ダブル不倫を辞めて良かったと100%思える別れ方と後悔しか残らない終わり方【既婚女性の体験談有】

  • 2020年3月21日
  • 不倫
  • 3592view
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットをもとにお伝えいたしますね。

遊びのようで、本気でもある、お互いにパートナーを持ちながらの恋愛。

ダブル不倫は一度始まってしまったら終わる理由がないため、ズルズルと関係を引きずりやすいことも事実。

辞めた方がいいってわかってはいるけど、潮時がわからなくて悩んではいませんか?

今回は、既婚男女が「ダブル不倫をやめようかな…」と思い始める理由や瞬間、「辞めて良かった!」と100%思える別れ方や、辞めて後悔しか残らない終わり方、そして、「ダブル不倫を辞めて良かった!」と心から思えた既婚女性の体験談をご紹介します。

目次

既婚女性がダブル不倫(W不倫)を辞めようかな…と思い始める理由や瞬間

私生活が忙しく、ダブル不倫相手と会う時間が取りづらくなってきた


既婚女性がダブル不倫を「辞めようかな…」と思い始める瞬間の一つに、私生活が忙しくなって、彼と会う時間が取りづらくなってきた場合が挙げられます。

女性の社会進出が進む現代では、圧倒的に忙しい主婦が多いです。

毎日の家事はもちろんのこと、子どもがいれば育児に追われ、家計を助けるためにパートに出て…。

そんな既婚女性が不倫をしようとなると、ごく限られた時間をダブル不倫相手のために捻出しなければなりません。

そんな、ただでさえ忙しい日常の中で彼に会う時間を作っているのに、子どもの学校の役員になってしまったり、仕事で重要なプロジェクトを任されたりしてさらに忙しくなってしまった場合。

時間は有限ですから、どうしても秘密の恋をする彼との時間を削らざるを得ません。

そうなると彼からも「少しくらい会える時間作ってよ」などと不満を言われ、日常生活と板挟みになってしまいます。

既婚女性は家庭と不倫の両立に疲れてしまい、「もう辞めようかな…」と思い始めるのです。

彼より優先したいことが出来たから


彼よりも優先したいことが出来た場合、既婚女性はダブル不倫を「もう辞めようかな…」と思い始めるでしょう。

前項でも述べたように、既婚女性の日常は多忙を極めています。

自分の中での優先順位が高いものから順にこなしていって、時間があったらやりたいけど我慢しているもの、犠牲にしていることもあるでしょう。

ダブル不倫相手をする彼に夢中で、「何をするよりも彼との時間が大切!」と思っているうちは、時間がない中でも彼に会うことを優先させるでしょうが、彼とは別に何か大切なものができてしまった場合。

例えば子どもがまだ小さく、母親からの愛情を求めている場合や、スキルアップのために資格の勉強を始め、一分一秒が惜しい場合など、「彼と会っている時間がもったいない!」と女性自身が感じるとき、彼との決別を考え始めるでしょう。

ダブル不倫相手の彼より他に気になる男性が出来てしまった


今付き合っている彼よりも気になる男性ができてしまったとき…。

既婚女性は「今の彼とは別れようかな…」と思うようになるでしょう。

女性の社会進出が進んだ今、結婚している女性にとっても出会いは多くあります。

社会に出ている女性は、結婚していようが子どもがいようが綺麗にしている人が多いですし、独身女性にはない落ち着きや余裕を持った所作が、男性を魅了するのです。

そのため、女性にその気はなくても、男性の方から寄ってこられる場合も少なくありません。

お付き合いしている特定の既婚男性がいたとしても、別の男性から何度か口説かれているうちにそっちの方が気になってしまう…ということも大いにあるでしょう。

そうなると、自分の自由になる時間が少ない既婚女性は、そう何股もかけることはできませんから、「新しい彼の方へ行きたい」と、今彼との別れを考え始めるのです。

「付き合っていてもメリットがないな…」と感じるようになった


ダブル不倫相手に対して「付き合っていてもメリットがないな…」と感じるようになったとき、既婚女性はダブル不倫をやめることを考え始めるでしょう。

もちろん「何の見返りもいらない!彼をただ愛してるの!」という既婚女性もいるとは思いますが、ほとんどの既婚男女は自分にとって「メリット」がない不倫はしないはず。

例えば、「SEXをする相手が欲しい」とか、「恋愛のドキドキが欲しい」とか。女性の場合はそれに加え、「美味しい食事がしたい」「素敵なプレゼントが欲しい」などといった、付加価値的なものをダブル不倫相手に知らず知らずのうちに求めている場合があります。

経済的に余裕がある彼だったら、デート代は全て彼が負担してくれるでしょうし、素敵なレストランでの食事や、誕生日やクリスマスには高価なプレゼントももらえるでしょう。

しかし可処分所得が少ない既婚男性にとっては、はじめはデート代など負担してくれていても、だんだんお金を出すのを渋るようになってきたり、はじめは高価なプレゼントを買ってくれていたのに、だんだん安物になってきたりする場合もあり得ます。

そうなると、女性の方は「話が違う…。」と不満を抱きがちになり、「もう辞めようかな…」と思い始めるのです。

一緒にいても、楽しさよりも寂しさや虚しさの方が勝るとき


ダブル不倫相手の彼と一緒にいても、楽しさよりも寂しさや虚しさの方が勝るとき…。

「もう辞めようかな…」と思い始めるでしょう。

ダブル不倫ですから、当然相手にも配偶者や子どもがいます。

「既婚者同士の恋愛」はお互いどこか割り切ったところがありますから、お互いの家庭について、相手がとやかく言ったり、干渉したりすることはあまりないはず。

しかし、どちらかが本気になってしまい、相手の家庭が気になって仕方なくなってしまう場合も少なくないのです。

女性自身が、「家族を捨てて彼と一緒になりたい…。」などと思ってしまうようになると、割り切っていたと思っていた彼の妻や子供に対してヤキモチを焼いたり、彼が家族と楽しく過ごしていることを想像して辛くなってしまうようになります。

せっかく彼と一緒に過ごせる貴重な時間も、「こんなに好きなのに彼の一番にはなれない…」などと寂しさや虚しさを感じてしまい、精神的に辛くなってくるとき、「もうやめた方がいい…」と思い始めるようになるでしょう。

既婚男性がダブル不倫(W不倫)を辞めようかな…と思い始める理由や瞬間

「会っていても楽しくない…。」性格や価値観のズレを感じたとき


既婚男性がダブル不倫を「辞めようかな…」と思い始める理由の一つに、「性格や価値観のズレを感じたとき」という場合が挙げられます。

既婚男性が不倫をする一番の目的は、やはり「SEXがしたいから」に変わりはないでしょう。

しかし、いくらSEXができるからと言って、一緒にいても楽しくない相手には会いたいと思うはずがありません。

何を話しても会話が盛り上がらなかったり、相手の言動が理解できなかったり。

はじめは「かわいいな」と思って付き合い始めたとしても、自分との価値観が違いすぎたりすると、付き合い続けていくには難しいものがあります。

「あれ?なんか違うな…」「彼女のこういうところ、引くわー」などと思い始めると、気持ちも少しずつ冷めていき、「もう辞めようかな…」と思うようになるのです。

「関係もマンネリだし…。」単純に彼女に飽きてきたとき


ダブル不倫相手との付き合いが長くなってきてマンネリ化し飽きてきたとき、既婚男性は「もう辞めようかな…」と思い始めるようになるでしょう。

「恋の賞味期限は3年」ということわざがあるように、恋愛においてマンネリはつきもの。

どうしても同じ相手と付き合い続けていれば「慣れ」ますし「飽き」るのです。

古いものは雑に扱い、新しいものに惹かれてしまうのは人間の「性」でもありますから、仕方がないことでもあるのでしょうが。

既婚男性が、彼女に対してマンネリを感じ、「一緒にいてもつまんないな」などと感じている場合、マンネリな現状を改善する努力をしないと、次第に会うこともおっくうになってきます。

そうしていくうちに、気持ちも離れていき、「もう終わりにしようかな」などと別れを考えるようになるでしょう。

ダブル不倫相手の彼女より気になる女性が出来てしまった


ダブル不倫相手の彼女より気になる存在の女性ができてしまったから、「(今の彼女とは)ダブル不倫を辞めようかな…」と思うのはよくある話です。

既婚女性と同様、家庭を持つ男性は、家庭と仕事の両立で多忙を極めている場合が多いです。

そんなに何人も彼女を作っていたら体が持ちませんし、何より限られた時間を、「全て好きな女性のために使いたい」と思うでしょう。

特定の彼女がいて、頭ではわかっていても、他の女性に恋に落ちてしまうことは自分ではコントロールできないもの。

不意に他の女性を「この子いいな」「かわいいな」などと思うことがあっても、「やっぱり俺は今の彼女の方が大切だ」思えば「彼女と別れるなんて考えられない」と思い直すでしょうが、彼が「今の彼女よりこの子と付き合いたい」と思ってしまった場合、「今の彼女とは別れよう…」と考えるようになるでしょう。

彼女の方が本気になり過ぎて、離婚を迫ってきたりと重く、面倒になってきたから


自分は妻と別れるつもりはサラサラないのに、彼女の方が本気になりすぎて、存在が重くなってきたとき、既婚男性は「辞めようかな…」と思うようになるでしょう。

不倫は、お互いの気持ちの熱量に差があると長くは続かないものです。

はじめはお互い軽い「割り切って」ダブル不倫を始めたのだとしても、お付き合いを続けていくうちにどちらかが本気になってしまうのは良くある話。

恋が盛り上がる分にはいいのだけど、一方の気持ちだけエスカレートしてしまうと「私も離婚するからあなたも離婚して」「あなたさえいてくれたら私は家族を捨てる」などと過激な要求をされがちになります。

妻と離婚する気などない男性は、次第にダブル不倫相手の彼女の存在が重く、面倒くさくなってきて、彼女との別れを考えるようになるのです。

既婚男性が別れた後に未練は?振られた後&別れた後の復縁したい既婚者男性サインと復縁する際の注意点

ダブル不倫を辞めて良かったと100%思える別れ方

一方的でなく、お互い納得の末の笑顔でのお別れ


ダブル不倫を「辞めて良かった」と100%思える理想の別れ方は、やはり一方的ではなく、お互い納得し笑顔でお別れすることでしょう。

相手の気持ちを考え尊重しながらも、自分の気持ちをちゃんと伝えること。

「やめようと思う」理由が明確で、「それなら仕方がない。別れよう」と相手も納得できること。

相手の悪口を言ったり、嫌い合って別れるのではなく、二人の楽しかった思い出や、様々な経験を通して成長できたことを話したり、相手への感謝の気持ちを伝えることで、お互いが「ああ、お付き合いをしてよかったな」「楽しかったな」「良い人とめぐりあえた」などと、前向きな気持ちで別れることができるでしょう。

もちろん、寂しくない別れなんてこの世に存在しません。

大好きだった相手と別れてしまうのは本当につらいことですが、最後に笑顔で別れることができた二人は、時間の経過とともに、「辞められて良かった」「いい思い出になった」と思えるようになるでしょう。

最後に思いきり二人だけのデートを楽しんで、悔いを残さない


ダブル不倫を「辞めてよかった」と心から思えるような別れ方をしたかったら、何よりも「悔いを残さない」ことが大切です。

いかなる理由でも「もう辞めよう…」と苦渋の決断をしたのであれば、なるべく早く吹っ切るために、「最後に思いきり二人だけのデートを楽しむ」のも一つの手でしょう。

この場合、相当強い意志がないと「やっぱり復縁したい…」と、決意が揺らいでしまう可能性もあるため、断固たる強い気持ちが必要となりますが、お互いが「最後」と知っている状態でするデートはお互いが「悔いの残らないようにしよう」と全力で楽しもうとします。

そんな二人の最後のデートは、とびきり楽しく、切なくも幸せな時間になるはずです。

デートを終えた後には自然と気持ちも切り替わり、「今までありがとう。明日からは別々の道で頑張ろう」などと、前向きにお別れすることができるようになるでしょう。

ダブル不倫を辞めた後の楽しい日常のことだけを考える


「ダブル不倫を辞めてよかった!」と思えるような別れ方をしたかったら、自分の思考も意識して変えていくようにしましょう。

「辞めよう…」と思うと、どうしても情が湧いてきて、彼との楽しかった思い出や、彼の良いところばかりを考えて「やっぱり好き…別れたくない」と思いがちになります。

そのような思考回路になってしまうとますます彼から離れられなくなってしまいますから、意識的に、ダブル不倫を辞めた後の楽しい日常のことだけを考えるようにしましょう。

例えば、「別れて空いた時間で、お菓子作りの腕を磨こう!」とか、「バレずにすんだことに感謝して、家族との時間を大切にしよう」など。

実際、このまま不倫を続けていたら、家族にバレて家庭が崩壊する可能性だってありますし、家庭をかえりみないことで子供が寂しい思いをしたり、家族関係が険悪になって、後戻りできなくなってしまうこともあるかもしれません。

スリル満点でドキドキしっぱなしのダブル不倫は刺激的で快感かもしれませんが、その分抜け出すのも大変です。

辞められたら良いに越したことはないですから、甘く楽しい思い出はひとまず胸にしまいこんで、すがすがしく明るい未来のことだけを考えるようにしましょう。

お別れSEXをして、気持ちを全部置いてくる


未練があるけど彼とお別れすることを決意し、「ダブル不倫を辞めて良かった」と100%思えるようになりたかったら、「お別れSEX」をするのは効果的です。

やっぱり、SEXは相手を一番近くに感じることができる特別なこと。

最後に彼を全身で感じ抱きしめることで、自分の中の浄化しきれない気持ちを、彼に置いてくることができるでしょう。

お別れSEXをすることで、別れの時でも彼を近くに感じることができますし、距離が近い分気持ちも素直に吐き出すことができます。

彼の方も「最後だ」と思えばより気持ちも高まり、最高に気持ちいいSEXになる可能性も高いですし、いつまでも記憶にのこるSEXとなり、別れた後も「あいつはいい女だったな…」と彼女のことを忘れられないでしょう。

ダブル不倫を辞めて後悔しか残らない終わり方

家族に怪しまれ会うこともままならず、伝えたいことがあっても伝えられない


ダブル不倫を辞めて後悔しか残らない終わり方はやっぱり、伝いたいことがあっても伝えられずに別れてしまうことでしょう。

後悔しないようにしたいのだったら、自分の気持ちは全て伝え、相手の気持ちも全部聞いてあげること。

相手が別れることに反対の場合、納得させることはできないかもしれませんが、話し合いの場を持つことで、お互いの気持ちをスッキリと晴らすことはできるでしょう。

また、後悔が残りやすいのは「本当は会いたいのに会えなくなってしまった」「話し合いたいのに、その場すら設けられない」などという状況になってしまうこと。

例えば、どちらかのパートナーが不倫を疑って、ダブル不倫相手に対しての束縛が激しくなってしまったり、監視されていて会うこともままならなくなってしまった場合…家族関係を守るためにはダブル不倫相手とは別れざるを得ないでしょう。

そんなときは最後に相手に会いたくても会うことはできず、お互いの気持ちを伝え合わないまま終わらなければならないでしょうから、後悔が残りいつまでも引きずってしまうことになるのです。

本当は大好きなのに、喧嘩をした勢いで別れてしまう


ダブル不倫を辞めて後悔しか残らない終わり方は、「本当は大好きなのに、ケンカをした勢いで別れてしまう」ことです。

お互いが結婚して、他にパートナーがいる身での恋愛は、自由と思われがちですが、不自由なことも多いでしょう。

お互いに家庭があるため会える時間は限られてしまいますし、ダブル不倫相手を本気で愛していても、「一番は家族」という暗黙の了解があるため、相手の家族、自分の家族に遠慮しなくてはなりません。

我慢しなければならないことが多く、欲求は溜まり、時には相手に不満をぶつけたくなってしまうときもあるでしょう。

しかし怒りがヒートアップして抑えきれず、そのまま勢いで別れてしまうと、後々ものすごく後悔してしまうことになります。

まず、「ケンカをしたまま別れる」ということは後味が悪いですし、今まで一緒に過ごして、楽しかった思い出も全部、悲しい思い出に変わってしまうのです。

せっかく二人が同じ気持ちになり、ひとときでも同じ時間を過ごしたのですから、憎み合って別れるのはもったいないですし、どうしても後悔が残ってしまうでしょう。

感謝の気持ちを相手に伝えなかった


ダブル不倫を辞める時に、後悔が残ってしまうのは「感謝の気持ちを相手に伝えなかった」ことで起こると言えます。

別れ話をする時に一番、相手の目を見て伝えるべきことは、やはり「感謝の気持ち」でしょう。

「どうしてダブル不倫相手と別れるのか」を考えるとき…。

「家族を大切にしたいから…。」「他に好きな人ができてしまった…。」「遠方に転勤が決まってしまったから…。」など、理由はさまざまでしょうが、いずれも「未来のため」に別れようとしているはず。

未来を今以上に素敵なものにするために、大好きだったダブル不倫相手への気持ちを断ち切ろうとしているのですから、自分の気持ちを上手く消化したかったら、「相手も自分も別れた後、いかに気持ちよく過ごせるように別れるか」を考えるべきです。

当然、別れ話はしていて気分がいいものではありません。

別れ話がもつれ長引くと、相手を傷つけたり罵るような発言をしてしまいがちですが…今までお付き合いを続けてきた中で、相手に対しての感謝の気持ちが微塵もない人なんていないはず。

しかしそれを忘れ、感情のままに自分を爆発させ、感謝の言葉を伝えないまま別れてしまうと、後々後悔が残ってしまうでしょう。

だんだんと疎遠になって、やがて自然消滅してしまった…


ダブル不倫を辞めて後悔しか残らない終わり方は、だんだんと疎遠になり、やがて自然消滅してしまう終わり方でしょう。

疎遠になってしまった理由はいろいろあるのかもしれませんが、「別れ話もすることなく自然消滅」してしまうということは、気持ちをどこで切り替えていいのかわからなくなってしまい、後悔が残りやすいです。

ダブル不倫相手のことを吹っ切って、先へ進みたくても、「もしかしたら彼から連絡がくるかもしれない…」と無意識のうちに連絡を待ってしまったり、「もしかしたら何か事情があって、連絡ができないのかも…」と、モヤモヤしていつまで経っても、相手のことを忘れられないことが多いでしょう。

それは相手にとっても同じで、「これは終わったっていうことなのか?」「それともまだ続いているのか?」あやふやで、キッパリと「失恋した!」と実感することもなく、気持ちが消化不良を起こしてしまいます。

そして後々まで胸焼けし、辛い気持ちを引きずることとなるでしょう。

ダブル不倫を辞めて良かったと心から思えた既婚女性の体験談

「呪縛から解放された気分で、スッキリしました!」【E子さん/42歳/会社員】


3ヶ月前に、8ヶ月ダブル不倫をしていた彼とお別れしました。

夫婦関係は悪くありませんでしたがそれ程良好というわけでもなく、平凡な毎日に退屈を感じていた矢先に職場の取り引き先に勤めていた彼と出会いました。

お互いに既婚者だったので、相手の好意を知っていても一線を越えられないもどかしさみたいなものが私の日常を彩らせ、それから体の関係になってしまうまでにさほど時間はかかりませんでした。

ダブル不倫の関係になってしまった私たちは、こんなことしてちゃダメだ、と罪悪感を感じる中でも何度もお互いを求め合い、私はズルズルと彼にハマっていってしまいました。

でも、ハマればハマるほど、「悪いことをしているんだ…」という罪悪感が大きくなり、家族の前でギクシャクしてしまったり、心から笑えることも少なくなってきました。

久しぶりに友人とランチに行った時、友人から「どうしたの?顔色悪いよ?」といきなり言われ、その時私はダブル不倫に取り憑かれているんだ、ということに気付いたのです。

彼のことは確かに好きだし、いけないとわかっている恋の刺激は強烈です…。

でも、これ以上続けていたら本当に抜け出せなくなると思い、別れを決意しました。

別れ話をするのは辛かったですが、幸い彼も大人だったので、しつこく引き止められることもなくお別れすることができました。

まだたまに彼を思い出しては切ない気持ちになったりもしますが、私には家族がいますし、呪縛から解放された気分で、今はとてもスッキリしています!

「彼の奥さんや子供に嫉妬することがなくなってラクになった」【Aさん/29歳/専業主婦】


私は二十歳の時にデキ婚をして、それからずっと子育てをしてきました。

子供が大きくなってきて私にも自由な時間ができ、たまたま独身の友達と飲みに行った時に、彼が声をかけてきました。

酔っ払ったいきおいでホテルに行ってしまい、そこからなんとなく交際が始まりました。

最初はこんなに好きになるとは思っていなかったけど、旦那以外の男の人とエッチするなんて久しぶりすぎて、すごく好きになってしまいました。

家にいても彼のことばかり考えるようになって、だんだん彼の奥さんや子どもに嫉妬するようになってしまった。

今考えるとヤバイけど、「家族を捨てて駆け落ちしたい」とまで本気で考えてました。

でも、彼にはそこまでの気持ちはなくて、一緒にいても私ばかりが好きすぎて辛かったです。

「好きになりすぎないでね」と言われた時、彼にとっては家族が一番で、私のことはその程度なんだ、と思いました。

別れは結構あっけなくて、ラインで別れを告げた後に二人で会って話をしました。

私が泣いてしまったら、頭をポンポンと撫でてくれて、「やっぱり別れたくない」と一瞬思ってしまいました。

別れた後は、寂しい気持ちになったりもしたけど、付き合っていた時の方が嫉妬したりして寂しかったかも。

別れて気持ちはラクになりました。

「以前よりも家庭を大切にできるようになりました」【Yさん/33歳/パート】


3年以上続いていたダブル不倫相手と最近別れました。

別れようと思ったきっかけは、私がパートをはじめ、彼に会う時間が取りづらいと感じるようになってきたからです。

家事や育児に加え、仕事に行くということは思っていたより忙しく、疲れて子どもと一緒に寝てしまうことも増えました。

そのため彼とラインで繋がる時間が減り、急なシフト変更によるデートのドタキャンも何回かしてしまい、彼は不満が溜まっていたんだと思います。

私に「会える時間もっと作ってよ!」と、気持ちをぶつけてきました。

もちろん彼に会いたい気持ちもありましたが、私には家族もいます。

子どもにもまだ手がかかりますし、家事も疎かになって家の中が散らかってくると、だんだん彼と会っている時間にも「家の掃除がしたい」「たくさん寝ていたい」と思うようになったのです。

彼とのデートよりもやりたいことがたくさん出てくるようになって、最終的に「別れよう」と思うようになりました。

でも、3年以上も一緒にいたので情もあり、別れる決断をするまで時間がかかりました。

彼との時間が無くなってしまうことで、心にぽっかり穴が空いてしまいそうで怖かったです。

彼にも引き止められ、説得させられましたが話し合いを重ね、「お互い別々の道を歩もう」ということになりました。

彼との別れは私にとって一大事でしたが、それでも日常は続いていきます。

悲しむ暇なく仕事や家事、育児に追われ、彼がいない生活にもすぐに慣れました。

別れてから孤独を感じなかったのは家族のおかげだと実感し、以前より家族との時間を大切に過ごせるようになりました。

別れて正解だった、と思っています。

不倫を本気で辞めたい女性必見。共依存から抜け出し誰も傷付けず綺麗に別れる方法

好きだけど別れる既婚者…好きだから会わないと別れたその後の注意点や未練が残らない終わらせ方

ダブル不倫は「辞めようかな…」と思ったその時がまさに辞め時!


不倫の始まりに理由は必要なくても、終わらせるためには理由が必要なもの。

お互いにパートナーがいるダブル不倫は、終わらせる理由が見つからないためズルズルと長く続いていきがちです。

しかし、不倫は辞められた方がいいに決まっていますから、「辞めようかな…」と思った時がまさに辞め時だと思ってください。

不倫を辞めて後悔しないためには、自分の気持ちを少しも残さず伝えてから別れる事。

感謝の気持ちを伝え、笑顔でサヨナラすることができれば、明日からの未来をきっと前向きに、歩んでいけるはずです。

【期間限定・6月7日(日曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG