W不倫のメリットとデメリット。ダブル不倫中&ダブル不倫関係になりそうと悩んでいる時に絶対知って欲しい事

  • 2020年2月5日
  • 不倫
  • 144view

お互い既婚者なのに、恋をしてしまった…。

お互い配偶者がいるのに、別の相手と肉体関係を結んでしまった…。

自分の気持ちが止められず、今まさにダブル不倫の関係になってしまいそうな状態にあるあなたへ。

今回はダブル不倫に足を踏み入れようとしているあなたに知っておいて欲しい、ダブル不倫が始まるきっかけや、既婚男性・女性別のダブル不倫のメリットとデメリットをご紹介します。

目次

どうしてW不倫になるの…?よくあるダブル不倫が始まるきっかけ

職場が同じで親しくなり、二人で飲みに行ったりしているうちに…


ダブル不倫が始まるきっかけとしてありがちなのは、職場が同じで親しくなり、二人で飲みに行くようになったりするうちに、どちらからともなく不倫関係になってしまった…というものです。

現代の女性は、結婚したら専業主婦になるのではなく、たとえ出産してもすぐに復帰して、どんどん社会進出しています。

そのため、現代の既婚女性は夫以外の男性と触れ合う機会も多いのです。

結婚し家庭を持っていたら、初めから不倫をするつもりの人などいないと思います。

しかし、異性と接する機会が多いと、その分相手のことをよく知れるのです。

仕事で助けてもらったり、何気ない雑談が楽しかったりすると「この人、いい人だな」「こんな共通点があったんだ」などと、相手に対して好感を持ち、知らず知らず好意を寄せてしまうのでしょう。

そうこうしているうちに仲良くなり、仕事終わりに二人で飲みに行ったりしてしまうと、特別なキッカケなどなくとも、どちらともなく気付いた時にはダブル不倫の関係になってしまっているのです。

ネットを通じて知り合い、意気投合してしまった


ダブル不倫が始まるキッカケとして、「ネットを通じて知り合い、意気投合してしまった」ということもよくあるでしょう。

SNSをはじめとする様々なインターネットツールを使えば、簡単に会ったことのない人と出会い、話をすることができるからです。

端からW不倫目的の人たちが集まる「既婚者同士の出会い」を売りにしたサイトもありますし、それ以外にも趣味やサークル、通信ゲームなど、ネット上には様々な出会いが溢れています。

サイトやアプリを使えば、自分と共通の趣味がある相手や、自分の好みのタイプの相手と出会うことも簡単です。

そんなネットを通して、知り合った相手とは、はじめから話が合い意気投合する可能性が高いので、ダブル不倫関係になってしまうカップルも数多くいるでしょう。

学生時代の同窓会で再会し、当時を思い出してしまった


学生時代の同窓会で久しぶりに再会し、当時はなんとも思っていなかった相手が劇的にステキになっていた…。

学生時代付き合っていて、当時色々あって別れてしまったけど、久しぶりに会ったら気持ちが再燃してしまった…。

このように、同窓会で再会したことをキッカケに、ダブル不倫の関係に発展してしまうことはよくある話です。

結婚して夫婦になると、大抵の場合は「男と女」というより「家族」になってしまいます。

しかし、男性も女性も、いつまで経っても「男」「女」でいたいと思うものなのです。

平穏という名の退屈な結婚生活を送っている男女にとって、「同窓会」という非日常は、胸をときめかせてくれるものでしょう。

いつもより念入りに身なりを整え、いつもより浮ついた心で参加する既婚男女は、結婚していることも忘れて快楽に走ってしまうのです。

行きつけのお店・習い事・趣味の場で出会い、お互い気になる存在に…


W不倫に発展するキッカケとして、行きつけのお店・習い事・趣味の場などで出会い、お互い気になる存在になってしまった、ということも挙げられます。

はじめは不倫するつもりなどなくても、顔なじみになり、なんとなく他愛のない話をしているうちに、「ステキだな」「いい人だな」と好意を抱いてしまうことは、よくあることでしょう。

行きつけのお店・習い事・趣味の場で出会う人とは、いきなり街中で出会うよりも共通点が多いため、会話も盛り上がりやすいです。

行きつけのバーでいつも合う相手には「家はこの辺なんですか?」などと声をかけやすいですし、趣味や習い事が一緒の相手には「〇〇、お好きなんですか?」と、共通の話題がいくらでも出でくるからです。

そのため、より相手と親密になりやすく、不倫関係に発展するのも早いと言えるでしょう。

W不倫で既婚男性側にあるメリット

「奥さんと離婚して!」と迫られることがない


W不倫で既婚男性側にあるメリットとして、一番大きいのはやはり彼女から「奥さんと離婚して!」と迫られることがないことでしょう。

人間は、欲深い生き物。

不倫相手の彼女が独身の場合、お付き合いが深くなるにつれ、独身女性は「二番目の女」じゃ満足できなくなってくるのが普通です。

「彼と一緒になりたい」「彼の一番目の女になりたい」と、既婚男性と妻の仲を探ってくるようになるでしょう。

しかし、既婚男性は口では「妻には愛はないから」「夫婦関係は破綻している」ということができても、実際には破綻していないことがほとんど。

離婚する気など更々ないでしょう。

そうとは知らない彼女は要求がどんどんエスカレートして、最終的に「いつ離婚してくれるの!?」と、迫ってくるようになります。

そうしていくうちに、既婚男性は言い逃れすることに疲れ「面倒くさい」と思うようになるのです。

その点、既婚女性の場合、彼女にも配偶者がいますから、彼女が離婚しない限りは男性に「離婚して!」と迫ってくることはまずないでしょう。

既婚男性は離婚を迫られる心配なく、不倫を楽しめるというわけです。

WIN-WINの立場なため、「疑似恋愛」に没頭できる


W不倫で既婚男性側にあるメリットとして、「WIN-WINの立場なため疑似恋愛に没頭できる」ということが挙げられます。

前項でも述べたように、女性が独身の場合、どうしても「割り切った関係」を続けていくことは難しいです。

だんだん本気になっていくにつれ、「相手の全てが欲しい」と思ってしまうようになるからです。

しかし、既婚女性との不倫は、相手にもパートナーがいます。

お互い「恋は恋、結婚は結婚」と割り切って、恋愛のいいとこ取りをし、末長く関係を続けていける場合が多いでしょう。

恋愛の延長線上に結婚があるのだとしても、結婚生活は、ただ甘いだけではありません。

毎日一緒に暮らしていると、相手の嫌なところも見えてくるようになりますし、金銭的な問題から育児、介護、ご近所付き合い等…煩わしい問題もたくさんあります。

しかし「疑似恋愛」には、そういった煩わしいことが一切なく、「お互いの気持ち」さえ一致していればずっとでも、仲良しでいられるでしょう。

家庭の話や悩みも気兼ねなくすることができる


W不倫をしている既婚者男性にあるメリットは、「家庭の話や悩みも気兼ねなくすることができる」ことでしょう。

不倫相手が独身の場合、そうはいきません。

家庭を持つ男性にとっては、妻や子供が日常的にいますから、単なる世間話的な意味合いで、家庭の話をすることもあるでしょう。

しかし、家族がいない独身女性に家庭の話をしてしまうと、どうしても相手の嫉妬心を刺激してしまうのです。

不倫相手の彼の家庭の話を聞いた彼女は家族と楽しそうにしている彼を想像し、辛く悲しい気持ちになってしまうことは避けられません。

「家族の話はしないで!」とハッキリと言ってくる場合もあるでしょう。

しかし、既婚女性の場合は、彼女にも夫がいますから、相手がパートナーの話をすることに理解を得やすいです。

同じ境遇として、分かり合えることもあるでしょうし、お互いの家族の話をしたところで、まず険悪な雰囲気にはなりません。

そんな家族の話題も気兼ねなく話し合える既婚女性とは、男性も必要以上に気を使うことなく、自然体でいられるでしょう。

安心してSEXする特定の相手が出来る


W不倫をしている既婚男性にとってのメリットは「安心してSEXする特定の相手が出来る」ことではないでしょうか。

男性が不倫をする理由の一つに「妻とのSEXに満足していないから」ということが挙げられます。

子作りのための義務的なSEXだったり、「疲れてるから」と毎日のように断られたり、油断しきった妻の体型に生理的に勃たなくなってしまったり…。

「妻と理想的なSEXをするのはもう無理だ」と諦めてしまっている既婚男性は、SEXができる女性を外に探しにいくのです。

SEXだけしたいのなら風俗に行けばいい、と思うかもしれません。

しかし、風俗のような不特定多数と関係を持っている相手とだと、病気などの心配を拭い切ることはできませんし、お金もたくさんかかります。

特定の彼女を作っておけば、その都度相手を探す手間もありませんし、安心して理想のSEXライフを楽しめるのです。

W不倫で既婚女性側にあるメリット

面倒くさいこと抜きで恋愛のトキメキだけを楽しめる


ダブル不倫で既婚女性側にあるメリットとして、挙げられることは「面倒くさいこと抜きで、恋愛のトキメキだけを楽しめる」ことではないでしょうか。

結婚は正直言って、面倒くさいことの連続です。

愛だの恋だのの前に、「生活」がありますから、日常で夫に「トキメキ」を感じることなどほぼないと言えるでしょう。

日常で夫に「トキメキ」を感じている女性は、不倫なんてしないと断言できます。

女性にとって、結婚しても、子供を産んでもいくつになっても「トキメキ」は大切なのです。

結婚している男性とW不倫関係になれば、結婚生活の中にある面倒くさいことすべて抜きで、恋する「ドキドキ」や「トキメキ」だけを楽しむことができるでしょう。

恋をしている時の「トキメキ」は、忙しい日常を忘れさせてくれ、既婚女性の毎日をより輝かせてくれるのです。

所帯じみていない、綺麗な自分をキープできる


W不倫で得られる既婚女性側のメリットとして「所帯じみていない、綺麗な自分をキープできる」ということも挙げられるでしょう。

人間は、慣れます。

どんなに大好きで、一緒にいると胸がキュンとする相手と結婚したからといって、衣食住を毎日共にしていれば、「相手に良く思われたい」「キレイだと言われたい」という気持ちはだんだん薄れてくるものです。

結婚前はお泊りの時でも「すっぴん風メイク」で過ごしたり、ルームウエアにもお金をかけて可愛くしてたのが、結婚し何年か月日が過ぎると、一日中すっぴん・くたびれた部屋着でも全然気にならなくなってしまう。

子供が生まれたりするとなおのこと自分に時間をかけてはいられなくなりますから、気づいた頃には「生活感満載のオバサン」になっている場合も少なくないのです。

しかし、外に彼氏がいると、「彼にキレイだねって言われたい」「捨てられないように自分磨きを頑張ろう」などという気持ちから、キレイになる努力・美貌を保ち続ける努力をするようになります。

「既婚者の彼に見られている」ことで、結婚しても子供がいても、美しさをキープし続けることができるのです。

高級レストランで食事や、ブランド物を買ってもらえる


W不倫で既婚女性側にあるメリットは、金銭的な部分にもあります。既婚男性とW不倫関係になるとほとんどの場合、デート代は既婚者の彼が出してくれるでしょう。

日頃、家計を管理している主婦は、お金にシビアです。

夫の給料で月々の支払いを済ませ、節約のために食事を工夫したり…欲しいものがあっても家計のために我慢している既婚女性も多いでしょう。

そんな中、W不倫をすると、彼はきっとステキなところへ連れて行ってくれたり、心躍るようなプレゼントをくれるはず。

普段は絶対に行かれないような高級フレンチや、五つ星のホテル、誕生日やクリスマスには、ブランド物やジュエリーなどをプレゼントしてくれるかもしれません。

日頃切り詰めた生活をしている既婚女性は、既婚男性とのデートを「非日常」で「夢のよう」と感じ、日常を忘れることができるのです。

「女としての幸せ」を感じ続けることができる


W不倫で既婚女性側にあるメリットは「女としての幸せ」を感じ続けられることではないでしょうか。

女性は誰もが皆、「女として生まれてきたからには女として幸せになりたい」と思っているはず。

幸せの感じ方は人それぞれですが、「女としての幸せ」の大部分は、「愛する男性から愛されること」だと言えるでしょう。

結婚して子供を持ったりすると、日々の生活に追われ「愛する男性から愛される喜び」に鈍感になってしまいます。

胸がキュンとなったり、アソコがジワっとなったりすること…つまり自分の「女」の部分を忘れがちになるのです。

夫から結婚前と変わらず愛され続けている女性も稀にいるかもしれませんが、ほとんどの女性は夫からの愛を意識することなく毎日を過ごしています。

そんな忙しい毎日を過ごしているうちに忘れてしまっていた「女心」を、W不倫は思い出させてくれるでしょう。

そして、不倫相手の既婚男性の手によってもう一度「愛する男性から愛される喜び」を思い出すことができるのです。

自分に自信が持てるようになる


「自分に自信が持てるようになる」ということも、W不倫をする既婚女性側にある大きなメリットでしょう。

人は、誰かに褒められたり、見てもらえることで、自信を持てたり、成長できたりします。

しかし、オトナになるとだんだん「褒められる」「見ていてもらえる」機会が少なくなってくるのです。

特に主婦の仕事はとっても大変ですが、いくら頑張っても誰からも評価されないことがしばしば。

身近にいる夫ですら、「家事は出来て当たり前」「子育てはして当たり前」と思っている場合が実に多いのです。

頑張っているのに、誰にも見ていてもらえないと、人はどんどん自信を無くし、「なんのために頑張っているんだろう…」と、そのうちやる気もなくなってしまいます。

そんなとき、話を聞いてくれたり、「可愛いね」「好きだよ」などと褒めてくれるW不倫相手の彼がいてくれたら、自分の自信を見失うことなく、家では夫にも子供にも何も言ってもらえなくても平気になるでしょう。

W不倫で既婚男性側にあるデメリット

家族を養いながら、彼女とのデート代も払わなければならないためお金がかかる


W不倫で既婚男性側にあるデメリットとして挙げられるのは「お金がかかる」ということです。

ここでまず言えるのは、「既婚男性はお金がないと不倫できない」ということ。

もちろん、稀にそうでない場合もあるでしょうが、ほとんどの女性は、お金がない男性に興味はありません。

デート代も出してくれない既婚男性とは、誰も不倫したいとは思わないでしょう。

ですから、不倫したいと思ったら、家族を養いながら、彼女とのデート代を支払っていく経済力をつける必要があります。

「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉があるように、W不倫をする女性は「お金」を重視しています。

妻に財布を握られていて自由になるお金が少なかったり、最初は豪華なデートだったのに、だんだんとショボイデートにされてしまったり、はたまたもっとお金持ちの男性から言い寄られたりすると、いとも簡単に交際していた既婚男性のことを捨てる可能性があります。

そうならないために既婚男性は、W不倫相手の既婚女性にお金を使い続けなければならないので、結構大変なんです。

たとえ本気になってしまっても、一緒になれる可能性は低い


W不倫で既婚男性側にあるデメリットは、「たとえ本気になってしまっても、一緒になれる可能性は低い」ことではないでしょうか。

はじめは皆、「刺激が欲しい」「疑似恋愛を楽しみたい」と、軽い気持ちで始める場合がほとんどです。

しかし、お付き合いを続けていくうちにどんどん既婚者の彼女にのめり込んでいってしまうパターンは少なくありません。

不倫は、結婚生活にある煩わしさが一切ない「恋愛のいいとこ取り」ですから、誰もが「妻より彼女の方がいい」「彼女と一緒になりたい」「彼女と一緒に暮らせたらどんなに幸せか」と思うのは当然です。

そして、本気になるつもりなどなくても、気付いた時には「彼女が何よりも大切」と、本気で愛してしまっているのでしょう。

しかし本気になったところで、W不倫を実らせるのは相当困難です。

お互い結婚してパートナーがいますから、双方のパートナーが離婚に応じなければ、一緒にはなれません。

時間もお金もものすごくかかりますし、精神的にも辛いでしょう。

よっぽどの覚悟がない限り、一緒になれる可能性は極めて低いと言えます。

どちらかがパートナーにバレてしまったら、自動的にお互いアウト


W不倫での最大のデメリットは、バレてしまった時にあるでしょう。

自分は徹底的にバレ対策をして、完璧にW不倫を隠し通せているかもしれません。

しかし、相手の女性が「ポカ」をして、パートナーにバレてしまった場合、自動的に男性のパートナーにも知られてしまうことは確実です。

どちらか一方のパートナーにバレてしまうだけで、家庭が崩壊する可能性、財産や仕事を失う可能性、W不倫相手と二度と会えなくなってしまう可能性など、人生において最悪な影響を及ぼします。

お互いが、配偶者や周りの人にバレないように、会うときはお互いの住む街から何駅も離れた場所にしたり、ホテルに入る時間を少しずらしたり、サングラスやマスクをして変装したりなど、やり過ぎなくらい、慎重になる必要があります。

W不倫はそれだけ大きなリスクを背負っているということを覚えておいてください。

相手にもパートナーがいるため、嫉妬心が尽きない


W不倫をする既婚男性側にあるデメリットは、「相手にもパートナーがいるため、嫉妬心が尽きない」ことでしょう。

自分のことは棚にあげ、相手のパートナーに嫉妬心を燃やす既婚男性は実に多いです。

どんなに彼女のことを「誰よりも俺が一番愛してる!」と思っても、相手にはパートナーがいますから、彼女の「一番」になることは難しいでしょう。

一緒にいるときは心から幸せで楽しくても、彼女の帰るうちには「旦那」が常にいますから、離れて過ごしている時には「彼女は今頃旦那と仲良くやってるのかなあ」「旦那は彼女の手料理を毎日食べてるんだ…」などと想像を膨らましがちになります。

既婚者の彼女のことを、愛していれば愛しているほど、強烈な嫉妬心に苦しめられることになってしまうのです。

W不倫で既婚女性側にあるデメリット

バレてしまった場合、失うものが大きすぎる


W不倫で既婚女性側にあるデメリットとして言えることは、「バレてしまった場合、失うものが大きすぎる」ということです。

もし、W不倫がバレて慰謝料を請求され、さらには夫に離婚を突き付けられるなんてことがあった場合、財産がゼロになってしまう可能性も高いです。

こんな時に、W不倫相手の既婚男性は全くあてになりません。

一人で生きていくことを覚悟した方がいいでしょう。

女性が社会進出し、男性と張り合って活躍する時代になってきているのは確かですが、まだまだ男性と女性には歴然とした収入の差があります。

子どもがいる場合、子育てをしながらフルタイムで働くのは相当キツイですし、今までのようなのんびりとした日常は、二度と戻ってこないでしょう。

W不倫を始めたときは軽い気持ちで、「つまらなかった日常が輝いたわ」などと思うこともあったかもしれませんが、W不倫の代償はものすごく大きいです。

全てを失った後で「こんなはずじゃなかった」と気づくはずです。

子どもがいる場合、会うチャンスがなかなかない


W不倫で既婚女性側にあるデメリットとして、「会うチャンスがなかなか無い」ことが挙げられます。

既婚女性は、既婚男性より、自由になれる時間が少ないです。

男性には「仕事を一生懸命やれさえすればいい」などといった風潮がありますが、女性は仕事の他に、家事や育児、自治会の仕事など既婚男性よりさらに多忙を極めています。

男性の場合は仕事終わりに「今日飲んで帰る」などと嘘をつき、気軽に不倫相手と逢引ができるかもしれませんが、女性の場合、特に子どもがいたりすると、夜そう簡単には家を空けられません。

「昼顔妻」のように平日の昼間だったら時間が取れるのかもしれませんが、その時間に仕事をしていない男性は珍しいです。

頻繁に家を空けるようになることで、配偶者からも怪しまれてしまう可能性も上がりますし、既婚者の彼に恋して不倫関係になったとしても、会えるチャンスがなかなか無いのです。

女性の方が男性より顔が広いため、誰かに見つかってしまう可能性が高い


W不倫で既婚女性側にあるデメリットとして、挙げられることは「誰かに見つかってしまう可能性が高い」ということです。

なぜかというと、女性の方が男性に比べ、圧倒的に顔が広いから。

仕事の他に、子供の同級生のママ達や、習い事先の知り合い、ご近所さんなど…自分は知らなくても相手には知られている、という場合もあるのです。

既婚男性とW不倫関係になり、「ここまで来れば誰も知り合いがいないだろう」という場所でさえも、誰かが偶然来ていて、バッタリ会ってしまう可能性も少なくありません。

ですからW不倫相手の彼とデートをする場合は、どこに行くにも何をするにも、慎重すぎるくらいに慎重に行動することが必要になってきます。

本当は、彼と映画に行ったり、カフェでお茶したり、手を繋いでショッピングをしたいと思うでしょう。

しかしそれらは我慢せざるを得なく、デートは毎回ラブホテルに「現地集合、現地解散」という味気ないものになってしまうのです。

気持ちが割り切れなくなったら辛い思いをすることになる


W不倫で、既婚女性側にあるデメリットは、「気持ちが割り切れなくなったら、辛い思いをする」ことでしょう。

W不倫は、いくら口ではお互い「好きだよ」「愛してる」「君が奥さんだったら良かったのに」などと言い合ったとしても、ほぼ100%暗黙の了解で「割り切った関係」です。

好きの気持ちに嘘はないかもしれませんが、「だからパートナーとは離婚する」という考えにはならないでしょう。

「こうして人目を憚って会えるだけで、十分幸せだ」「誰かを傷つけてまで一緒になりたくない」というのが、W不倫をするほとんどの既婚男女の本音だと言えます。

しかし自分の夫婦関係がうまく行っていなかったり、問題を抱えていたりすると、W不倫相手の彼への気持ちが割り切れなくなってくることもあるでしょう。

しかし、本気で「彼と結婚したい」「一緒になりたい」と願っても、それは叶わないことが多いです。

割り切った関係だからこそ、W不倫相手のことを「好きだ」「愛しい」と思うのであって、相手に本気になられた時点で、「これ以上踏み込まれたら危険だ」「面倒なことになる」と、逃げられてしまう可能性があるでしょう。

彼に気持ちがなくなってもお金の為に別れられないことがある


「W不倫は、経済力がない既婚男性にはできない」と前項でも述べたように、W不倫をする男性は、基本的にお金持ちのことが多いです。

交際をする既婚彼女に美味しいゴハンをご馳走してくれたり、特別な日には高価なプレゼントをくれたり…。

普段倹約している主婦にとって、既婚者の彼と過ごす時間は非日常を感じさせてくれる夢のような時間でしょう。

しかし次第に、欲しいものを買ってくれたり、美味しいものを食べさせてもらえるということは、愛し、愛されることよりも「おいしい」と感じてしまい、好きじゃなくなっても、彼のことを手放せなくなってしまいます。

実際に「愛などなくてもお金を持っている既婚男性とは付き合っているメリットがある」と感じている女性は多く、彼に気持ちがなくなってしまっても、なかなか不倫からは抜け出せなくなってしまうのです。

W不倫はハイリスクハイリターン。足を踏み入れる時は、もう一度よく考えて!


W不倫は確かに、魅力がたくさんあります。

一生隠し通すことができれば、恋するトキメキやドキドキを感じて人生が楽しくなり、いつまでも若々しく、美しい自分でいることができるでしょう。

しかし、幸せで楽しいW不倫の裏には、多くのリスクが隠れています。

どちらか一方でもバレてしまったら、自動的にお互いのパートナーにバレてしまうことは避けられませんし、仕事、家族、社会的信用など、バレて失うものも大きいです。

お互いにパートナーがいる関係ですから、たとえ本気になってしまっても、結ばれることは困難でしょう。

既婚者を好きになり、W不倫の道に進もうと思ったら、それぞれのメリット、デメリットを改めて考えて、後悔のない道を進んでください。

【期間限定・2月23日(日曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【月読み誕生日占い】を初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【月読み誕生日占い】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG