既婚男性が絶対に手放したくない女性の特徴と妻よりも最後の女だと一生離したくない女性になる方法

  • 2019年11月22日
  • 不倫
  • 201view

戸籍上では結ばれていないし、永遠に一緒に居られる保証なんてどこにもないけれど、婚外恋愛をしている彼から「生涯手離したくない!」と思われたいあなたへ。

今回は婚外恋愛をしている彼女を「手離したくない」と思う既婚男性の心理やきっかけ、妻よりも夢中になってしまい「最後の女だ」と思う女性の特徴や、「最後の女」になるための秘策等、「婚外恋愛で結婚しているが手放したくないオンナ」のすべてを徹底的にお伝えいたします。

目次

既婚男性がただの遊びじゃなくて「この女性だけは手放したくない!」と思うことなんてあるの?手放したくないと思う男性心理って?

一緒に過ごす時間に癒されているとき


婚外恋愛をしている家庭を持つ彼が、一緒に過ごす時間に癒されているとき、真剣に「彼女のことだけは手ばなしたくない!」と思うでしょう。

背負うものが大きい家族を持つ男性は、現実世界ではかなり疲弊していることが多いです。

戸籍上のパートナーとは、子どもの行事や金銭問題、親の介護やご近所づき合いなど日々の生活をこなすことでいっぱいいっぱいです。

そんな日々の中、お互いが「相手を思いやる気持ち」がだんだんと減ってきてしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

蓄積されていくストレスを上手く発散できずにいるとき、婚外恋愛をしている彼女がそっと寄り添ってくれたり、ただ側にいてくれたりして、彼自身の心が軽くなったり、癒されたりした既婚者である彼は、おのずと「ずっとずっと一緒に居たい」と思うようになるのです。

ハッキリ言って、よっぽど彼を愛し合っている夫婦でなければ、日々の暮らしの中でお互いの悩み事を相談し合ったりなどしないでしょう。

浮気をする既婚男性は、まず妻に自分の悩み事を相談しないと言えます。

例えば仕事などで辛いことがあった時などは、きっと婚外恋愛をしている彼女に相談するはず。

そんな時に彼女が熱心に話を聞いてくれたり、慰めてくれたりすると、彼は胸を打たれるのです。

ビジュアルが良く、連れて歩いていて優越感に浸れるとき


人目を憚る恋をしている彼女のビジュアルが良く、連れて歩いていて彼が優越感に浸れる時、彼は「コイツだけは手ばなしたくない!」と思うでしょう。

美人だったりスタイルが良かったりなど、見た目が美しい女性は自分にとっても「こんなにキレイなオンナを連れている」という「ステータス」になるからです。

結婚して生涯のパートナーを得た女性は、婚姻関係に安心する気持ちや、日々の生活に追われ余裕がない気持ちから「キレイでいる」ことを怠りがちです。

自分の身だしなみや体型に気を使わなくなり、髪は毎日後ろで引っ詰め結び、メイクはかろうじて眉毛だけ、洋服はウエストゴムの楽チンパンツ…では夫は妻のことをだんだんオンナとして見れなくなってきてしまうでしょう。

キレイ=努力です。

自分が成長するためにどんなことでも、努力している女性は美しいのです。

とびきり美人でなくても洗練されたメイクやファッション、それに姿勢や所作。

結婚している彼が「周りに自慢したい!」「見せつけたい!」と思える女性は、彼はそう簡単に手ばなそうとはしないはずです。

体の相性が良いと感じるとき


結婚している彼が、ただのアソビではなく「彼女だけは手ばなしたくない!」と思う心理に「体の相性が良い」ことが挙げられます。

「体だけの関係」でしたら、彼は「体の相性はどうでもいい」「SEXさえ出来ればそれでいい」と思っていることが多いでしょう。

しかし「彼女でしか得られない快感」とも言える「特別な何か」を感じさせてくれる女性のことは、彼は決して手離そうとしないはずです。

「体の相性」というのは、もちろんお互いの体質やクセなどで相性の良し悪しがある場合もありますが、体を重ねていくことで築いていける相性の良さもあります。

例えば彼女が献身的にフェラチオをしてくれる姿や積極的に攻めてくる仕草、気持ち良さそうに感じてくれている姿などを見ることも彼は「気持ちいい」と感じるでしょう。

SEXが気持ちよければ、それは「体の相性が良い」と同じことなのです。

彼はきっと彼女の体から離れられなくなるに違いありません。

何があっても味方でいてくれるとき


道ならぬ恋をしている彼が、ただのアソビではなく「この女性だけは手離したくない!」と思うときは「何があっても味方でいてくれるとき」でしょう。

「男は敷居を跨げば七人の敵あり」ということわざがあるように、仕事をはじめとする様々な事柄で戦っています。

オトコはプライドが高い生き物ですし、簡単に他人に弱さを見せることもできないでしょう。

そんな中、自分のことを理解してくれて、絶対的な味方でいてくれる存在は何よりも支えになり、また励みになるのです。

「良くできた妻」であれば、きっとその役割を果たしていることでしょう。

しかしそのような良き妻はドラマの世界だけの話で、現実的には家で夫はうっとおしがられたり、あまり大切にされていないことが多いのです。

七人の敵と戦い疲れて帰ってきても、妻は妻で家事や育児と戦っていますから、夫のケアまで手が回らないのがリアルなのでしょう。

そんな中、全力で肯定してくれる女性がいたとしたら、彼は彼女に満たされ「生涯を共にしたい」と思うようになるのです。

自分が「心から愛されているな」と感じる時


家族を持つ彼が「この女性だけは手離さないぞ」と思うときは、彼自身が彼女から「心から愛されているな」と感じるときでしょう。

彼が結婚している身であるこも受け入れ、それを咎めることもなく、見返りを求めることもなく全力で愛情を注ぐことは生半可な気持ちではできません。

彼女が「自分の気持ちよりも彼の気持ち」を尊重し、惜しみなく愛情を注いでくれたとき…例えば家族がいる彼を気遣い、彼が家に居るであろう時間には連絡を自ら控えたり、一緒に居られる時間は彼が羽を休められるように極力彼のしたいことに合わせたりなど…「自分の気持ちではなく彼の気持ち優先」という姿勢は、本当に彼のことを愛していなければできない行為です。

そんな彼女の包み込むような愛情に、彼はきっと「無償の愛」を感じるはず。

それほど愛してくれる女性のことを、いつしか彼は「こんなに愛してくれる女性は他にいない」「俺が幸せにしたい」「他のヤツには絶対に渡さないぞ」と、思うようになるのです。

既婚男性が絶対に手放したくない女性の特徴

笑顔が絶えない


結婚している男性が絶対に手離したくない女性はズバリ「笑顔が絶えない女性」でしょう。

笑顔は、その人を魅力的にみせるための、どんなメイクにも勝る最強の武器です。

いつもご機嫌で朗らかな人を見ると、こちらも自然と笑みが溢れてきますよね。

婚外恋愛をしている彼が彼女に「癒し」を感じるとき、それは圧倒的に「笑顔を見たとき」でしょう。

例えば、彼が仕事や家庭のことでドラブルが起きたりして落ち込んできるときはもちろん、特にこれといって何も起こらなかった平和な1日だったとしても、彼女と会えた時に彼女が満面の笑みで笑ってくれたら、彼はきっとそれだけで1日の疲れが吹き飛び、悩みなど忘れ、生きる喜びを感じるはず。

大げさかもしれませんが、笑顔にはそれだけの効果があるのです。

それに、笑顔は伝染します。

ゴキゲンで朗らかな女性と一緒にいることで、彼自身も幸せになり「ずっと一緒にいたいな」と思うようになるのです。

聞き上手


聞き上手な女性のことを、家庭を持つ男性は「手離したくない」と思うでしょう。

人は皆、誰かに認められたいという「承認欲求」というものを持っています。

彼女が自分のことに興味を持ち、話を熱心に聞いてくれたりする姿を目の当たりにすると彼は嬉しくてたまらなくなるでしょう。

「聞き上手」というのは、ただ話を「ウンウン」と聞けばいいわけではありません。

彼の話をよく聞き、「彼が話したいこと」をこちらから質問して促し、彼に気持ちよく話してもらうのです。

例えば、少し極端な例ですが、彼が思い切って高価なバイクを買ったとします。

そのバイクを自慢したいのですが、自分からベラベラ喋るのは「自慢している」と思われそうで気が引けますよね。

そんな時はあなたが察し、こちらから質問してあげましょう。

しかし、いきなり「いくらだったの?」などとストレートに聞くのは品がないですし、彼に「失礼だな」などと思われてしまう可能性もあります。

そうではなく「わ〜!カッコいいバイク!お高そう」とか「とっても素敵だね〜!かなりレアなんじゃない?」などと、オブラートに包んでナチュラルに聞くのです。

そうすると彼も話したかったことを自然と話すことができ「彼女と過ごす時間はとても楽しい」と思うようになるのです。

テンションの起伏が激しくない


感情の起伏が激しくなく、いつも穏やかなテンションの女性は、既婚男性から「手離したくない」と思われるでしょう。

感情の起伏が激しい女性は、感受性が豊かで、一緒にいて楽しい場合もあります。

しかし、長い人生ズーッと一緒にいるとなると話は別で、彼女のいっときの感情に振り回されたり、些細なことで喧嘩になってしまったりするのは、ハッキリ言って疲れることが多いのです。

一方、いつも穏やかなテンションの女性は、ジェットコースターのような刺激は少ないかもしれませんが、些細な事で動じたりしないので、喧嘩も少なく安定した関係を築きやすいでしょう。

「彼女を手離したくない」「ずっと一緒にいたい」と思わせるには、やはり「安心感」「居心地の良さ」がとても大切になってきます。

自分の気持ちを最優先にし、思うがままに行動し、相手に求めてばかりの恋は、残念ながら長くは続きません。

自立しすぎない、依存しすぎない


結婚している男性が「こいつのことは絶対に手離したくないな」と思う女性は、良いあんばいで「自立しすぎておらず、依存しすぎていない女性」です。

これは非常に説明し難いのですが、大事なのは「良いあんばい」なこと。

例えば仕事で成功し収入も十分にあり、自分のマンションを持っていたり、都会で一人暮らしをしていたりと立派に生活している女性は、既婚男性から「俺なんかいなくても一人で生きていけるな」と思われてしまう可能性があるでしょう。

逆に仕事で何をやっても長続きしなかったり、彼が生活の全てになっていて、少しでも連絡が取れなかったりすると不安で他のことが何も手につかなくなってしまうような女性に対しては、彼は「面倒臭い。行動がエスカレートする前に別れよう」と思ってしまうのです。

仕事を熱心に取り組んでいるけど要領が悪く危なっかしいところがあったり、実家に仕送りをしているが故の貧乏だったり…などと、ちょうどよく彼に「守ってあげたい」「俺が支えたい」と思わせることができる女性が、最終的に愛され続ける女性なのです。

やさしい


既婚者の彼が「絶対に手離したくない」と思う女性はやはり「やさしい女性」これに尽きるでしょう。

「やさしさ」には色々なカタチがありますが、例えば彼の健康を気遣い手作りゴハンを作ったり、疲れている彼を労りマッサージしてあげたりなど…彼が「俺のことを考えてくれているんだなぁ…」と実感することができると、彼女のことを「やさしいなぁ」と思うことが多いです。

そして、決して否定しない女性のことも、彼は「やさしい女性だな」と感じるでしょう。

自分が何かに対して意見した時、頭ごなしに否定されたら誰だって嫌な気持ちになりますよね。

お互いの意見が合わない時には「あなたの案も良いね!でも今日は〇〇だから〇〇しない?」と彼の意見に同調してくれる彼女は、彼の自尊心も傷つくことなく、意見が合わなくて揉めることもなく、良い関係を末長く続けていくことができるでしょう。

最初は遊びだったけど、不倫相手に本気になり手放したくないと既婚男性が思うようになるきっかけ

真剣に自分のことを愛してくれていると実感できたとき


最初は単なる暇つぶしだったけど、既婚者の彼が真剣に彼女に夢中になり「手放したくない」と思うようになるキッカケは、彼女が「真剣に自分のことを愛してくれていると実感できたとき」でしょう。

これは「返報性の原理」と言われる人間の心理から来ています。

人は誰しも、情熱的に求愛されたり、優しくされたり、プレゼントをくれたりなどと、自分に惜しみない愛情を注いでくれた相手に対して「お返ししたい」という気持ちになるものです。

例えば婚外恋愛をしている彼女が、実らない恋だとわかっていても何の見返りも求めずただ「好きだよ」「愛してるよ」などとありったけの愛情表現をしてくれたり、既婚男性の誕生日や特別な日には思考を凝らしたプレゼントやサプライズを用意してくれたり…「本当に俺のことを大切に思ってくれているんだな」と彼が実感できた時、「こんなに愛してくれる女性他にいないだろう」と、真剣に彼女のことが愛おしくなるのです。

他の男性に取られそうになったとき


結婚している彼が、アソビだった彼女を真剣に愛し「手放したくない」と思うキッカケは、「他の男性に取られそうになったとき」でしょう。

これは「誰かのものになった途端に欲しくなってしまう心理」から来ています。

例えば、買おうかどうか悩んでいた洋服があったとして、その洋服が他の人に買われて手に入らなくなってしまった途端、物凄く後悔する。

誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

それと同じで、自分にゾッコンだと思っていた彼女に急に他の男の影が見えたり、自分以外ともデートをしているという事実を知ったりしてしまった場合、彼は内心とても焦るでしょう。

そして、自分以外からも求められる彼女のことを物凄く魅力的に感じ、惚れ直すに違いありません。

今まで安心しきっていたはずなのに、急に余裕がなくなり、「他の男性に取られまい」と彼女のことを前よりももっと大切にするはずです。

妻がいることを受容し、「二番目でも良い」という姿勢を見せられたとき


婚外恋愛をしている彼女が、妻がいることを受け入れ「二番目でも構わない」という姿勢を見せられたとき、既婚男性は彼女に対して「真剣に手離したくない」と思うキッカケになるでしょう。

結婚している人を好きになってしまった場合、「彼と結婚したい」「一生一緒にいたい」と思う気持ちは当然、誰にでもあると思います。

当然、既婚男性の方も彼女のその気持ちはわかっているはず。

だから普段、会えない日が続いたりすると後ろめたく思ったり、彼女に対してご機嫌とりをしたりするのです。

しかし、彼女が自分の気持ちを胸の中にしまい、「たとえ一緒になれなくても、あなたのそばに居られるだけでいいの」という姿勢でいるのが垣間見れたとき、男性は心を揺さぶられます。

彼女のことを「アソビ」だと思っていたのならなおさら。

「こんなに健気に自分のことを愛してくれているんだから、自分も彼女と真剣に向き合おう」と思うようになるのです。

彼女に気を許すことができ、心から笑えているとき


最初は単なるアソビだったけど、人目を憚る恋をしている彼女に本気になり「手離したくない」と思うキッカケの一つに「彼女に気を許すことができ、心から笑えているとき」というのが挙げられます。

やっぱりお互い無理や我慢をしている関係は、そう長くは続きません。

「あそびだから」とすぐに終わってしまう関係は、お互い気張っていたり、素を出していないことがほとんどだと言えるでしょう。

しかし、彼女のことを「アソビ」だと思っていたとしても、彼女が親身になって自分の話を聞いてくれたり、彼女自身の胸の内を正直に話してくれたりすると、既婚男性の方も彼女に対して自然と心を開けるようになるのです。

本音と本音で話ができるようになると、お互いの距離が一気に縮まり、中身のある会話をできるようになります。

そんな本音同士の会話が、いつしか彼の心を癒し、心から笑わせてくれるのです。

彼は「彼女と一緒の時は素の自分で居られる」と感じ、彼女のことを「絶対に手ばなしたくない」と思うのです。

どんどん綺麗になっていく彼女を見たとき


道ならぬ恋をしている彼女が、どんどん綺麗になっていく姿を見た時、既婚男性は「彼女を誰にも渡したくない」と思うようになるでしょう。

基本的に、男性が「手離したくない」と思う女性は、外見も内面も美しい女性です。

外見と内面は繋がっていて、性格の悪い女性は自然と口角が下がり顔までブサイクに見えてしまいますし、逆に優しかったり、穏やかだったりといった、性格の良さも外見に滲み出るのです。

ですので、どちらか一方を磨くのではなく、外見的にも内面的にも美しい女性を目指してください。

そして言ってしまうと大切なのは、「結果」ではなく「過程」です。

「彼にもっと愛されたいからダイエットを頑張る」「彼と釣り合う女性になりたいから資格の勉強をする」などと、「彼のために頑張る姿」が、彼の心に響くのです。

結果的にダイエットに成功しなくても、資格の試験に落ちてしまっても、頑張り屋さんな彼女のことを、彼はきっと簡単に手離したりしないでしょう。

妻よりも最後の女だと思わせ一生離したくない女性になる方法

自分の気持ちよりも「相手が何を望んでいるか」を考えて行動する


人目を憚る恋をしている彼に、妻よりも「最後の女だ」と思わせ誰にも渡したくない女性になりたいと思ったら、まず自分の気持ちよりも「相手が何を望んでいるか」を考えて行動することです。

とにかく最初は彼のことを良く観察して、彼の求めているものを探りましょう。

家庭がうまく行ってないのか?

不倫をして刺激が欲しいのか?

それとも欲求不満なだけ?

彼が求めているものさえ分かれば、あとはこっちのモンです。

まずはそれを惜しみなく与えてあげましょう。

癒しを求める彼には思いっきり優しくし、刺激が欲しい彼の為にきわどいSEXを研究しましょう。

(お金や危険なことを要求してくる彼は間違いなくゲス男ですのですぐに手を切りましょう。)

彼を落とすまでは、自分の要望は後回しにすること。

結婚している男性は、家庭では自分の意見が通らなかったり、肩身が狭い思いをしていることが多いです。

愛情を持って優しく接してくれて、自分の欲望を満たしてくれる女性がいたら、妻よりそちらがいいに決まっています。

既婚男性を完全に惚れさせることが出来れば、彼はそう簡単にあなたのことを手放そうとは思わないはず。

惚れさせた彼を操れるようになったら、あなたの要望も簡単に通るでしょう。

彼のことを特別扱いする


道ならぬ恋をしている彼に「最後の女」と思わせたかったら、彼のことを特別扱いしましょう。

簡単に言えば、あなた自身が彼を「最後の男だ」ということをあらゆる手段を使って、彼に伝えればいいのです。

この時気をつけて欲しいのは、「決して重くならない」と言うことです。

「最後の男」という言葉は、結婚している男性にとって相当重い言葉です。

ハッキリ言ってこの言葉を言われた大半の既婚男性はドン引きしたり、プレッシャーを感じて逃げ出したくなるでしょう。

ですので、ド直球に「あなたは私の最後の男だよ」とは決して言わないようにしましょう。

ストレートに言葉で伝えるのではなく、行動で示すようにするのです。

例えば、彼からラインやメールが来たらすぐに返信する。

彼の時間が取れそうな日には予定を入れないようにする。

一緒に過ごせる日は二人の時間を思いっきり楽しむ。

そうすることで、彼は「俺は愛されてるな」「特別扱いされてるな」などと幸せを感じるのです。

ありったけの愛情を彼に注ぎ、尽くすことでいずれ彼からもたくさんの愛情が返ってくるようになるでしょう。

どんな時にも笑顔を忘れない


婚外恋愛をしている彼から、妻よりも最後の女だと思わせ「ずっと一緒に居たい」と思われたかったら、どんな時でも笑顔を忘れないことです。

前項でも述べたように、笑顔が素敵な女性は最強です。

結婚している彼に「好かれたい」「一生離さない」と言われたいと思い、自分磨きをしようと思ったらまず笑顔の練習をしてください。

鏡の自分に向かってニコッと微笑みかけるだけでいいのですから、お金もかかりません。

年齢とともに口角も下がっていきますから、日頃から口角を上げるトレーニングをしておいたほうが良いでしょう。

笑顔の練習が習慣になると、どんな時でも口角が自然と上がり、周りにも柔らかい雰囲気を与えられるようになります。

彼との関係の他に、周りとのコミュニケーションも円滑に出来るようになるので一石二鳥と言えるでしょう。

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」という言葉があるように、笑顔は連鎖するので、彼に微笑みかけることで、きっと彼も自然と笑顔になるはず。

二人の時間に笑顔が増えると、「楽しい」と感じる時間が増えます。

「一緒にいて楽しい」と思える女性と、既婚男性は「生涯を共にしたい」と思うのです。

彼を「許す」気持ちでいる


人目を憚る恋をしている彼に、妻よりも「最後の女だ」と思わせ誰にも渡したくない女性になる方法として、「自分自身をマインドコントロールする」と、彼との関係がより一層上手くいくようになるかもしれません。

結婚している彼とのお付き合いは、精神的に辛いこともたくさんあるでしょう。

彼には家庭がありますから、自分の思うようには会えないですし、我慢しなければならないこともたくさんあると思います。

そんな中で、彼に対する不満も浮かび上がってくるかもしれません。

「あーあ。彼に奥さんが居なければいいのに」「いつ離婚してくれるんだろう…」一度不満を感じだすと、それはとめどなく溢れ、彼に対してキツく当たってしまったり、自分の欲求だけを一方的に押し付けてしまうこともあり得るでしょう。

こちらばかり我慢しているのは苦しいことではありますが、彼が叶えることができない欲求(例えば、「早く離婚して」など)は彼にとってプレッシャーになるばかりで、二人の関係が深いものになることは考えられません。

彼の現実を変えるのは、ハッキリ言って難しいです。

それだったら、自分の意識を変え彼を「許す」気持ちになりましょう。

不倫をしている彼を「まあいっか!」の精神で、許すのです。

そうすることで、自分の気持ちは穏やかになり、彼に対しても優しい気持ちで接することが出来るようになります。

どんな時でも優しさ溢れるあなたを、彼は絶対に離そうとはしないでしょう。

外見の進化をする


婚外恋愛をしている既婚者の彼に、妻よりも大切にされ「最後の女だ」と思われたかったら、どんなに彼からの愛情を感じ、関係が安定している時でも外見を磨く努力をし続けましょう。

「美人は三日で飽きる」という言葉があるように、どんなに美人でも、努力を怠ってしまったら男性に愛され続けるのは難しいと言えます。

人間は皆平等に年を取るもの。

いつまで経っても20代のようなミニスカートや、ギラギラの濃いメイクが似合うわけではありません。

年齢と共に、メイクやファッションをアップデートしていく必要があります。

人は皆、年齢と共に色々なところが衰えていくものです。

しかし、大人の女性には大人の女性の色気や魅力があります。

それを最大限に魅せられるように、時にはトレーニングも必要かもしれませんし、スキンケアも高保湿のものに変えていく必要があるかもしれません。

いくつになっても、努力し続ける女性は美しいです。

「歳には勝てないから」「今さらキレイになる努力をするのは面倒だから」などと年齢と共に、衰えていってしまっては、いずれ彼はあなたの前から居なくなってしまうかもしれません。

年齢と共に外見も進化していき、大好きな彼に「どんどんキレイになっていくね」と言わせちゃいましょう。

そんな女性からは、男性は絶対に離れていきません。

既婚男性が絶対に手放したくない女性は、可愛くて、優しくて、愛に溢れている女性!


結婚している男性が、妻よりも「最後の女だ」「ずっと一緒にいたい」と思う女性は、可愛くて、優しくて、愛に溢れた女性、これに尽きます。

残念ながら、結婚してしまうと、戸籍上の絆にあぐらをかいて、相手を思いやる気持ちや努力する気持ちが薄れてしまうものなのです。

彼のことを気遣い、気持ちを汲んで行動することができ、たとえ「2番手」だったとしても何の見返りも求めず、愛情を惜しみなく注げる女性。

そして自分自身が成長できるように努力し続ける女性。

そんな女性は彼の目にキラキラと輝く美しい女性として映り、いつしか妻よりも「生涯を共にしたい」と思われるようになるでしょう

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG