「女子」と「大人の女性」の違いって?大人になっても男性にモテる魅力的な女性の作り方【特徴や行動や考え方を知り男を魅了する大人の女性になろう!】

  • 2020年5月7日
  • 不倫
  • 227view
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットをもとにお伝えいたしますね。

わがままで、自分本位で、子供っぽい「女子」はもう卒業!

そろそろ「大人の女性」になりたいと思いませんか?

年齢を重ねるにつれて、あなたの「モテテク」もアップグレードさせることは必要!

若い小娘には出せない、大人の魅力を出せるようになって、男性たちを虜にしちゃいましょう!

今回はモテる大人の女性にはどんな特徴や共通点があるのか、大人の魅力を最大限に出すための基本的な考え方や、男性にモテる大人の女性になるための「性格」「行動・態度」「外見・ファッション」別に、そのまま真似をすれば誰でもできる、男性にモテる魅力的な女性の作り方をご紹介します。

目次

「女子」と「大人の女性」の違いとは?モテる大人の女性にはどんな特徴や共通点がある?

適度に隙がある【いくら美人でも、近寄りがたい女性はモテない】


モテる大人の女性にはどのような特徴や共通点があるのでしょうか。

実はモテる大人の女性って、漫画に出てくるキャリアウーマンのような、「ボンキュッボンでタイトスカート、ハイヒール、胸の開いた白いシャツで、ツンとしている美人」という訳ではありません。

どちらかというとそのような完璧で、隙のない「高嶺の花」的女性はモテない。

モテるのは、親しみやすく自然体で、男性も声をかけやすい適度な隙がある女性なのです。

例えば、仕事をバリバリこなし、重要なポジションを任されるくらいなのに、天然で抜けているところがあったり、ぱっと見キレイ系の美人なのに、顔がしわくちゃになるくらいの笑顔で笑ったりする女性は、大人の女性としての魅力もかなりあるのに、親しみが湧きやすく、男性の方からも話しかけやすい。

男性と会話をしたり、触れ合う機会が多い分、モテる機会も多いのでしょう。

ただし、服装がだらしなかったり、いつでもボーっとしていたり…「隙があり過ぎる」のは、論外です。

【「女子」は群れる!?】モテる大人の女性は一人の時間も大切にする


学生の頃、休み時間になると友達と連れ合ってトイレに行った経験はありませんか?

「女子」と「大人の女性」の違いは「群れる」か「群れない」か、です。

モテる大人の女性は、女同士で必要以上に群れません。

そして、「群れる女子」は、モテません。

なぜかというと、いつも周囲に同年代の女性がいると、男性が個別にアプローチしにくいから。

また、例えばそのような群れる女子たちの一人を男性が誘ったとしたら、次の日にはそのことが、グループ内の女子たち全員に知れ渡っている、ということは良くあることなのです。

デートのことや、ましてやSEXのことなどを面白おかしく皆に話されてしまっては、いくらなんでも男性はいい気分になれません。

特に自分が既婚者だったりする場合は、リスクを考えても、まず群れる女子には声をかけないように敬遠するでしょう。

モテるのは、男も声をかけるチャンスがある女性、口が堅く秘密を守れる女性です。

陰口や悪口、文句を言わず、周りに敵を作らない女性


大人の良い女は、陰口や悪口・文句を言わず、面と向かって相手を傷つけないように助言できる女性です。

例えば、職場などで雑談になったとき、一人の男性が「自分は胸の大きい子が好きだ!」などと言ったとします。

そんなとき、「あー!それってセクハラ発言ですよ~!」とハッキリ言ってしまう女子は少なくないでしょう。

しかし、大人の女性はそのようなことで騒いだりしません。

かといってスルーするわけでもなく、「あ、胸って言えば、大胸筋鍛えるのには○○が良いって~…」などと、男も女どちらも気分が悪くならないハッピーな方向に、さり気なく話題を変えていける技を持っているのです。

会話によって雰囲気が悪くなりそうな時も、決して誰かを悪く言ったりすることなく、誰に対しても、尊敬や思いやりの心を持って接することができる女性。

そのような女性は周りに敵を作ることなく、男性からはもちろん、女性からもモテるでしょう。

自分を大切にしていて余裕がある。だからこそ聞き上手で、相手を大切にできる。


大人の良い女は、自分のことを大切にしていて余裕があります。

だからこそ聞き上手で、相手を大切にすることができるでしょう。

人は皆、認められたい生き物。

話を聞いて欲しい生き物です。

そして相手のことを「いいな」とか「好きだな」と思う瞬間は、「自分の話に共感してもらえた」「話をしていて楽しい」と感じるときでしょう。

誰だって、自分が一番かわいい、自分が一番大事だと思っています。

だからこそ、自分の時間を大切できていなかったり、日々の生活でいっぱいいっぱいになってしまっていると、とてもじゃないけど人の話など聞けません。

日頃から自分の時間を大切にしたり、自分自身を労わることができる女性は、相手を受け入れる余裕があります。

そんな女性には、話す方も嬉しくなって、好感を抱きやすくなるのです。

大人の魅力を最大限に出すための考え方の基本【この考え方だけで女性としての魅力がどんどんアップします!】

「おー、イイ女だなぁ」と、モテる女は違う!高嶺の花になってはいけない


魅力的な大人の女性になろうとして、外見も内面もパーフェクトを目指そうとする女性は多いかと思いますが、前項でも述べたように、「おー、いい女だなぁ」と思う女性と、モテる女は違います。

モテたかったら「高値の花」は目指さないことです。

大人の魅力を最大限に出しつつ、男性を魅了したかったら外見も内面も、「適度なヌケ感」を大切にしましょう。

例えばツヤツヤな髪の毛、メイクもばっちりだけど、爪だけはナチュラルにするとか、仕事は手を抜かずにバリバリこなしているのだったら、お昼まで手作り弁当を作って頑張るのはやめるとか。

無理せず頑張りすぎず、何事も「いいあんばい」を知っているのが大人の女性です。

しかしいくらヌケ感が大事だからと言って、ヌケヌケではだめです。

指毛やひげが生えていたり、膝や肘がカサカサだったり…寝坊して仕事に遅刻してくるようでは、それは単なる「だらしない女」です。

自然体で、完璧すぎない、男性が声をかけやすい雰囲気を作ることが大切です。

陰口を言う女に男は寄ってこない。まずは敵を作らないことから


大人の魅力を最大限に出すための基本的な考え方は、まず「ネガティブなことは口にしない」ことです。

特に、陰口。

誰かに対しての妬みや恨みを口にする女性は美しくありません。

人間、誰だって気の合わない相手やどうしたって好きにはなれない相手もいるでしょう。

しかし、大人の女性はそれをあからさまに態度に出したりはしないのです。

また、大人の良い女は相手によって態度を変えたりはしません。

誰だって皆、好きな人相手になると、良く見られたいため、猫かぶったりすることもあるでしょう。

もしくは男性の前ではかわい子ぶって、友達の前とでは態度が全然違ったり。

しかしそのような女性は、同性に敵を作りますし、何よりボロが出やすい。

男性もバカじゃありませんから、取り繕ったニセの姿では、彼らを魅了することはできないでしょう。

もちろんお互いの信頼関係を築けている深い仲の相手にでしたら、時には陰口など言ってもいいでしょうが、これから落としたい相手の前では絶対にNGです。

まずは男女ともに敵を作らないように意識することが大切です。

色気は必須だが、尻軽そうな女になってはならない


大人の魅力を最大限に出すためにはやっぱり「色気」は必要です。

「大人の女性は色気で男性を魅了する」と言っても過言ではありません。

しかし、ここで大切なのは、「色気の出し方を間違えない」ということ。

色気の出し方を一歩間違えると「はしたない」「尻軽そう」な女に見えてしまうからです。

若い女子の場合、ミニスカートやキャミソールなどで大胆な露出をすれば、ピチピチとした魅力で男性の視線を奪えるかもしれません。

しかし、肌はだんだんと衰えてくるものですから、大人の女性が露出をしようと思っても、若いときのようにはいきません。

大人の色気というのは、露出を控えた服装の中でスリットからチラリと除く脚や、すれちがった時にふんわりと香る香水の匂いなどから感じられるものでしょう。

大人の女性があからさまに肌を見せていたのでは男性から「下品」と思われてしまう可能性も高いです。

そうではなく、逆に隠すことで、男性の「見たい」心理を掻き立てるような、品位のある色気を目指しましょう。

【銀座のホステスに学ぶ!】男性を喜ばせる「さしすせそ」を覚える


大人の女性としての魅力をどんどんアップさせたいと思うあなたは、銀座のホステスから学びを得られるかもしれません。

男性の喜ばせ方を知っている一流のホステスは、ごく自然に、男性から愛される「さしすせその法則」をお店のお客さんに、またプライベートでも、使っています。

さしすせその法則とは、「さ=さすが!」「し=知らなかった!」「す=すごーい!」「せ=センスいい!」「そ=そうなんだ!」という言葉を会話に練りこむだけという、簡単なもの。

しかし、効果は絶大。会話をしている時に、「さしすせそ」の法則を使いこなすことができれば、男性は話していてとてもいい気持ちになります。

「もっと話していたい」と思うようになり、そんな女性を好きになってしまうのです。

男性にモテる大人の女性になるには?【性格編】

とにかく優しさ重視で!相手が「嫌だ」と感じることは言わない


男性にモテる大人の女性になるためには、兎にも角にも優しいことが第一です。

優しい女性を嫌いな男性はいません。

まずは、相手が「嫌だ」「不快」と感じることは一切言わないようにしましょう。

人生において「NO」という勇気を持つことはとても大切なことですが、モテることだけに重点を置くのであれば、「NO」は少しだけ封印しましょう。

例えば、自分が忙しくても困っている人がいたら手を差し伸べてあげたり、頼まれごとをされたら、引き受けてあげる努力をしたり。

自分のことよりも先に相手のことを心配したり、優しい言葉をかけたりできるのは、余裕のある大人の女性にしかできないことです。

周りの空気を読んでさり気ない気配りをしたり、相手を思いやれる女性は、その場の雰囲気を良くしたり、一緒いて癒されます。

男性からも「優しいな」「ステキだな」と、モテる存在になれると言えるでしょう。

「楽しい!」「美味しい!」など、感情を素直に表現できる女性


「楽しい!」「美味しい!」などと、感情を素直に表現できる女性は、モテます。

なぜなら、そのような女性は「尽くしがいがあるから」です。

例えば男性が、女性のために素敵なレストランに連れて行って行ったり、ちょっと頑張って高価なプレゼントを贈ったとします。

そんな時、彼女のリアクションが薄かったり、あんまり嬉しそうじゃなかったらどうでしょう。

男性は「面白くないな」「こんなに頑張ったのに…」と、寂しい気持ちになるはずです。

そのように、何をしても反応が薄い女性に対しては「何考えているのかわからない」と、男性の心も離れていきがちです。

恥ずかしかったり、もしくは冷めた性格だったりして、自分の気持ちを態度に出すことが苦手な女性も少なくないとは思いますが、モテようと思ったらそんな自分の殻を破り、感情をいつもより素直に出せるように意識してみましょう。

それが悲しい気持ちや怒りの気持ちでも、感情を素直に表現できる女性は「裏表がない」と男性からの信頼や親近感も得やすいです。

男性が放っておけない存在であると言えるしょう。

自分のことを語り過ぎない【ミステリアスな女を目指す】


男性からモテる大人の女性になるには、自分のことを語りすぎないようにしましょう。

まずは聞き役に徹することが、ミステリアスな女への第一歩です。

こちらが聞いてもいないのに、自分のことを一から十までペラペラ喋る女性に対しては、男性はどうしてもその後「知りたい」という意欲が薄れてしまいます。

「自分のことは聞かれるまで話さない」スタンスでいた方が、「どんな女性なんだろう」と相手の興味を掻き立てることができ、モテるでしょう。

また、人はどうしても「沈黙」に弱い生き物です。

会話をしている時に沈黙してしまうことがあると、必死に話題を探してどうしようもないことを喋ってしまいがち。

しかし沈黙にあえて喋らず、その時間を楽しめる女性は、男性をドキドキさせ虜にさせるのです。

「沈黙は金」という言葉があるように、ヘタなことを喋るくらいだったら、黙っていましょう。

まずは聞き役に回って、相手の話をよく聞くこと。

心を込めて聞いていれば、必ず男性の方から「君のことをもっと知りたい」と言ってくるに違いないでしょう。

強さと弱さの割合を7:3くらいの割合いで持つ


男性からモテる大人の女性になりたかったら、理想は、強さと弱さの割合を7:3くらいのバランスで保てるようにしましょう。

いつもは自立して、余裕もあるしっかりした大人だけど、ふとした時に「か弱さ」が見え隠れする女性。

例えば、いつも仕事をバリバリとこなし、みんなからも頼られる存在だけど、ある時、誰もいないオフィスで一人泣いている。

仕事もプライベートも充実してて、全てを持っていそうな女性が「本当はコンプレックスでいっぱいだよ」と自分にだけ弱音を吐いてくる。

そんな女性に男性は、ホロリときて「かわいいな」「守ってあげたい」と思うのです。

「か弱さ」がポイントなのは確かですが、ただひたすらに弱い女性なだけではダメ。

ちょっとやそっとのことですぐに心が折れてしまったり、自分に甘く、楽な方へ逃げてばかりの女性は残念ながら「大人のいい女」とは言えません。

そんな女性が弱音を吐いても「言うても大して苦労してないやん」と、ただのヨワヨワ女として見られてしまうだけです。

弱さを見せるときは、その何倍も、頑張っている姿をアピールするようにしましょう。

男性にモテる大人の女性になるには?【行動・態度編】

礼儀作法をしっかりと身につける


男性にモテる大人の女性になりたいのだったら、基本的な礼儀作法を身につけることは大事なことです。

綺麗な言葉遣いや、TPOをわきまえた立ち振る舞い、正しいお箸の使い方など…ごく当たり前にできる女性は、「素敵な大人の女性だな」「品位があるな」「育ちがいいな」などと、男性からの好感も高いです。

どんなに美人で見た目が良い女性だとしても、口が悪かったり、態度がデカかったりすると、男性は「ギャップ萎え」してガッカリするでしょう。

礼儀作法は誰でも、今からでも身につけられるものです。

「マナー本」はたくさん出版されていますし、ネットで調べても簡単にヒットします。

いつか彼が格式高いフレンチに連れて行ってくれた時に困らないように、テーブルマナーを学んでおくのもいいですね。

その人の「人となり」というものは、咄嗟の瞬間に出やすい。

「男性の前でだけおしとやかにしていれば大丈夫」などという考えを持っていると、必ずボロが出て「〇〇さんって、お上品な女性だと思ってたけど、意外とガサツなんだな…」などと彼を幻滅させかねません。

彼が見てないところでも、一人で家にいるときでも、丁寧に過ごすことが、品位のある大人の女性への第一歩です。

いつも笑顔で誰に対しても平等に接する


男性からモテる大人の女性になりたかったら、いつでも笑顔でいることを忘れないようにしましょう。

人間は、重力に逆らえません。

年齢を重ねるごとに体のあらゆる部分が下がっていくのはしょうがないこと。

もちろん「口角」も下がっていきます。

だからこそ意識的に口角を上げるようにしましょう。

いつもにこやかでいる人は、親しみやすく声をかけやすく、また周囲の雰囲気も明るくします。

鏡の前で自分に笑いかけて、笑顔のトレーニングをしましょう。

八方美人になる必要はないですが、誰に対しても平等に接することは大事です。

「あの人には親切で優しいのに、あの人には冷たくて意地悪」という風にしていては、周りからの信頼を得ることはできませんし、何よりもその行為自体が子供っぽい。

大人の女性のすることではありません。

たとえ自分が「苦手だな…」と感じる相手だとしても、当たり障りのない会話をするくらいのコミニュケーション術は身につけておきましょう。

話し上手より聞き上手!相手が気持ちよくなってくれる相槌・質問・リアクションを


男性にモテようと思ったら、断然話し上手より聞き上手です。

相手が「話していて気持ちいい」「もっと話していたい」と思うような女性を目指しましょう。

聞き上手の極意は、「相手に興味を持つこと」です。

例えば、男性の趣味にありがちな「サッカー」「魚釣り」「車」など、女性にとっては全く興味がないことかもしれません。

しかしだからといって「全然わからないわ」と話をバッサリ切ってしまったら、二人の関係もそこで途切れてしまいます。

どんなことでも相手に興味を持っていれば、「それで?」「じゃあ〇〇は?」などと質問も浮かんできますし、何より話に興味があるか、ないかは聞く態度によって相手に伝わります。

真剣に話を聞いてくれるあなたの姿を見た男性は「俺の話に興味を持ってくれてるんだな」と嬉しくなるでしょう。

相手に気持ちよくなってもらう聞き方のコツは「適度な相槌」「的を得た質問」「気持ちオーバー気味なリアクション」です。

また、時には「知らないふり」をすることも大切。

男性は自分の知識や経験などを話すことで相手に「すごーい!」「物知りですね!」「〇〇さんの話って面白い!」と言われたいと思っています。

それなのに女性の方から「それ、知ってる!」などと言われてしまうと興ざめでしょう。

たとえ知っていたとしても、「知らなかった!」ということで、男性は気分が良くなり「この子と話していると本当に楽しいな」と思うようになるのです。

自分が甘えたい時ではなく、男性が「甘えて欲しい」と思う瞬間を見極める


男性からモテる大人の女性になりたいと思ったら、「甘え上手」を目指しましょう。

男性は、女性から甘えられることで「自分は頼りにされている」「彼女のことを守ってあげたい」と、嬉しくなり、好きになるのです。

しかし、ただ単純に甘えればいいのではいけません。

「甘える」という行為は、時に相手に重くのしかかり、疲れされてしまうものでもあるからです。

「甘え上手」になるために大切なポイントは、自分が甘えたい時ではなく、男性が「甘えてほしい」と思う瞬間を見極めること。

例えばあなたが寂しくて、「彼に甘えたいな」と思ったとしても、その時彼が猛烈に忙しかったり、大してあなたのことを好きじゃなかったりすると、「会いたいよー」などと甘えられても「うざい…」「重い…」「勘弁してくれよ…」と逆に嫌われてしまう可能性があります。

そうなってしまわないためにも、空気を読むことは大切です。

また、彼の方から「たまには甘えてもいいんだよ」と言って来た時は、彼が「甘えてほしい」と思っている瞬間です。

この時に遠慮して甘えることができないと、男性は「もっと頼ってほしいのに…」と物足りなさを感じてしまいます。

「甘えていいんだよ」と言われた時は、素直に甘えて「ありがとう」と言いましょう。

男性はきっと満足して、あなたのことをもっと好きになるはずです。

男性にモテる大人の女性になるには?【外見・ファッション編】

若作り過ぎるのはイタイ!年相応のファッション・メイクを心がける


「人は見た目が9割」というのは本当です。

男性にモテる大人の女性になるためには、外見やファッションを磨くことを忘れてはいけません。

そしてメイクや髪型、ファッションを変えることが、大人の良い女になれる一番の近道でもあるのです。

「いつまでも若々しくいたい」と思うことは当然ですが、だからと言って若作りしすぎるのは危険です。

30歳を越えたら、徐々にスカートの丈は長く、露出する範囲は狭く、を心がけること。

また、一定の年齢を超えたらティーン向けやギャル向けのショップで服を買うのはやめましょう。

若い子向けのショップはトレンドを意識した今時で低価格の服がたくさん置いてありますが、大人の女性が着るとどうしても「安っぽさ」が前面に出てしまいます。

「カタチ」だけでなく「質」も大切にすることです。

また、メイクも同様で、いつまでもハタチのときと同じメイクでいたら、違和感が出てくるに決まっています。

雑誌を見たり、コスメカウンターで美容部員のお姉さんに教えてもらったりして、メイクもアップグレードしていきましょう。

人間誰だって、年には抗えない!けれども最大限、抗う努力を!


20代、女性は皆美しいです。

しかし、誰もが平等に年を取る。

30代、40代…と年齢を重ねていくにつれ、いたるところが衰えていきます。

人間誰だって、年には抗えないのです。

しかし、最大限抗う努力をすることで、老化は遅らせることができます。

20代ではあまり差がわからないかもしれませんが、30代も半ばを過ぎてくると、日常的にアンチエイジングやスキンケア、トレーニングをしっかりしている人と、全く何も気にしていない人とでは差が歴然です。

幾つになっても男性からの声が途絶えることのない、大人のいい女になりたかったら、最大限年齢に抗う努力をすることをオススメします。

特に皮膚と筋肉。

「美は一日にしてならず」という言葉があるように、スキンケアやトレーニングは、どちらも継続しなければ効果が得られず、はじめは大変かもしれません。

しかし、毎日コツコツと見えないところで努力することによって、一ヶ月後、一年後、効果は確実に表れます。

同窓会などで久しぶりに会った友達に「全然変わらない!むしろ綺麗になった?」と言わせられるように、頑張りましょう。

大人の色気は細部に宿る!髪、爪、歯などのケアを怠らないこと


男性にモテる大人の女性になるには、「色気」が必須だと前項でも述べました。

そして大人の色気は肌を露出して男性の目を引けばいいものではない、とも。

大人の色気は細部に宿ります。

モテたかったら、髪、爪、歯などのケアを怠らないようにしましょう。

ランジェリーや、ひじ、膝、かかとなど、いつもは隠れている部分がふいに見えたとき…。

普段目に付きにくいところも抜かりなくケアし、美しくしている女性に男性は魅力や色気を感じるものなのです。

どんなにファッションやメイクが完璧でも、見えないところでサボっていては本当に素敵な大人の女性とは言えません。

目に付きにくい末端の部分ほど念入りにケアをして、日常に溶け込みつつも異彩を放つ、素敵な女性になりましょう。

あからさまに「男ウケ」を狙いすぎはNG。だけど、「男ウケ」を意識しなさ過ぎもダメ。


男性からモテる大人の女性になりたかったら、胸元を強調させたブラウスや、ミニのタイトスカートなど、あからさまに「男ウケ」を意識したファッションは控えましょう。

ガツガツと男ウケを狙ったファッションをしてしまうと、余裕がある大人の女性とはかけ離れてしまいます。

しかし、「男ウケ」を意識しなさ過ぎなのもまた、NGです。

例えば、年齢と共に体型が気になるからと言って、ダボダボのパンツやしゃつを着たり、「ラクだから」という理由でゴムのスカートをはいたり。

そんな格好では誰も寄ってきません。

適度にさりげなく、「男ウケ」を意識しましょう。

清潔感のあるブラウスや、女性らしいラインのワンピースを選んでおけば間違いありません。

そして、男性の心を掴みたいのであれば、パンツより絶対にスカートです。

大人の魅力は、努力次第でいくらでも出せます。


男性からモテる、大人のいい女になろうと思ったら、努力次第でいくらでもなることができます。

大人の女性にある共通点は、「自分の感情をコントロールできること」「自分自身を大切にしていること」「適度な隙と色気があること」です。

自分自身を大切にしていれば、体の隅々までケアしてあげたくなりますし、相手を傷つけない優しさと余裕を持つことができます。

自分のケアにしても、周りとのコミュニケーションにしても、見えているところだけじゃなく、見えないところまで気を使えるのが素敵な大人の女性です。

自分も相手も大切にすることで、あなたの「大人のイイ女度」はグンとアップするでしょう。

また、イイ女になるために完璧を目指すのではなく、ちょうど良いところでやめておく「無理しないスタンス」はとても大切。

そのほんのちょっとの隙があることで、男性は声をかけやすくなるでしょう。

【期間限定・6月7日(日曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG