亡くなった母に会いたい…。会いたいと思ったらすべきことや母からの伝えたいこととは?

今オーラが変われば2022年下半期に悩みが解決します。
オーラとはその人を取り巻く一種の霊的なエネルギーのことです。

オーラには性格やあなたの性質、心身の状態などによって複数のカラーがあります。あなたが何色のオーラをまとっているかによって、人格や運勢はもちろん、他の人との相性やうまくいく接し方を診断することができます。

人生がうまくいかないのは、あなたのオーラがちぐはぐになっているから。

でも大丈夫。オーラは今から変えられます。

このオーラ診断では、よくある自分のオーラを知るだけのカルテではなく、オーラと共鳴し引き寄せ合う強力なオーラをまとうための重要なヒントが満載のカルテをお届けします。

オーラが整うと何をやってもダメだった人生が劇的に変わるので、2022年下半期を幸せに過ごす事だって実現可能です。

反対にオーラがちぐはぐなままではどんなに願っても努力しても、あなたの幸せはオーラに弾かれてしまいます。

あなたには無駄な努力を重ねてほしくありません。期間限定で初回無料での診断が受けられるので、今から試してみてください。

「亡くなった母に会いたい…。」

「もう一度だけ母に会って、話がしたい…。」

そんな思いが突然あたまをよぎることがありませんか?

それは、もしかしたら、アナタのことを天国で見守るお母様からの不思議なサインやメッセージかもしれません。

こちらでは、亡くなった母に会いたいと思ったときの不思議なサインやメッセージを詳しくお伝えします。

たとえ生前、どんな関係性であったとしても子どものことを愛していない親なんていません。

亡き母からのメッセージをしっかりと受け止め、アナタはこの世で強く生きていきましょう。

目次

亡くなった母に会いたい…。母の魂はどこに?

亡くなった母の魂は霊界に行く


「人は死んだらどこにいくのか…」アナタも今までにきっと、一度は考えたことがあるでしょう。

死後の世界について、この世では、色々な考え方があります。

「肉体は滅びても魂が滅びることはなく、輪廻転生する」という考え方や、「天上人となって地上に生きる人を見守っている」という考え方、「仏様になる」という考え方や、「死後の世界などない」「死んだら全て無になり何もなくなる」という考えを持つ人も。

しかし、本当の答えを知っている人は、残念ながらこの世に1人として存在しません。

死後の世界から戻ってきた人は1人もいないのですから。

スピリチュアルの世界では、私たちの魂は滅びることがなく、生まれ変わる「輪廻転生説」が信じられています。

仏教徒の多い日本では、一番多い考え方ではないでしょうか。

つまりは、亡くなった人の魂はまず、宇宙の果ての「霊界」に昇っていきます。

「天国」と呼ぶ人も多いでしょう。

アナタのお母様の魂も、地上での体から離れ、きっと霊界に向かっています。

四十九日までは裁判を受ける


スピリチュアルの世界では、人は亡くなってから49日という時間をかけて、現世から「あの世」へ向かう旅に出る、と言われています。

「三途の川」という言葉は、きっと皆聞いたことがあるでしょう。

「三途の川」は、あの世とこの世の境目にある川のこと。

死後から7日目に渡ると言われていて、死者の魂は三途の川を渡り「極楽浄土」を目指す旅に出ます。

三途の川を渡るためには「渡り賃」が必要と言われているため、お葬式の際に亡くなった方の首に「頭陀袋(ずだぶくろ)」をかける儀式をしたことがある人もいるかもしれませんね。

49日をかけて長い長い旅をし、冥土(めいど)、黄泉(よみ)の世界の入口へ立つのです。

四十九日以降は魂によって異なる


「閻魔大王(えんまだいおう)」「浄玻璃の鏡(じょうはりのかがみ)」は、有名な話で、多くの人はきっと知っているはずです。

「嘘つくと、えんま様に舌を抜かれるよ」などと、子どもの頃に両親や、おじいちゃんおばあちゃんから脅かされた経験がある人も少なくないでしょう。

亡くなった人の魂は、49日をかけて旅をしたのち、冥土の入り口に立ち、冥界の王である「閻魔大王」によって、生前の善悪を裁かれると言われています。

えんまの庁にある「浄玻璃の鏡」の前に立つと、生前に行ってきた良いこと、悪いこと、が全て映し出されるのです。

死後の世界では、嘘は通用しません。

生前、人のため、世のために良い行いをしてきた人は極楽へと昇り、人を貶めたり、裏切ったりと、悪いことをしてきた人は地獄へと落とされるのです。

仏教では「四十九日(しじゅうくにち)法要」があり、亡くなってから四十九日までは祭壇を設けて、お参りできるように整え、御供物をして、死者を偲びます。

残された人々にとっての、故人の魂は、四十九日までは、お墓ではなく仏壇におり、四十九日の法要以降はお墓にいる、という考え方がされます。

亡くなった母の魂は時々地上にやってくる


亡くなった人の魂の行方には、色々な考え方がありますが、多くの人は「天国で見守ってくれている」「すぐそばにいいる」などと信じています。

スピリチュアルの世界でも、亡くなったお母様の魂は時々地上にやってくると考えられています。

時々地上の様子を見にくるようになるのは、亡くなった四十九日以降。

お墓やお仏壇を目印にして現れ、この世で生きる人たちに何らかのサインを送ることもしばしばあるでしょう。

そして、死後から数ヶ月後〜一定の期間を天国で過ごしたのち、次の魂修行のために、またこの世に生まれ変わるのです。

「一定の期間」というのは、それぞれの魂によって違います。

死後半年という短さで輪廻天性する魂もあれば、何年、何十年と天国からこの世の人たちを見守る魂も。

特に、地上の人々に心配事があったり、「見守りたい」「助けたい」という意志を持った魂は、その心配事が落ち着き安心できるまでは、天国から見守り続けるでしょう。

亡くなった母が伝えたいことは…?

そんなに悲しまないで楽しんで


最愛のお母様が亡くなったら…悲しくない子どもなどいないでしょう。

かけがえのない存在がこの世に居なくなってしまったら、泣いて泣いて、落ち込んで…心にポッカリ穴が空いたように、何もする気が起きなくて無気力になってしまうこともあるかもしれません。

そんなアナタを見て、天国にいるお母様はどんなことを伝えたいと思っているでしょうか。

それは、「そんなに悲しまないで、楽しんで」というメッセージです。

子どもの幸せを願わない母親なんていません。たとえ生前、関係がうまく行っていなかったとしても。

自分のお腹で十月十日育てて、お腹を痛めて、命懸けで産んだ我が子どもなのですから。

いつだって、楽しそうに笑って、幸せをたくさん感じながら、生きていってほしいと思っているはずです。

もし、アナタが母が亡くなってしまった悲しみに打ちひしがれて、この世で何もできずただそこに立ちすくんでいるのだとしたら、お母様は自分を恋しがってくれて嬉しい気持ちよりも、心配になってしまうでしょう。

もしかしたら、安心して成仏もできないかもしれません。

天国に行ったお母様は、たとえ自分がいなくても、アナタがこの世で強く逞しく、幸せに生きてほしいと、そして、そんな楽しそうな子どもの姿を空から見守っていたいと思っているのです。

きっと生きていた頃のお母様を想像すれば、自ずと答えが見えてくるはず。

悲しみでその場から動けなくなるのではなくて、元気に楽しく人生を過ごすことが、お母様にとって何よりの供養になるのです。

あなたをいつでも見守っています

マゼンタのスパイダーフラワー
お亡くなりになったおかあさんがアナタに伝えたいことは「アナタをいつでも見守っています」でしょう。

大好きなお母さんがいなくなってしまった…。

これ以上の悲しみはないかもしれません。

「もっとたくさん話したかった…。」「もっと親孝行していればよかった…。」溢れて止まらない悲しみや後悔でいっぱいになってしまうこともあるでしょう。

でも、人間の死亡率は100%。

この世に生を持って誕生した限り、皆時期は違っても、必ず魂になって空にのぼってゆくものなのです。

仏教の開祖である「ブッダ(お釈迦様)」の教えの一つに、「諸行無常(しょぎょうむじょう)」があります。

「この世の全てのものは常に変化しており、永久に変わらないものなどない」という意味です。

あるエピソードの一つですが、我が子を幼くして亡くし、悲しみに打ちひしがれている母親に、ブッダは言いました。

「生きている子どもであれば、生きている子どもを愛しなさい。死んでしまったのであれば、死んでしまった子どもを愛しなさい」と。

世の中の全てのものは、常に変化しています。

おかあさんが亡くなることもその内の一つの出来事で、いずれ、アナタも死ぬでしょう。

でも、子が親を、親が子を、愛する気持ちは変わらない。

アナタも今まで通りおかあさんを愛せば良いし、おかあさんだって、天国からアナタを見守り、愛しているでしょう。

見えているか、見えていないかの違いです。

アナタには見えていないだけで、今まで通りすぐそばで、見守ってくれているのです。

いつかきっと会えるよ

オレンジの補色は
最愛の母がいなくなってしまったら…「もう一度会いたい」「会って、話がしたい」と思うことでしょう。

でも、もう会えないし、話もできない。

触れることだってできないと思うからこそ、悲しいし、辛いし、涙だって出てきてしまいますよね。

そんなアナタへ、おかあさんが伝えたいメッセージは、「いつかきっと会えるよ」という言葉です。

たとえ、目には見えないかもしれませんが、アナタを心配して、いつだってアナタのすぐそばで見守っています。

時には、アナタに気づいて欲しくてサインを送ることだってあるかもしれません。

「もう2度と会えない」と思うと、悲しみはさらに深くなってしまうかもしれませんが、そんな時こそ、おかあさんが「また会えるよ」と言っていることを思い出してみてください。

目を閉じて、耳を澄ませて、深呼吸をして、五感を研ぎ澄ませて、存在を全身で感じてみようとしてみてください。

早く会いたいからと言って、おかあさんのあとに続こうすることだけはやめてくださいね。

そんなことしたら、一番悲しむのはおかあさんですから。

それこそ、悲しませた罪として、アナタが地獄に落ちてしまうかもしれません。

悲しみを乗り越えて、前を向いて

心を健やかに
「母」という存在は、いつでも子どものことを心配して、無条件で愛しています。

それは子どもを産んだ経験がある女性なら、わかるはずです。

「目に入れても痛くない」「怪我や病気で苦しんでいるときは、自分が代わってあげたい」「自分の命に変えても、子どものことを守る」母性を持つ母親は、ただただ、子どもの幸せを願い、健やかに生きていってほしいと、心の底から思っているものなのです。

ですから、子どもの悲しむ姿を見て、一番辛い思いをしているのは、母親です。

自分のせいで、悲しませてしまっているのなら、なおのこと辛い。

何とかして、「悲しみを乗り越えて、前を向いて生きていってほしい」とアナタに伝えようとするでしょう。

人間はいつか必ず死ぬもの。親から順番に死んでいくのは、遅かれ早かれ、誰もが経験することです。

ですから、きっとアナタも悲しみから立ち直れる日がくる。

おかあさんは、いつでもアナタにエールを送っています。

お母さんが亡くなった事実から立ち直れずにいたとしたら、お母様の笑顔を思い出してください。

肉体はここに無くなってしまったとしても、魂がいます。

きっとぬくもりを、温かさを、感じることができますよ。

時間は、何にも勝る、お薬です。

焦らず、ゆっくり、無理をせず、前を向いていきましょう。

亡くなった母に会いたいと思ったらしたいこと

母のことを思い出してあげる


「亡くなったお母さんに会いたい…」と思ったら、たくさんたくさん、一緒に過ごした日々のことを思い出しましょう。

生まれてからこれまで、いや、きっと生まれる前から、おかあさんはアナタにたくさんの愛情を注いでこられたはずです。

アナタが忘れてしまっていることも多くあるかもしれませんが、昔のアルバムを見たり、家族で昔話をしたりして、楽しかった日々に思いを馳せてみてください。

亡くなった人を思い出すこと、家族や親戚、あるいは友達などと思い出話をすることが、一番の供養になるそうです。

心の中で1人、想いにふけるだけでも、天国にいるおかあさんは今でも大切にしてもらっていることを喜んでくれるでしょう。

もっとも、おかあさんはアナタのことは全てお見通しですから、アナタがどれほど悲しんで、どれほど会いたがっているか、考えなくてもわかっているはずですが。

おかあさんとの楽しかった思い出を、思い出すだけできっと心も温かくなるし、またおかあに抱きしめてもらっているような安心感に包まれて、アナタの心も元気になっていくはずです。

生まれたことを幸せに思う

楽しみを見つけて
「お母さんに会いたい…」と、どんなに願っても、肉体を持った今までのお母さんには会うことができません。

でも、アナタの心の中に、確かにお母さんは存在します。

これからは、アナタの魂と一心同体になったと思って、生まれてきたことを幸せに思いましょう。

お母様はいつでもアナタに対して思っていたはず。

「お母さんのもとに、生まれてきてくれてありがとう」って。妊娠・出産はもちろんのこと、人間を1人を育てるということはとても大変なことです。

お金も時間も、気力も体力も必要です。

でも、子どもと過ごす日々は、忙しくもキラキラと眩しく、それ以上に大きな喜びがたくさんあります。

そんな喜びを与えてくれたアナタに、自分を「お母さん」にしてくれたアナタに、お母様は心から愛情や感謝、喜びや希望を感じているはずです。

そんな気持ちは、きっとアナタも同じなのではないですか?

生きていると、そりゃあ、色々なことが起きます。

良いこともあれば、悪いこともある。

時には思いもよらない出来事が起きたり、例えばお母さんが亡くなってしまった時のような、この世の終わりかと思うくらい、悲しいことも起きる。

でも、それらの感情は全て、生きているからこそ、命があるからこそ、今、ここで、感じることができるのです。

アナタはお母さんから始まりました。

お母さんの血を引き継いで、これからも強く逞しく、元気に楽しく生きて行く権利があります。

アナタが「生まれてきてよかった」と思えることが、母にとって一番、嬉しいことなのではないでしょうか。

「これからも元気に生きていってほしい」「幸せに過ごしてほしい」お母さんが何よりも願っていることです。

自分や母の誕生日を祝う


亡くなった母に会いたいと思った時には、いつもよりも自分やお母さんの誕生日は特別にお祝いすると、天国への思いは強く、伝わるでしょう。

母親にとって、自分の誕生日よりも嬉しいのは、子どもの誕生日です。

子どもが生まれた時の、産声を上げた時のあの感動は、忘れたくても絶対に忘れられないもの。

肉体が滅びて、魂になっても、この世の記憶はありますから、天国に行っても、子どもの誕生日を忘れることはないでしょう。

アナタがこの世で、自分の誕生日を祝っていたら、それは「自分を大切にしているしるし」にもなります。

きっとお母様も天国で喜んでいてくれるでしょう。

また、この世に居なくなっても、今まで通りお母さんのお誕生日にはお祝いすることで、アナタの思いは伝わります。

「いつでも大切に思っているよ」「大好きだよ」「見守っていてね」そんな願いを込めて、お仏壇やお墓にお花を飾ったり、手を合わせたりして、お祝いをしましょう。

ケーキを買って、家族でお祝いをするのも良いですね。

どんな形であっても、アナタのそんな姿を空の上からお母さんは見守り、喜んでくれるはずです。

特別なことはしなくて心で願う

きっともう愛してない
「天国にいるお母さんに会いたい…」母親は、大好きなたった1人の、唯一無二の存在ですから、「会いたい」と思うのは、当たり前のことです。

ですから、「会いたくても会えないんだから…」「そんな風に思ったって帰ってきてくれないんだから…」などと、自分の気持ちを否定したり、我慢したりすることはやめましょう。

かけがえのない、世界にたった1人のお母さん。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

会いたいときは、存在を感じたいときは、特別なことはしなくても、ただ、心の中で願いましょう。

心の中で話しかけましょう。

空から見守ってくれているお母様は、アナタの一番の味方です。

心の中に存在を感じるだけで心強く、勇気が湧いてくるでしょう。

そんなことを繰り返していると、やがて、なんとなく心の中で会話のようなものができるようになってきます。

心が温まるような、存在を感じるような、肯定してくれているような、そんな気持ちになって、「私は大丈夫」と思えるようになってくるはずです。

お仏壇やお墓にお供え物をして手を合わせる


亡くなった母に会いたいときにするとよいことは、お仏壇やお墓にお供え物をして手を合わせることです。

お仏壇が家にない場合には、遺影の写真などを飾ったりして、家の中に手を合わせる場所を作りましょう。

毎朝、ご飯やお茶を備え、お線香をあげ、挨拶をしましょう。

季節の花を飾ったり、きれいにお掃除したりして、亡くなった後も母の存在を大切にすること。

そうすることで、天国にいるお母様は喜び、アナタのもとに何度も降りてきてくれるでしょう。

お仏壇に毎朝手を合わせる、お墓に行く道のりを散歩コースにし毎日訪れるようにする、など、毎日の習慣にすることで、より一層、仏様の存在は近くなります。

アナタがピンチの時には、何かしらのメッセージを送り、助けてくれることがあるかもしれませんね。

お母様はもちろんのこと、お墓に眠るご先祖様がいなければ、今、アナタの存在はここにはありません。

お母様をはじめとする命を繋いでくれたご先祖様を大切に思い、感謝して、手を合わせることで、きっとアナタの思いは届くことでしょう。

お盆やお彼岸、法要を大切にする


亡くなったお母様に会いたい時には、お盆やお彼岸、法要を大事にしましょう。

お盆は、ご先祖様があの世からこの世に還ってくると言われている日のことで、きっと多くの人がご存知なはず。

お彼岸は、若い人では意味を知らない人もいるかもしれませんが、「ご先祖様を供養し感謝を捧げる期間」のことです。

春には「ぼたもち」秋には「おはぎ」をお供えして、お墓参りや法要を行います。

「法要」というのは、ご先祖様を供養するための仏教儀式。

たとえば四十九日、一回忌、三回忌、七回忌などのことを総称して「法要」と言います。

まだ周りにあまり亡くなった人がいない若い人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、どれもご先祖様に思いを馳せる、大切な儀式です。

実家から離れている場合は、お盆やお彼岸、法要の日には必ず実家に帰るようにしたり、どうしても仕事があったりで休めない場合には、せめてお供え物やお線香を送ったりして、お祈りすることだけは忘れずにするようにしましょう。

天国にいるお母様はきっと喜んで、アナタのことを空からずっと見守っていてくれるはずです。

亡くなった母からの不思議なサイン

亡くなった母の匂いがする


霊感や、スピリチュアルな能力が無い人であっても、お母様のことを強く、ずっと、想っていると、ある日突然不思議なことが起こる場合があります。

そんな不思議なサインの一つに、「亡くなった母の匂いがする」場合があるでしょう。

人間には、味覚・視覚・聴覚・触覚・嗅覚といった「五感」が備わっていますが、においを嗅ぐ「嗅覚」のみ、ダイレクトに脳の中心部へ届くようになっています。

つまりは、嗅覚は、理性で考える前に感情や記憶反応が起こる、本能的なものだと言えるでしょう。

実家で母の匂いを感じることは当然あるかもしれませんが、そうではない時。

例えば、仕事中のふとした瞬間や、自分の家でくつろいでいる時、ショッピングやランチをしている最中など、「なんで?」というタイミングで母の香りがする場合には、母がアナタのすぐそばにいて、アナタの本能へ訴えかけている可能性があるでしょう。

お母さんの匂いって、小さい頃からもう記憶に染みついていて、忘れられないものです。

もちろん、しばらく嗅がなくなって忘れているような気になっていても、いざ香りを嗅ぐと一瞬にして「あ、これはお母さんの匂いだ」と思い出すでしょう。

もしそれが、身近なある一定の人からしてくるようでしたら、もしかしたらその人はお母さんの生まれ変わりなのかもしれません。
アナタにとって、大切な存在となる可能性もあるでしょう。

電気がチカチカ光る

別れたくない理由を
特に停電でもないし、電球が切れたわけでもないのに、電気が「チカチカ」と光るのは、もしかしたら亡くなったお母様からの不思議なサインかもしれません。

「電気がチカチカとするのは霊界からのメッセージ」というのは、スピリチュアルの世界では有名。

アナタも耳にしたことがあるかもしれませんね。

アナタが一番会いたい、天国にいる人物がお母様であれば、それは間違いなくお母様からのサインだと受け取って良いでしょう。

このサインを皮切りにきっとアナタの周りでは、いろいろな不思議なことが起こるようになるかもしれません。

例えば、よくゾロ目を見かけるようになったり、蝶々や猫、カラスなど、スピリチュアルの世界の使いと言われている生き物を見るようになったり。

そんな時は、アナタになんとかして気づいてもらおうとしてサインを送っているのだと察し、アナタも心の声によくよく耳を傾けて、周りをよくよく見渡してみましょう。

「電気がチカチカ光る」サインは、スピリチュアルの世界では「明るい知らせ」「良い知らせ」そして「邪悪なものが家に入ってこないように防いでいるサイン」と考えられています。

近いうちにアナタは、明るく良い方向へ、何かが変わるかもしれません。

サインを受け取ったなら、チャンスをしっかりと掴み、逃さないようjにしましょう。

亡くなった母が突然よぎる

喧嘩ばっかり
亡くなられたお母様がアナタの脳裏に突然よぎることがあったとしたら、それはお母様からの何かしらのサインだと考えられるでしょう。

例えば、仕事に没頭している時にお母様の姿が急に思い浮かんだ場合には、「頑張り過ぎてないか?」「疲れてないか?」などという警告のサイン。

そんな時はコーヒーを飲んで一服したり、遠くの空を眺めて深呼吸したりして、休憩しましょう。

彼との楽しいデートをしているときにお母様の顔が思い浮かんだ時は、彼との関係を応援してくれているサイン。

ただ、アナタがその時、あまり「楽しい」と感じていない場合には逆の意味、つまりは「応援していない」になりますから注意が必要です。

誰かと会話している時に母の顔が急に浮かんだ時は、「その人は運命の人」であるサインです。

恋人か、親友か、はたまたライバルか…どんな関係性になるのかは分かりませんが、アナタの人生に大きな影響を与える存在に今後なり得る、可能性がある人だといえるでしょう。

夢に出てくる

後悔することはないか
亡くなったお母さまからのスピリチュアルサインのひとつに「夢に出てくる」ことも挙げられるでしょう。

「夢枕に立つ」という言葉があるように、亡くなった人が夢の中に出てくる場合、それは何らかの大切なメッセージやお告げを伝えようとしている可能性が高いです。

もし、そのようなことがアナタの身にも起こったら、夢の内容をよく思い出してみましょう。

アナタの身に今現在起こっている悩みや願望、それらに類する物事が一歩前進できる、ヒントを得ることが出来るかもしれません。

お母さまが夢の中に出てくる時というのは、共通して「自分自身としっかり向き合えていないとき」「自分の心の声を聴いていない時」である場合が多いです。

「母親」という人間は、子どものことになると、自分のことは後回しにして、心配したり、世話を焼いたりする生き物。アナタのお母さまもそうだったのではないでしょうか?

例えば仕事が忙しくて無理をしていたり、本当はやりたいことがあるのに我慢していたり。

本当の自分はそうじゃないのに、ただ流されるように生きていたりする場合には、お母さまが「自分と向き合いなさい」「本当のアナタはそうじゃないはずよ」「アナタには、いつも笑って楽しそうにしていて欲しいのよ」と、伝えようとして夢の中に現れ、サインを送ってくるでしょう。

母との思い出の場所に行きたくなる


亡き母からの不思議なサインとして、「思い出の場所に行きたくなる」ことも挙げられるでしょう。

たとえば「実家」。

それからおかあさんの実家である「おばあちゃんち」や、一緒によく散歩した河川敷や、家族で遊びに行った遊園地など、そんな思い出の場所に、急にどうしても行きたくなって、居ても立ってもいられなくなる場合、それはおかあさまがアナタに何かしらのメッセージを送っている可能性があります。

メッセージを受け取りたいと思ったら、そんなときは心のままに、思い出の場所に足を運んでみましょう。

しばらく実家に帰っていない場合には、「帰ってきて欲しい」「姿を見せて欲しい」と、思っているのかもしれませんね。

実際に足を運んでみることで、更なるメッセージを受け取ることが出来るかもしれません。

故人のことを思い出す時間が長ければ長いほど、想いを馳せる時間が長ければ長いほど、お母さまからのメッセージは強く、受け取ることができます。

なぜ出てくる…?母が夢に出てくる理由

亡くなった母に会いたいという気持ちが強いから

いきなりすべてを見せないで
お母さまが夢に出てくる理由として、一番考えられることは、「アナタが最愛のおかあさんに会いたいから」でしょう。

私たちが普段見ている夢は、脳科学的には「思考の整理」と言われています。

つまりは普段、無意識のうちに頭の中で考えていること(潜在意識)や、目から入ってくるインパクトが強かった情報、衝撃的だったもの・ことなどが、夢になって、寝ている間にアナタの頭の中で再生されるのです。

夢の多くは、「願望夢(がんぼうむ)」だと言われています。

たとえば、赤ちゃんが欲しくてたまらない人は、妊娠する夢をよく見るし、受験や試験を控えている人は合格する夢を見る、好きな人と結ばれたいと願う人は、夢の中では結ばれているでしょう。

ですから、それと同じように、おかあさんに会いたいアナタは、お母さんの夢を見て、当然なのです。

ただ、夢は「見たい」と思って理想の夢を見ることが出来るわけではありません。

おかあさんの夢にも色々なパターンがあり、後に後述しますが、スピリチュアルなメッセージが含まれている夢もあります。

一度や二度くらい見ただけでは判断できかねますので、まずは「ああ、私はいまおかあさんに会いたいんだな」と思って、様子を見ましょう。

亡くなった母からのメッセージがあるから

認めてほしい気持ちが強い
お母さまが、アナタに何かしらのメッセージがある場合、夢に出てくることがあるでしょう。

ただ、メッセージを伝えたい場合には、一度ではなく、何度も連続して出てくる場合が多いです。

毎晩毎晩、おかあさんの夢を見る時は、スピリチュアルメッセージである可能性が高いので、夢の中の様子を出来る限り思い出しましょう。

何かしらのヒントを得ることができるかもしれません。

たとえば夢の中でおかあさんが笑っていたり、または泣いていたり、怒っていたりと感情が分かる場合には、アナタの心が動き始めているサインです。

今まで寂しいのに「寂しくない」と言ったり、心が折れそうなのに「大丈夫」と言ったり、自分の感情に蓋をしてはいませんでしたか?

夢の中のお母さんのように、今こそ、アナタのキモチを解き放つときなのでしょう。

また、おかあさんと料理を作ったり、ゲームをしたり、映画を見たりなど、一緒に何かをしている夢は、「アナタのことを応援しているよ」というサイン。

最愛の母が亡くなってしまったら「もう私の味方はいない…」と心細く、寂しくなってしまって当然です。

そんなアナタを勇気づけたくて、おかあさんは夢に出てくるのでしょう。

近々アナタに環境の変化が起こるサイン

夜には注意
おかあさんが夢にたびたび出てくる場合…それは近々アナタに環境の変化が訪れるサインかもしれません。

例えば、仕事で転勤や異動になったり、新しい出会いがあって、恋人ができたり、住んでいるアパートが取り壊しになって引っ越しを余儀なくされる…なんてこともあるかもしれませんね。

特に、「なんとなく最近面白いことないなぁ…。」「会社に行って家に帰って寝るだけの生活でつまらない…。」などという「マンネリ」に近い思いを抱えて日々過ごしている人は、変化が起こる可能性がある場合が多いです。

なぜなら、環境の変化が起こる前段階には、「何も変化のない日々」がただひたすら続くことが多いから。

あらゆる変化が起こるときは、急に「コロッ」と、変わるものなのです。

夢はよく「逆夢」と言われています。

夢の中でアナタとおかあさんが喧嘩をしていたり、泣いていたりする場合、現実では悲しいことが起こるような気がするかもしれませんが、大丈夫。

現実では良いことが起こる兆しです。

逆に、楽しそうに過ごしている幸せな夢である場合には、現実では何か良くない変化が起こってしまうかもしれません。

悪い縁が切れる

決めつけて追い詰めないで
亡くなられたお母様が夢に出てくるサインとして考えられるのは、「悪い縁が切れる」です。

母親というものは、いつでもアナタのことを大切に思い、心配し、守ってくれる存在。

そして誰もが生まれてから初めて築く人間関係は、母でしょう。

もしアナタが今、人間関係で悩んでいることがあった場合、お母様がより良い方向へと導いてくれるかもしれません。

例えば…「恋人への恋心はもうないが、別れるのも面倒だしなんとなくずるずる付き合ってしまっている…」とか、「女友達と小さい頃からの腐れ縁だから仕方なく仲良くしているけど、本当は縁を切りたい…」とか「マウントを取ってくる職場の人に、いつも嫌な気持ちにさせられている…」とか。人間関係というのは、物を捨てるように潔く切れるものではありません。

もしアナタが今現在、もつれた人間関係に悩んでいるようなら、お母様はアナタの勇気の後押しをしたいと思っているのでしょう。

「信じた道を行きなさい」と、背中を押そうとしてくれているのでしょう。

亡くなった母に会いたいという想いは出てきてしまうもの…。考えすぎず今を大切にしよう!

無視されてもあきらめないで
大好きなおかあさんが亡くなってしまったら…悲しみに打ちひしがれて当然です。

「もう一度会いたい」「もう一回会って話がしたい」誰もがそう願うでしょう。

でも、人間はいつか皆、必ず死ぬもの。

親が子どもより先に死ぬのは、順番的に真っ当です。

悲しいけれど、辛いけれど、残された方は、大好きだったお母さんを胸に、これからも強く逞しく生きていかねばなりません。

たとえ、肉体は無くなってしまったとしても、スピリチュアルの世界では「魂は滅びることはない」と考えられています。

天国へいったお母様は、いつでもアナタのことを見守り、時には地上に降りてきて、アナタのそばで何かしらのスピリチュアルサインを送り、アナタにエールを送ってくれるでしょう。

生きている時は、生きているお母さんを、死んでしまったのなら、死んでいるお母さんを、ただひたすらに、これからも変わらず、愛してください。

それが「諸行無常」ブッダの教えであり、この世を元気に生きていく、ヒントです。

   

【期間限定・2022年12月11日(日)迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの悩みをなくし幸せへと導きます。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

恋愛の悩み…お金の悩み…仕事の悩み…そして人生の悩み…。このコロナ禍で悩みはつきませんよね…?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「どうすれば幸せになれるか知りたい…。」

「このコロナ禍で漠然とした不安感や辛い気持ちがある…。」

こんな感じならば、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

【2022年スピリチュアル鑑定】とは、期間限定で、このコロナ禍だからこその悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【2022年スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

結婚、失恋、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生、生きる不安などの悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG