厄年にやってはいけないこと|男性女性別注意すべき点&厄年の意味と過ごし方+おすすめの厄落とし/厄祓いスポット

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「今年は厄年だ…なんとなく嫌なことが起こりそうだなぁ…。」

「厄年なのに結婚や引っ越しがある…大丈夫かなぁ?」

厄年って、それだけで縁起が悪そうで、憂鬱な気持ちになってしまいがちですよね。

今回は、厄年の意味や男女別に注意すべきことや、上手な過ごし方をご紹介します。

全国の厄落としや厄払いスポットも併せてご紹介。

厄年に不安を抱えていたり、実際に嫌なことが起こって運気を変えたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

厄年とは?人生の節目に訪れる厄年の意味を知っておこう

厄年の意味

見守られているあなた
ウィキペディアによると「厄年」とは、不幸をもたらす出来事が多い年齢のことを言います。

発祥は曖昧ですが、すでに平安時代から存在していて、日本では根強く信じられている風習です。

厄年となる年齢は決まっていて、男性と女性とでは違います。

また、「満何歳」ではなく「数え年」の年齢で計算するのも特徴の一つです。

「厄」という漢字が使われていることからもわかるように、一般的には「厄が降りかかりやすい年」と考えられていますが、実はそのほかにも「やく=役」、つまりは「お役を与えられる年」という説もあります。

仕事で、家庭で、社会で…重要な役回りが回ってくる歳の頃だ、と言う考え方です。

また、重要な役どころを担うゆえに、心身共に疲弊し、体調を崩しやすい時期でもあるため、「健康や生活習慣に気をつけなければならない年」とも言われています。

男性の厄年はいつ?


男性の厄年は、数え年で25歳、42歳、61歳です。

令和3年では、平成9年生まれ、昭和55年生まれ、昭和36年生まれの人が「大厄」となります。

数え年とは、生まれた時が1歳、そしてお正月がくるたびに一つ年をとる考え方です。

計算方法は、現時点の満年齢に、今年すでに誕生日を迎えた人はプラス1歳、まだ誕生日を迎えていない人はプラス2歳した数が、アナタの数え年です。

女性の厄年はいつ?


実は、女性の厄年は男性よりも多く、4回あります。

数え年で、19歳、33歳、37歳、61歳です。

令和3年では、平成15年生まれと、昭和64年・平成元年生まれと、昭和60年生まれ、そして昭和36年生まれが「大厄」となります。

特に30代は、前厄・後厄も併せて、6年間も厄年が続きます。

毎年のように何かしらの厄年で、うんざりしてしまう人も少なくないでしょう。

女の30代は、結婚や出産による生活の変化があったり、今までキャリアを積んできた仕事が認められて中堅として活躍したり、充実しながらも本当に「目まぐるしい時期」です。

その分、無理しやすく身体も壊しやすい時期でもあるのでしょう。

「気をつけなさい」という意味が、込められているのかもしれませんね。

前厄は、大厄の前の年。「厄の前兆が現れる」と言われる


前厄とは、大厄の1年前の年のことを指します。

つまりは数え年で男性は24歳、41歳、60歳。女性は18歳、32歳、36歳、60歳。

ちなみに令和3年度の前厄は、男性が平成15年生まれ、昭和56年生まれ、昭和37年生まれ、女性が平成16年生まれ、平成2年生まれ、昭和61年生まれ、昭和37年生まれです。

「厄の前兆が現れる年」と言われ、大厄同様に十分注意すべき年齢であると考えられています。

神社仏閣にて厄払いをするときは、大厄だけでなく、前後厄もしたほうが良いでしょう。

後厄は、大厄の後の年。「厄が薄れていく」と言われる


後厄とは、大厄の1年後を指します。

つまりは数え年で、男性は26歳、43歳、62歳、女性は、20歳、34歳、38歳、62歳。

ちなみに令和3年では、男性が平成8年生まれ、昭和54年生まれ、昭和35年生まれ、女性が平成14年生まれ、昭和63年生まれ、昭和59年生まれ、昭和35年生まれです。

「厄が薄れていく年」と言われ、後厄に入ったらやっと少しずつ安心できるのではないでしょうか。

ただ、油断は禁物です。後厄でも気を抜かず、御祈祷に行ったり、体調に注意を払うことが必要でしょう。

【男性の厄年】注意すべきこと&やってはいけないことは?

家を新築すると厄落としになると言う説!ただし、引っ越しは凶!


災いが起こりやすい時期に人生の一大決心をするのは、なんとなく気が引けますよね。

例えばマイホームを建てる時。

多くの人にとって、人生最高額の買い物でしょうから、慎重になって当然でしょう。

特に一家の大黒柱である男性が厄年の時には、家を新築するのはあまり良くないことのように感じられるかもしれません。

しかし、厄年にこそ新築することで「厄落としになる」とも、考えられているのです。

これは各々の考え方にも違いがあると思いますし、何を信じるかにもよりますが、新築することは必ずしも悪いことではないと言えるでしょう。

家を買う・建てる時には、やはりタイミングもありますし、せっかくチャンスがあるのに「厄年だから…」という理由で諦めてしまうのはもったいないです。

心配なようならお祓いしてもらってからにすると、なお安心できるでしょう。

ただ、一つだけ覚えておいて欲しいことは、賃貸から賃貸への引っ越しは「凶」だということ。

「今の部屋に飽きたから…」「気分を変えたいから…」などと言った不必要な引っ越しは、避けた方が良いでしょう。

どうしても仕事の都合などでしなければならない時には、かならずお祓いをしてもらうようにしてください。

起業や転職など、新しいことを始める年には向かない


厄年は、一般的に「新しいことを初めてはならない」と考えられています。

男性にとって「新しいこと」とは、やはり起業や転職など、仕事関係が多いのではないでしょうか。

もし起業する予定があったり、転職を望んでいる場合には、残念ながら厄年に始めるのは向きません。

スムーズに事が運んでいかなかったり、トラブルに巻き込まれたり、せっかく起業や転職しても上手く行かない可能性があるのです。

もし、まだ待てるのであれば、今は準備の段階にしておいて、厄が過ぎるまで待った方が良い場合もあるでしょう。

しかし、何事においても、「ピンチはチャンス」という考え方もあります。

たとえ「上手く行かないかもしれない」というリスクがあったとしても、事前にそれを理解し、慎重に行動することが出来れば、災いが起こる前に防げることもできるでしょう。

職場の立場(昇進)の変化で、ストレスを感じやすい年齢


男性の厄年は25歳、42歳、61歳だと前項でも述べました。

この年齢に共通して言えることは、「変化が起こりやすい時期」ということです。

特に仕事において、昇進したり、転職したり、起業したり、はたまた定年退職したり…節目の年になる場合が多い年齢でもあるでしょう。

そしてそんな変化により、非常にストレスを感じやすい時期でもあるのです。

厄年は、「健康や生活に十分気を付けなければならない年」であるとも言われています。

過度なストレスは、心身に悪影響を及ぼすのは事実です。

心が疲弊して壊れてしまう可能性はもちろん、体も壊してしまうことだってあるでしょう。

厄年こそ、ストレスには特に注意する必要があります。

生活習慣を見直し、体調不良に気を付ける


厄年に注意すべきことは、やはり「健康」です。

男性の厄年である25歳、42歳、61歳は特に働き盛りで、多少の無理はしても頑張れてしまう年齢でもあります。

まだまだ元気だし、病気の心配もなく、自分の体調をかえりみることがない人も少なくないでしょう。

しかし、そんなハツラツと動ける時期こそ、体調不良の落とし穴は潜んでいるものなのです。

まず、厄年は、「気をつけなさい」のメッセージであることも理解し、特に生活習慣や、自分の日々の体調を気にかけるようにしましょう。

寝不足、運動不足、不摂生…。1日くらいでどうこうなる訳ではないから、生活習慣が乱れていても気にしない、と言う人もいるかもしれません。

でも、アナタのその日々の積み重ねが、未来のアナタを作るのです。

厄年の今こそ、自分の生活習慣を見直して、健康にもっと関心を持ちましょう。

早寝早起き、バランスの取れた食事、質の良い睡眠。

本当に基本的なことですが、基本が何より大事なのです。

病気に注意!長年の食生活を改善すべきとき!


厄年で、特に気をつけなければならないことは「健康」この言葉に尽きるでしょう。

もしかしたら病気になったり、怪我に遭ったりする可能性もありますから、いつもよりももっと、気をつけて過ごすことです。

社会人になったら、毎年の健康診断は必須です。

「面倒くさいから」「忙しいから」などとつい後回しにしてしまいがちですが、症状がない病気が潜んでいたとしても、早期発見・早期治療することが出来ます。

そして、私たちは、「食べたもので出来ている」と言っても過言ではありません。

今一度食生活を見直し、改善できるところがある場合にはすぐに改善しましょう。

毎日カップラーメンやファストフードばかりだと、健康に良くないことくらい誰でもわかるはずです。

そのほかにも、好きだからと同じものを食べ続けたり、お酒を飲みすぎたり、お菓子を食事代わりにしたりと偏った食事は健康を害する可能性があります。

長年の食生活を改善すべきときです。

【女性の厄年】これに気を付けて!厄年に注意すべきこと&やると良いこと

ホルモンバランスが崩れやすい時期!身体の変化や体調不良に敏感でいる


女性の厄年は、仕事のストレスや、妊娠出産、閉経などによって、ちょうどホルモンバランスが崩れやすい時期でもあります。

ホルモンバランスが崩れると、自律神経も乱れ、心身ともに不調に陥ってしまう可能性があるでしょう。

そうならないためにも、「ホルモンバランスが崩れやすい時期だ」と言うことをしっかりと自覚して、自分の体の変化や体調の変化には敏感になりましょう。

また、そんな時こそ「無理をしない」ことはとても大切。

「疲れた」と感じる前に休むようにしたり、定期的にマッサージに行ったりして、いつも以上に自分を大切に、労りましょう。

心身の不調を敏感に感じ取り、早い段階で気づくことができれば、ひどくならないうちに対処出来ます。

結婚や出産など環境の変化が多い女の30代はストレスに注意!


前項でも述べましたが、女の30代は、ほぼほぼ厄年です。

やっと厄が終わったと思ったらすぐに次の厄に突入。

正直うんざりしてしまう人も少なくないでしょう。

そしてまた、女の30代は環境の変化が多い時期でもあります。

「妊娠・出産」という一大イベントも30代がピークでしょう。

そんな変化が多い時期ほど、ストレス指数が高くなってしまうのも事実です。

たとえ結婚や引っ越し、妊娠など、嬉しい出来事であったとしても、少なからずアナタにストレスはかかっています。

環境の変化が多い時ほど、ストレスには十分に注意しましょう。

アナタ独自のもので良いですので、ストレスが溜まった時にリフレッシュできる方法をいくつか用意しておくと良いですね。

一人カラオケ、映画鑑賞、スイーツを食べるetc.アナタの好きなもの・ことをなるべくたくさん持っていましょう。

家庭や職場での立場の変化に伴う責任の重圧に注意


女性の厄年は、特に「変化すること」に気をつけた方が良いでしょう。

就職、転職、昇進、結婚…。

家庭や職場での立場が変わることによって、アナタにのしかかる責任も重大になってきます。

詳しく後述しますが現代の女性は、とてもエネルギッシュ。

母であり、妻であり、働く女であり…一人で何役もこなしている人も少なくありません。

仕事を持ちながら、子どもを産んで、夫のために家事もやって…変化に伴い役割が多くなるにつれ、その分責任も大きくなります。

そうやって気付かぬうちに、自分で自分を追い込んでしまう人も多いですから、特に厄年の時は今一度、自分の心と向き合い、「無理していないか」いつも気をつけていましょう。

家庭と仕事の両立、育児や介護で疲れてしまう時期


前項でも述べましたが、令和の女は非常にアグレッシブルです。

結婚、出産に対する価値観や、働き方・お金の稼ぎ方が変わってきたことにもより、昔のような「女は結婚して、家庭に入るべきだ」「女の幸せは子どもを産むことだ」などという凝り固まった思考に縛られることがなくなってきました。

「家庭も仕事も、どっちも諦めたくない」「結婚も仕事も両方一生懸命やって、幸せになりたい」などと考える女性も少なくないはずです。

そのように、自分のやりたいことを精いっぱいすることで、毎日充実するのは確かですが、そのぶん疲労も避けられません。

特に30代の厄年続きの時期は、家庭や仕事の両立だったり、育児や親の介護の時期でもあり、毎日忙しく、自分の健康は後回しにしてしまいがちな時期でしょう。

人生100年時代に突入しましたから、30代は確かに若いし、多少無理しても問題ない世代かもしれません。

しかし、自分の体に関心を持たず、忙しい日々に追われてばかりだと、体が疲れて悲鳴を上げていたとしても気付かず、最悪の場合体調を崩してしまう可能性もあるでしょう。

特に厄年のときは、「忙しい時期」と意識して、いつもよりも健康に気遣い、疲れたときは休むように心がけてください。

厄年の出産は「厄落とし」になるという説が!


「厄年に子どもを産んだらやっぱり不幸なことが起こるのでは…」「厄年だから、妊娠、出産は避けた方が良いのかな…」確かに厄年の妊娠や出産は、なんとなく縁起が悪そうで心配になりますよね。

しかし、厄年に出産することは、必ずしも悪いわけではありません。

大昔では、「縁起が悪いから」と生まれた赤ちゃんを捨ててしまう、という悲しい風習があったそうですが、現代では出産は「厄落とし」になるという考え方もあるのです。

特に、女性の30代は貴重です。

厄年が気になるのも分かりますが、その理由だけで赤ちゃんが欲しいのに我慢していたら、もったいない。

いざ厄が明けて、「さあ妊活しよう!」と思っても、子どもは授かりものですから、簡単に妊娠できるとは限りません。

年齢が上がればなおさら、です。

どうしても心配なようでしたら、神社などで、厄払いしてもらうと良いでしょう。

【男女共通】今年厄年の人はどう過ごしたらいい?男女共通厄年の時の過ごし方

バランスの良い食生活を心掛ける


厄年は、特に体調を崩しやすい時期でもありますから、まずは健康管理をしっかりすることが大切です。

私たちは、食べたもので出来ています。今一度、食生活を見直して、バランスの良い食事を心がけましょう。

添加物たっぷり、油たっぷり、砂糖たっぷり、確かに美味しいです。

でも、若いときは良いかもしれませんが、ある程度年齢が進んだ時に、偏った食生活は生活習慣病を引き起こしたり、大きな病気のキッカケになる可能性もあります。

自分の口に入れるものにはもっと責任と関心を持ち、アナタの体と心が喜ぶものを食べるようにしましょう。

やっぱり自炊は最強です。

一人暮らしの人も、仕事が忙しい人も、週に何回かはスーパーに買い出しに行って、自分で作るようにしてみてください。

初めは大変かもしれませんが、慣れてしまえば毎回外食をするより経済的ですし、料理に没頭する時間がリフレッシュの時間にもなります。

「部屋の乱れは心の乱れ」整理整頓してスッキリ!


厄年は、体はもちろんのこと、心の疲れも出やすいです。

なんとなく常にヤル気が無かったり、毎日どんよりした気分になってしまったり…。

そんな心が晴れない日が続くと、当然部屋も散らかりがちです。

「部屋の乱れは心の乱れ」と良く言いますが、本当にその通りで、心がぐちゃぐちゃだから部屋も散らかり、部屋がぐちゃぐちゃだから心も荒んでくる。

完全に「負のループ」なのです。

そんな負のループを断ち切るためには、「エイッ!」と気合を入れて、まずは部屋を片付けましょう。

そんなに気力が続かない人は、「今日はリビング」「今日はキッチン」などと、1日1箇所で構いません。

少しずつでも部屋が整っていくと、自然と心も落ち着いてくることを、きっとアナタも実感できるでしょう。

整理整頓することが当たり前に出来るようになってくると、それだけで心も軽く、スッキリしてくるはずです。

掃除は心を浄化してくれる!


厄年の過ごし方としてとてもおススメなのが「お掃除」です。

特にアナタが暮らす家は、いつでも清潔を保ち、風通し良くさせておきましょう。

期間限定
不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

床にホコリが溜まっていたり、水回りにカビが生えているような家は、運気がどんより滞ります。

それは自ら厄を読んでいる行為だと言っても過言ではないでしょう。

掃除の基本は「磨くこと」と「(ホコリなどを)落とすこと」です。

特に雑巾がけや窓ふき、はたきなどを使ったお掃除は、アナタの心もスッキリ浄化させてくれるでしょう。

部屋をピカピカにお掃除したら、良い運気がきっとたくさん集まってくるはずです。

また、より浄化させたかったら、掃除をする際に塩を用いると良いでしょう。

雑巾の水を絞るときに使うバケツに塩を一つまみ入れる。

玄関に塩をまく。

塩には浄化作用がありますから、掃除に使えばなおスッキリ、綺麗になるでしょう。

これを機に生活を見直し、規則正しい生活をする


厄年は、蓄積された疲労がドッと出る可能性があるため、いつもより健康に気遣い、慎重に過ごすことが望ましいと言われています。

厄年も元気で過ごせるように、これを機に生活を見直し、規則正しい生活を心がけましょう。

「早寝早起き」「バランスの取れた食事」「適度な運動」本当に基本的なことですが、それが何よりのベースで、何よりも大切なことなのは確かです。

仕事が忙しかったり、育児に追われていたりと疲れているときこそ、生活はどんどん堕落していきがち。

ストレスで暴飲暴食してしまったり、深夜までダラダラ動画を見てしまったり、休みの日はひたすら布団でゴロゴロしていたり…。そんいな堕落しきった生活を続けてしまうと、ますます、心も体も荒んで戻れなくなってしまうでしょう。

でも、逆にどんなときも規則正しい生活を心掛けていれば、心や体が疲れていても、ちょっとやそっとじゃブレない精神を保つことが出来るのです。

疲れているときこそ、基本的なことを見直し、規則正しい生活をしましょう。

なんでもかんでも厄年のせいにしない


厄年のときにしてはいけないこと…それは「なんでもかんでも厄年のせいにしてしまう」ということです。

ちょっと嫌なことがあったら、「ほら、やっぱり!厄年だからだよ…」、体の不調があったら、「厄年だからきっと大きな病気が潜んでいるんだろう…」とか。人生生きていれば、良いことがある日もあれば、悪いことが起こる日もあります。

それは厄年であろうがなかろうが、です。

それにあまりにも神経質になりすぎてしまっていると、やりたいことが出来なかったり、精神を病んでしまったり、自分で自分を不幸にしてしまう可能性もあるでしょう。

一番は、厄年だからと言って気にしすぎることなく、自分を大切にしながらいつも通りに過ごすことです。

そして、心配を取り除くためにも、神社仏閣にお祓いに行きましょう。

厄払いをしてもらえばアナタの心も落ち着いて、きっと平穏を取り戻すことが出来るはずです。

新しいことに挑戦する時は、いつもより注意しながら


厄年だからと言って、自分のやりたいことを我慢したり、新しいことに挑戦するのを諦めたりするのはナンセンス。

確かに厄年を軽視することは良くありませんが、いつもより注意深くしていれば、必ずしも失敗する・上手く行かない・不幸になる、わけではありません。

それに、チャンスはいつ巡ってくるかわかりません。

せっかくアナタにチャンスが訪れたのなら、厄年だろうがしっかりと掴みましょう。

必要以上に不安になることはありません。

ひとつひとつ丁寧に、真摯に向き合っていけば、きっと成功させることが出来るでしょう。

やはりここでもおススメしたいのは、神社でのお祓いです。

特に大きなことであればあるほど、ご祈祷してもらえば気持ち的にも安心できますし、冷静なキモチでやりたいことに取り組むことが出来るでしょう。

厄落とし/ 厄祓いをするならココ!おすすめの厄除け神社仏閣

「厄除け」と「厄払い」の違いはお祓いを受ける場所の違い


「厄除け」も「厄払い」も意味に違いはそうありません。

両方とも、厄年に起こり得る災厄を取り払い、今後平穏に過ごせるようにと願うものです。

では、どうして「厄落とし」と呼んだり、「厄払い」と呼んだりするのでしょうか。

その違いはお祓いを受ける場所です。

一般的に、お寺でしてもらう御祈祷が「厄除け」、神社でしてもらう御祈祷が「厄払い」と呼ばれています。

普段あまり、神社やお寺に行く機会がない人は、どこに行こうか迷ってしまうこともあるかもしれません。

でも、どこで御祈祷してもらうかは、必ずアナタ自身が決めましょう。

アナタの家が信仰している宗派のお寺に行っても良いですし、インスピレーションを感じる神社に行っても良いですね。

一番はアナタが「行きたい」と思う場所を選ぶことです。

厄落としや厄払いに行くタイミングはいつがいいの?


厄年のための御祈祷は、どのタイミングで行くのが良いのでしょうか。

一番は、厄年に入った年の1月1日から、旧暦のお正月である2月3日までに行くのが良いと言われています。

しかし、どうしても都合がつかなかったりした場合には、それ以降になってしまってもさほど問題はありません。

それは例えばアナタの身に何かよくないことが起こってしまった後でも、これ以上悪いことが起こらないようにするためには有効でしょう。

ただ、御祈祷は毎日やっているところもあれば、隔日だったり、毎月決められた日時に行っているところもあります。

事前にしっかりとホームページで確認して、アナタのタイミングで行くと良いでしょう。

また、何事もなく平穏無事に過ごせたのなら、翌年「御礼参り」をすることを、忘れずに覚えておいてください。

お願いだけしてお礼を言わないのは、神様仏様に対して失礼です。

厄が明けた後も神様仏様を大切にすることで、更なる御加護を授かることができるでしょう。

年頭には、厄払いの祈願祭【北海道・北海道神宮】


北海道の厄除けで有名な神社の一つに、札幌にある「北海道神宮」があります。

北海道の国土の神様である大国魂神(おおくにたまのかみ)をはじめ、四柱(四人の神様)が祀られた歴史深い神社です。

朝9時から夕方までやっている毎日の御祈祷の他、年頭には厄災に遭わないように神社にお参りする、厄払いの祈祷祭が行われています。

個人で御祈祷する場合には予約は必要ありませんので、アナタのタイミングで行くことができるでしょう。

「北海道神宮」の基本情報

「住所」〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ケ丘474
「電話」011-611-0261
「営業時間」9:00~17:00(時期によって変更あり)
「ホームページ」北海道神宮

日本三稲荷【宮城県・竹駒神社】


東北、宮城県にも厄除けに有名な神社があります。

「日本三大稲荷」と呼ばれ、東北で一、二を争うほど参拝客が多い、人気の稲荷神社です。

倉稲魂神(うかのみたま)を主祭神とし、保食神(うけもちのかみ)と枠産霊神(わくむすひ)の三柱(神様を数える時は「柱」を使います)「竹駒稲荷大神」が祀られています。

私たち人間の基本である「衣・食・住」を守ってくれる神様です。

厄払いの御祈祷は毎日行われていて、朝9時から16時まで、予約の必要もありません。

「竹駒神社」の基本情報

「住所」〒989-2443 宮城県岩沼市稲荷町1−1
「電話」0223-22-2101
「営業時間」6:00~17:00
「ホームページ」竹駒神社

不動明王の力を授かる【関東三大不動尊】


「宇宙そのもの」と呼ばれる大日如来の化身と言われる不動明王。私たちの生きる道を力強く照らし、導いてくれる仏様が祀られている「お不動さん」でも厄払いをしてもらうことが出来ます。

関東には「関東三大不動尊」と呼ばれる3つのお不動さんがあるのをご存知でしょうか。

色々な諸説がありますが、多くは千葉県成田市にある「成田山新勝寺」、東京都日野市にある「高幡不動尊」、神奈川県伊勢原市にある「雨降山大山寺」のことを指します。

関東にお住まいだったら、一度足を運んでみても良いでしょう。

不動明王のパワーを感じることができるかもしれません。

不動明王のご利益は、「悪いものを断ち切り、浄化させ、ポジティブに生きる道しるべを示してくれる」というもの。

それぞれのお寺では「御護摩」と呼ばれる炎の御祈祷で厄払いをしてくれます。

不動明王はとてもポジティブな仏様です。

ご利益を授かることができれば、厄年の憂鬱も晴れて、意欲的な毎日を送ることができるようになるはずです。

「成田山新勝寺」の基本情報

「住所」〒286-0023 千葉県成田市成田1
「電話」0476-22-2111
「営業時間」8:00~16:00
「ホームページ」成田山新勝寺

災厄を払い除ける力の強い神様【京都府・八坂神社】


八坂神社とは、京都市東山区にある神社です。

御祭神は素戔嗚尊(すさのおみのみこと)をはじめとする十三座。

古くから災難・厄難を払い除ける強い神様として信仰されてきました。

御祈祷は朝9時〜午後4時まで。

ただ、祭典や結婚式が行われている場合には御祈祷していただけませんので、日程が決まったら問い合わせてみると良いでしょう。

「八坂神社」の基本情報

「住所」〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側625
「電話」 075-561-6155
「営業時間」9:00~17:00
「ホームページ」八坂神社

街の真ん中に鎮座し、いつも参拝客で賑わう人気神社【京都府・錦天満宮】


錦天満宮は、京都市中京区にある神社です。

御祭神は「学問の神様」としても知られる菅原道真(すがわらのみちざね)。

「知恵・学問・商才」に加え、「招福・厄除け・災難除け」の御神徳があり、地元の人々をはじめ、国内・国外から数多くの人が参拝に訪れています。

本来であれば神社に赴き直接祈願することが一番ですが、様々な事情があり直接の参拝が叶わない人は、お守りを郵送にて授与してもらうことも出来ます。

「錦天満宮」の基本情報

「住所」〒604-8042 京都府京都市中京区中之町537
「電話」 075-231-5732
「営業時間」8:00~20:00
「ホームページ」錦天満宮

厄除け・厄払いで有名【兵庫県・東光寺】


兵庫県には東光寺(とうこうじ)という厄除け・厄払いで有名なお寺があります。

地元兵庫の人はもちろん、関西の人たちも「厄除けといったらココ!」と、お参りに訪れます。

厄除け祈願の受付は、朝9時から午後4時まで。

大厄や、小厄に当たる人のための御祈祷は2種類あります。

御祈祷を受けると「祈祷札」を授かれますので、大切に持ち帰り、家でもご利益を願いましょう。

そして、翌年には「お礼参り」をすることを、忘れないようにしてください。

「東光寺」の基本情報

「住所」〒662-0828 兵庫県西宮市門戸西町2−26

「電話」 0798-51-9090
「営業時間」9:00~17:00
「ホームページ」東光寺

別名「天満の天神さん」【大阪府・大阪天満宮】

大阪天満宮は、大阪市北区にある神社です。

御祭神は菅原道真(すがわらのみちざね)。

地元の人々からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれています。

菅原道真は学問の神様であることから、合格祈願や学業成就のご利益を授かるために訪れる人も多いですが、厄除け祈願ももちろん行っています。

実施時間は朝8時から午後9時まで。

所要時間は受付からだいたい60分前後です。

平穏無事で過ごせるよう、神様に思いを捧げましょう。

「大阪天満宮」の基本情報

「住所」〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2丁目1−8
「電話」 06-6353-0025

「営業時間」9:00~17:00
「ホームページ」大阪天満宮

出雲大社の「祖人さま」として崇敬を集める【島根県・日御碕神社】


日御碕(ひのみさき)神社は、島根県出雲市日御碕にある神社です。

主祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)。

通称「みさきさん」と呼ばれ、出雲大社の「祖人さま」として崇め、敬われています。

厄除けや縁結びのご利益があるとされ、特に砂のお守り「御神砂守」は、厄払いにご利益があると人気です。

「日御碕神社」の基本情報

「住所」〒699-0763 島根県出雲市大社町日御碕455
「電話」 0853-54-5261
「営業時間」お問い合わせください
「ホームページ」日御碕神社

厄除けの寺として知られる【徳島県・薬王寺】


薬王寺(やくおうじ)は、徳島県にある高野山真言宗のお寺です。

四国八十八ケ所霊場の第二十三番礼所。

本尊は薬師如来(やくしにょらい)で、厄除けのお寺としても有名です。

御祈祷してもらうには、専用用紙に記入の上、受付を済ませてください。

ご祈祷済みのお札を受け取れます。

御祈祷は翌日の早朝、ご祈祷申込書により護摩祈祷していただけます。

「薬王寺」の基本情報

「住所」〒779-2305 徳島県海部郡美波町奥河内寺前285−1

「電話」 0884-77-0023

「営業時間」お問い合わせください
「ホームページ」薬王寺

神様が住まう場所「すみよしさん」で親しまれる【福岡県・住吉神社】


住吉(すみよし)神社は、福岡県福岡市博多区にある神社です。

神様が住まう場所として、地元の人たちから親しまれてきました。

底筒男神(そこつつのをかみ)、中筒男神(なかつつのをのかみ)、表筒男神(うわつつのをのかみ)の三柱が御祭神。

「心身の清浄」を持ってすべての災いから身を守ってくれる神様として広く信仰されています。

御祈祷の受付は朝9時〜16時30分まで。

厄災が身に降りかからないよう、神様の御加護をいただきましょう。

「住吉神社」の基本情報

「住所」〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3丁目1−51

「電話」 092-291-2670

「営業時間」9:00〜17:00
「ホームページ」住吉神社

厄年は人生の振り返りたいミング!体調や生活習慣を見直して


厄年は、人生が充実してバリバリと動ける年代だからこそ、疲れが出てきたり体調を崩しやすい時期だったりします。

そんな時期は、「いつもより気をつけるべき時期だ」と意識して、自分自身を振り返り、体調や生活習慣を見直すきっかけにしましょう。

「新しいことを始めてはならない」「変化は良くない」と言われていますが、せっかくのチャンスが来ているのに「厄年だから」という理由で諦めてしまうのはもったいないです。

心配なようでしたらしっかり神社やお寺でお祓いしてもらい、十分に気をつけながら行動すれば大丈夫でしょう。

人生100年時代と言われる今、いつまでも元気でハツラツでいられるように、節目の年にはもう一度自分の生活を振り返ることが大切です。

 

【期間限定・2021年8月末迄】恋愛・金運・仕事・人生…あなたの願望成就の扇子をクリックしてください!

※20歳未満は利用できません。

 

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「ココロサプリ」

ココロサプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「心」の「サプリ」をプレゼント!ココロサプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG