魂の綺麗な人の特徴|内面と外見&スピリチュアルな意味+魂を磨いてもっと自分を高める方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

同じ職場のあの人…。

ママ友の○○さん…。

アナタの周りにも、輝きのオーラを放った魅力的な人はいませんか?

その人が輝いて見えるのは、魂がキレイだからかもしれません。

今回は、魂がキレイな人の特徴を詳しくご紹介します。

内面や外見、スピリチュアル的な意味に加え、自身をさらに高めるために魂が汚い人の特徴と、磨く方法についても解説していますので、「私もあの人みたいに輝きたい!」「自分をもっと高めたい!」と思うアナタは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

魂が綺麗な人の性格や内面的な特徴

とことん優しい!親切で、思いやりがある


魂がキレイな人は皆、優しいです。

どんなときも親切で、思いやりがあります。

常に相手の立場に立って物事を考えることが出来るので、意地悪をしたり、マウントを取ったり…相手が嫌だと思うことをわざとするようなことは絶対にありません。

発言する時も頭の中でしっかり考えて、たとえ正論であっても「その場ではふさわしくない」と思うのであればあえて言わない。

そして困っている人がいたら、知らない人でも、たとえあまり好きではない人でも、分け隔てなく助けます。

魂がキレイな人が持つ優しいキモチは、皆に平等であることがほとんどです。

人間ですから、「合う・合わない」「好き・嫌い」があるのは当然のこと。

でも、魂がキレイな人はたとえ「合わないな」「好きじゃ無いな」と思う人でも態度を変えません。

たとえ相手からイジワルをされても、いつだって心はフラット。

必要以上に気にすることなく、自分を大切にしています。

自己肯定が高く、自己受容している


魂がキレイな人の特徴として、「自己肯定感が高く、自己受容している」ということも挙げられます。

自分のことをよく理解し、受け入れて、愛し、自信を持っているのです。

私たち人間には、完璧な人などいません。

「もっとこうだったら良かったのに」とか「○○さんのようになりたい」などというコンプレックスを、誰もが抱えています。

中には周りと比べて「自分はしかこんこんなにダメな人間なんだろう…」などと落ち込んでしまう人もいるでしょう。

しかし、魂のキレイな人はそこでやさぐれたり、絶望したりすることはありません。

むしろダメなところもしっかり分かった上で、そんな自分のことも愛おしく思っているのです。

同じ人は一人としていないこの世の中で、「自分」という存在の尊さを感じ、大切にしている。

短所は考え方によっては、長所になり得るものですから、ポジティブな心を持っている人にとっては、短所も「自分の大事な一部分」と、自信を持っているのです。

知性を持ち、気品が漂っている


魂のキレイな人は知性や気品があることが一つの特徴です。

一言でいうと、「エレガント」。

服装や髪型、身に着けているものをはじめ、仕草や表情からも「育ちの良さ」を感じさせます。

いつでも一定のテンションで落ち着いていて、前項でも述べましたが、誰に対しても平等な態度。

お店の店員さんやタクシーの運転手さんなど、すべての人に敬意を払い、自分の好き嫌いや私利私欲で、相手への態度を変えたりすることがありません。

また、何かしらのトラブルが起きたときでも大声を上げたり、バタバタしたりすることなく、平常心を保とうとします。

そして周りをよく見ているので、変化には良く気づき、さり気ない気配り・心配りで周りの人とコミュニケーションをとるのも上手。

「私が!私が!」と前に出るのではなく、ごく自然にナチュラルに、周りと溶け込むことが上手なのです。

素直で無邪気!誰の色にも染まらない無垢な性格


魂のキレイな人は、無垢で無邪気です。

どんなことにも好奇心旺盛。

自分のことだけでなく他人にも興味があって、あらゆることを素直に吸収していきます。

自分が「やってみたい!」と思うことに対しては、持ち前の行動力で即チャレンジ。

失敗しても、ただでは起き上がりません。

ポジティブ思考で目覚ましい成長を遂げる人が多いでしょう。

また、「自分」というものをしっかりと確立している場合が多いです。

それは決して「頑固な性格」「他人の意見を聞かない」という訳ではなく、「ブレない芯の強さ」を持っているということ。

頭の先から爪先まで、大きな柱が一本通っているようなイメージです。

そんな芯の強さがあるからこそ、誰かに何かを唆されることがあっても道を間違えることなく、真実を見抜くことができます。

精神年齢が高く、成熟している。落ち着いていて「大人っぽい」と言われる


魂の綺麗な人はとにかく落ち着いています。

どんなことがあっても、感情を荒立てることなく、平常心。

たとえ何かしらのトラブルが起きたときも、大騒ぎしたりバタバタしたりして、周りを振り回すようなことはまずありません。

周りに比べて精神年齢が高く、「大人っぽいね」と言われることが多いのも特徴の一つ。

しかし、そんな「落ち着いている姿」を妬む人も中にはいて、場合によっては、「冷めてる」「何考えているかわからない」などと言われてしまうこともあります。

ただ、そう感じて批判しようとする人ほど、魂が汚いことは事実。

魂がきれいな人は気にしていません。

考え方が成熟していて、客観的に見ることができるので、悩み相談を持ちかけられることも多いです。

みんなから好かれ、頼りにされています。

誠実さと謙虚さを持ち、真っ直ぐ正しく生きている


魂の綺麗な人は、真っ直ぐ正しく生きています。

陰でコソコソ悪いことを企み、誰かを陥れようとしたり、裏切ったり…悪に手を染めるようなことは絶対にしません。

もちろん、みんな同じ人間ですから、心に黒い感情が芽生えることは、時にはあるでしょう。

誰かを妬んだり、憎んだり、羨んだり、腹を立てたり…。

でも、魂のキレイな人は強い自制心を持っているため、自分の悪い心・弱い心に負けることはないのです。

自分が苦手とする相手を目の前にしても、誠実さと謙虚さを持ち、心地の良いコミュニケーションを取ろうとします。

権力を使ったり弱みを握ったりして相手を捩じ伏せようとしたり、上から目線で優位に立とうとすることなく、相手の目をしっかり見て、同じ目線で、わかり合おうとするのです。

いつでも感謝の気持ちを忘れず、ポジティブ思考の持ち主


魂の綺麗な人は、みんながみんな「ポジティブ思考」です。

今ある幸せに気づいて、感謝できる人。

たとえ不幸が襲いかかってきたとしても、不幸から何かを感じ取り、成長できる人です。

また、スピリチュアルの「全てのことには意味がある」ということを無意識で理解しています。

生きていると、本当に色々なことが起こり、時には「もう嫌だ、ここから逃げ出したい」と、絶望に駆られることもあるでしょう。

その辛さに耐えきれず、挫折したり、立ち直れなかったりする人だって少なくありません。

そんな時、魂がキレイな人は「発想の転換」をしようとするのです。

例えば、不妊治療をしている夫婦がお金と時間をかけて体外受精をしたけど、赤ちゃんを授かれなかったとします。

頑張っても頑張っても、報われない現実に、深い悲しみを感ずにはいられないでしょう。

でも、こんな時、ポジティブ思考で発想の転換をすることができれば、「夫婦二人の生活を楽しめる」「子どもがいることだけが幸せとは限らないんだ」「健康で不妊治療出来ることがすでに、幸せだったんだ」と、悲しみの中にも希望を見出せるでしょう。

どんな境遇でも、今ある幸せに感謝して、前向きでいられる人なのです。

愛情深く、自己犠牲を厭わない


魂がキレイな人の特徴として「愛情深い」ことも挙げられるでしょう。

いつでも優しく寄り添い、思いやりの言葉と慈悲深い笑顔で相手を癒してあげることができる人。

時には自己犠牲を厭わず、自分のことのように悩んだり、苦しんだりしてくれることもあるでしょう。

これは恋愛関係ではもちろんのこと、友人関係、家族関係など全ての人間関係に対して言えることです。

一見、「優しいけど、損しがちな性格なのかな?」と思えてしまうかもしれません。

しかし、もともと魂がキレイな人は高い波動を持っているため、たとえそれがこの世では「自己犠牲」と呼ばれることであっても、そうは感じないのです。

自己犠牲は普通、疲れます。

普通の人が、いつでも誰に対してもそうしていたら、いつか自分が壊れてしまったり、爆発してしまう可能性だってあるでしょう。

しかし、高い波動を持った魂がキレイな人は、「自己犠牲」と呼ばれることをしても、それが「当たり前」と感じているため、無理をして自分をすり減らせたり、負担を感じて苦しくなってしまうようなことがないのです。

そう簡単には怒らないし、誰かを批判することがない「寛容な心」を持っている


魂がキレイな人は、誰かに対して怒ったり、批判したりすることが滅多にありません。

いつでも穏やか、一定のテンションで、ちょっとやそっとのことで感情を荒げるということがないのです。

まるで「仏様」「菩薩様」のように優しく、寛容な心で人と接します。

「怒らない」と言っても、例えば子どもが悪いことをした時、部下が怠けている時など、「叱るべき時」に叱らないのではありません。

「怒らない」というのはつまり、「自分の感情に支配されない」ということ。

感情のコントロールができないと、自分の気持ちを抑えきれなくなり、相手に当たってしまう、感情のままに怒ってしまう、ということもあるでしょう。

魂がキレイな人は、感情をコントロールすることができる人なのです。

人より苦労していることが多い


魂のキレイな人は、一般的に「苦労人」と呼ばれる人が多いです。

例えば両親を早くに亡くしていたり、親が「毒親」だったり、大きな病気や事故を経験していたり、壮絶なイジメにあった過去があったり…。

人よりも辛い経験をしている場合が多いのです。

ものすごく辛い経験をした人は、その分人の痛みがわかる人。

そしてその辛いことを乗り越えられるだけの、大きな力を持っている人でもあります。

つまりはそれだけ「魂レベルが高い人」ということなのです。

魂は、試練の数だけ磨かれ、成長していきます。

苦しい経験をした分、心は大きく広くなり、優しくなれるのです。

魂がキレイな人が輝いて見えるのは、漆黒の闇があるからこそでしょう。

お金、人、物…何にも執着しない


魂のキレイな人は、何事にも執着することがありません。

人間ですから、皆多かれ少なかれ欲望を持っているもの。

「お金持ちになりたい」「あの人と結婚したい」「アレが欲しい・コレが欲しい」…。

欲しいものを手に入れるために努力し、そしてそれを手に入れたらずっと持っていようと努力するものです。

しかし、魂がキレイな人はそのような欲があまりなく、そして執着もしません。

イメージ的には「来るもの拒まず、去る人追わず」に通じるものがあるでしょう。

欲しいものを聞かれても、パッと出てこない場合がほとんどです。

もちろん自分を必要としてくれる人には優しくするし、恋人にはたくさんの愛情を注ぐし、一生懸命働いてお金を稼ぐでしょう。

でも、自分から離れていこうとする人に縋り付いたり、無くなってしまったお金を悔やんだり、手に入れられないものについて、執念深く追いかけたりはしません。

現状をそのまま受け入れ、そして今あるものに感謝する。

それが魂のキレイな人の特徴です。

魂が綺麗な人の外見的特徴と行動|魂が綺麗=美人とは限らない!

瞳が澄んでいる・輝いている


魂がきれいな人は、瞳を見ればわかります。

濁りがなく澄んでいる、光を取り込んで輝いている人がいたら、その人は魂が美しい可能性が高いです。

「目は口程に物を言う」ということわざがあるように、目を見ればその人が何を考えているのか、どんな人なのか、浮き彫りになってくるでしょう。

しかし、私たち日本人は日頃、「アイコンタクト」を苦手とします。

話す時に照れ臭くて面と向かって相手の目を見ることが出来なかったり、目が合ったときには反射的に逸らしてしまったりしてまじまじと見ることができない場合が多いでしょう。

でも、魂がキレイな人の瞳は、そんな恥ずかしがり屋の日本人でも、惹き込まれて思わず見とれてしまうような、目が合ったら逸らせないくらいの、魅力を持っています。

「なぜだか分からないけど、あの人の瞳に惹きつけられる…。」「ジィッと見つめてしまう…。」という、魅力的な瞳を持った人がいたら、それはきっと魂が美しい人である証拠。

目のカタチや、大きさは関係ありません。

透明感と、輝きが違うのです。

声のトーンが心地よく、話していると癒される


魂のキレイな人の外見的特徴として、「心地の良い声」も挙げられます。

「ずっと聞いていたい」と思えるような、心地の良い声・話し方をしている人は、魂が綺麗でしょう。

大きすぎず、小さすぎず、高すぎず、低すぎず、まるで天使が話しているような、優しくて穏やかな口調をイメージしてください。

そんな人こそが、キレイな魂の持ち主です。

その人の「人となり」は声のトーンや口調にも表れます。

いつも何かに不満を感じ、ギスギスした人は言葉尻がキツくなりがちだし、自分に自信がなく、マイナス思考な人の声はボソボソと聞こえづらいです。

余裕がない人の口調は早くて雑で、何言っているか分からないし、ヒステリックな人はキャンキャンうるさい。

「話していて疲れる…」と感じてしまう人は、魂が綺麗とはとても思えません。

また、機嫌が良いときは甘いネコなで声を話すけれど、機嫌が悪くなるとキツイ口調になる人も、残念ながら違います。

笑顔がカワイイ、魅力的、笑うとえくぼが出る


魂が綺麗かどうかは笑った顔に出ます。

目じりにシワを寄せて顔全体で楽しそうに笑う人…。

白くてキレイ歯が見えて、顔がパッと華やぐ人…。

笑顔がカワイイ人、魅力的な人は、間違いなく魂が綺麗な人でしょう。

特にえくぼは「天使のおくりもの」と呼ばれています。

笑った時に頬にえくぼが出来る人も、魂のキレイな人の特徴でしょう。

また、いつでもニコニコと口角が上がっていて、ご機嫌そうにしている人も当てはまります。

「笑う門には福来る」ということわざがあるように、笑う人のところには、何もしなくても運気が集まるもの。

そんな人こそが、魂のキレイな人でしょう。

キレイで丁寧、正しい言葉遣いをする


魂が綺麗な人は、言葉遣いもキレイです。

「うぜぇ!」「だりぃ!」「めんどくせー」などといった、美しくない言葉はまず使うことがないでしょう。

他にも「マジで」「ヤバい」「ぴえん」などという流行り言葉を使ったり、どんな場面でも「すいません」と多用してしまったり、目上の人に向かってヘンな敬語を使ってしまったりすることはありません。

キレイで丁寧、そして正しい言葉遣いをすることが、魂のキレイな人の特徴です。

前項でも述べましたが、魂がきれいな人は、知性と品位があります。

誰かと話す時には相手のことを気遣い、分かりやすく、傷つけない言葉選びをする。

キレイな心を持っている人は、言葉遣いも当然キレイなのです。

ニキビや吹き出物、乾燥知らずでピカピカの肌


魂が綺麗な人は、肌もツヤツヤ、ピカピカである場合が多いです。

自分の体を大切にし、愛しているので、いつも自分と向き合い、スキンケアする時間をしっかりとっているのです。

ピカピカの肌は、単に高級な美容液を使ったり、エステに行ったりするだけでは培うことはできません。

良質な睡眠時間や栄養バランスのとれた食事、また、ストレスのないポジティブな精神状態でいることも大事な要素です。

つまりは魂が綺麗な人はトータルで全身バランスが良く、自分を良く知り、大切にしている人だということです。

所作が美しい


魂が綺麗な人の外見の特徴は、「所作が美しい」ことも挙げられます。

姿勢が良く、落ち着いた立ち振る舞いで、礼儀正しいです。

清潔感があって、爽やかで、見ているだけで気持ちが良い、そんな人。

食べ方、お箸の使い方、ゴミの分別など、マナーもしっかりしていて、周りの人とコミュニケーションをとるのも上手です。

陰口を言わず、誰にでも気持ちの良い挨拶をし、井戸端会議やへんな噂話には耳を挟みません。

みんなから好かれていることも特徴の一つです。

美しい所作は、華道や茶道、クラシックバレエなどを習うことで、身に着けることは確かにできるかもしれません。

しかし、悪口を言ったり、いつでもブスっとしていたりして、内から滲み出るオーラが悪いと、上辺だけ所作が美しくても、どうしても薄っぺらく感じさせてしまいます。

魂のキレイな人は、内面からも魂の美しさが滲み出て、立ち振る舞いをさらに美しく感じさせるのです。

年齢を重ねるごとに美しくなる


私たちの魂は、日々、今この瞬間も修行をしています。

年齢を重ねるごとに美しくなる人は、昨日より今日、今日より明日と魂が磨かれて、成長しているしるしです。

魂がどんどんきれいになっていることの何よりの証拠でしょう。

普通人間は、20代をピークにどんどん老いに向かっていくものです。

どんなに高い化粧品を使ったり、高いサプリを飲んだりしてアンチエイジングに力を入れても、ホンモノの20代にはかないません。

少しずつシミが増え、しわが増え、脂肪が増えて、重力に逆らえずどんどん下に下がっていくのです。

年齢を重ねるごとに美しくなる、魂が綺麗な人にも、シミ・シワが出来ないわけではありません。

しかし、たとえシミやシワが出来たとしても、それ以上にイキイキとした表情や、ツヤツヤした肌や髪など魅力的なところが沢山があって、マイナスと思える部分もまったく気にならないのです。

嘘をつかない正直者


魂のキレイな人の行動として、「嘘を付かない」ことも挙げられます。

魂がキレイな人は、相手をだます嘘はもちろん、「嘘も方便」と呼ばれる優しい嘘を付くことも、どちらかというとできません。

つまりは正直者で、思ってもいないことを口にすることを非常に苦手としています。

人間は、その場の雰囲気を良くするため、コミュニケーションを円滑にするため、時には嘘のお世辞を言うことがあります。

しかし、魂がキレイな人はどうしても、この「お世辞」を言うことが苦手なのです。

例えば、同僚が髪を切ってきたとして、それが残念ながら似合ってなかったら…「新しい髪型似合うね!」とはとてもじゃないけど口にできないのです。

でも嘘をつけないからこそ、魂がキレイな人の発言は信頼できるものでもあるでしょう。

魂が綺麗な人とスピリチュアル|魂には容姿・性格・行動すべてに意味がある!

容姿が綺麗な人のスピリチュアルな意味は「幸運の持ち主」


生まれながらに美人な人、顔が整っている人、スタイルが良い人は、幸運の持ち主です。

今は、整形やメイク、ダイエットなどで「カワイイ」は作れる時代。

しかし、お金や時間、苦しい思いなど、それ相当の努力が必要なのは確かです。

生まれつき美しい容姿を持っている人は、それだけで幸運。

努力しなくても美しくいられるのだから、間違いなく「運がいい人」でしょう。

実際、見た目が良い人はそれだけで得することが多いですよね。

ハイレベルの異性から見染められたり、お店でサービスしてもらえたり、外見だけでお金を稼ぐことだってできるでしょう。

時には周りから「イイよね、○○さんは、人生イージーモードで」などと嫌味を言われることもあるかもしれませんが。

容姿が整っていない人より、生きやすいのは確かなことなのです。

容姿にコンプレックスがある人は、魂が成長したがっている


「もう少し痩せてたら…。」

「もっと色白なら…。」

どんなにキレイで完璧と言われる女優さんでも、コンプレックスを持っていない人間などいません。

コンプレックスを抱くスピリチュアルな意味は、「魂が成長したがっている」暗示です。

もしアナタが強くコンプレックスを感じることがあるのだとしたら、それは、今こそ魂が磨かれる時なのかもしれません。

なぜならコンプレックスを感じるということは、「もっと自分を好きになりたい」という意欲の表れだから。

自分と向き合い、ダメなところも受け入れることで、じゃあどうすれば好きになれるのか、克服するためにはどうしたらよいのか、思考を巡らせられるようになります。

コンプレックスを克服するために、具体的に自分が進むべき道が見えてきて、努力の仕方も分かるようになるのです。

美しい魂の始まりは、自分と向き合うところからです。

高い波動を持っていて、スピリチュアル的感性が豊か


魂がキレイな人は、共通して高い波動を持っていると言われています。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

スピリチュアル的感性が豊かで、いつでも宇宙からのインスピレーションを感じ、スピリチュアルを身近に思っている人が多いです。

魂がキレイな人は、特別意識しているわけではないのですが、普段から積極的に魂が喜ぶ行動をしています。

たとえば、「ストレスを溜めない」「安心してしっかり眠る」「自分が心から楽しいと思えることをする、など…。

そして今ある幸せにしっかり、感謝できる人です。

私たちは何事も「慣れる」とそれが当たり前になって、幸せに気づきにくくなってしまう傾向があります。

でも、今日も元気に起きられたこと、ご飯が美味しく食べられること、蛇口をひねると水が出る事、全部当たり前ではないのです。

何事にも感謝でき、魂の喜ぶ行動ができる魂がキレイな人のもとには、宇宙からの良い波動が入って来やすく、自分も高い波動を放てるようになるのです。

守護霊・指導霊が強い、守られている


魂がキレイな人に共通しているスピリチュアル的要素は、「守護霊・指導霊が強い」ということです。

つまりは、強い霊に守られているため、運が良く、幸せな人生を歩んでいるということ。

「あの人は、すべてが上手く行っていて羨ましいな…」「順風満帆で、悩みなんてないんだろうなぁ…」などと思う人が、アナタの周りにもいませんか?

確かに悩みや苦しみのない人なんてこの世にはいません。

しかし、悩みや苦しみの度合いは人によって違うのは事実。

強い霊に守られている人は、ピンチの時にギリギリで救われたり、逆境の中で希望を見出すことが出来ます。

また、どんな時もポジティブな発想の転換し、幸運を引き寄せる力を持っているのです。

いつも楽しそうで、幸せそうに生きているように見える人はもちろん…たとえ本当はそうでなくても、周りにそのように見せることが出来る人は、魂がキレイなしるしでしょう。

キラキラと輝くオーラを放つ


魂がキレイな人は、キラキラと輝くオーラを放っています。

オーラとは、身体の中から放たれる、命のエネルギーのこと。

人によって、色やカタチに違いがあるもので、体調や精神状態によっても強さが変わってくるものです。

魂がキレイな人は、常に強くポジティブなオーラを放つ傾向があります。

強いオーラで幸運を引き寄せ、嫌なものを跳ね返し、イキイキとした人生を送ることができるのです。

魂のキレイなひとが持つオーラの色は、オレンジや白、または金色などと言った、前向きで、明るい色の場合が多いです。

オーラが持つそれぞれの意味は省略しますが、興味がある人はぜひ、調べてみてくださいね。

魂のキレイな人は、輝きに溢れたオーラをまとい、はつらつと人生を送っているのです。

生まれ育ってきた環境に恵まれていることが多い


魂がキレイな人は、生まれながらに恵まれています。

裕福な家庭だったり、両親から愛情をたっぷり注がれて育ったり、苦労知らずである場合が多いです。

魂がキレイな人が自己肯定感が高いのも、生まれ育った環境が恵まれていたからこそ、でしょう。

教養があり、マナーを守り、所作が美しく、まさしく「育ちが良い」と言われるタイプです。

私たちは、親を選ぶことはできません。

実家が貧乏だったり、親がどうしようもなかったりするのは、アナタのせいではなく、「運命」でしょう。

魂がキレイな人は、そもそもの運が良いのです。

両親が仲良し。

お母さんの作ったゴハンを食べられる。

兄弟仲が良く、他愛もないことで笑うことが出来る。

あったかいお風呂に入れる。

そんな、幸せな場所に生まれてくるのです。

魂の宿題が終わっていて、穏やかな人生を歩んでいる


魂がキレイな人は、穏やかな人生を歩んでいる人が多いです。

私たちの魂は皆、生まれて死んでは、また生まれ変わる、ということを何十回、何百回としてきていると言われています。

魂にはそれぞれの運命があって、また、この世に生まれてくる時には皆、成長するための「宿題」を持っていると言われているのです。

人によって「宿題」の量は違います。

「小さい頃に両親が離婚して、家計を助けるために進学をあきらめ就職した…。」「親が倒れてずっと介護をしてきた…。」「2回結婚したけど2回とも別れた…。」など、人から「波乱万丈」と呼ばれるような人生を送っている人は、魂の宿題をたくさんもってきている証です。

様々な苦難を乗り越えて、まだまだ成長していかねばならないしるしでしょう。

一方で、平凡だけど幸せな人生を送っている人は、すでに魂の宿題を済ませていることの表れ。

そんな人こそが、魂が磨かれたキレイな人でしょう。

魂が汚い人の特徴を知って自分を高める材料にする

ネガティブで不満が多い


魂が汚い人の特徴として、共通して言えることは「ネガティブ思考」だということ。

とにかく何に対しても否定的で、不満が多いです。

柔軟性がなく、物事を一方からしか見ることができないため、なにかトラブルが起こった際には「もうダメだ…」とすぐに絶望。

発想の転換をすることが出来ずに、ピンチをチャンスに変えることができません。

また、新しいことを受け入れることが苦手で、「でも…」「だって…」「どうせ…」などとグズグズしがちです。

せっかく幸運の予兆が来ても、ウジウジとしていてせっかくのチャンスを逃してしまうこともしばしばあるでしょう。

文句だけは一人前で、何かにつけてグチグチ言います。

自分が不幸を引き寄せていることにも気付かず、一緒にいる人まで嫌なキモチにさせてしまうのです。

感情の起伏が激しく、気分屋。人によって態度を変える


魂が汚れている人は、一緒にいる相手をしばしば振り回します。

「気分屋」であることは、魂が汚い人ほぼ全員が当てはまるでしょう。

感情のコントロールをすることができないため、感情の起伏が激しく、自分の気分や機嫌で相手に優しくしたり、当たったりするのです。

また、自分の好き嫌いによって、相手に対する態度が極端なのも特徴の一つ。

好きな相手には、積極的に話しかけたり、優しくしたり、誘ったりしてどんどん距離を詰めていこうとしますが、嫌いな相手には塩対応。

考えていることがそのままわかりやすく態度に出てしまうので、周りの人から嫌われてしまいがちです。

裏表がある性格で、陰では悪口言ったり、イジメをする


魂が汚い人の特徴として、「裏表がある」ことも挙げられます。

表向きは良い人を演じていても、裏では陰湿で、嫌いな人の悪口を言ったり、陥れようとしたりするのです。

自分より弱そうな仲間を集めて群れることも特徴の一つ。

気に入らない人がいると、その人を無視したり、周りに悪口を吹き込んで、イジメようとします。

魂が汚い人は皆、自分に自信がありません。

一見気が強そうにも見えますが、実はそうではない場合がほとんどです。

自分に自信がないことを悟られたくないため、弱い人をイジメ、虚勢を張っているのです。

言葉遣いが汚い、口調がキツイ


魂が汚いのは、言葉にも表れます。

言葉遣いが汚かったり、口調がキツイ人は、魂の修行がまだまだ足りない証拠でしょう。

また、いつでもネガティブな言葉しか使わない人も、魂が汚い人と言えます。

「言葉は言霊」というのは本当です。

不幸だからマイナスな言葉が出るのではなくて、マイナスな言葉を発するから不幸が引き寄せられる。

汚い言葉を使うから、キモチや見た目はどんどん荒んでいくのです。

たとえ品があって、知性があって、見た目が美しい人であったとしても、「うぜえー」「だりぃ」「キモい」など、汚い言葉を使っていると、だんだん品がない、知性がない、美しくない人になっていってしまうでしょう。

言葉にはそれほどの、大きな力があるのです。

自分中心に世界が回っていると思っている、エゴイスト


魂が汚い人は、皆がみんな、エゴイストです。

自己顕示欲が強く目立ちたがり屋で、皆の中心でいたくて、自分の思い通りにならないと気が済まない性格。

わがままで、自己中で、一般的に「性格ブス」と呼ばれる人です。

人間の気質はそれぞれ違いますから、「好き・嫌い」「合う・合わない」は合って当然です。

でも、なぜかみんなから嫌われてしまう人、アナタの周りにもいませんか?

そういう人は、だいたい自分が世界の中心にいると思っているエゴイストです。

自分のことしか考えられない人は、まだまだ魂の修行が足りず、磨く必要性があると言えるでしょう。

優柔不断で、他力本願、自分で考えて行動しない・決められない


魂が汚い人は、優柔不断で他力本願です。

自分の意志を持たず、自分で考えて行動することがありません。

いつでも人に頼ってばかりで、自分で決められない性格。

他人からアドバイスをもらうための相談と見せかけて、「だって…」「でも…」などと、いつでもウジウジしています。

何事においても自分でやり遂げようとせず、特に人生の転機となるような大事なことほど、自分で決めることができません。

そして、例えば自分の思い通りにいかないようなことがあったときには、「アナタがこうしろって言ったからしたのに、失敗したじゃない!」などと相手に責任転嫁しようとします。

しっかりと自分の意志を持っているわけではないのに、不満や文句だけは一人前。魂が汚い人の典型的な例です。

魂をもっと磨くためにすべきこと!もっと高次元な魂に導くために

魂の綺麗な人と友人になる


アナタの魂をもっと磨きたいと思うのなら、魂の綺麗な人と友達になりましょう。

まず、アナタの仲の良い友達のことを思い浮かべてみてください。

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、ウマが合うなと感じる友達は、見た目も、性格も、アナタと似たティストなのではありませんか?

友達同士の魂は、互いに共鳴し、影響し合います。

そしてどちらかというと、ネガティブな方へ引き寄せられやすいです。

つまり例えば、いつでもグチグチしている友達と一緒にいるとしたら、ネガティブ思考に引っ張られ、アナタまで愚痴っぽい人間になってしまうのです。

アナタ自身が「ステキだなー!」「友達になりたいなー!」と思えるような人がいたとしたら、その人こそが、アナタの魂が求めている人。

勇気を出して近づいて、お友達になりましょう。

そして魅力的だと思うところを真似して、行動するのです。

魂の綺麗な人は、日頃から美しく、正しい行動をしています。

真似しているうちにだんだんアナタの魂も磨かれていくでしょう。

何事にも感謝の気持ちを忘れず、どんなことにも敬意を払う


自分自身の魂をもっと高めたいと思ったら、何事にも感謝の気持ちを忘れないことです。

世の中で起きる、すべてのことには意味があります。

苦しくて辛くて、くじけそうになってしまうことだって、発想の転換をすることができたら、魂が成長できるチャンスにもなるのです。

たとえば、アナタは一生懸命努力して努力して、臨んだ国家資格の試験に不合格になってしまったとします。

魂の修行が足りていない人は「この頑張りは無駄になった…」「私の人生は終わりだ…」などと自暴自棄になってしまうことも少なくないでしょう。

しかし、ここで発想の転換をして、今の状況にも感謝することが出来ると、人生は変わってきます。

「健康な体があるから、また来年の試験に向けて頑張ることが出来るんだ」「ここまで頑張ってきたから自信がついた。次は絶対受かってやる!」などと考えることが出来る人は、この辛かった経験で魂が磨かれ成長できるのです。

日々の生活の中に瞑想を取り入れる


アナタの魂を高次元に導きたいと思うなら、瞑想は非常に効果的です。

瞑想の効果は世界的にも証明されており、最近は日本でも広まってきていますよね。

しかし、仕事に追われ、家事に追われ、育児に追われ…忙しない毎日の中で、自分自身の気持ちと向き合うなんて、意識しない限り難しいことでしょう。

「瞑想」と聞いてピンと来ていない人はまず、24時間の中で、自分自身と向き合う時間を作ってみるところからはじめてみてください。

10分でも、5分でも良いから、テレビを消し、リラックスした姿勢で目を瞑り、心の声を聴いてみましょう。

一人でジッとしていることが出来ないのであれば、「瞑想アプリ」に頼ってみても効果があります。

瞑想し、自分の声に耳を傾けることが出来るようになると、魂が何を望み、どうなりたいのか、見えてくるようになるでしょう。

それが魂を高める第一歩となるのです。

いくつになっても夢や目標を持つことを忘れない


魂を高めるためには、志や、向上心を持つことが必要不可欠です。

アナタには今現在、夢や目標はありますか?

大人になってしまった今、毎日を生きるので精いっぱいで、「夢や目標なんてない」という人も少なくないかもしれません。

しかし、魂は一生勉強し、一生成長していきます。

夢に年齢制限なんてありません。

もう一度、夢や目標について考え、生きる希望を見出してみましょう。

魂の成長を促すには、新しいことを初めてみるのも効果的です。

アナタに興味があることがあるのなら、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

新しい世界に飛び込むと、新しい発見があったり、ステキな出会いがあったり、世界が広がります。

そしてきっと毎日が充実して、楽しくなるでしょう。

「合わない」と思ったなら、すぐにやめてしまっても良いのです。

それもまた、人生。そんな刺激が、魂を高めるためには必要なのです。

生活習慣を見直して、規則正しい生活をする


魂を磨き今より自分を高めるためには、規則正しい生活は必須です。

なぜなら、私たち人間の、心と体は繋がっているから。

「基盤」となる部分がグラグラと安定していないと、その上に築かれるものがどんなに立派であっても、崩れてしまいやすいからです。

規則正しい生活は、すべてのことに繋がる「基盤」であり「基礎」です。

健やかな体と心、そして魂を育むためには、まずアナタ自身の生活習慣を見直して、規則正しい生活を心がけましょう。

何よりも大切なのは、「早寝早起き」「栄養バランスの取れた食事」「適度な運動」です。

仕事の関係で、不規則な生活になっている場合も、出来る限り生活パターンを決めて、リズムを崩さないようにしましょう。

規則正しい生活をしていると、心も体も元気になって、マイナスなこと、悪いことなど、頭に浮かばなくなってきます。

自然と明るく前向きになり、魂も磨かれるでしょう。

自分を認め、受け入れ、愛す。自己肯定感を高める


魂を磨きたいと思ったら、自分に自信を持つことは非常に大切です。

「自信が持てない…」「自分が嫌い…」「私はコンプレックスの塊…」という人は、自己肯定感を高める訓練をしていきましょう。

自己肯定感を高めるためには、ありのままの自分を認め、受け入れ、愛すこと。

ダメなところがあったって良いのです。

人間に、完璧な人などいませんから。

短所は考え方によっては長所になり得ます。

自分がコンプレックスだと思っている部分が、チャームポイントになることだってあるのです。

例えばアナタは「太っている自分が嫌い」と思っているとします。

しかし、世の中にいるすべての人が痩せている人が好きなわけではありません。

ぽっちゃりしている自分を嫌うのではなく、「私にはボリュームのある胸がある」「痩せている人にはない弾力のある肌が自慢」などと、認め、好きになることが出来れば、自信を持てるようになるでしょう。

自信は、表情に、姿勢に、言葉に表れます。

アナタからポジティブなオーラが出るようになり、魂は磨かれるでしょう。

無理して自己犠牲をしない。まずはアナタ自身を大切にすることから始める


「魂の綺麗な人は、自己犠牲する」と、前項でも述べました。

確かに、魂がキレイな人は、自分のことより相手のことを考え、自己犠牲を厭わないタイプかもしれません。

しかし、そのような人は、自己犠牲を、自己犠牲だとは感じないのです。

強いスピリチュアルエネルギーを持っているので、ちょっとやそっとのことではエネルギーが無くなりません。

そのため、自己犠牲しても疲れたり、不安定になったりすることがないのです。

しかし、修行中の身にとっては、自己犠牲は大変。

まずはアナタ自身を大切にするところから始めましょう。

ココロの声と向き合って、アナタが心地よいと感じることをまずはするコト。

疲れたときには休み、身体が欲しているものを食べましょう。

泣きたい時には泣いて、時にはごほうびをあげるコトも大事。

こうして魂は、磨かれていくのです。

自分の気持ちに正直でいる。嘘をつかない


魂を磨くためには、自分の気持ちにはいつでも正直でいましょう。

普段から、息をするように嘘を吐いている人は気を付けてください。

「嘘も方便」という言葉があるように、時には正論よりも、相手を救うことが出来る、嘘は必ずしも悪いものではないかもしれません。

しかし、自分の気持ちに嘘を付き続けていると、本当の気持ちが分からなくなって、いつか苦しくなってしまう日が来ます。

いつでも自分の気持ちに誠実でいるということは、魂にも誠実であるということ。

自分の気持ちにだけは、嘘をつかないようにしましょう。

言葉遣いはもちろん、良い言葉を使うように心がける


魂を磨くためには、言葉遣いはもちろん、とにかく良い言葉を使うように心がけましょう。

「言葉は言霊」というのは本当です。

いつでも前向きで明るく、感謝を言葉に出来ている人のところには、自然と幸運が集まります。

そして逆に、汚い言葉やネガティブな言葉ばかり使っていると、悪い運気を呼び寄せてしまって本当に、良くないことが起こるものなのです。

キレイな魂を持った人は、いつでも相手の立場に立って考え、思いやりのある言葉を選んで使います。

言葉は時に「凶器」になることだってありますから、思ったことをそのまま口にするのではなく、言わなくても良いことは言葉にせず、そっと自分の胸にしまっておくことも、魂を磨くためには大切でしょう。

人の悪いところではなく、良いところだけ見る


魂を磨きたいと思うなら、周りの人の「良いところ探し」をしましょう。

人間は皆、鬼でもない限り、良いところが一つもない人などいません。

違う人間なのだから、「合う・合わない」はあって当たり前。

一度嫌なところが目についてしまうと、どうしても連鎖的に悪いところばかり目についてしまいがちになるのは人間の性かもしれません。

でも、そんな時こそ、相手の良いところを探して、良いところを見るようにしてみましょう。

探せばきっと、良いところが出てきて、その人のことを少し好きになれるはずです。

そして良いところを見つけたら、相手にさり気なく伝えられたらなお良いですね。

少し照れ臭いかもしれませんが、相手も、アナタも、心がほっこりして、幸せを感じることができるでしょう。

そんなやりとりが、魂を磨いてくれるのです。

批判したり悪口を言わない。愚痴を言う人からは遠ざかる


魂をもっと磨きたいと思ったら、マイナスな言葉は使わないようにすることです。

幸せは自分で引き寄せるもの、運命は自分で切り開くものだということを、覚えておきましょう。

生きていれば、多かれ少なかれ不満は生まれるものです。

でも、必要以上に批判したり、悪口を言ったり、クレーマーになったりするのはやめましょう。

また、噂話が大好きだったり、いつでも誰かの悪口を言っている人には、近づかないようにしましょう。

一緒に穴に落ちるだけです。

腹の立つ出来事があって、どうしても愚痴が言いたくなってしまう時は、心から信頼できる家族や親友など、限られた相手にすること。

我慢しすぎもストレスが溜まりますから、適度に発散しつつ、なるべく良い言葉を使いましょう。

魂の綺麗は人になるためには自己対話から始めよう!


魂の綺麗な人は、いつだって明るくて前向き!

視野が広くて、柔軟性があって、どんなことにも感謝できて、次から次へと幸運を呼び寄せます。

魂の綺麗な人は、知性があって、品性があって、美しい容姿をしています。

醸し出すオーラは、ただ外見を磨くだけでは得られるものではなく、内から輝く美しさを持っているのです。

魂を磨くために一番大切なのは、ポジティブな心を持つこと。

幸せは自分で引き寄せるもの、運命は自分で切り開くものだということを覚えておいてください。

人生は苦しいこと、辛いことが沢山起こります。

でも、どんな時も笑顔忘れず、前向きに過ごすことで、魂は磨かれ、成長していくでしょう。

 

【期間限定・2021年8月末迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの願望成就の扇子をクリックしてください!

※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG