オーラが茶色の人の性格や意味|使命は「人をありのままの姿にする」で前世は「自然とともに生きる癒し手」

今オーラが変われば2022年下半期に悩みが解決します。
オーラとはその人を取り巻く一種の霊的なエネルギーのことです。

オーラには性格やあなたの性質、心身の状態などによって複数のカラーがあります。あなたが何色のオーラをまとっているかによって、人格や運勢はもちろん、他の人との相性やうまくいく接し方を診断することができます。

人生がうまくいかないのは、あなたのオーラがちぐはぐになっているから。

でも大丈夫。オーラは今から変えられます。

このオーラ診断では、よくある自分のオーラを知るだけのカルテではなく、オーラと共鳴し引き寄せ合う強力なオーラをまとうための重要なヒントが満載のカルテをお届けします。

オーラが整うと何をやってもダメだった人生が劇的に変わるので、2022年下半期を幸せに過ごす事だって実現可能です。

反対にオーラがちぐはぐなままではどんなに願っても努力しても、あなたの幸せはオーラに弾かれてしまいます。

あなたには無駄な努力を重ねてほしくありません。期間限定で初回無料での診断が受けられるので、今から試してみてください。

茶色いオーラを持っている人…その人は、一緒にいる人を安心させる不思議な力があると言われています。

普段一緒にいる時間にこれといって理由もわからないのに、なぜかそばにいてくれると安心する、落ち着けるという人が家族や友達にいるのであれば、その人は茶色いオーラの持ち主かもしれません。

もちろん、茶色のオーラを持っている人にはそれ以外にもたくさんの特徴があります。

そこで今回は、茶色のオーラを持っている人について、詳しく紹介していきたいと思います。

茶色いオーラが持っている意味や、茶色のオーラを纏っている人の性格や特徴、そして、茶色のオーラを纏っている人が課せられている使命など、細い内容で、茶色のオーラについて、また茶色のオーラを纏っている人について説明していきます。

オーラが茶色の意味は「そばにいる人に心地よさを感じさせてあげる」

人を癒す茶色

茶色のオーラが意味しているのは、そばにいる人に心地よさを感じさせてあげるということです。

自分のそばにいてくれる人に対して、お礼がわりなんていうわけではありませんが、一緒にいる時間、共に過ごすことができる時間に関しては 、オーラの力で安らぎを与えることができます。

特別に何かをしてあげることで心地よさを与えるというわけではないですし、何か相手が安心する言葉をかけてあげることで心地よさを感じてもらうというわけでもありません。

そのため、ただじっと、無言で、一つの空間に一緒にいるだけでも、茶色のオーラを纏う人と一緒にいる人は安心したり、心地よさを感じたりして、“この人と一緒にいると居心地が良い”とリラックスした時間を過ごすことができるのです。

茶色のオーラを持っている人自身は、自分にそんな不思議な力が備わっているということに、あまり自覚はないようですから、相手がなぜ自分と好んで一緒にいてくれるのか、どうして無言でも相手は苦痛ではないのかについて、自分のオーラの色を知るまでは気づけないかもしれません。

ただ、不思議と、自分と一緒にいると無言で会話なしで、それぞれが別々のことをして過ごしていても、誰にも退屈だとかつまらないなどと言われたことがない、無言の時間が辛いなどと思われたことがないはずです。

これこそが、茶色のオーラが持っている意味そのものだと考えることができます。

相手に安心できる、ホッとできる時間と場所を、自らのオーラが持っている力で作り出すことができる、そんな不思議な力を持っているのです。

一緒にいることで、安心感や心地よさを相手にもたらすことができるオーラカラーは決して茶色だけではありません。

しかし、ごく自然な気持ちで、本当に何の疑問も抱かず、安心できる、ずっとここにいたい、ずっとこうしていたいと思える場所を人に与えることができるのは、茶色のオーラを持っている人だけであるということは覚えておいてください。

オーラが茶色の人の使命は「周囲の人にありのままの姿を出させてあげる」ありのままを引き出す

茶色のオーラを持っている人に課せられている使命は、自分の周りにいる人にありのままの姿で生きることの大切さを教えてあげることです。

自分を偽ったり、時には自分を殺したり、無理をさせたりして生きていかないと、世渡りが下手な人間だと言われたり、付き合いが悪いとか、変わっているなどというレッテルを貼られてしまうことが多いこの世の中、ありのままの自分で生きることができている人は、どのくらいいるでしょうか?

きっと、ほんの一握り…下手をしたら、ひとつまみ程度しかいないかもしれません。

普段はいちいちそれに対して感じたり蓄積していくストレスを気にすることもないでしょうが、やはりありのままの自分をしまいこんで生きていること自体が、人が疲れやストレスを抱く原因となっていることは否めないでしょう。

だからこそ、茶色のオーラを持っている人の癒しの力、ありのままのその人の姿を引き出す力は、現代にはなくてはならないものなのです。

言いたいことを言って、やりたいことをやって、傍若無人に生きさせようとしているわけではなく、ただ、普段ぎゅっと狭い心の奥底に押し込んで、しわくちゃになってしまっているその人自身の心を、茶色のオーラを持っている人は引っ張り出して、洗濯し、アイロンをかけてシワを伸ばしてくれるように、リフレッシュさせてくれるのだと考えてください。

人の心を選択し、自分自身を再びシワだらけになってしまう心の奥底にしまう必要はないのだと思わせてあげる、それこそが、茶色のオーラを持って生まれた人の使命なのです。

当然、世の中の人全てにそんな気持ちを与えろなんて言っても、それは無理な話なので、せめて茶色のオーラを持っている人の近くにいる人に、その力を発揮し、救ってあげることが求められるのだと考えてください。

茶色のオーラを持っている人のそばにいれば、自然と自分をしまいこむ必要がないのだと考えることができて、一度引き出してもらった本来の自分、自身の本音といったものを素直に見せることができるようになります。

人々を素直に正直に、ありのままにさせて、人々にありのままで生きることの心地よさ、開放感を感じてもらえるように何かをしなければならないわけではありません。

茶色のオーラを持っている人は、いつも通り過ごせばいいだけ。

自分が思うように人と接すれば自然と相手の心を癒すことができているので、茶色のオーラを持っている人自身も、ありのままで生きるよう心がけてください。

オーラが茶色の人の前世は「自然とともに生きる癒し手」

自然をまとって

茶色のオーラが示すのは、大地の色、自然の色です。

土があるから作物を育てることができる、水を引くことができる、植物が育つ…など、まさに“母なる大地”といったところですが、それが茶色のオーラを持っている人の前世にも深く関わっていると言えるでしょう。

茶色のオーラを持っている人の前世は、癒し手だったと考えてください。

しかも、ただの癒し手ではなく、自然と共に生きてきた癒し手です。

職業で言えば、環境を保護するための仕事をしていたり、または獣医師だったりと、自然を保護する仕事に就いていたというのも考えられますし、自然にあるものを使って、アロマテラピーや、ヒーリングなどを行っていたり、自然や宇宙と繋がり、人々に希望を与えたり、未来についての予言を行っていた占い師だったりなど、さまざまな職業が想像できます。

どのような前世であったとしても、自然を大切にし、自然とつながり、自然の恩恵を受けて生きていた人生であったことは確かです。

そして、生まれ変わった現代でもそのまま自然の力をもらい、茶色のオーラを纏うことで、人を癒す、現代における癒し手となっているのだと考えることができるでしょう。

茶色のオーラを持っている人は、幼い頃から外で遊ぶことが好きだったり、植物や動物に興味を持ったりと、自然と関わることに抵抗がないことがほとんどだと言います。

自然との関係性が、自分にとって前世からの深い付き合いであることを潜在的に理解しているためだと考えれるのです。

オーラが茶色の人生で苦労する事は「気を遣いすぎて気疲れする」

気を遣いすぎてしまうことも

一言で言えば“優しい”性格である茶色のオーラの持ち主なので、この優しさが自分を苦しめてしまう場合があることを覚えておきましょう。

自分の周囲にいる人に優しく、とにかく丁寧に接しようとするあまり、ついつい気を遣いすぎて自分が疲れてしまうことがあるのです。

気を遣おうと心がけているわけではないので、本人にとっては気づいたら疲れている…どうしてだろう…という感じだと思います。

しかし、これこそが茶色のオーラを持っている人の特徴なのです。

人に気を遣うことが自らのデフォルトとなってしまっているので、自分で人に対して気遣いをしているという自覚はなく、だからこそ気づくと気持ちが疲れてしまっているという状況に陥ってしまいます。

茶色のオーラを持っている人の周りにいる人は、そこまで気遣いを求めていないでしょう。

しかし、気を遣わずにはいられない性格なので、ついつい自分が疲れてしまうことを二の次にして、気配りを見せてしまうのです。

当然、細かい配慮ができる人、優しい人、さりげない気遣いが魅力的な人という印象を周囲に与えることはできるでしょう。

その点では、この気遣いをする特徴は茶色のオーラを持っている人にとってメリットになるのですが、やはり自分の身を削って得たメリットなので、手放しでは喜ぶことはできないはずです。

自分にとって気を遣いすぎてしまう性格が、自分を苦しめることがあるということも、ちゃんと把握しておくべきだと考えてください。

意識するだけでも、多少なりとも人への接し方に、適度に手を抜くことができるので、人生における気苦労を大幅に減らすことができることでしょう。

オーラが茶色は珍しい?

珍しい色茶色のオーラを持っている人は、決して珍しくはありません。

人を癒す力が強い茶色のオーラを持っている人は、決して多いわけではないのですが、かといって、稀少なオーラの色というわけでもなく、非常に安定したバランスで存在しているオーラカラーだと言えるでしょう。

人を癒す力を持っているオーラカラーは決して茶色だけに限ったわけではないのですが、茶色のオーラを持っている人の癒しの力は格別なところがあります。

人の癒し方にはそれぞれオーラカラーごとに違いがあり、言葉で癒す人もいれば、自分の持っている雰囲気で明るく勇気づけてあげることができる人もいるのですが、茶色のオーラカラーは、言葉もなくその場にぽつんといるだけで、癒しの効果を周りに与えることができる、まるでパワースポットのような存在だと考えることができるでしょう。

力を持っている茶色のオーラを纏う人だからこそ、1人で広い範囲にオーラの影響を及ぼすことができます。

そのため、珍しい色ではないとしても、決して人数は多くありません。

多くなくても、十分に広い範囲に影響を与えることができるからです。

紫や、ゴールド、シルバー、透明のオーラと比較すると圧倒的に人数は多いものの、それでも決してこの世界に多いオーラカラーではないという、少し絶妙な立ち位置であることは認識しておくと良いでしょう。

オーラが茶色の人の特徴や性格は「迷っている人は放っておけない・人を誉めて気を遣うことが得意」

人に優しい色

オーラが茶色い人の特徴と性格としては、とにかく迷っている人、困っている人を放っておくことはできない…という点が第一に挙げられます。

困っているとか悩んでいるという人を見つければ、自分が何か力になれることはないかと一生懸命考えて、自分にできることを探し、その間も相手に対して気遣いを見せることを忘れません。

迷っている人を見れば、一緒に道を見つけてあげようとしますし、苦しんでいる人とは苦しみを分かち合おうとまでします。

そして、その間も必ず相手に対して気配りを忘れることはありません。

少しでも相手が元気になれるように、前を向くことができるようにと、冗談を言ったり、励ましたりしながら、進むことができる道を探してあげるので、時として悩んでいる本人よりもあれこれと考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、ちゃんと結果は出るはずです。

相手は茶色のオーラの人の目に留まり、茶色のオーラの人がそばにいてくれるようになると自然とその人は前向きな気持ちになれたり、進むべき道を見つけることができるようになり、一緒にいてもらっている間は悩みが軽くなったり、気持ちが明るくなったりもします。

茶色のオーラを持っている人が上手に相手の良いところを見つけて、褒めながら励ましてあげているからというのがその理由でしょう。

これが、もう一つの茶色のオーラを持っている人の特徴的なポイントだと考えることができます。

相手のいいところを見つけて、褒めてあげることができるので、相手をいい気持ちにさせてあげることができるのです。

これなら誰でもできることでは?と思うかもしれませんが、そうではありません。

茶色のオーラを持っている人は、常に目の前にいる相手に対して気配りを忘れず、細やかな気遣いができるので、その時々に応じて、相手がどの部分を褒められるとホッとするか、自信を持つことができるのかと言うことをすぐに察することができます。

そのため、相手がその場で一番欲しがっている言葉を与えることができたり、相手が一番褒められて嬉しいポイント、安心できたり自分に自信ができるポイントを一瞬で見分けて、そこをピンポイントで押さえることができるのは、茶色のオーラを持っている人ならではの得意技だと考えていいでしょう。

それができるからこそ、人を癒すことができ、そして人に愛される人間になれるのです。

オーラが茶色の人の恋愛観は「恋愛と人生を一緒にして考える」

恋愛

オーラが茶色の人の恋愛観は、恋愛と人生を全てひとまとめにして考えるというものです。

恋愛は恋愛、仕事は仕事と、全てを切り分けて考える人が多い中で、茶色のオーラを持っている人の場合には、恋愛も仕事も全てひとまとめにして考え、相手を選んだり、付き合うかどうかを決めたり、人を好きになったりします。

そのため、相手のことは何でも知っておきたいという好奇心が強く、自分が少しでもいいなと思った相手に対しては積極的に質問し、あれこれと知りたいポイントを押さえようとするのです。

積極的なアプローチをされていると感じ、時には相手が引き気味になってしまうこともありますが、癒し手としてのオーラが強いため、相手があっという間に引いてしまうことは稀だと考えていいでしょう。

常にリラックスした状態で一緒にいることができる関係を望んでいるので、相手に対してドキドキしたいとか、スリルのある恋愛を楽しみたいと思っている相手とはあまりうまが合わないこともあるはずです。

お互いにお互いのことを信頼し、そして尊重しあって、穏やかな恋愛を楽しんでいきたいと思っているので、茶色のオーラを持っている人にとっては、はっきり言ってスリルは必要ありません。

普段はあちこちに気を遣って、気配りをして、疲れてしまっているので、恋愛相手くらいには気を許して、何も考えない、リラックスして一緒にいられる関係を求めてしまうのです。

とはいえ、全く気遣いをしない、大事に扱わないというわけではありませんので、相手も不安がる必要はありません。

むしろ、リラックスを求めて恋愛するため、相手がちゃんとリラックスさせてくれる関係の維持に協力してくれれば、相手のこともしっかり大切にしてくれます。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

こうして欲しい、こんな言葉をかけてほしいという、相手の望みもちゃんと理解し、言葉なくしても受け取ることができるので、魔法使いのようだと恋人に驚かれることもあるでしょう。

ただし、そうなるまでに一つ壁を乗り越えないといけません。

なぜなら、茶色のオーラを持っている人は、片想いに耐性がないので、片想いの時間が長く続いてしまうと、諦めて相手との恋愛が成就する可能性の確認をしないで、相手を忘れようとしてしまうところがあるからです。

相手が自分のことをどう思っているのか分からない状況であったり、この恋愛がうまくいくのかどうか分からない状況であった場合には、自分が傷つくシーンを想像して怖くなり、諦めるほろ苦さだけで済むなら…と、相手から離れてしまいます。

もう少し距離を近づければうまくいったかもしれない状況でも、1人で突っ走って答えを出してしまう場合もあるので、茶色のオーラ持っている人と恋愛をする相手、今現在いい感じではあるけれど友達以上恋人未満の関係だという人は、自分から近づいていってあげないと、相手が離れていってしまうかもしれません。

オーラが茶色の人の適職・天職は「人と接する仕事」

茶色のオーラ

癒し手としての能力がずば抜けている茶色のオーラを持っている人は、人と接する仕事がまさに天職だと言えるでしょう。

お店で販売の仕事をするとか、受付の仕事をするなど、お店や会社に来た際に最初に出会うスタッフが茶色のオーラを持っている人であった場合、お客さんのその店や会社への印象は抜群に良くなるはずです。

また、同じ理由で営業職も向いている職業の一つだと言っていいでしょう。

会社の看板を背負って前線に出るには、まさに最適なオーラの持ち主だと言えますし、相手が求めている言葉をかけることもでき、しかも気配りを忘れることはないので、お客さんからもかなり好かれるはずです。

会社を経営するにしてもうまくいくことと思います。

他の経営者にも好かれますので、経営者としての繋がりも大きく太いものになっていくため、困ったことがあれば必ず力になってくれる人が現れることでしょう。

このように、人と人の繋がりを大切にしたり、重要視する必要がある仕事には、まさに適役なので、会社にいれば重宝されますし、自分自身も活躍できているという実感が湧くことは間違いありません。

人と接する仕事をすると、確かに疲れてしまうこともあるとは思いますが、やりがいは感じるはずなので、上手にオーラを浄化しながら、自分にやりがいのある仕事を続けていくようにしましょう。

多少の疲れであれば、自分の力で人を笑顔にできたり、安心させられたりと、“癒してあげた実感”を感じられることでなかったことにできるはずです。

オーラが茶色の人の運気は「衝動的に行動すると運気が下がる」

運気を左右する茶色

オーラが茶色の人の運気は、常に人を癒すことで上昇傾向に向かうのですが、“あること”に気をつけないと低下してしまうので、一点だけ気を付けてほしいことがあります。

それは、“衝動的に行動すること”です。

直感を信じて即行動に移すことと、衝動的に行動することとは、意味合いが少し違います。

直感を信じて人のためになることをしたり、人に対して気遣いを見せてあげることは、茶色のオーラを持っている人にとってはある種の特技とも言える力なので全く問題はありません。

しかし、喜怒哀楽の感情に押し流されて気持ち優先で衝動的に行動してしまうと、茶色のオーラを持っている人本人が願っていた、または想像していた通りの結果を得ることができなくなってしまいます。

これでは、本人にもストレスが溜まってしまうだけですし、物事の流れも停滞したり、悪化の一路を辿ってしまうことになるので、運気の低下へつながってしまうというわけです。

感情に押し流されて、咄嗟の判断で行動に出るのはあくまで“感情で動いているだけ”であり、直感で動く時には、冷静で落ち着いている、安定している感情の中で起こることだということを忘れないようにしてください。

運気が低下すると、視野が狭くなり、助けを求めている人、悩んでいる人、苦しんでいる人の存在に気づいてあげることができなくなったり、何をしてあげればいいのか、ヴィジョンがさっぱり見えなくなってしまうことがあります。

人を癒すことができないというのは、茶色のオーラを持っている人にとって、運気低下の大きなきっかけとなるので、十分に注意しましょう。

“衝動”ではなく“直感”で行動すること。

この意味を見極めるのはなかなか難しいかもしれませんが、常に落ち着いて行動することを心がければ、茶色のオーラを持っている人にとっては不可能なことではありません。

オーラが茶色の人のオーラの浄化方法

浄化されているオーラ

茶色のオーラを持っている人は、人と関わること自体がオーラの浄化につながります。

自然と人が交わって生きていくように、大地を意味する茶色というオーラを纏っている人は、人と関わり合うことで自らのオーラがくすんだり、濁ったりしても、浄化し、美しい状態を維持することができるのです。

もちろん、人間ですから気持ちが乗らない時もあるでしょうし、1人になりたいと思う瞬間だってあるはずです。

そんな気持ちの時に無理をして人と過ごす必要はありませんが、その時間があまり長く続くことがないように心がける必要はあります。

1人で殻に閉じこもってしまう時間はできるだけ短くし、少しでも気分が良くなったら、家族でも親友でも恋人でも、誰かと関わることを意識してください。

それによってオーラは磨かれ、疲れたり、落ち込んだりして瞬間的に色味が変わってしまったとしても、再び美しい色を取り戻すことができます。

周囲に与える影響が大きいオーラカラーだからこそ、常に自分のオーラの状態を良い状態にキープすることは必須となります。

人のことばかり考えて行動しなければいけないとプレッシャーに感じるかもしれませんが、潜在的に人を癒すことに喜びを感じる茶色のオーラを纏う人であれば、多少無理矢理にでも人と関わる時間を作れば、徐々にそれが自分にとっても最良の選択であることに気づけるはずです。

オーラが茶色の人が理想の自分になれる補色は「黄色」

自分を補う色

オーラが茶色の人が自分の理想に近づきたいと願った際に、参考にしてほしい補色となるオーラカラーは、黄色です。

穏やかに、人を癒す力がある茶色のオーラの持ち主は、黄色のオーラを持っているハツラツとした人の雰囲気に惹かれることもあるでしょう。

あまりにも元気過ぎて、ずっと一緒にいると疲れてしまうとか、元々黄色のオーラを纏う人が放っているパワーが強いため、どこをどう力になれば良いのか、自分が相手を救うためには何をすれば、どう気遣えばいいのかが分からなくなってしまうこともあるかもしれません。

しかし、やはりどこか、“あんな風に自分も振る舞うことができたら…”と言う憧れや羨望の気持ちというのは持ってしまうものだと思います。

それでも、相手と自分を比べて卑下してしまうようなことにはならないので、一緒にいる時間を増やして、参考になるポイントを見つけてみてください。

元気を与えてくれる黄色のオーラを持っている人に、自分も癒しだけではなく元気を与えられる人になれたら…という気持ちが潜在的に湧き上がってくるので、自然とこれまで以上にもっと自然に人に明るく接することができるようになります。

黄色のオーラを持っている人と接することで、自分でも気づかないうちに感化され、いい方向へと変化していくことができるでしょう。

オーラが茶色の人と相性が良いのはオーラが「茶色・オレンジ色」の人

ひび割れた大地

オーラが茶色の人が相性が良いのは、同じ茶色のオーラを持っている人、そしてオレンジ色のオーラを持っている人です。

同じ茶色のオーラを持っている人と相性が良いと言われているのは、意思の疎通が誰よりも取りやすいと感じることができるからです。

人が人との関係に悩むのは大概が、すれ違いによるものでしょう。

茶色のオーラを持っている者同士の間で、そのすれ違いはまず生じることはありません。

一緒にいて楽ですし、相手との関係で悩むこともないので、常に自分らしく発言したり行動したりができるのです。

不思議と、茶色のオーラを持っている相手に言われることは普段ならトゲがあると感じて反発したくなる言葉でもイライラすることはありませんし、素直に受け入れることができます。

また、反対に自分が相手に伝える時にも、気兼ねなくいいたいことを伝えて関係を深めていくことができるのです。

それに対して不思議に感じることもなく、ただただお互いにとって気持ちを楽にして一緒にいられる相手であり続けることができるのです。

オレンジ色のオーラの持ち主とも、少し似ているところがあることで、共通点をたくさん見つけることができ、お互いの良き理解者となれることでしょう。

自分の考えにどこか似ているのに、突き詰めていくとちょっと違ったり…反対に、一見全然違う方向を向いているように意見が食い違うのに、突き詰めていくと実は全く同じことを思っていたり。

合うようで合わない、と思っていたら実は合う…そんなチグハグにも思える考え方のずれが、茶色のオーラの人にとってもオレンジのオーラの人にとっても新鮮に感じられることでしょう。

だからこそ、もっと仲良くなりたい、もっと同じ時間を過ごしたいと思えるのです。

時として人に気遣いすぎて疲れてしまった茶色のオーラの人を明るく元気にさせてくれるのも、オレンジのオーラを持っている人です。

“この人がいてくれるから大丈夫”と勇気を持って前に踏み出すことができるので、恋人として一緒にいられるのであれば、一生一緒にいられる関係になることでしょう。

オーラが茶色の人と相性が悪いのはオーラが「赤色・紫色・緑色」の人

母なる大地

究極の癒し手とも言えるオーラが茶色の人でも、相性が悪い、苦手だと感じてしまうオーラカラーの人がいます。

例えば、赤色のオーラの人に対しては、自分と性格が正反対だと感じてしまい、相手の考えていることを理解してあげることができません。

赤色のオーラの人が自分を理解してほしいと情熱的に迫ってきても、茶色のオーラの人にとってはそれがおしつけに感じられてしまうので、心の奥底から拒絶してしまうこともあります。

距離感が離れていれば、お互いに付かず離れずでいい関係を維持することはできますが、一定の距離以上近づいてしまうと途端に茶色のオーラの人が赤色のオーラの人のことを“苦手な人”認定してしまうことでしょう。

また、なぜか赤色のオーラの人は、自分が苛立ったときだとか、怒りを露わにした際に、茶色のオーラの人に当たってしまう傾向があります。

茶色のオーラの人に一切非がない場合でもターゲットにされてしまうことがあるので、これもお互いの相性が悪い理由としてあげられるでしょう。

また、紫色のオーラの人ともあまり相性が良くありません。

赤色のオーラの人のように衝突するという危険性はないのですが、茶色のオーラの人にとっては、紫色のオーラを持っている人の存在が理解できない、不思議な存在に感じられてしまうのです。

何を考えているのかわからない、とことん話し合っても、その感情が消えることはありません。

嫌いだと思う決定打もないまま、なぜかお互いに控えめに敬遠しあってしまう関係になることでしょう。

さらに、緑色のオーラを持っている人とも、あまり良い関係は築けないようです。

目的や、目標を同じものに設定していても、辿るルートが違うのは仕方ないことなのですが、それに対してどうも目の上のたんこぶに感じてしまうところがあります。

そして、それで衝突してしまうことにもなるのです。

衝突してしまう原因もわからず、頭を抱えることにもなると思いますが、最終的に答えが出るわけでもないので、苦手な人というイメージを抱き続けたまま、距離を置くことになってしまうでしょう。

茶色と緑は、同じアースカラーです。

だからこそ相性が悪いということを前もって知っていれば、なぜか分かり合えない、なぜか衝突してしまうということにも納得がいくのですが、オーラカラーについて理解していないと、不完全燃焼のまま、“?”をたくさん浮かべたまま、相手との距離を置き続けることになってっしまいます。

大地と木々をそれぞれ司る色で、お互いがそれぞれ与えるパワーが違うので、衝突してしまうのは当たり前。

茶色のオーラを持っている人にとって、ある意味では一番相性が悪く、決して分かりあうことができない相手でもありますから、諦めて距離を置き続けるのが最善策だと考えてください。

オーラが茶色の芸能人

茶色の町

オーラが茶色の芸能人には、俳優の吉沢亮さんやタレントの所ジョージさん、堺正章さんが挙げられます。

独特のオーラを持っていて、それぞれ全くタイプが違うように見えますが、落ち着いていて、それでいてどこか癒される雰囲気に関しては共通しているのではないでしょうか。

茶色のオーラを持っている人の特徴は、実際にそばにいないと感じ取ることができないので、芸能人という遠い存在の人だと、“彼らのオーラは茶色だ”と言われてもしっくりこないかもしれません。

しかし、彼らのそばにいる人はいつも笑顔になり、悩んでいる時間から解放されたり、温かい気持ちになれるなど、しっかりと癒されているはずです。

母なる大地のように人を癒し続け、周囲の人に明るい未来を与えてくれる

癒しの色

茶色のオーラは、周囲にいる人にとことん癒しを与えてくれます。

自分の身近に茶色のオーラを持っている人がいれば、オーラカラーの特徴を知ることですぐにピンとくるはずです。

癒しを与え、安らぎを与えて、幸せな未来がある方へ光を向けて導いてくれる…そして、今現在の悩める心や苦しむ心に安心感を与えてくれる…茶色のオーラにはそのような特別な力があります。

まるで母なる大地のようにしっかりと包み込んで癒してくれる茶色のオーラの持ち主は、周囲の人にとっても欠かせない存在で、特別な存在だと感じられるはずです。

人を癒すことに喜びを見出し、さらに自らのオーラの輝きを増していく、茶色のオーラを持っている人はそんな優しい魅力に溢れた人なのです。

   

【期間限定・2022年12月11日(日)迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの悩みをなくし幸せへと導きます。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

恋愛の悩み…お金の悩み…仕事の悩み…そして人生の悩み…。このコロナ禍で悩みはつきませんよね…?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「どうすれば幸せになれるか知りたい…。」

「このコロナ禍で漠然とした不安感や辛い気持ちがある…。」

こんな感じならば、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【2022年スピリチュアル鑑定】とは、期間限定で、このコロナ禍だからこその悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

結婚、失恋、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生、生きる不安などの悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG