤして逆効果になってしまう恐れもあります。

誰かに言われてするものではありませんから、彼自身が決断するのを待ちましょう。

なかなか踏ん切りがつかない彼に対しては、決断させるように仕向けてしまえばいいのです。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

少しばかりズルイのかもしれませんが、やはり一番有効なのは「涙を流すこと」。

女の一番の武器を使いましょう。

しかし、ワンワン泣いて「どうして別れてくれないの〜!」とせがむのはN G。

一粒の涙をポロリと静かに流し、「そう簡単に決別なんてできないよね…」「アナタのことは諦めた方が良さそうだね…」などと諦める雰囲気を醸し出します。

彼はきっと、アナタが自分の元から去ってしまう焦りと、アナタを悲しませた罪悪感で、きっと自分から決断するでしょう。

お互い期間を決めて、目標を明確にする


自分だけ離婚したのに不倫相手は結局別れず一人になってしまった…なんてことにならないように、ダブル不倫相手の彼から先に離婚してもらうためには、お互いに期間を決めて目標を明確にしておくことが有効です。

例えば、「一年で決着をつけよう」とはじめに二人で目標を決めておき、お互いの進捗状況を共有しながら、一年後の目標に向かって一つずつコマを進めていくのです。

「離婚しよう」と思っても、その経験のない人はまずどうしたらいいのかがわかりません。

面倒くさいことはつい後回しにしてしまうように、どうしたらいいのかがわからないので、はじめの一歩がなかなか踏み出せないのです。

ゴールを設定し明確にすることで、自分はそれに向けて何をすればいいのか、どう動けばいいのかのイメージもグッと沸きやすくなります。

具体的に考えられるようになった彼は、はじめの一歩を踏み出せるようになるでしょう。

旦那との離婚は勢いではダメ!旦那と離婚したい場合、最低限やっておくべき離婚の準備

円満に離婚したかったら、W不倫は絶対にバレてはならない!セキュリティは万全に


旦那と離婚したいときに最低限やっておくべき準備として大切なことは「ダブル不倫が絶対にバレてはならない」ということです。

円満に離婚したかったら、別れの理由はやはり「性格の不一致」で収めるのが一番です。

ダブル不倫していて、W不倫相手と一緒になるために離婚するなんてことがバレてしまったら間違いなく修羅場になり、泥沼化してしまうことは避けられません。

W不倫相手と一緒になることが許せず「離婚しない」と言い出されてしまう可能性もあります。

離婚を決意したら、まずはセキュリティをもう一度見直し万全にし、なんならW不倫相手との連絡をしばらく断つくらいの覚悟で絶対に浮気がバレないようにしましょう。

いきなりパートナーから「離婚したい」と言われたら、誰だって「浮気してるんじゃないか?」と疑うはずです。

一度でも怪しまれてしまうと、逃げ切るのは至難の業ですから、そうならないためにも普段から怪しまれる行動はしないように気をつけ、携帯はダブルロックしましょう。

何が起こるかわからないから貯金は少しでも多めにしておく


旦那と離婚したい場合に、最低限やっておくべき準備は「貯金」です。これから先、何が起こるかわかりません。

旦那に不倫がバレて慰謝料を払わなければならないかもしれませんし、「手切金」としてお金を渡せば別れてくれるかもしれませんし、別れた後に一人で生活していくことになったら生活費も自分で捻出しなければなりません。

お金は世の中に起こるトラブルの99%は解決できる力を持っています。

持っているに越したことはありません。

逆に言えば、お金が全くない状態で離婚をしようとするのは無謀に近いことだと言えます。

勢いで離婚にこぎつけたとしても、その後W不倫相手の男性と一緒になれるかどうかはまた別の話。

W不倫相手のことをアテにするのはやめた方がいいです。

たとえ一人身になってしまったとしても、やっていけるだけのお金は最低限準備しておきましょう。

お金を稼ぐことは大変ですが、節約してコツコツとためていけば一年で100万円くらいは貯まります。

離婚の話と並行して貯金していけば、きっとお金がアナタの味方になってくれるはず。

離婚の話にはお金の話題が必ず出ますから、そんなときにつまづかずに済むでしょう。

離婚によって起こる変化を明確にしておく


旦那と離婚したい場合に最低限やっておくべき準備は、「別れることで起こる変化を明確にし、把握しておく」ことです。

離婚は、ものすごく莫大なエネルギーを消費します。

無事に別れられた後も、住む家をはじめ、生活も以前のものとはガラリと変わるでしょう。

そんな変化に動じることなく馴染めるように、起こりえる変化を一つ一つ明確にし、知っておくことはとても大事なことです。

具体的に紙に書き出してチェックリストを作り、一つ一つクリアにしていくことで、自分自身の覚悟にも繋がるでしょう。

どんなに細かいことでも、自分が気になったことは疎かにしないこと。

「なんとかなる」という大胆な精神も、ときには必要ですが、細かいところまでしっかりと考えておかないとゆくゆく困るのはアナタです。

離婚して、後悔する人が少なくないのは「考えたくないことはしっかりと考えなかった」から。

確かに、考えるだけで憂鬱になってしまうような面倒くさい事柄は、頭の中から排除したい気持ちになりますよね。

大好きなダブル不倫相手との新しい生活のことばかり考えたくなるでしょう。

しかし、子どもに会わせる機会はどうするか、とか、養育費はいくらか、とか親戚や周囲の人への説明はどうするか、など事前に考えておかねばならないことはたくさんあります。

離婚によって起こり得ることをしっかりと把握し対策することで、スムーズに話が進んでいくでしょう。

旦那に言われそうなコメントを想定し、答えを用意しておく


旦那とスムーズに離婚するために、最低限やっておくべき準備は「旦那を納得させるための言葉の準備」です。

離婚を成功させる上で、一番重要なことは「旦那を納得させられるかどうか」。

この難関をクリアできない限りはどんなに想像する未来が素晴らしいものだとしても、先に進むことはできません。

離婚話を打ち明けるとき…別れたくない旦那に説得され、丸め込まれてしまうことがないよう、相手が言ってきそうなコメントを予測して、あらかじめ答えを用意しておきましょう。

タジタジしてしまっては、旦那に「こいつはまだ迷いがある」「説得すれば考え直してもらえるはずだ」「俺が入り込める余地がある」と思われ、隙に入り込まれてしまいます。

アナタが旦那に「別れて欲しい」と打ち明けたら、旦那はなんていうでしょうか?

長年連れ添った間柄なのですから、ある程度の予測はつくはずです。

先回りして考えておけば、相手に付け込まれてもタジタジしてしまうことはありません。

なんて言ったらいいかわからない時は、彼に相談してもいいですし、グーグル先生に聞けばなんでも答えてくれます。

就職や進学のための面接の練習をするように、彼の性格や性質を理解し、対策をとることで、旦那を説得させられる可能性は格段にアップするはずです。

不倫相手と一緒になりたいのに…。離婚を嫌がる旦那と別れるための対処法

二人で解決しようとせず、離婚調停をする


離婚を拒否する旦那と別れるための対処法として一番有効なのは、やはり第三者を交えて話合うことでしょう。

二人で話し合っても話がもつれて難航しそうな時は、二人で解決しようとせず調停を申し立てましょう。

時間はかかるかもしれませんが相手はプロですから、双方の話をきちんと聞いてくれ、親権や財産分与、養育費や慰謝料の支払いなど、お互いが納得し離婚できるように調整してくれます。

調停を申し立てるまでの流れとしては、相手の住所がある管轄の家庭裁判所に所定の書類を提出します。

「裁判所で行うものだし、お金がかかるんじゃ…」と思われがちですが、調停にかかる費用は、少なくて数千円です。

弁護士に依頼するよりよっぽど安く済むでしょう。

また、二人だけで話し合いをし、その当時は穏便に別れられたとしても、「養育費を払ってくれなくなった…」「子どもを渡せと言ってくる…」などと後々トラブルが出てくることは少なくありません。

調停で交わした書類は、裁判の判定書と同じ扱いになりますから、法律上守る義務が生じます。

口約束や独自の契約書よりも確実で、離婚後もいらない心配をしなくて済むようになるでしょう。

徹底的に嫌われる行動をとる


離婚してくれない旦那と別れるためには「徹底的に嫌われる行動をとる」というのも一つの手でしょう。

相手に「こいつと一緒にいても自分になんのメリットもない」「楽しくないし、幸せじゃない」と思わせることができれば、旦那はアナタに執着することがなくなり、離婚にも応じてくれるようになるはずです。

自分にとって不利にならない程度で、「最低な妻」を演じましょう。

例えば、ご飯を作らない、部屋を片付けないなどといった家事の放棄をしたり、自分の欲しいものを家計を考えずにバンバン買ったり、一日中スッピン、パジャマでダラダラと布団から出なかったり…。

旦那をいかに幻滅させられるかが肝です。

ただし、別れてくれないからといって、ダブル不倫相手のもとに走ってしまうと、それはそれで自分の状況が悪くなってしまい離婚できない可能性があるので、浮気していることは絶対にバレないように気を付けること。

妻としてどうしようもない女を、いつまでも囲っておこうだなんて誰も思いません。

旦那はどうしようもないアナタを見て、「自分は嫁に執着していただけだった」と気づくはずです。

「こんな女、こっちから願い下げだ!」と言わんばかりの勢いで、離婚に同意してくれるでしょう。

「別れたくない理由」を探り、それを解決する


なかなか離婚してくれない夫とスムーズに別れるためには、まずは「別れたくない理由」を探りましょう。

妻(アナタ)のことをまだ愛しているからなのか、子どもが可哀想に思ってなのか、世間体が気になるからか…人によって離婚したい理由はそれぞれ違うはず。

旦那にとって、何がネックになっているのか探り、それを解決することができれば、離婚に応じてくれるようになるかもしれません。

例えば、「子どもがまだ小さいからお父さんがいないのはかわいそうだ」という思いから離婚を拒否しているのだとしたら、徹底的にそこのとについて話し合うべきです。

感情的にならずに冷静に。

子どもにとって、お父さんはかけがえのない存在ですし、離れ離れになってしまうのは寂しいに変わりはありません。

しかし、夫婦関係が冷え切っていて険悪なムードが流れる家にいたとしても、寂しいのは同じです。

夫婦の仲を元に戻すことはもう無理なのですから、その上で子どもにとってどんな形を取るのが一番いいのか、冷静になって考えればわかるはず。

旦那だって、アナタをただただ困らせたくて離婚を拒んでいるわけではありません。

まずはアナタが夫に歩み寄り、親身になって話を聞くことで、きっとアナタの誠意は伝わるはずです。

不倫から結婚した人なんているの?不倫関係からの結婚率やその後に訪れる幸せ&後悔エピソード

ダブル不倫相手と再婚するためには入念な準備が必要!


お互いパートナーと別れて、「ダブル不倫相手と一緒になりたい!」という気持ちがあるのなら、入念な準備が必要です。

勢いだけで突き進んでしまうと、「自分は離婚したのにダブル不倫相手に逃げられた…」「旦那が意地でも離婚してくれない…」「不倫していたことがバレて修羅場になった…」などという事態になりかねません。

円満に離婚しようと思ったら、絶対にダブル不倫の事実がバレないようにしなければなりませんし、相手の気持ちを理解し寄り添うことも必要でしょう。

二人だけで解決するのが難しいと思った時は、離婚調停をすることも一つの手です。

「敷居が高い」と感じているかもしれませんが、値段は数千円からでき、面倒くさい決め事も間に入ってしっかり調整してくれるので、スムーズに離婚話を進めることができるでしょう。

覚えておいて欲しいことは、離婚したからといって、ダブル不倫相手と結婚できると思わないこと。

一つ一つ問題をクリアしていけば、きっと幸せな未来にたどり着けるはずです。

【期間限定・10月4日(日曜)迄】不倫や復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【神言鑑定】とは期間限定で、不倫や復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG